写真

氏名

栗田 和明 (クリタ カズアキ)

KURITA Kazuaki

所属

文学部 史学科超域文化学専修

文学研究科 超域文化学専攻博士課程後期課程

文学研究科 超域文化学専攻博士課程前期課程

職名

教授

研究分野・キーワード

フィールドワーク、ニャキュウサ人、アフリカ 、地理学、民族学、交易

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ニャキュウサ人(タンザニア)とンコンデ人(マラウィ)の生活を1983年から記述している。国境をはさんでの交易、ダンスの交流が見られるが、これらを普遍化してタンザニア人のアジアまでおよぶ移動について調査を進めている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 東・南部アフリカ=東南アジアのインフォーマルな交易活動

  • 東・南部アフリカでの人の移動と交易の研究

  • タンザニア ニャキュウサ人のダンス

  • マラウィ・ンコンデ人の民族学的研究

  • タンザニア・二ャキュウサ人の民族学的研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Tanzanian traders' activities among Tanzania, Zambia, Malawi, China and Thailand
    研究期間: 2005年05月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: trade, Tanzania
    専門分野(科研費分類): 人文地理学、文化人類学・民俗学

  • 東南アジアにおけるアフリカ人社会の形成
    研究期間: 2005年05月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 東南アジア,アフリカ人社会,交易,移住
    専門分野(科研費分類): 文化人類学・民俗学、社会学

  • Cultural anthropological study on the Nyakyusa people in Tanzania
    研究課題キーワード: the Nyakyusa,Tanzania,ethnography
    専門分野(科研費分類): 経営・経済農学、社会学、文化人類学・民俗学

  • Formation of African societies in South-eastern Asia
    研究課題キーワード: South-eastern Asia, African Societies, Trade, Migration
    専門分野(科研費分類): 文化人類学・民俗学、社会学

  • タンザニアのニャキュウサ人の民族誌
    研究課題キーワード: ニャキュウサ人,タンザニア,民族誌
    専門分野(科研費分類): 経営・経済農学、社会学、文化人類学・民俗学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 東南アジアとアフリカを結ぶ交易活動と人のネットワーク形成
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 林倬文(編)『アジアにおける平和構築のためのトランスナショナル・コミュニティの形成』113-131ページ。立教大学 平和・コミュニティ研究機構
    掲載紙 発行年月: 2007年04月
    著者氏名(共著者含): 栗田 和明

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • Human migration and community building of Africa origin people beyond national boundary: Connection between Africa and Asia (in Japanese)
    言語区分: 英語
    掲載誌名: The journal of peace and community studies  2号  (頁 60-72 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2006年04月
    著者氏名(共著者含): Kurita, K.

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Trade over Songwe river: Commercial activities around the international boundary between Tanzania and Malawi (in Japanese)
    言語区分: 英語
    掲載誌名: In Toyoda, Y.(ed.) “Comparative studies on Golobalization/Localization in several areas: From Viewpoint of daily lives”Rikkyo Unov.  (頁 66-79 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2004年04月
    著者氏名(共著者含): Kurita, K.

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • ソングウェ川をはさんだ交易――国境付近での商活動――
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 豊田由貴夫(編)『生活世界から捉えるグローバル/ローカル化の動態に関する地域間比較研究』  (頁 66-79 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2004年04月
    著者氏名(共著者含): 栗田 和明

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • ダンス研究におけるDVD映像資料の作成――タンザニアとマラウィの素材から――
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 大学教育と情報  11巻  1号  (頁 27-29 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2002年04月
    著者氏名(共著者含): 栗田 和明

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 移動と移民――複数社会を結ぶ人びとの動態――
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 昭和堂
    発行年月: 2018年03月
    著者氏名: 栗田 和明

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単編著

  • 海と陸の織りなす世界史――港市と内陸社会――
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 春風社
    発行年月: 2018年03月
    著者氏名: 栗田 和明、他多数

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 分担執筆

  • 流動する移民社会――環太平洋地域を巡る人びと――
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 昭和堂
    発行年月: 2016年03月
    著者氏名: 栗田 和明

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単編著

  • タンザニアを知るための60章 第二版
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 明石書店
    発行年月: 2015年04月
    著者氏名: 栗田 和明 共編著

