写真

氏名

鄭 玉姫 (チョン オクヒ)

JUNG Okhee

所属

観光学部 交流文化学科

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

農村観光、観光地理学

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 住民参加型まちづくり

  • 体験型観光

  • 農漁村民泊

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 住民主導型観光事業の形態に関する研究
    研究期間: 2004年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 所得確保、住民参加、事業システム
    専門分野(科研費分類): 観光学、地域研究
    研究制度: その他の研究制度

  • 農村地域における観光活動に関する研究
    研究期間: 2006年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 民泊、海水浴場、スキー場、労働力配分
    専門分野(科研費分類): 観光学、その他
    研究制度: その他の研究制度

  • 観光による地域変化に関する研究
    研究期間: 2006年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 観光開発、観光事業、政府による支援事業
    専門分野(科研費分類): 観光学、地域研究
    研究制度: その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • 韓国南海島文巷漁村体験村における体験型漁業の運営システム
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 観光研究  28巻  2号
    掲載紙 発行年月: 2017年03月
    著者氏名(共著者含): 鄭 玉姫

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • オランダ混合農業地域の農家におけるケアファームの運営とその意義
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教大学観光学部紀要  19巻
    掲載紙 発行年月: 2017年03月
    著者氏名(共著者含): 鄭 玉姫

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • 韓国・慶尚南道南海島における観光体験村の経営
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教大学観光学部紀要  18巻
    掲載紙 発行年月: 2016年03月
    著者氏名(共著者含): 鄭 玉姫

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • 韓国・慶尚南道南海島における民泊の動向
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 観光研究  26巻  2号
    掲載紙 発行年月: 2015年03月
    著者氏名(共著者含): 鄭 玉姫

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 韓国・釜山市甘川における文化村の展開と観光
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教大学観光学部紀要  17巻
    掲載紙 発行年月: 2015年03月
    著者氏名(共著者含): 鄭 玉姫

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 移住者増加による観光業の発展とコミュニティの再編―韓国済州島舊左邑を事例にして
    研究期間: 2017年04月 ~ 2020年03月
    研究種目: 基盤研究(C)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 韓国南海岸部における民泊地域の形成とその意義
    研究期間: 2010年04月 ~ 2011年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学

  • 韓国・南海島における体験型観光地の運営と住民参加
    研究期間: 2015年04月 ~ 2016年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 韓国・慶尚南道文巷集落における体験観光の運営
    会議名称: 第30回日本観光研究学会 全国大会 (2015年11月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 高崎経済大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • Tourism Management through Community Participation in Munhang Settlement, Namhae lsland, Korea
    会議名称: The 33rd International Geographical Congress (2016年08月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: China National Convention Center(in Beijing)
    発表形態: 口頭(一般)

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 外国地誌3

  • 観光調査・研究法入門(研究発表の仕方とレジュメの作り方)

  • 早期体験プログラム

  • 演習(4年)

  • GIS演習

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

2014年06月 ~ 継続中  
日本観光研究学会 総務委員会 幹事
 
 

お問い合わせ先