写真

氏名

杉浦 克己 (スギウラ カツミ)

SUGIURA Katsumi

所属

コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科

コミュニティ福祉学研究科 コミュニティ福祉学専攻博士課程前期課程

コミュニティ福祉学研究科 コミュニティ福祉学専攻博士課程後期課程

職名

教授

出身地

東京都

研究室住所

埼玉県新座市北野1-2-26

ホームページ

http://katsumi-sugiura.com/

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

スポーツ栄養学、フィットネス、ライフ・マネジメント

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 運動・スポーツを通じた健全な発育・発達、健康増進あるいはパフォーマンス向上を実現することに対し、栄養学的にアプローチすることを研究テーマとしている。また、日本の「食」の諸問題に対し、運動・スポーツを活用した新たな栄養教育の方法を構築することも研究課題としている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 健康・フィットネス・スポーツのための栄養学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 運動時の糖質摂取が持久的運動パフォーマンスに与える影響
    研究期間: 1994年04月 ~ 1997年03月
    研究課題キーワード: スポーツ栄養
    専門分野(科研費分類): スポーツ科学、応用健康科学、食生活学
    研究制度: 委託研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 東日本大震災被災者の栄養摂取状況
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教大学コミュニティ福祉学部紀要  17号  (頁 63 ~ 69)
    掲載紙 発行年月: 2015年03月
    著者氏名(共著者含): 杉浦克己

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • 東日本大震災被災者の栄養摂取状況
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: ウエルネスジャーナル  9巻  1号  (頁 19 ~ 21)
    掲載紙 発行年月: 2013年03月
    著者氏名(共著者含): ■杉浦克己、山内崇靖、酒井健介

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • エネルギーインプットとしての栄養測定
    言語区分: 英語
    掲載誌名: 体育の科学  62巻  10号  (頁 757 ~ 760)
    掲載紙 発行年月: 2012年10月
    著者氏名(共著者含): 杉浦克己

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 食育基本法を読み解く
    言語区分: 英語
    掲載誌名: 子どもと発育発達  9巻  3号  (頁 146 ~ 154)
    掲載紙 発行年月: 2011年10月
    著者氏名(共著者含): 杉浦克己

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 発育発達と食育
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 子どもと発育発達  6巻  1号  (頁 14 ~ 18)
    掲載紙 発行年月: 2008年04月
    著者氏名(共著者含): 杉浦克己

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • イラストでみる最新スポーツルール16
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 大修館書店
    発行年月: 2016年04月
    著者氏名: 杉浦 克己

    著書種別: 教科書
    担当部分: みんなのスポーツ栄養
    著書形態: 分担執筆

  • 進化する運動科学の研究最前線
    記述言語: 日本語
    出版機関名: エヌ・ティー・エス
    発行年月: 2014年12月
    著者氏名: 杉浦克己

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: スポーツ栄養学と食品開発
    著書形態: 分担執筆

  • 水泳コーチ教本 第3版
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 大修館書店
    発行年月: 2014年10月
    著者氏名: 杉浦克己

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 水泳の栄養学
    著書形態: 分担執筆

  • ナショナルチームドクター・トレーナーが書いた種目別スポーツ障害の診療
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 南江堂
    発行年月: 2014年09月
    著者氏名: 杉浦克己

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 栄養とサプリメント
    著書形態: 分担執筆

  • 体育・スポーツ指導者と学生のためのスポーツ栄養学
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 市村出版
    発行年月: 2014年04月
    著者氏名: 酒井健介,杉浦克己

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: トレーニング後と試合後のリカバリー
    著書形態: 分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 減量・ダイエットの栄養
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 特定非営利活動法人日本トレーニング指導者協会
    掲載誌名: JATI EXPRESS 51号 (頁 20 ~ 21 )
    掲載誌 発行年月: 2016年02月
    著者氏名(共著者含): 杉浦克己
    掲載種別: 総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分: 単著

  • 増量・カラダづくりの栄養
    記述言語: 日本語
    掲載誌名: JATI EXPRESS 50号 (頁 20 ~ 22 )
    掲載誌 発行年月: 2015年12月
    著者氏名(共著者含): 杉浦克己
    掲載種別: 総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分: 単著

  • 試合のための栄養
    記述言語: 日本語
    掲載誌名: JATI EXPRESS 49号 (頁 18 ~ 19 )
    掲載誌 発行年月: 2015年10月
    著者氏名(共著者含): 杉浦克己
    掲載種別: 総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分: 単著