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 共編著

  • マラウィを知るための45章 第二版
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 明石書店
    発行年月: 2010年11月
    著者氏名: 栗田 和明

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著

全件表示 >>

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • 京都府綾部市黒谷町での手すき和紙の調査
    活動期間(研究年月など): 1976年04月 ~ 1979年04月

  • Field research on the hand-made Japanese paper in Kurotani, Ayabe-city, Kyoto
    活動期間(研究年月など): 1976年04月 ~ 1979年04月

  • 沖縄、久米島での久米島紬の調査
    活動期間(研究年月など): 1977年04月 ~ 1984年04月

  • Field research on Kumejima-Tsumugi textile in Kumejima-Island, Okinawa
    活動期間(研究年月など): 1977年04月 ~ 1984年04月

  • ケニア、ポコット人の民族誌調査
    活動期間(研究年月など): 1980年04月 ~ 1983年04月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • アフリカ諸社会における女性の比較研究―性差の伝統的構造と現代的対応―
    研究期間: 1992年04月 ~ 1995年03月
    研究種目: 国際学術
    研究内容:
    アフリカ諸社会における女性の比較研究―性差の伝統的構造と現代的対応―

  • 南部アフリカ諸民族の民族学的研究
    研究期間: 1995年03月 ~ 1998年03月
    研究種目: 国際学術
    研究内容:
    南部アフリカ諸民族の民族学的研究

  • 現代日本人のアフリカ観の形成
    研究期間: 1995年04月 ~ 1998年03月
    研究種目: 基盤研究(C)
    研究内容:
    現代日本人のアフリカ観の形成

  • アフリカ諸社会における民族芸術の文化人類学的研究 ―その伝統的形態と現代的展開―
    研究期間: 1995年04月 ~ 1998年03月
    研究種目: 国際学術
    研究内容:
    アフリカ諸社会における民族芸術の文化人類学的研究 ―その伝統的形態と現代的展開―

  • 現代アフリカにおける文化運動とエスニシティの人類学的研究
    研究期間: 1998年04月 ~ 2001年03月
    研究種目: 国際学術
    研究内容:
    現代アフリカにおける文化運動とエスニシティの人類学的研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • African small scale traders in Southeast Asia:
    会議名称: Symposium on the Human Migration and Acculturation in the Pacific Rim (2007年07月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: 立教大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • Tanzanian small traders in Thailand: Researches on actual cases
    会議名称: 西南林学院 研究会 (2008年03月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: 西南林学院
    発表形態: 口頭(一般)

  • Tanzanian small traders in Thailand: Researches on actual cases
    会議名称: 麗江師範高等専門学校 講演会 (2008年03月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: 麗江師範高等専門学校
    発表形態: 口頭(基調)

  • 人の移動研究――研究動向および日本に関係する状況――
    会議名称: 立教大学=中国社会科学院・南開大学研究交流会 (2009年03月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: 中国社会科学院
    発表形態: 口頭(一般)

  • 東部アフリカにおけるタンザニア人交易人の活動――タンザニア・ザンビア・マラウィを結んで――
    会議名称: 日本アフリカ学会 研究大会 (2009年05月)
    会議区分: 国内会議
    発表形態: ポスター(一般)

全件表示 >>

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 1980年からケニア、1983年からタンザニア、1990年からマラウィで継続的に地理学・民族学のフィールドワークをおこなっている。とくにニャキュウサ人(タンザニア)とンコンデ人(マラウィ)の生活に関心をもっている。研究地は次第にアフリカ南部に移っており、1995年度からは南アフリカまで含めて、東・南部アフリカ地域での研究をすすめている。2005年からは東南アジアに交易のために来ているタンザニア人にも関心をよせている。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 私自身が関心をもって面白がっている様子を学生諸氏に伝えたいと念願している。詳細な個別の記述と巨視的にみた全体の流れが深く関連していること、事象を観察する視点が複数存在することを授業では語っている。

 
 
 

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • 民族学

  • 地理学

  • アフリカ

  • ニャキュウサ人

  • フィールドワーク

全件表示 >>

 

お問い合わせ先