写真

氏名

平井 直樹 (ヒライ ナオキ)

HIRAI Naoki

所属

ビジネスデザイン研究科 ビジネスデザイン専攻博士課程前期課程

職名

助教

出身地

東京都

研究室住所

171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1 M507号室

研究室電話

03-3985-4166

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

経営組織、経営情報、開発プロセス、アジャイル

プロフィール

博士(経営管理学)立教大学。立教大学経済学部経営学科卒業、大学院(MBA,DBA)修了。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。ソフトウェア開発会社勤務などを経て、現職。専門は、経営組織論、情報システム・ソフトウェア開発などの知識労働についての分析、プロジェクト型の組織のあり方や生産管理の方法など。AI・IoT時代の人材についての研究も進めている。所属学会は、日本マネジメント学会(総務委員・幹事)、経営行動研究学会(総務委員)、組織学会、経営システム学会など。著書は、『経営学Ⅱ』(五絃舎,2018年(共著))。博士学位申請論文「ソフトウェア開発プロセスにおける分業構造と知識労働 ―日本の受託ソフトウェア開発の組織問題―」(2018年(単著))、「アジャイルの導入と本質―開発プロセスから学習する組織活動へ―」『立教DBAジャーナル』(第10号, 2019年(単著))。

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 博士(経営管理学)立教大学。立教大学経済学部経営学科卒業、大学院(MBA、DBA)修了。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。ソフトウェア開発会社勤務などを経て、現職。専門は、情報システム・ソフトウェア開発などの知識労働についての分析、プロジェクト型の組織のあり方や生産管理の方法など。AI・IoT時代の人材についての研究も進めている。所属学会は、日本マネジメント学会(総務委員・幹事)、組織学会、経営システム学会など。著書は、『経営学Ⅱ』(五絃舎、2018年)(共著)。主な業績として、「ソフトウェア開発プロセスにおける分業構造と知識労働 —日本の受託ソフトウェア開発の組織問題—」(博士学位申請論文,2018年(単著))、「わが国の製造業をめぐる組織戦略としてのソフトウェア開発方法の課題 —受託ソフトウェア産業のモデル分析—」『経営会計研究』(第19巻第2号,2015年(単著))など。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 経営組織論

  • ソフトウェア開発プロセス

  • アジャイル

  • 経営情報論

論文 【 表示 / 非表示

  • (研究ノート)ソフトウェア開発におけるアジャイルに向けた共創の課題 ― 顧客の構造問題の観点から ―
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 現代ビジネス研究所紀要(2019年度)
    掲載紙 発行年月: 2020年03月
    著者氏名(共著者含): 平井 直樹

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著
    専門分野(科研費分類): 経営学 、 ソフトウェア
    電子ジャーナル: https://swu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=6913&file_id=22&file_no=1

  • アジャイルの導入と本質―開発プロセスから学習する組織活動へ―
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教DBAジャーナル  10号  (頁 35 ~ 44)
    掲載紙 発行年月: 2019年12月
    著者氏名(共著者含): 平井 直樹

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

    電子ジャーナル: https://rikkyo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=18763&file_id=18&file_no=1

  • (研究ノート)企業における情報リテラシーの現状とその課題
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 現代ビジネス研究所紀要(2018年度)
    掲載紙 発行年月: 2019年03月
    著者氏名(共著者含): 平井 直樹

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著
    専門分野(科研費分類): 経営学 、 教育学
    電子ジャーナル: https://swu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=6687&file_id=22&file_no=1

  • Division of labor and Management Strategy in Japanese Custom Software Industry: From the viewpoint of the Transaction Cost Theory
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Business and Accounting Research  4巻  (頁 43 ~ 50)
    掲載紙 発行年月: 2015年12月
    著者氏名(共著者含): Naoki Hirai

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著
    専門分野(科研費分類): 経営学 、 ソフトウェア

  • わが国の製造業をめぐる組織戦略としてのソフトウェア開発方法の課題‐受託ソフトウェア産業のモデル分析
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 経営会計研究  19巻  2号  (頁 121 ~ 139)
    掲載紙 発行年月: 2015年03月
    著者氏名(共著者含): 平井 直樹

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著
    専門分野(科研費分類): 経営学 、 ソフトウェア

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 市場とイノベーションの企業論
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 中央経済社
    発行年月: 2020年02月
    著者氏名: 亀川雅人 (著, 編集), 粟屋仁美 (著, 編集), 北見幸一 (著, 編集), 平井直樹(著), 他

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 第3章 イノベーションとアジャイル型思考
    著書形態: 分担執筆
    専門分野(科研費分類): 経営学

