写真

氏名

横山 太郎 (ヨコヤマ タロウ)

YOKOYAMA Taro

所属

現代心理学部 映像身体学科

現代心理学研究科 映像身体学専攻博士課程後期課程

現代心理学研究科 映像身体学専攻博士課程前期課程

職名

教授

研究分野・キーワード

演劇、能楽、身体、技能、伝統芸能、文学、思想史

プロフィール

立教大学現代心理学部映像身体学科教授。専攻は演劇学(特に能楽)、身体文化研究、芸術思想。主な研究テーマは世阿弥時代から現代に至る能楽の身体技法の歴史的変容を解明すること。このほか、哲学・現代演劇・文学理論・人類学などと能との接点を探る学際的研究を行う。観世文庫調査プロジェクトの一員として観世アーカイブ(観世家所蔵資料のデジタルアーカイブ)公開を手がけた。

最近の研究プロジェクト
 鬼からサイボーグへ──憑依とメディアの身体史
 演劇のナラトロジー──日本語の「語り」の視点から
 能楽の伝承過程のエスノグラフィー的研究
 観世文庫所蔵能楽関連文献資料調査──解題目録及びデジタルアーカイブの完成

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 主な研究テーマは世阿弥時代から現代に至る能楽の身体技法の歴史的変容を解明することです。このほか、能の側から哲学・現代演劇・文学理論・エスノグラフィー・文化政策等にアプローチする学際的研究を行っています。また、観世文庫調査プロジェクトの一員として観世アーカイブ(観世家所蔵資料のデジタルアーカイブ)公開を手がけました。現場と大学、実証と理論、伝統と現代、ローカルとグローバルに、橋を架ける。大学院ではそんな学問を学生諸君と共に作っていきたいと思います。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 中世から現代に至る能楽の身体表現の歴史

  • 20世紀における世阿弥の文学的・思想的受容の研究

  • 日本演劇の詩学

  • 観世文庫所蔵能楽資料の基礎調査とデジタル・アーカイブ構築

  • 能の技能修得過程についてのエスノグラフィー的研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 近代能楽のわざと表現(六)最終回
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『観世』  85巻  3号  (頁 40 ~ 45)
    掲載紙 発行年月: 2018年03月
    著者氏名(共著者含): 横山太郎

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 近代能楽のわざと表現(五)
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『観世』  85巻  1号  (頁 50 ~ 55)
    掲載紙 発行年月: 2018年01月
    著者氏名(共著者含): 横山太郎

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 近代能楽のわざと表現(四)
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『観世』  84巻  11号  (頁 40 ~ 45)
    掲載紙 発行年月: 2017年11月
    著者氏名(共著者含): 横山太郎

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 近代能楽のわざと表現(三)
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『観世』  84巻  9号  (頁 40 ~ 45)
    掲載紙 発行年月: 2017年09月
    著者氏名(共著者含): 横山太郎

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 近代能楽のわざと表現(二)
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『観世』  84巻  7号  (頁 39 ~ 44)
    掲載紙 発行年月: 2017年07月
    著者氏名(共著者含): 横山太郎

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 【研究発表】 能楽堂の誕生──明治期における歴史空間の再編成
    会議名称: シンポジウム「アジアの表象文化論」 於東京大学 (2001年03月)
    会議区分: 国内会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • 【研究発表】 世阿弥の身体
    会議名称: 国際世阿弥シンポジウム 於国立オリンピック記念青少年総合センター (2001年07月)
    会議区分: 国際会議
    発表形態: シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 【研究発表】 近代日本における世阿弥受容──昭和初期(1926-1945)の言説を中心に
    会議名称: 第6回〈世阿弥忌〉研究セミナー 於奈良県経済倶楽部ビル (2001年08月)
    会議区分: 国内会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • 【研究発表】 日本的身体論の形成──京都学派を中心に
    会議名称: UTCPワークショップ「身体の思考・感覚の論理」 於東京大学 (2004年12月)
    会議区分: 国内会議
    発表形態: 口頭(一般)

  • 【研究発表】 Formation et développement des discours culturalistes sur la corporalité au début de l'ère Shôwa
    会議名称: フランス日本研究学会第6回大会 於マルク・ブロック大学ストラスブール校(フランス) (2004年12月)
    会議区分: 国際会議
    発表形態: 口頭(一般)

全件表示 >>

 
 
 
 
 

お問い合わせ先