写真

氏名

坂本 浩也 (サカモト ヒロヤ)

SAKAMOTO Hiroya

所属

文学部 文学科フランス文学専修

文学研究科 フランス文専攻博士課程前期課程

文学研究科 フランス文専攻博士課程後期課程

職名

教授

研究分野・キーワード

フランス文学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • プルーストの『失われた時を求めて』を中心に、20世紀フランス小説を研究テーマとする。特に文化史的な観点から、文学作品における技術・進歩・現代生活の表象と、第一次世界大戦をめぐる言説について考察している。また、文学研究における社会学的・メディア論的アプローチにも関心をもっている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • プルーストを中心とする20世紀フランス小説

  • 文学作品における技術・進歩・現代生活の表象

  • 文学作品における第一次世界大戦の表象

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • プルーストと第一次世界大戦:戦時社会の表象に関する生成論的・歴史的研究
    研究期間: 2005年04月 ~ 2008年03月
    研究課題キーワード: プルースト、第一次世界大戦、生成論、文化史
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学
    研究制度: その他の研究制度

  • プルーストと同時代の 「復員文学」をめぐる文化史的研究
    研究期間: 2009年04月 ~ 2011年03月
    研究課題キーワード: プルースト、第一次世界大戦、文化史
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学
    研究制度: 科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • プルーストの晴雨計人形
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教大学フランス文学  45号  (頁 43 ~ 50)
    掲載紙 発行年月: 2016年03月
    著者氏名(共著者含): 坂本浩也

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • Paris, une “imaginaire cité exotique” en temps de guerre : le “signe oriental” et la situation militaire
    言語区分: フランス語
    掲載誌名: Proust écrivain de la Première Guerre mondiale  (頁 139 ~ 150)
    掲載紙 発行年月: 2014年09月
    著者氏名(共著者含): Hiroya Sakamoto

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分: 単著

  • ベルエポックの自動車旅行——オクターヴ・ミルボー『628−E8』における速度と都市
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 移動者の眼が露出させる光景――越境文学論――  (頁 79 ~ 112)
    掲載紙 発行年月: 2014年03月
    著者氏名(共著者含): 坂本浩也

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • プルーストと第一次世界大戦——『見出された時』における戦略と動員
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 思想  1075号  (頁 49 ~ 66)
    掲載紙 発行年月: 2013年11月
    著者氏名(共著者含): 坂本浩也

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Du côté de Martinville : vitesse et littérature autour de 1913
    言語区分: フランス語
    掲載誌名: Swann, le centenaire  (頁 189 ~ 203)
    掲載紙 発行年月: 2013年10月
    著者氏名(共著者含): Hiroya Sakamoto

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • プルーストの黙示録——『失われた時を求めて』と第一次世界大戦
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 慶應義塾大学出版会
    発行年月: 2015年03月
    著者氏名: 坂本浩也

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著

  • Proust e gli oggetti
    記述言語: フランス語
    出版機関名: Le Cáriti Editore
    発行年月: 2012年10月
    著者氏名: Hiroya Sakamoto, Giuseppe Girimonti Greco, Sabrina Martina, Marco Piazza 他

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: Objet insaisissable : Proust et la femme à bicyclette
    著書形態: 共著

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • 失われたコンテクストを求めて
    活動期間(研究年月など): 2010年01月
    研究活動区分: 書評
    活動概要:
    小黒昌文『プルースト 芸術と土地』(名古屋大学出版会、2009年)の書評、『ふらんす』2010年1月号、75頁

  • プルーストの世紀末
    活動期間(研究年月など): 2012年09月
    研究活動区分: 書評
    活動概要:
    増尾弘美『プルースト —— 世紀末を越えて』(朝日出版社、2011年)の書評。『cahier』10号、日本フランス語フランス文学会、2012年9月、p. 38-40.

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Prix de l'AIEF
    受賞年月: 2011年01月
    受賞国: フランス共和国
    受賞区分: 国内外の国際的学術賞
    授与機関: Association internationale des études françaises
    受賞者・受賞グループ名: Hiroya Sakamoto

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • プルーストと第一次世界大戦:戦時社会の表象に関する生成論的・歴史的研究
    研究期間: 2005年04月 ~ 2008年03月
    研究種目: 特別研究員奨励費
    研究内容:
    小説『失われた時を求めて』における第一次世界大戦の表象を、生成論・文化史・ 物語理論・言説史を援用して分析し、同時代の社会・政治との関係におけるプルーストの文学実践の歴史的独自性を多角的に解明する。

  • プルーストと同時代の「復員文学」をめぐる文化史的研究
    研究期間: 2009年04月 ~ 2011年03月
    研究種目: 若手研究(B)
    研究内容:
    本研究は、2005年に開始した研究を継続し、第一次世界大戦の表象を扱うが、特に同時代の「復員文学」と呼ばれる作品群との比較を通して、新たな角度からプルーストの独自性の解明を目指す。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • プルーストと自動車旅行の美学
    会議名称: 日本フランス語フランス文学会・関東支部大会 (2005年03月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 東京大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • パリ空襲の表象(1914-1918)——プルーストと「戦争文化」
    会議名称: 日本フランス語フランス文学会・秋季大会 (2006年10月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 岡山大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • La guerre et l’allusion littéraire dans Le Temps retrouvé
    会議名称: セミネール「プルースト、文学の記憶」 (2006年12月 ~ 2007年03月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: パリ、コレージュ・ド・フランス
    発表形態: 口頭(一般)

  • La guerre, l’art et la nation
    会議名称: 『見出された時』刊行80年後 (2007年12月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Royal Holloway, University of London
    発表形態: 口頭(一般)

  • Violence et merveille : la Grande Guerre selon Proust
    会議名称: プルーストとその時代:小説生成の文化的コンテクスト (2009年04月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: 東京日仏会館
    発表形態: 口頭(一般)

全件表示 >>

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • おもな担当科目:フランス語入門、入門演習、フランス語基礎演習、演習、フランス文学・文化演習、文学講義、表象文化、フランス文学特殊研究など。
    ゼミのテーマ:おもに19-20世紀のフランス文学をとりあげ、さまざまな感性の変化とその表現について、社会的・技術的変容と結びつけながら考察する。コミュニケーション手段(電話)、移動手段(鉄道、自転車、自動車、飛行機)、動物と人間のかかわり、視覚芸術(絵画、写真)などに着目し、文化史的な観点から調査と分析をおこなう。

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

2008年05月 ~ 2010年05月  
日本フランス語フランス文学会 広報委員
2010年03月 ~ 2012年03月  
日本フランス語フランス文学会 関東支部会・編集委員
2010年05月 ~ 2011年05月  
日本フランス語フランス文学会 広報委員長
 
 

お問い合わせ先