写真

氏名

小野沢 あかね (オノザワ アカネ)

ONOZAWA Akane

所属

文学部 史学科日本史学専修

文学研究科 史学専攻博士課程前期課程

文学研究科 史学専攻博士課程後期課程

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本近現代史・女性史・ジェンダーを研究テーマとする。①地域社会・民衆生活・国際関係の視点からの大正デモクラシー期~十五年戦争期における女性運動・社会運動、②近代日本の公娼制度と日本人「慰安婦」問題、③オーラル・ヒストリーの手法を取り入れた戦後沖縄の売買春問題、などを研究している。

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 近代日本における公娼制度廃止運動の研究
    研究期間: 1987年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 公娼制度,女性史,女性解放運動
    専門分野(科研費分類): 日本史

  • Repeal Campaign Against Licensed Prostitution in Modern Japan
    研究期間: 1987年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: Licensed Prostitution,Women's History,Feminism
    専門分野(科研費分類): 日本史

  • 近代日本における公娼制度廃止問題の国際的契機
    研究期間: 1993年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 公娼制度,婦女売買,国際関係
    専門分野(科研費分類): 日本史

  • International Relations about the Abolition of Licensed Prostitution in Modern Japan
    研究期間: 1993年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: Licensed Prostitution,Traffic in Women,International Relations
    専門分野(科研費分類): 日本史

  • 戦後沖縄におけるAサインバーの研究
    研究期間: 1998年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 沖縄女性史、売買春、未軍

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 公婚制度廃止問題の歴史的位置 ―戦間期日本における勤倹貯蓄と女たち―
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 歴史学研究  764号, 2-12頁巻
    掲載紙 発行年月: 2002年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • The Expansion of the Repeal Campaign against Licensed Prostitution in Japan After the World War I
    言語区分: 英語
    掲載誌名: The Study of International Relations  26号  (頁 55-68 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2000年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • Impact of the Controversy about "International Traffic in Women" (1931) : Japanese Failure to defend its Policy of Licensed Prostitution
    言語区分: 英語
    掲載誌名: The Study of International Relations  24号  (頁 93-110 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1998年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • The Repeal Movement against Licensed Prostitution in Japan during 1930s
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Shigaku Zasshi  106巻  7号  (頁 57-77 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1997年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Japanese Policy foward the League of Nations' "Advisory Committee on the Traffic in Women and Children" in the 1920s
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Interdisciplinary Studies  3号  (頁 133-159 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1995年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 大門正克・小野沢あかね編『展望日本歴史21 民衆世界への問いかけ』(共編)
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 東京堂出版
    発行年月: 2001年04月

  • 近代女性史研究の現状
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 『別冊歴史読本 日本史研究最前線』新人物往来社
    発行年月: 2000年04月

  • 『婦女新聞』と廃娼運動
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 『娼女新聞』と女性の近代 不二出版(共著)
    発行年月: 1997年04月

  • 日本人「慰安婦」 愛国心と人身売買と
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 現代書館
    発行年月: 2015年03月
    著者氏名: 西野瑠美子,小野沢あかね

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 日本人「慰安婦」の徴集と近代公娼制度
    著書形態: 共編著

  • 岩波講座日本歴史 第17巻 近現代3 
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 岩波書店
    発行年月: 2014年12月
    著者氏名: 小野沢あかね

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 戦間期の家族と女性
    著書形態: 単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第5回女性学研究国際奨励賞受賞
    受賞年月: 2000年02月
    受賞区分: 国内外の国際的学術賞
    授与機関: 国際ジェンダー学会
    受賞者・受賞グループ名: 小野沢 あかね

  • 第6回女性史学賞
    受賞年月: 2012年01月07日
    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関: 女性史学賞選考委員会
    受賞者・受賞グループ名: 小野沢あかね

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 1920~30年代における日本の公娼制度・廃娼運動の研究
    研究期間: 1993年04月 ~ 1995年03月
    研究種目: 特別研究員推奨費

  • 戦時・戦後の日本における売買春反対運動の研究
    研究期間: 2001年04月 ~ 2003年03月
    研究種目: 若手研究(B)

  • 戦時・戦後の日本における売買春問題に関する研究
    研究期間: 2004年04月 ~ 2006年03月
    研究種目: 基盤研究(C)

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 近現代日本女性史・ジェンダーにかかわる歴史研究を専門としている。特に、公娼制度・廃娼運動・売買春問題を研究対象とし、これらの問題を掘り下げることで女性史研究・ジェンダー研究の新局面を切り開くことを目指している。現在のところ、(1)近代日本の公娼制度史・廃娼運動史、(2)戦後の米軍統治下沖縄における売買春問題の研究に力を入れている。(1)については、地域民衆史的視点と国際関係史的視点を重視しつつ、公娼制度・廃娼運動史に関する日本の特徴を究明している。また、(2)については、米軍基地周辺に多数建設された米軍人向けのバーにおける女性従業員の労働・賃金・借金・家族関係などの歴史的変遷を、オーラルヒストリーの手法を駆使して究明している。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示



  • 近代日本史論1:近代日本社会における公娼制度批判の民衆史的背景について理解を深める。
    演習:日本近代史,特に女性史・社会運動史・民衆史などに関する理解を深め,研究方法を学ぶとともに,各自の研究テーマを探究する。

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

1993年06月 ~ 1995年05月  
歴史学研究会 委員
 
 

お問い合わせ先