写真

氏名

石井 正子 (イシイ マサコ)

ISHII Masako

所属

異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科

異文化コミュニケーション研究科 異文化コミュニケーション専攻博士課程前期課程

異文化コミュニケーション研究科 異文化コミュニケーション専攻博士課程後期課程

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 武力紛争をどのように平和に導くことができるのか。武力紛争で破壊された地域が復興・開発するために、国際社会はどのような貢献ができるのか。このような課題に応えることをめざして、紛争研究と国際協力の研究を行っている。主なフィールド調査地はフィリピン南部のムスリム社会であり、紛争研究と国際協力の研究を行うにあたっては、地域の内在的な視点を重視している。国際NGOの活動にかかわることを通じて、どのように研究の知見を実践に活かしていくことができるかについても、関心がある。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 地域研究(フィリピン南部ムスリム社会)、紛争研究、移民研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 「モロと非モロ先住民の平和へのポテンシャル:フィリピン南部におけるバンサモロ新自治政府設立をめぐって 」
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『文化人類学』  82巻  4号  (頁 488 ~ 508)
    掲載紙 発行年月: 2018年03月
    著者氏名(共著者含): 石井 正子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

    電子ジャーナル: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjcanth/-char/ja

  • Bananas, Japanese, and the Armed Conflict in the Southern Philippines: A Critical Review of Japan’s Role in Peace Building.
    言語区分: 英語
    掲載誌名: The Journal of Sophia Asian Studies  33号  (頁 95 ~ 109)
    掲載紙 発行年月: 2015年
    著者氏名(共著者含): ISHII Masako

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 研究ノート「湾岸産油国「多外国人国家」における他者との関係性:フィリピン・ムスリム女性家事労働者(MFDW)の視点から)」
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『白山人類学』  16号  (頁 75 ~ 91)
    掲載紙 発行年月: 2013年03月
    著者氏名(共著者含): 石井 正子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 「国際人道支援の経験を活かして:東日本大震災におけるジャパン・プラットフォームの活動」
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『ボランティア学会研究』  12号  (頁 15 ~ 26)
    掲載紙 発行年月: 2012年07月
    著者氏名(共著者含): 石井 正子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 「紛争地域の復興・開発支援:地域研究から考える」
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『地域研究』  7巻  1号  (頁 47 ~ 68)
    掲載紙 発行年月: 2005年06月
    著者氏名(共著者含): 石井 正子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『秩序の砂塵化を超えて:環太平洋パラダイムの可能性』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 京都大学学術出版会
    発行年月: 2017年07月
    著者氏名: 村上 勇介、帯谷 知可(編)

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 「UAE のフィリピン人ムスリム女性家事労働者:ムスリム・アイデンティティのゆらぎと複層化」
    著書形態: 共著

  • 『小さな民のグローバル学:共生の思想と実践をもとめて』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 上智大学出版
    発行年月: 2016年01月
    著者氏名: 甲斐田万智子, 佐竹眞明, 長津一史, 幡谷則子 (編)

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 「フィリピンとマレーシアのあいだの海域世界:スル諸島ムスリム社会の周辺化と自律」
    著書形態: 単著

  • 『地域・草の根から生まれる平和』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 早稲田大学出版部
    発行年月: 2015年04月
    著者氏名: 日本平和学会(編)

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 「フィリピン南部の2つの先住民と平和構築―バンサモロ政府の設立に向けた動きとその課題」
    著書形態: 単著

  • 『湾岸諸国の移民労働者:「多外国人国家」の出現と生活実態』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 明石書店
    発行年月: 2014年10月
    著者氏名: 細田 尚美(編)

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 「湾岸諸国のフィリピン人家事労働者:保護への取り組みの可能性と限界性」
    著書形態: 単著

  • 『世界民族百科事典』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 丸善出版
    発行年月: 2014年07月
    著者氏名: 国立民族学博物館(編))

    著書種別: 事典・辞典・辞書
    担当部分: 「中東湾岸アラブ諸国の家事労働者」
    著書形態: 共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「ドゥテルテ政権:バンサモロ新自治政府設立のための法律成立」
    記述言語: 日本語
    掲載誌名: Asia Peacebuilding Initiatives
    掲載誌 発行年月: 2018年07月
    著者氏名(共著者含): 石井 正子
    掲載種別: 総説・解説(その他)
    共著区分: 単著

  • Masako Ishii interviewed the top leader of the BIAF, the Chief of Staff, Mr. Sammy Al Mansour
    記述言語: 英語
    掲載誌名: Asia Peacebuilding Initiatives
    掲載誌 発行年月: 2018年05月
    著者氏名(共著者含): Masako Ishii, interviewer
    掲載種別: その他記事
    共著区分: その他

