写真

氏名

森本 正和 (モリモト マサカズ)

MORIMOTO Masakazu

所属

理学部 化学科

理学研究科 化学専攻博士課程前期課程

理学研究科 化学専攻博士課程後期課程

職名

教授

研究室住所

171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

有機光化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 有機光化学。光の照射により異性化反応を起こして色を変化させるフォトクロミック分子などの光応答分子に関する研究を行っている。光応答分子およびその集積体を合成し、それらの構造や光応答挙動を観測・解析することにより、光機能の発現のための物質設計の指針を確立するとともに、新しい光応答分子デバイスを創出することをめざしている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 有機光化学

  • フォトクロミック分子の光反応と物性に関する研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ジアリールエテン単結晶の結晶構造とフォトクロミック反応に関する研究
    研究期間: 2000年04月 ~ 2006年03月
    研究課題キーワード: フォトクロミズム,ジアリールエテン,分子結晶
    専門分野(科研費分類): 有機化学
    研究制度: 科学研究費補助金

  • フォトクロミック金属錯体の合成と磁性光制御に関する研究
    研究期間: 2006年04月 ~ 2007年03月
    研究課題キーワード: フォトクロミズム,金属錯体,分子磁性
    専門分野(科研費分類): 有機化学、無機化学
    研究制度: その他の研究制度

  • フォトクロミック分子の光反応と物性に関する研究
    研究期間: 2007年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: フォトクロミズム,ジアリールエテン
    専門分野(科研費分類): 有機化学
    研究制度: JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis, structures, and magnetic properties of two coordination assemblies of Mn(III) single molecule magnets bridged via photochromic diarylethene ligands
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Inorganic Chemistry  58巻  4号  (頁 2307 ~ 2314)
    掲載紙 発行年月: 2019年02月
    著者氏名(共著者含): Ahmed Fetoh, Goulven Cosquer, Masakazu Morimoto, Masahiro Irie, Ola El-Gammal, Gaber M. Abu El-Reash, Brian K. Breedlove, Masahiro Yamashita

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.8b02578
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • The photoregulation of a mechanochemical polymer scission
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Nature Communications  9巻  (頁 3504 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2018年08月
    著者氏名(共著者含): Jumpei Kida, Keiichi Imato, Raita Goseki, Daisuke Aoki, Masakazu Morimoto, Hideyuki Otsuka

    DOI: 10.1038/s41467-018-05996-7
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Multiphoton-gated cycloreversion reaction of a fluorescent diarylethene derivative as revealed by transient absorption spectroscopy
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Physical Chemistry Chemical Physics  20巻  30号  (頁 19776 ~ 19783)
    掲載紙 発行年月: 2018年08月
    著者氏名(共著者含): Tatsuhiro Nagasaka, Tomohiro Kunishi, Hikaru Sotome, Masafumi Koga, Masakazu Morimoto, Masahiro Irie, Hiroshi Miyasaka

    DOI: 10.1039/C8CP01467A
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • A turn-on mode fluorescent diarylethene: Solvatochromism of fluorescence
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Dyes and Pigments  153巻  (頁 144 ~ 149)
    掲載紙 発行年月: 2018年06月
    著者氏名(共著者含): M. Morimoto, Y. Takagi, K. Hioki, T. Nagasaka, H. Sotome, S. Ito, H. Miyasaka, M. Irie

    DOI: 10.1016/j.dyepig.2018.02.016
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Mesoscopic motion of optically trapped particle synchronized with photochromic reactions of diarylethene derivatives
    言語区分: 英語
    掲載誌名: The Journal of Physical Chemistry Letters  9巻  10号  (頁 2659 ~ 2664)
    掲載紙 発行年月: 2018年05月
    著者氏名(共著者含): Syoji Ito, Morio Mitsuishi, Kenji Setoura, Mamoru Tamura, Takuya Iida, Masakazu Morimoto, Masahiro Irie, Hiroshi Miyasaka

    DOI: 10.1021/acs.jpclett.8b00890
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 光化学フロンティア:未来材料を生む有機光化学の基礎
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 化学同人
    発行年月: 2018年12月
    著者氏名: 森本正和

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 6.3 分子結晶のフォトメカニカル効果―分子の構造変化を利用した光-力学エネルギー変換
    著書形態: 分担執筆

  • Photon-Working Switches (Editors: Y. Yokoyama, K. Nakatani)
    記述言語: 英語
    出版機関名: Springer
    発行年月: 2017年06月
    著者氏名: M. Morimoto, M. Irie

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: Turn-on mode fluorescent diarylethenes (Chapter 5)
    著書形態: 共著

  • Photochromic Materials - Preparation, Properties and Applications (Editors: H. Tian, J. Zhang)
    記述言語: 英語
    出版機関名: Wiley
    発行年月: 2016年06月
    著者氏名: M. Morimoto, S. Kobatake, M. Irie, H. K. Bisoyi, Q. Li, S.Wang, H. Tian

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: Photochromic bulk materials (Chapter 8)
    著書形態: 共著