  • 経営学Ⅱ応用編
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 五絃舎
    発行年月: 2018年11月
    著者氏名: 高垣 行男, 當間 政義, 城間 康文, 平井 直樹

    著書種別: 教科書
    担当部分: 第5章 企業経営と知識創造
    著書形態: 分担執筆
    専門分野(科研費分類): 経営学

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日本の知識産業における生産性の問題-IT産業を1つのケースとして-
    研究期間: 2012年04月 ~ 2013年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ソフトウェア開発プロセスにおける分業構造―試行錯誤を通じた開発事例―
    会議名称: 日本経営システム学会 第60回全国大会 (2018年05月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 横浜商科大学
    発表形態: 口頭(一般)
    専門分野(科研費分類): 経営学、 ソフトウェア

  • AIが与える企業社会への影響とAI人材の育成方法
    会議名称: 経営行動研究学会 第107回研究部会 (2018年04月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 早稲田大学
    発表形態: 口頭(一般)
    専門分野(科研費分類): 経営学、 ソフトウェア

  • 日本のソフトウェア開発の分業構造―上流工程と下流工程間の問題―
    会議名称: 日本経営システム学会 第59回全国大会 (2017年10月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 星城大学
    発表形態: 口頭(一般)
    専門分野(科研費分類): 経営学、 ソフトウェア

  • 日本のソフトウェア開発の分業構造における価値の所在
    会議名称: 日本マネジメント学会 第76回全国研究大会 (2017年10月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 広島経済大学
    発表形態: 口頭(一般)
    専門分野(科研費分類): 経営学、 ソフトウェア

  • 受託ソフトウェア開発における分業構造と経営戦略―小規模プロジェクト事例を通して―
    会議名称: 日本経営実務研究学会 第16回全国研究発表大会 (2016年11月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 麗澤大学
    発表形態: 口頭(一般)
    専門分野(科研費分類): 経営学、 ソフトウェア

全件表示 >>

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • テクノトレンド1、2(2019年度)
    ビジネスや生活において、広く使われているテクノロジーやそれに関わる企業動向について理解することを目的とする。
    ビジネスで最低限知っておくべき知識(5G、IoT・ビッグデータ・Fintech、RPA・AI、AR/VR、ドローン等)について、事例を交えて説明、ディスカッションを行う。
    また、各分野で実際にビジネスを行っている実務家や研究者をゲストスピーカーに招聘し、より理解を深められるようにする。

  • オペレーションマネジメント1、2(2019年度)
    オペレーションに関わる分野と、各企業が取り組んできた特徴や強みを理解するとともに、企業の活動を俯瞰できることを目的とする。
    基本的な事項の確認を行い、企業の事例(戦略、SCM、VC、経営理念、SDGs等)を紹介、ディスカッションを行う。
    また、各分野で実際にビジネスを行っている実務家や研究者をゲストスピーカーに招聘し、より理解を深められるようにする。

  • 修了研究A、B(2019年度)
    修士論文、およびビジネスプランの研究指導を行う。留学生、社会人などの各自の研究成果の発表、ディスカッションを通じて、個々人の研究を深めていく。

  • ビジネスシミュレーション(2019年度)
    経営財務シミュレーション、および事業計画(ビジネスプラン)の作成。
    創造的な経営のゼネラリスト、「ビジネスクリエーター」に必要な、創造的な構想力と論理的な分析能力、および意思決定能力を養うべく、企業の戦略的意思決定と創造的な事業構想を経験的に学習する。

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

2019年04月 ~ 継続中  
紀要編集委員(博士課程前期)

2019年04月 ~ 継続中  
紀要編集委員(博士課程後期・教員)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

2018年07月 ~ 継続中  
日本マネジメント学会 幹事
2018年07月 ~ 継続中  
日本マネジメント学会 総務委員
2018年10月 ~ 継続中  
ビジネスクリエーター研究学会 広報委員
2018年12月 ~ 継続中  
日本経営行動研究学会 総務委員
2018年12月 ~ 継続中  
日本経営行動研究学会 幹事

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

2013年06月 ~ 2014年03月  
関東IBMユーザー研究会

活動内容:
「IT部門のダイバーシティをどう進めるか?」をテーマとした、企業間合同研究、及びその成果の発表。
企業間の有志メンバー(14社16名)で、経済産業省ダイバーシティ推進担当者や、IBM等大手企業の女性取締役にインタビューを実施。

2019年12月  
企業幹部研修

活動内容:
IT、IoT、AIを中心に、デジタルビジネスモデル、戦略などについて講演。

 

キーワード(選択) 【 表示 / 非表示

  • IT

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • ウォーターフロー

  • アジャイル

 

お問い合わせ先