写真

氏名

砂川 浩慶 (スナカワ ヒロヨシ)

SUNAKAWA Hiroyoshi

所属

社会学部 メディア社会学科

社会学研究科 社会学専攻博士課程前期課程

社会学研究科 社会学専攻博士課程後期課程

職名

教授

生年月日

1963年

出身地

沖縄

研究室電話

03-3985-2322

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

ジャーナリズム 、デジタル化 、著作権、放送、メディア法、メディア産業

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 放送を中心とする、メディア産業、メディア政策・法制度、ジャーナリズム論、コンテンツ流通などを研究テーマとする。変革期にあるメディアの動きをフォローしながら、メディアがもつジャーナリズム機能、技術革新、特にデジタル化が及ぼす市民社会への影響、メディアリテラシーなども含め、実践的な研究を行っている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • コンテンツ流通

  • 放送を中心としたメディア制度・政策論

  • ジャーナリズム

論文 【 表示 / 非表示

  • 「デジタル時代の著作権」 <後編> IP“放送”をめぐる同床異夢
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 放送批評懇談会 GALAC 角川書店  9月号
    掲載紙 発行年月: 2006年08月
    著者氏名(共著者含): 砂川 浩慶

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 「デジタル時代 どうすりゃいいのか?著作権」 <前編>
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 放送批評懇談会 GALAC 角川書店  8月号
    掲載紙 発行年月: 2006年07月
    著者氏名(共著者含): 砂川 浩慶

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 地上デジタル放送
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: (社)日本民間放送連盟 編 日本民間放送年鑑 2005 コーケン出版
    掲載紙 発行年月: 2005年11月
    著者氏名(共著者含): 砂川 浩慶

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • マス・メディア界の現状と将来(放送)
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 早川善次郎 編 マス・コミュニケーション概説 学文社
    掲載紙 発行年月: 2004年01月
    著者氏名(共著者含): 砂川 浩慶

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 「知」が生み出す「財」
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 水越伸・NHK「変革の世紀」プロジェクト 編 NHKスペシャル 変革の世紀①市民・組織・英知 NHK出版
    掲載紙 発行年月: 2002年01月
    著者氏名(共著者含): 砂川 浩慶

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 安倍官邸とテレビ
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 集英社
    発行年月: 2016年04月
    著者氏名: 砂川浩慶

    著書種別: 単行本(一般書)
    著書形態: 単著

  • 放送法を読みとく
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 商事法務
    発行年月: 2009年07月
    著者氏名: 砂川浩慶 鈴木秀美 山田健太 編著

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 共著

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 放送を中心とする、メディア産業、メディア政策・法制度、ジャーナリズム論などを研究テーマとする。昨年度まで、放送産業の特徴、免許制度である放送法制、いわゆる通信と放送の融合、コンテンツ流通をめぐる政策について実務面を担当してきた。このような動きの中で、メディアが持つジャーナリズム機能、技術革新、特にデジタル化が及ぼす市民社会への影響、メディアリテラシーなども含め、研究する。また、著作権問題などのコンテンツ流通について研究する。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • メディアの基本は人と人をつなぐ媒介であり、それに携わるためには、専門的なスキルとともに、豊かな人間性が求められる。そのためには自ら思考し、自らを客観的に見て行動できることが不可欠である。そのことを学生とともに考え、実践を重ねることで、魅力ある人材を育てていきたい

 
 
 

キーワード(選択) 【 表示 / 非表示

  • メディア

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • ジャーナリズム

  • 放送

  • 著作権

  • デジタル化

 

お問い合わせ先