写真

氏名

許 淑娟 (ホウ スギョン)

HUH Sookyeon

所属

法学部 法学科

法学研究科 法学政治学専攻博士課程前期課程

法学研究科 法学政治学専攻博士課程後期課程

職名

准教授

研究分野・キーワード

国際法

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 国際公法のなかで、領域法を主な研究テーマとする。国家の領域支配の正当化根拠である「領域権原」を鍵概念として、現代における領域主権の機能と限界を確定することを試みている。具体的には、越境的な事象(生物資源保存や環境保全)に注目して、海洋において重層的に併存するさまざまな領域支配のスキームの意義および形成過程について、事例や判決を通じた検討を進めている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 国際法

  • 領域法理論

  • 海洋法

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際判例研究
    研究期間: 2002年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 国際判例
    専門分野(科研費分類): 国際法学

  • 領域権原論
    研究期間: 2004年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 領域権原
    専門分野(科研費分類): 国際法学

  • 海洋科学調査をめぐる法的諸問題
    研究期間: 2009年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 海洋科学調査
    専門分野(科研費分類): 国際法学
    研究制度: その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • 判例研究・国際司法裁判所 リギタン島とシパダン島の主権に関する事件(インドネシア/マレーシア)(判決・2002年12月17日)
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 国際法外交雑誌  111巻  4号  (頁 95 ~ 121)
    掲載紙 発行年月: 2013年03月
    著者氏名(共著者含): 許 淑娟

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 避難水域をめぐる各国の動向
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 海洋政策研究  特別号  (頁 27 ~ 38)
    掲載紙 発行年月: 2012年12月
    著者氏名(共著者含): 許 淑娟

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 主権者としての(a titre de souverain)行為――ペドラ・ブランカ事件(ICJ2008・5・23判決)
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 小寺彰・森川幸一・西村弓編『国際法判例百選』(第二版、有斐閣)  (頁 62 ~ 63)
    掲載紙 発行年月: 2011年09月
    著者氏名(共著者含): 許 淑娟

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 脱植民地時代における領域主権の移転の認定
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 国家学会雑誌  123巻  7/8号  (頁 89 ~ 118)
    掲載紙 発行年月: 2010年08月
    著者氏名(共著者含): 許淑娟

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 領域権原論再考(六・完)
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 国家学会雑誌  122巻  11・12号  (頁 45 ~ 119)
    掲載紙 発行年月: 2009年12月
    著者氏名(共著者含): 許淑娟

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 領域権原論――領域支配の実効性と正当性――
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 東京大学出版会
    発行年月: 2012年01月
    著者氏名: 許 淑娟

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 安達峰一郎記念賞
    受賞年月: 2010年11月05日
    受賞区分: 国内外の国際的学術賞
    授与機関: 安達峰一郎記念財団
    受賞者・受賞グループ名: 許淑娟

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 国家管轄権の理論

    国際法の主要な機能である国家管轄権の配分と調整について、文献購読を通じて議論の諸相を理解する。

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

2004年04月 ~ 継続中  
日本弁護士連合非常勤嘱託研究員

活動内容:
韓国をはじめとした各国の法曹養成制度の調査分析

 
 

お問い合わせ先