写真

氏名

菊池 清明 (キクチ キヨアキ)

KIKUCHI Kiyoaki

所属

文学部 文学科英米文学専修

文学研究科 英米文学専攻博士課程前期課程

文学研究科 英米文学専攻博士課程後期課程

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 中世英語英文学と英語史を研究対象とする。古英語期から中英語期にかけての修辞法、言語変化、思潮変遷を色濃く反映する一連の問答詩や中世ロマンス、そしてガウェイン詩人とチョーサーの作品を主に取り扱う。また、現代作家の文体論、言語表現を通した英米文化論、さらにはフィロロジスト・ファンタジー作家としてのJ.R.R.トールキンやC.S.ルイスの文学作品にも興味をもつ。

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Style of Middle English Literature and the Continuity
    研究課題キーワード: vocabulary,syntax,figure of thought
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学、言語学

  • 中英語の文体とその連続性
    研究課題キーワード: 語彙,統語,思想のあや
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学、言語学

論文 【 表示 / 非表示

  • 「『ガウェイン卿と緑の騎士』におけるacole and kyseについて-clip and kysseとその異形」
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『『ベーオウルフ』とその周辺』 春風社  (頁 528 ~ 534)
    掲載紙 発行年月: 2009年09月
    著者氏名(共著者含): 菊池 清明

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 「中世文学とテクスト校訂-『梟とナイティンゲール』二つのテクスト校訂」
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『英語フィロロジーとコーパス研究』 松柏社  (頁 357 ~ 370)
    掲載紙 発行年月: 2009年06月
    著者氏名(共著者含): 菊池 清明

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 「中英語テクストの多様性/多義性と辞書」
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『ことばの響き-英語フィロロジーと言語学-』 開文社  (頁 35 ~ 50)
    掲載紙 発行年月: 2008年09月
    著者氏名(共著者含): 菊池 清明

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • The Owl and the Nightingaleへの個別文体論的アプローチ」
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 『言語・文化研究の諸相』 大阪教育図書  (頁 27 ~ 52)
    掲載紙 発行年月: 2008年03月
    著者氏名(共著者含): 菊池 清明

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • “What the Style of The Owl and the Nightingale Tells Us: Colloquialism, Language of Law and Dynamics of Aural Literature”
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Texts, Language and Interpretation Essays in Honour of Keiko Ikegami(Tokyo:Eihosha)  (頁 184 ~ 194)
    掲載紙 発行年月: 2007年11月
    著者氏名(共著者含): 菊池 清明

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 中世英語英文学I-その言語・文化の特質―
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 春風社
    発行年月: 2015年03月
    著者氏名: 菊池 清明

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著
    専門分野(科研費分類): 英語学 、 英米・英語圏文学

  • The sound of Literature: Aspects of Language and Style in The Owl and the Nightingale
    記述言語: 英語
    出版機関名: Shunpusha
    発行年月: 2016年02月
    著者氏名: Kiyoaki Kikuchi

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著

  • 英語学:現代英語をより深く知るために―世界共通語の諸相と未来―
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 春風社
    発行年月: 2016年04月
    著者氏名: 菊池清明、谷明信、尾崎久男、新川清治、唐澤一友、堀田隆一、小池剛史、南條健助、福田一貴、貝塚泰幸、岡本広毅、小笠原清香、玉川明日美、濱田里美、小河舜

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 共編著

  • 『英語史:現代英語の特質を求めて-多文化性と国際性―』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 関西人文科学出版会
    発行年月: 2008年04月
    著者氏名: 菊池 清明

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 共著

  • 「中世イギリス文化と「個」の意識-小説の起源を求めて」 『英語文化フォーラムー異文化を読む』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 音羽書房鶴見書店
    発行年月: 2002年10月
    著者氏名: 菊池 清明

    著書形態: 共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本英文学会新人賞(佳作)
    受賞年月: 1981年04月
    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 入門講義、英語学概説、中世英文学講義、英語発達史、英語学特殊研究、演習ゼミナール。
    ゼミナールにおいては、ディヴィッド・クリスタル著『世界語としての英語』(ケンブリッジ大学出版)を使用して、言語・文化的な視点から英語が世界共通言語になる意義、問題点などについて考える。また、こうした問題を通して、日本人が英語を学習する意義についても考える。

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

1994年04月 ~ 1998年05月  
日本英文学会 大会準備委員
2000年04月 ~ 継続中  
日本中世英語英文学会 評議員
2001年04月 ~ 2003年04月  
日本中世英語英文学会東支部 代表幹事
2001年04月 ~ 2005年03月  
日本中世英語英文学会 編集委員
2001年04月 ~ 継続中  
日本英文学会関東支部 編集委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

1982年04月 ~ 1991年04月  
(社)国際体験者協会委員

1982年04月 ~ 継続中  
(財)日本英語検定協会面接委員

1990年04月 ~ 1991年03月  
NHK文化センター英会話上級 講師

2003年04月 ~ 2004年03月  
東京都教職員研修センター 講師

 
 

お問い合わせ先