  • Supramolecular photochemistry: controlling photochemical processes (Editors: V. Ramamurthy, Y. Inoue)
    記述言語: 英語
    出版機関名: Wiley
    発行年月: 2011年09月
    著者氏名: Masakazu Morimoto, Masahiro Irie

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: Photochromism of multicomponent diarylethene crystals (Chapter 8)
    著書形態: 共著

  • 超分子サイエンス&テクノロジー:基礎からイノベーションまで(監修:国武 豊喜)
    記述言語: 日本語
    出版機関名: エヌ・ティー・エス
    発行年月: 2009年05月
    著者氏名: 小畠誠也,森本正和,入江正浩

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 第3章 第2節 16. 光機能性有機分子結晶(pp 657–666)
    著書形態: 共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第17回光化学協会奨励賞
    受賞年月: 2017年09月
    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
    授与機関: 光化学協会
    受賞者・受賞グループ名: 森本正和

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 異種分子複合型光機能性フォトクロミック単結晶の開発
    研究期間: 2004年04月 ~ 2006年03月
    研究種目: 特別研究員奨励費
    研究内容:
    異種分子複合型光機能性フォトクロミック単結晶の開発

  • フォトクロミック電荷移動錯体結晶の光誘起電荷移動量変化による固体物性制御
    研究期間: 2007年04月 ~ 2009年03月
    研究種目: 若手研究(B)
    研究内容:
    フォトクロミック電荷移動錯体結晶の光誘起電荷移動量変化による固体物性制御

  • 水素結合性フォトクロミック分子を用いた有機強誘電体結晶の光制御
    研究期間: 2012年04月 ~ 2014年03月
    研究種目: 若手研究(B)
    研究内容:
    光により固体物性を制御できる機能性分子結晶材料へ向けての基礎として、フォトクロミック分子の光異性化反応により強誘電物性を可逆的に変化させる有機分子結晶を創製することを目的とする。

  • 光応答性分子結晶の構造変化による固体物性制御
    研究期間: 2014年04月 ~ 2016年03月
    研究種目: 新学術領域研究

  • 光により変形するフォトクロミック圧電結晶を用いた光電変換
    研究期間: 2014年04月 ~ 2017年03月
    研究種目: 基盤研究(C)

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フォトクロミック反応による金属錯体ナノ量子磁石の光スイッチング
    研究期間: 2006年09月 ~ 2007年03月
    資金名称: 東北大学若手研究者萌芽研究育成プログラム
    資金支給機関名: 東北大学

  • 光機能性有機強誘電結晶の創製
    研究期間: 2007年04月 ~ 2011年03月
    資金名称: 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ
    資金支給機関名: 科学技術振興機構

  • 超高密度メモリデバイスを指向した単分子磁性光スイッチングシステムの構築
    研究期間: 2007年06月 ~ 2008年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学

  • フォトクロミック分子の光異性化反応が誘起する結晶格子変形を利用した物性制御
    研究期間: 2011年04月 ~ 2012年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学

  • フォトクロミック反応による有機強誘電体の光応答機能の創出
    研究期間: 2012年11月 ~ 2014年05月
    資金名称: 住友財団 基礎科学研究助成
    資金支給機関名: 民間財団等

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ジアリールエテン単結晶の結晶構造とフォトクロミズム
    会議名称: 光エネルギーと物質変換シンポジウム:光合成・光触媒・太陽電池および関連化学の革新 (2004年11月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 金沢大学(石川県)
    発表形態: 口頭(招待・特別)

  • Photoactive materials based on photochromic crystals with hybrid structures
    会議名称: Second International Symposium on Chemistry of Coordination Space (ISCCS 2006) (2006年12月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Fukuoka, Japan
    発表形態: 口頭(招待・特別)

  • 異種複合型フォトクロミック分子結晶の結晶構造と光機能
    会議名称: 第58回錯体化学討論会 (2008年09月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 金沢大学(石川県)
    発表形態: 口頭(招待・特別)

  • Crystal structures and photochromic performance of diarylethene single crystals
    会議名称: Second Japanese-French Workshop on NanoBioPhotonics (2009年10月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Marseille, France
    発表形態: 口頭(招待・特別)

  • Photomechanical effect of diarylethene cocrystals
    会議名称: 6th International Symposium on Organic Photochromism (2010年10月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Yokohama, Japan
    発表形態: 口頭(一般)

全件表示 >>

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 有機光化学。フォトクロミック分子を中心とした機能性分子結晶に関する研究を行っている。分子が精密に集積された結晶を設計・合成し、その構造や反応、物性を解析することにより、分子の光化学・光物理過程(光異性化反応、発光など)と結晶の物性(光学物性、電気物性、磁気物性など)とが強く関係した新しい物質を創出することをめざしている。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 有機化学分野を中心とした講義型および実験型科目を担当している。

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

2008年08月  
豊島区理科実験実技研修会

2012年11月  
神奈川県立川和高等学校 出張授業

 
 

お問い合わせ先