写真

氏名

宗実 陽子 (ムネザネ ヨウコ)

MUNEZANE Yoko

所属

外国語教育研究センター

職名

教育講師

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 言語習得における個人差

  • Willingness to Communicate

  • 自律性

  • アイデンティティ

  • 異文化コミュニケーション

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A new model of intercultural communicative competence: bridging language classrooms and intercultural communicative contexts
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Studies in Higher Education
    掲載紙 発行年月: 2019年12月
    著者氏名(共著者含): Yoko Munezane

    DOI: 10.1080/03075079.2019.1698537
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Motivation, ideal self and willingness to communicate as the predictors of observed L2 use in the classroom
    言語区分: 英語
    掲載誌名: EUROSLA Yearbook 16  (頁 85 ~ 115)
    掲載紙 発行年月: 2016年08月
    著者氏名(共著者含): Yoko Munezane

    DOI: 10.1075/eurosla.16.04mun
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Enhancing willingness to communicate: Relative effects of visualization and goal-setting
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Modern Language Journal  99巻  1号  (頁 175 ~ 191)
    掲載紙 発行年月: 2015年03月
    著者氏名(共著者含): Yoko Munezane

    DOI: 10.1111/modl.12193
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Attitudes, affect and ideal L2 self as predictors of willingness to communicate
    言語区分: 英語
    掲載誌名: EUROSLA Yearbook 13  (頁 176 ~ 198)
    掲載紙 発行年月: 2013年08月
    著者氏名(共著者含): Yoko Munezane

    DOI: 10.1075/eurosla.13.09mun
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • A Structural Equation Model and Intervention Study of Individual Differences, Willingness to Communicate and L2 Use in an EFL Classroom
    言語区分: 英語
    掲載誌名: 博士 学位論文  (頁 1 ~ 304)
    掲載紙 発行年月: 2014年08月
    著者氏名(共著者含): Yoko Munezane

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Language Learning Motivation in Japan
    記述言語: 英語
    出版機関名: Multilingual Matters
    発行年月: 2013年08月
    著者氏名: Yoko Munezane

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: Chapter 9. Motivation, Ideal Self, and Valuing of Global English
    著書形態: 共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • The John F. Fanselow Award
    受賞年月: 2005年11月06日
    受賞国: アメリカ合衆国
    受賞区分: その他の賞
    授与機関: Columbia University
    受賞者・受賞グループ名: Yoko Munezane

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 異文化コミュニケーション能力向上に寄与する要素抽出・モデルの構築と授業案の提示
    研究期間: 2019年04月 ~ 2023年04月
    研究種目: 基盤研究(C)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Adaptation of International Students in Japan
    会議名称: The 52nd British Association for Applied Linguistics Conference (2019年08月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Manchester, U.K.
    発表形態: 口頭(一般)

  • Exploring the Relationships among Willingness to Communicate, Goal-Setting, and Actual L2 Communication
    会議名称: American Association for Applied Linguistics (AAAL) Conference 2019 (2019年03月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Atlanta, U.S.
    発表形態: 口頭(一般)

  • A New Model of Intercultural Communicative Competence
    会議名称: The 44th Annual International Conference on Language Teaching and Learning (JALT Conference) (2018年11月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Shizuoka, Japan
    発表形態: 口頭(一般)

  • Conflict Resolution Strategies and Willingness to Communicate as Predictors of Intercultural Communicative Competence
    会議名称: Psychology of Language Learning Conference 2018 (2018年06月)
    会議区分: 国際会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • Complex Relationship between Qualitative Analysis of Willingness to Communicate and Actual L2 Communication
    会議名称: The 51st British Association for Applied Linguistics (BAAL) Conference (2018年09月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: York, U.K.
    発表形態: 口頭(一般)

全件表示 >>

 
 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

2011年07月 ~ 継続中  
文部科学省認定実用英語技能検定試験面接委員 (1級担当)

2013年07月 ~ 継続中  
Modern Language Journal, Wiley-Blackwell (査読委員)

2014年06月 ~ 継続中  
Language Learning, Wiley-Blackwell (manuscript reviewer)

2020年02月 ~ 継続中  
Studies in Second Language Acquisition, Cambridge (manuscript reviewer)

2020年02月 ~ 継続中  
Journal of Multilingual and Multicultural Development, Routledge (manuscript reviewer)

 
 

お問い合わせ先