写真

氏名

山田 康之 (ヤマダ ヤスユキ)

YAMADA Yasuyuki

所属

理学部 生命理学科

理学研究科 生命理学専攻博士課程前期課程

理学研究科 生命理学専攻博士課程後期課程

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

ATP合成酵素、活性調節

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • タンパク質の構造変化がどのように機能に影響するかを明らかにする。主にFoF1-ATP合成酵素を材料として、その活性調節の分子機構を生物物理学的手法、生化学的手法により研究している。ATP合成酵素の調節サブユニットがどのような変化をすることで、ATP合成酵素複合体の活性をどのように制御しているかを、分子レベルで理解することをめざしている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ATP合成酵素の活性調節機構

論文 【 表示 / 非表示

  • Ribosome dimerization is essential for the efficient regrowth of Bacillus subtilis
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Microbiology  162巻  (頁 448 ~ 458)
    掲載紙 発行年月: 2016年03月
    著者氏名(共著者含): Genki Akanuma, Yuka Kazo, Kazumi Tagami, Hirona Hiraoka, Koichi Yano, Shota Suzuki,Ryo Hanai, Hideaki Nanamiya, Yasuyuki Kato-Yamada, Fujio Kawamura

    DOI: 10.1099/mic.0.000234
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Pressure adaptation of 3-isopropylmalate dehydrogenase from an extremely piezophilic bacterium is attributed to a single amino acid substitution
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Extremophiles  20巻  (頁 177 ~ 186)
    掲載紙 発行年月: 2016年03月
    著者氏名(共著者含): Yuki Hamajima, Takayuki Nagae, Nobuhisa Watanabe, Eiji Ohmae, Yasuyuki Kato‑Yamada, Chiaki Kato

    DOI: 10.1007/s00792-016-0811-4
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • High affinity nucleotide-binding mutant of the ε subunit of thermophilic F1-ATPase
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Biochemical and Biophysical Research Communications  469巻  (頁 1129 ~ 1132)
    掲載紙 発行年月: 2016年01月
    著者氏名(共著者含): Yasuyuki Kato-Yamada

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2015.12.121
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Severe MgADP inhibition of Bacillus subtilis F1-ATPase is not due to the absence of nucleotide binding to the noncatalytic nucleotide binding sites
    言語区分: 英語
    掲載誌名: PLOS ONE  9巻  (頁 e107197 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2014年09月
    著者氏名(共著者含): Toru Ishikawa, Yasuyuki Kato-Yamada

    DOI: doi:10.1371/journal.pone.0107197
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Pressure effects on the chimeric 3-isopropylmalate dehydrogenases of the deep-sea piezophilic Shewanella benthica and the atmospheric pressureadapted Shewanella oneidensis
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry  78巻  3号  (頁 469 ~ 471)
    掲載紙 発行年月: 2014年04月
    著者氏名(共著者含): Yuki Hamajima, Takayuki Nagae, Nobuhisa Watanabe, Yasuyuki Kato-Yamada, Takeo Imai, Chiaki Kato

    DOI: 10.1080/09168451.2014.890033
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ATP合成酵素の活性調節におけるεサブユニットの役割
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 日本生化学会
    掲載誌名: 生化学 81巻 11号
    掲載誌 発行年月: 2009年11月
    著者氏名(共著者含): 山田 康之
    掲載種別: 総説・解説(その他)
    共著区分: 単著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • Fluorescently labeled fusion protein for assaying adenosine triphosphate.
    工業所有権区分: 特許
    発明(考案)者名: Hiroyuki Noji, Hiromi Imamura, Ryota Iino, Yasuyuki Yamada
    登録番号: US Patent 08524447、 2013年09月03日
    出願国: アメリカ合衆国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成20年度 日本生化学会奨励賞
    受賞年月: 2008年10月27日
    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関: 日本生化学会
    受賞者・受賞グループ名: 山田 康之

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ATP合成酵素のATPモーターとプロトンモーターをつなぐ分子内クラッチ
    研究期間: 2015年04月 ~ 継続中
    研究種目: 基盤研究(C)
    研究内容:
    ATP合成酵素に見られる、条件的脱共役状態の分子機構を明らかにする。

  • 枯草菌ATP合成酵素の活性調節の包括的理解
    研究期間: 2011年04月 ~ 2016年03月
    研究種目: 若手研究(B)
    研究内容:
    枯草菌ATP合成酵素の活性調節機構の解明

  • ATP合成酵素の回転モータ制御の分子機構
    研究期間: 2006年04月 ~ 2011年03月
    研究種目: 特定領域研究
    研究内容:
    代表:久堀徹

  • ATP合成酵素のεサブユニットへのATP結合と活性調節
    研究期間: 2006年04月 ~ 2008年03月
    研究種目: 若手研究(B)

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • これまで、ATP合成酵素の活性調節機構を研究してきた。活性調節の分子機構をあきらかにすることを目指して研究している。またこの他にもタンパク質の機能がどのような構造変化によって引き起こされるかを研究していきたいと考えている。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 授業は、基礎情報科学、生物物理学Iなどを担当している。
    研究室では、ATP合成酵素を中心としたタンパク質化学的なテーマを取り上げている。

 
 
 

キーワード(選択) 【 表示 / 非表示

  • 生物学

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • 活性調節

  • ATP合成酵素

 

お問い合わせ先