  • Marawi Siege: Perspectives from the MILF North Eastern Mindanao Front Command
    記述言語: 英語
    掲載誌名: Asia Peacebuilding Initiatives
    掲載誌 発行年月: 2018年04月
    著者氏名(共著者含): Masako Ishii, interviewer
    掲載種別: その他記事
    共著区分: その他

  • 「マラウィ市街戦:復興と「歴史的不正義」のゆくえ」
    記述言語: 日本語
    掲載誌名: Asia Peacebuilding Initiatives
    掲載誌 発行年月: 2018年03月
    著者氏名(共著者含): 石井 正子
    掲載種別: 総説・解説(その他)
    共著区分: 単著

  • The Challenges Faced by the Bangsamoro Transition Commission in Drafting the New Bangsamoro Basic Law
    記述言語: 英語
    掲載誌名: Asia Peacebuilding Initiatives
    掲載誌 発行年月: 2017年12月
    著者氏名(共著者含): Masako Ishii, interviewer
    掲載種別: その他記事
    共著区分: その他

全件表示 >>

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • 「新刊書紹介 永田貴聖『トランスナショナル・フィリピン人の民族誌』」
    活動期間(研究年月など): 2014年05月
    研究活動区分: 書評

  • 「新刊書紹介 川島緑『マイノリティと国民国家:フィリピンのムスリム』」
    活動期間(研究年月など): 2013年05月
    研究活動区分: 書評

  • 『垣根のない連帯と共感:東日本大震災における海外からの支援に関する調査事業報告書』
    活動期間(研究年月など): 2012年06月
    研究活動区分: 調査報告書

  • 「書評 Simon Siomnse and Eisei Kurimoto eds, Engaging Monyomiji: Bridging the Governance Gap in East Bank Equatoria. (Proceedings of the Conference, 26-28 November 2009, Torit.)」
    活動期間(研究年月など): 2012年02月
    研究活動区分: 書評

  • 『国際人道支援にこころが揺れ動いたとき:中国四川大 地震における心理社会的サポート』
    活動期間(研究年月など): 2010年11月
    研究活動区分: 調査報告書

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第6回 国際開発研究大来賞 受賞
    受賞年月: 2002年10月
    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞
    授与機関: FASID
    受賞者・受賞グループ名: 石井 正子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フィリピン南部の武力紛争と復興・開発過程-地域研究から考える
    研究期間: 2005年04月 ~ 2007年03月
    研究種目: 若手研究(B)

  • ドバイで働くフィリピン女性のアイデンティティの再編-キリスト教徒とムスリムの比較
    研究期間: 2008年04月 ~ 2011年03月
    研究種目: 基盤研究(B)(海外学術)

  • フィリピン南部の武力紛争:紛争当事者の動向分析を中心に
    研究期間: 2008年04月 ~ 2011年03月
    研究種目: 基盤研究(C)

  • 湾岸諸国における外国人労働者:「多外国人国家」における共生・分断モデルの構築
    研究期間: 2011年04月 ~ 2014年03月
    研究種目: 基盤研究(B)(海外学術)

  • 新・複合社会論:湾岸諸国の移民に焦点を当てたエスニック集団間関係の研究
    研究期間: 2014年04月 ~ 2017年03月
    研究種目: 基盤研究(A)(海外学術)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Neo-Plural Society and International Migration
    会議名称: The Global Refugee Crisis: Mobile People Under State Protection or Exploitation? (2018年01月)
    会議区分: 国際会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • Formal and Informal Protection for Filipino Domestic Workers in the Arab Gulf States
    会議名称: Asian Studies Conference in Japan (2016年07月)
    会議区分: 国際会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • Who are the Bangsamoro People? Reforming the Notion of Bangsamoro in the Peace Process between the Philippine Government and the Moro Islamic Liberation Front
    会議名称: Consortium for Southeast Asian Studies in Asia (2015年12月)
    会議区分: 国際会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • Transforming the Notion of Protection: Safety Nets for Protecting Muslim Filipina Domestic Workers in the Arab Gulf States
    会議名称: International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES) (2015年07月)
    会議区分: 国際会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • Lessons Learned by the Japanese INGOs: From Pinatubo to Tohoku, and to Haiyan
    会議名称: The 19th Young Scholars’ Conference on Philippine Studies in Japan (2014年06月)
    会議区分: 国際会議
    発表形態: 口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

2018年04月 ~ 継続中  
ジェンダーフォーラム副所長

 
 
 

お問い合わせ先