写真

氏名

内山 泰伸 (ウチヤマ ヤスノブ)

UCHIYAMA Yasunobu

所属

人工知能科学研究科 人工知能科学研究科人工知能科学専攻修士課程

理学研究科 物理学専攻博士課程前期課程

理学研究科 物理学専攻博士課程後期課程

職名

教授

研究室住所

東京都豊島区西池袋 3-34-1

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

高エネルギー天文学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡、大気チェレンコフ望遠鏡H.E.S.S.を用いたガンマ線観測を中心として、高エネルギー天文学・宇宙物理学の研究、特に宇宙線の起源の解明や中性子星・ブラックホールが駆動する相対論的アウトフローの研究を行う。最近は深層学習を宇宙物理学に応用する研究や、人工知能を様々な社会課題の解決に利用する取り組みも推進している。【略歴】東京大学大学院理学研究科物理学専攻で博士(理学)の学位を取得。SLAC国立加速器研究所Panofsky Fellowを経て、2013年に立教大学理学部物理学科に着任し、高エネルギー天文学の研究室を主宰。日本天文学会第21回研究奨励賞受賞、第5回宇宙科学奨励賞受賞。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 超新星残骸における衝撃波加速

  • 宇宙線の起源

  • ガンマ線連星

  • 活動銀河核ジェット

  • ミューオグラフィ装置の開発

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 超新星残骸における宇宙線加速の研究
    研究期間: 2000年04月 ~ 継続中
    専門分野(科研費分類): 天文学、素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
    研究制度: 国際共同研究

  • フェルミガンマ線宇宙望遠鏡を用いた高エネルギーガンマ線観測
    研究期間: 2008年08月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: ガンマ線天文学、宇宙線
    専門分野(科研費分類): 天文学、素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
    研究制度: 国際共同研究

  • H.E.S.S.望遠鏡を用いたガンマ線観測による天体高エネルギー現象の解明
    研究期間: 2014年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: ガンマ線天文学、宇宙線
    専門分野(科研費分類): 天文学、素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
    研究制度: 国際共同研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Expansion Measurement of Supernova Remnant RX J1713.7-3946
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Publications of the Astronomical Society of Japan
    掲載紙 発行年月: 2016年11月
    著者氏名(共著者含): Naomi Tsuji, Yasunobu Uchiyama

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Chandra observations of the HII complex G5.89-0.39 and TeV gamma-ray source HESSJ1800-240B
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Journal of High Energy Astrophysics  11巻  (頁 1 ~ 19)
    掲載紙 発行年月: 2016年09月
    著者氏名(共著者含): E. J. Hampton, G. Rowell, W. Hofmann, D. Horn, Y. Uchiyama, S. Wagner

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • The quiescent intracluster medium in the core of the Perseus cluster
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Nature  535巻  7610号  (頁 117 ~ 121)
    掲載紙 発行年月: 2016年07月
    著者氏名(共著者含): Hitomi Collaboration, F. Aharonian, H. Akamatsu, Y. Uchiyama

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • The First Fermi LAT Supernova Remnant Catalog
    言語区分: 英語
    掲載誌名: The Astrophysical Journal Supplement Series  224巻  1号  (頁 8 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2016年05月
    著者氏名(共著者含): Fermi-LAT Collaboration, F. Acero, M. Ackermann, M. Ajello, Y. Uchiyama

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Fermi-LAT Observations of High-Energy Gamma-Ray Emission toward the Galactic Center
    言語区分: 英語
    掲載誌名: The Astrophysical Journal  819巻  1号  (頁 44 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2016年03月
    著者氏名(共著者含): Fermi-LAT Collaboration, M. Ajello, A. Albert, W. B. Atwood, Y. Uchiyama

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 巨大口径望遠鏡を用いた GeV ガンマ線観測による天体高エネルギー現象の解明
    研究期間: 2014年04月 ~ 2017年03月
    研究種目: 基盤研究(A)
    研究内容:
    H.E.S.S. 望遠鏡による超高エネルギーガンマ線観測を推進する。特に超新星残骸の観測により銀河宇宙線の起源を解明すること、パルサー星雲のガンマ線フレア現象の観測により磁気リコネクションによる超高エネルギー電子の加速を研究することを主要テーマとする。

 
 
 
 
 

お問い合わせ先