写真

氏名

末次 正幸 (スエツグ マサユキ)

SUETSUGU Masayuki

所属

理学部 生命理学科

理学研究科 生命理学専攻博士課程前期課程

理学研究科 生命理学専攻博士課程後期課程

職名

教授

研究分野・キーワード

分子生物学、生化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 「生命とは何か?」というテーマに対し、バクテリアをはじめとした生きている細胞が自己複製する能力に着目し研究を行っている。「蛍光顕微鏡を用いて、生きている細胞内の分子のふるまいを観測する技術」、「精製蛋白質によりゲノムDNAの複製・組換え・修復・転写翻訳などのシステムを再構成する技術」により、生命が「ふえる」さらには「進化する」仕組みを人工的に再現することを目指している。また、そのアプローチの中で得られた様々な生化学的システムを人工細胞をはじめとする次世代のバイオテクノロジーに実装するための研究も進めている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 細胞機能の試験管内再構成によるセルフリー技術の開発

  • ゲノムの人工合成と起動

  • バクテリアの染色体複製に関する研究

  • 生命の自己複製能と進化の試験管内再構成による理解

論文 【 表示 / 非表示

  • Efficient Arrangement of the Replication Fork Trap for In Vitro Propagation of Monomeric Circular DNA in the Chromosome-Replication Cycle Reaction
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Life
    掲載紙 発行年月: 2018年09月
    著者氏名(共著者含): Hasebe, T., Narita, K., Hidaka, S. and Su'etsugu, M.

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Bacterial EndoMS/NucS acts as a clamp-mediated mismatch endonuclease to prevent asymmetric accumulation of replication errors
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Nucleic Acids Res.
    掲載紙 発行年月: 2018年06月
    著者氏名(共著者含): Takemoto, N.*, Numata, I., Su'etsugu, M.* and Miyoshi-Akiyama, T. (*co-corresponding)

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Essentiality of WalRK for growth in Bacillus subtilis and its role during heat stress
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Microbiology
    掲載紙 発行年月: 2018年04月
    著者氏名(共著者含): Takada, H., Shiwa, Y., Takino, Y., Osaka, N., Ueda, S., Watanabe, S., Chibazakura, T., Su'etsugu, M., Utsumi, R. and Yoshikawa, H.

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Exponential propagation of large circular DNA by reconstitution of a chromosome-replication cycle
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Nucleic Acids Res.
    掲載紙 発行年月: 2017年09月
    著者氏名(共著者含): Su'etsugu, M., Takada, H., Katayama, T. and Tsujimoto, H.

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Overall shapes of the SMC-ScpAB complex are determined by balance between constraint and relaxation of its structural parts
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Structure
    掲載紙 発行年月: 2017年04月
    著者氏名(共著者含): Kamada, K., Su'etsugu, M., Takada, H., Miyata, M. and Hirano, T.

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ゲノム複製サイクル再構成系とその展望、 「人工細胞の創製とその応用」(植田充美 監修)、シーエムシー出版、172-180頁
    記述言語: 日本語
    出版機関名: シーエムシー出版
    発行年月: 2017年01月
    著者氏名: 末次 正幸

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著

  • Chromosome replication of E.coli and B.subtilis. Escherichia coli and Bacillus subtilis; the frontiers of molecular microbiology revisited
    記述言語: 英語
    出版機関名: Research Signpost
    発行年月: 2012年08月
    著者氏名: Katayama, T. and Su'etsugu, M.

    著書種別: 教科書
    著書形態: 共著

  • 「大腸菌ゲノムDNA複製系」、『ゲノミクス・プロテオミクスの新展開−生物情報の解析と応用−』(今中忠行監修)
    記述言語: 日本語
    出版機関名: エヌ・ティー・エス
    発行年月: 2004年08月
    著者氏名: 片山 勉、末次正幸、川上広宣

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • DNA複製装置スライディングクランプの枯草菌の細胞内における動的な集合
    記述言語: 日本語
    出版機関名: FIRST AUTHOR’S
    掲載誌名: 新着論文レビュー
    掲載誌 発行年月: 2011年04月
    著者氏名(共著者含): 末次正幸
    掲載種別: 総説・解説(その他)
    共著区分: 単著

  • ゲノム合成技術、特集「生命をつくる」
    記述言語: 日本語
    掲載誌名: 現代化学1月号
    掲載誌 発行年月: 2018年01月
    著者氏名(共著者含): 末次正幸
    掲載種別: 総説・解説(商業誌)
    共著区分: 単著

  • 細胞を使わないゲノム合成技術
    記述言語: 日本語
    掲載誌名: 月刊バイオインダストリー 8月号
    掲載誌 発行年月: 2018年08月
    著者氏名(共著者含): 末次正幸
    掲載種別: 総説・解説(商業誌)
    共著区分: 単著

  • 染色体複製サイクルの自律的な繰り返しによるDNA増幅反応
    記述言語: 日本語
    掲載誌名: 化学と生物
    掲載誌 発行年月: 2019年01月
    著者氏名(共著者含): 末次正幸
    掲載種別: 総説・解説(学術雑誌)
    共著区分: 単著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 環状DNAの増幅方法
    工業所有権区分: 特許
    発明(考案)者名: 末次正幸、小林寛子
    登録番号: 6262877、 2017年12月22日
    出願国: 日本国

