写真

氏名

小椋 道晃 (オグラ ミチアキ)

OGURA Michiaki

所属

文学部 文学科英米文学専修

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

アメリカ文学、ジェンダー、セクシュアリティ

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 19世紀半ば、アメリカン・ルネサンス期の文学を研究している。これまではハーマン・メルヴィルを中心に研究してきたが、現在は対象を広げ、ラルフ・エマソン、ヘンリー・ソローをはじめ、ナサニエル・ホーソーンやウォルト・ホイットマンの作品における同性同士の友情の主題を、ジェンダーやセクシュアリティの問題に着目しながら検討している。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ハーマン・メルヴィルの作品における友情とナショナリズム
    研究期間: 2010年04月 ~ 2013年03月
    研究課題キーワード: ハーマン・メルヴィル、友情、セクシュアリティ、ナショナリズム
    専門分野(科研費分類): 英米・英語圏文学

論文 【 表示 / 非表示

  • Dreaming the Remotest Future: Hermeneutic Friends in Thoreau’s A Week on the Concord and Merrimack Rivers
    言語区分: 英語
    掲載誌名: The Journal of the American Literature Society of Japan  17号
    掲載紙 発行年月: 2019年03月
    著者氏名(共著者含): Michiaki Ogura

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • ナショナリズムの彼方へ―Israel Potterにおける親密さ
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『立教レヴュー』  42号  (頁 15 ~ 28)
    掲載紙 発行年月: 2013年03月
    著者氏名(共著者含): 小椋道晃

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • Ambiguous Crows: Class Conflict, Slavery, and Disunion in Melville’s ‘Cock-A-Doodle-Doo!’
    言語区分: 英語
    掲載誌名: The Journal of the American Literature Society of Japan  10号  (頁 41 ~ 58)
    掲載紙 発行年月: 2012年03月
    著者氏名(共著者含): Michiaki Ogura

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • イシュメイルの荒れる海―『白鯨』の海に現れる陸のイメージ
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: Kanazawa English Studies  27号  (頁 67 ~ 81)
    掲載紙 発行年月: 2010年11月
    著者氏名(共著者含): 小椋道晃

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • William S. Burroughsの変容するクィア・ポリティクス―セクシュアリティをめぐる葛藤と悲哀、小説を書き続けること
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『立教レヴュー』  37号  (頁 43 ~ 59)
    掲載紙 発行年月: 2008年03月
    著者氏名(共著者含): 小椋道晃

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 『ヒッピー世代の先覚者たちー対抗文化とアメリカの伝統』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 小鳥遊書房
    発行年月: 2019年10月
    著者氏名: 小椋道晃

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 「超越主義の伝統と音楽的身体の共振ー『オン・ザ・ロード』からソローへ」
    著書形態: 共著

  • 『モンロー・ドクトリンの半球分割―トランスナショナル時代の地政学』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 彩流社
    発行年月: 2016年06月
    著者氏名: 小椋道晃

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 「メルヴィルとキューバをめぐる想像力―「エンカンタダス」と『イスラエル・ポッター』における海賊(フィリバスター)」
    著書形態: 共著

  • 『文学から環境を考える―エコクリティシズム・ガイドブック』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 勉誠出版
    発行年月: 2014年11月
    著者氏名: 原著 ローレンス・ビュエル、ウルズラ・K・ハイザ、カレン・ソーンバー

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 第3部「文学と環境」 「梗概」、「(ポスト)コロニアリズム」
    著書形態: 共訳

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • 書評・花岡秀監修、藤平育子・中良子編著『フォークナー文学の水脈』(彩流社、2018年)(『英米文学』 第79号)
    活動期間(研究年月など): 2019年03月
    研究活動区分: 書評

  • 書評・Michael Heitkemper-Yates and Ana Penjak 編 The Practice of Narrative: Storytelling in a Global Context (Inter-Disciplinary Press、2016 年) (『英米文学』第 78 号)
    活動期間(研究年月など): 2018年03月
    研究活動区分: 書評

  • 書評・Branka Arsić and K. L. Evans, eds., Melville’s Philosophies (Sky-Hawk: The Journal of the Melville Society of Japan, no.6)
    活動期間(研究年月など): 2017年12月
    研究活動区分: 書評

  • 書評・塚田幸光著『シネマとジェンダー:アメリカ映画の性と戦争』(臨川書店)(『英米文学』 第71号)
    活動期間(研究年月など): 2011年03月
    研究活動区分: 書評

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 新人賞
    受賞年月: 2018年10月06日
    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰
    授与機関: 日本アメリカ文学会
    受賞者・受賞グループ名: 小椋道晃

  • Chancellor’s Graduate Student Award
    受賞年月: 2014年09月01日
    受賞国: アメリカ合衆国
    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関: University of Wisconsin, Milwaukee
    受賞者・受賞グループ名: Michiaki Ogura

  • 第3回TN賞
    受賞年月: 2008年03月25日
    受賞区分: その他の賞
    授与機関: 立教大学
    受賞者・受賞グループ名: 小椋道晃

  • 立教大学百周年記念賞
    受賞年月: 2008年03月25日
    受賞区分: その他の賞
    授与機関: 立教大学
    受賞者・受賞グループ名: 小椋道晃

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 19世紀中葉のアメリカ文学における友情の諸相
    研究期間: 2019年04月 ~ 2021年03月
    研究種目: 若手研究(B)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ハーマン・メルヴィルとアンテベラム期のアメリカ——初期作品を中心に
    研究期間: 2012年04月 ~ 2013年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学

  • メルヴィルの文学作品と十九世紀アメリカ文化——大衆誌における作家的想像力を中心に
    研究期間: 2011年04月 ~ 2012年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学

  • ハーマン・メルヴィルの文学作品と十九世紀アメリカ文化との接点を読み解く
    研究期間: 2010年04月 ~ 2011年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 沈黙と友情-Henry David ThoreauのA Week on the Concord and Merrimack Riversにおける読むことの(不)可能性
    会議名称: 日本アメリカ文学会全国大会 (2017年10月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 鹿児島大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • Defamiliarizing the Familiar: Melville’s Philosophy of Friendship in His Later Novels
    会議名称: The 10th International Melville Conference (2015年06月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: 慶應義塾大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • 『白鯨』における親密さの諸相—男同士の友愛とナショナリズム
    会議名称: 立教英米文学会 (2012年12月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 立教大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • Pierreにおける親密さとナショナリズム
    会議名称: 第46回大学院英文学専攻課程協議会 (2012年11月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 東京女子大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • 音のない自然—Typeeの風景を読み解く
    会議名称: 文学・環境学会/ASLE-Japan全国大会 (2012年08月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 関西大学
    発表形態: 口頭(一般)

全件表示 >>

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 1年生向けの入門演習では、アメリカ文学の優れた短編を読むことで、英米文学をより深く理解するための基礎作りを目指している。2年生向けの基礎演習では、テクストの精読とそれに基づく発表およびディスカッションを通して、文学研究に必要な批評的読解の手法と議論の糸口を見つける能力を身につける。3・4年生向けの演習では、基礎演習を発展させ、文学作品の分析能力を高め、論理的に自らの意見や考えをアウトプットする力を身につける。

 
 
 
 

お問い合わせ先