  • 環状DNAの増幅方法
    工業所有権区分: 特許
    発明(考案)者名: 末次正幸、小林寛子、篠原赳
    公開番号: WO2017/199991、 2017年11月17日
    出願国: 日本国

  • 環状DNAの複製または増幅方法
    工業所有権区分: 特許
    発明(考案)者名: 末次正幸、奈良聖亜
    公開番号: WO2018/159669、 2018年09月07日
    出願国: 日本国

  • DNA連結法
    工業所有権区分: 特許
    発明(考案)者名: 末次正幸、倉田竜明
    出願番号: 未公開、 2017年07月05日
    出願国: 日本国

  • DNA編集法
    工業所有権区分: 特許
    発明(考案)者名: 末次正幸、他
    出願番号: 未公開、 2018年07月31日
    出願国: 日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • EMBO poster prize
    受賞年月: 2010年05月
    受賞国: ドイツ連邦共和国
    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関: EMBO Conference on Replication/repair and segregation of chromosome
    受賞者・受賞グループ名: Su’etsugu, M. and Errington, J.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 開始のオン・オフにより周期的に複製を行う大腸菌ミニ染色体複製サイクルの再構成
    研究期間: 2006年04月 ~ 2008年03月
    研究種目: 特定領域研究A(1)
    研究内容:
    開始のオン・オフにより周期的に複製を行う大腸菌ミニ染色体複製サイクルの再構成系の構築を行う

  • DnaA複製開始活性を複製周期と共役して抑制する因子Hdaの機能制御メカニズム
    研究期間: 2006年04月 ~ 2008年03月
    研究種目: 若手研究(B)
    研究内容:
    DnaA複製開始活性を複製周期と共役して抑制する因子Hdaの機能制御メカニズムについて調べる

  • 細胞周期に依存した複製開始因子不活化システムの発動を制御する蛋白質間相互作用
    研究期間: 2008年04月
    研究種目: 若手研究(B)

  • 枯草菌細胞内への細胞周期回路の人工合成
    研究期間: 2012年04月 ~ 2014年03月
    研究種目: 新学術領域研究(研究領域提案型)
    研究内容:
    枯草菌細胞内へ大腸菌の細胞周期回路を人工合成し解析する。

  • 大腸菌染色体複製サイクル再構成による長大DNA増幅システムの開発
    研究期間: 2014年04月 ~ 2017年03月
    研究種目: 挑戦的萌芽研究

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • バクテリアにおける複製ファクトリー形成の分子機構の解明
    研究期間: 2008年04月 ~ 2010年03月
    資金名称: 日本学術振興会 海外特別研究員
    資金支給機関名: 文部科学省

  • バクテリア複製蛋白質の細胞内ダイナミクス
    研究期間: 2010年04月 ~ 2011年03月
    資金名称: 上原記念生命科学財団 海外留学リサーチフェローシップ
    資金支給機関名: 民間財団等

  • 染色体複製系の周期的駆動にむけた回路の再構成
    研究期間: 2011年12月 ~ 2015年03月
    資金名称: JST さきがけ 「細胞構成」
    資金支給機関名: 文部科学省

  • 人工ゲノムの試験管内合成法の開発
    研究期間: 2016年04月 ~ 2019年03月
    資金名称: 内閣府ImPACT 野地プログラム「人工細胞リアクタ」
    資金支給機関名: その他省庁等

  • 人工ゲノムのセルフリーOn chip合成とその起動
    研究期間: 2018年10月 ~ 2024年03月
    資金名称: JST CREST 「ゲノム合成」
    資金支給機関名: 文部科学省

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Subcellular and chromosomal distribution of the DnaN clamp of Bacillus subtilis during the replication cycle
    会議名称: EMBO Conference on Replication/repair and segregation of chromosome (2010年05月)
    会議区分: 国際会議
    発表形態: ポスター(一般)

  • 枯草菌スライディングクランプの細胞内動態
    会議名称: 第8回21世紀大腸菌研究会 (2011年05月)
    会議区分: 国内会議
    発表形態: 口頭(招待・特別)

  • 枯草菌染色体の再複製開始制御におけるクランプの役割
    会議名称: 第21回DNA複製・組換え・ゲノム安定性制御ワークショップ (2011年10月)
    会議区分: 国内会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • Dynamic behavior of the replicase sliding clamp in Bacillus subtilis
    会議名称: 第34回日本分子生物学会年会 (2011年12月)
    会議区分: 国内会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • バクテリアゲノム複製蛋白質クランプのin vivo生化学
    会議名称: 第6回日本ゲノム微生物学会年会 (2012年03月)
    会議区分: 国内会議
    発表形態: 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 修士論文指導演習

  • 卒業研究

  • 特別研究1−3

  • 輪講

  • 生命理学実験2(分担)

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

2015年11月  
模擬講義 八千代松陰高等学校

2017年10月  
模擬講義 立教新座高校

2018年09月  
講演会「なぜ合成生物が描く近未来に期待が高まっているのか」福島県中小企業家同友会

 
 

お問い合わせ先