  • 食事バランスガイドで食事の基本を知る
    記述言語: 日本語
    掲載誌名: JATI EXPRESS 48号 (頁 14 ~ 16 )
    掲載誌 発行年月: 2015年08月
    著者氏名(共著者含): 杉浦克己
    掲載種別: 総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分: 単著

  • エネルギー消費量をみる
    記述言語: 日本語
    掲載誌名: JATI EXPRESS 47号 (頁 14 ~ 15 )
    掲載誌 発行年月: 2015年06月
    著者氏名(共著者含): 杉浦克己
    掲載種別: 総説・解説(大学・研究所紀要)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

芸術・体育系業績 【 表示 / 非表示

  • 第1回秩父宮記念スポーツ医・科学奨励賞
    開催期間: 1998年04月
    開催場所: (財)日本体育協会
    発表・展示等の内容等:
    財団法人日本陸上競技連盟科学委員会バイオメカニクス班として

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 被災地および被災者の支援のあり方に関する探索的研究~生活者の視点から~
    研究期間: 2011年04月 ~ 2014年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学

  • 大学生アスリートの栄養摂取状況とその改善策の検討
    研究期間: 2009年04月 ~ 2010年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学
    研究内容:
    近年、不健康な食生活や運動不足等のいわゆる生活習慣の乱れが、肥満やそれに伴う生活習慣病を引き起こすことが大きな社会問題となっている。それぞれのライフステージにおいて生活習慣を是正することが重要であり、食生活関連では児童期・思春期における食育や壮年期以降での特定保健指導が国民運動として展開されている。正しい食習慣は、本来は若年期に形成されるべきものであり、食育は「食育基本法」の下、小学校から高校にかけて実施されるようになってきた。しかし、社会人として独立する前段階にあたる大学では、正課においても課外活動においても、きめ細かい栄養教育は殆んど実施されていない。大学時代は、授業履修・課外活動・アルバイト等、すべてを自己責任において実施しなければならず、食生活に関しても、親の助けを借りずに外食や食品購入について自分で選択する能力が必要とされる。そのため、大学時代に栄養教育を施し、正しい食習慣の形成を促すことは極めて重要と考える。本研究は、体育会に所属する大学生アスリートの栄養摂取状況、栄養に関する知識と食行動を明確にし、その改善策を検討することを目的とする。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Relation Between Undesirable Eating Habits and Health-related Complaints of Elite High School Track and Field Athletes.
    会議名称: ECSS (2014年07月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Amsterdam
    発表形態: ポスター(一般)

  • The Nutritional Situation of Victims of the North-eastern Japan Earthquake.
    会議名称: ECSS (2013年07月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Barcerona
    発表形態: 口頭(一般)

  • Effect of nutritional education program on adherence to desirable dietary behavior in elite adolescent football players.
    会議名称: ECSS (2013年07月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Barcelona, Spain
    発表形態: 口頭(一般)

  • 高校生ラグビー選手の食生活の現状と食事指導.
    会議名称: 日本発育発達学会第12回大会 (2014年03月)
    会議区分: 国内会議
    発表形態: ポスター(一般)

  • 発育期の食生活のサポート~目指せ!世界のトップ10―日本サッカーとスポーツ医・科学
    会議名称: 第68回日本体力医学会大会 (2013年09月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 東京
    発表形態: 口頭(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣調査、栄養教育、および新規サプリメントの開発

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 人間のあらゆるパフォーマンスを最大限に高めるための栄養学的アプローチに興味がある。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • ■ウエルネス科学総論 【専門科目】 1-4年次対象
    ■ウエルネスの科学 【全カリ科目(学部提供科目)】 1-4年次対象

    運動・栄養・休養,喫煙・アルコール,ストレス,そしてやせ願望,肥満と生活習慣病,感染症という基礎的知識を理解した上で,勉強,仕事,結婚,家庭,老化,死という流れに沿って,健康を環境や社会とのつながりという大きな視点と,自分自身の生き方や態度という全人的尺度で捉え論じていく。

  • ■運動・スポーツ栄養学 【専門科目】 2年次以上対象

    日常の食事を,運動と関連付けて見直し,栄養素レベルの理解の上に適切な食品の選択が成り立つことを理解する。また,アスリートの栄養指導事例から参考になる要素を抽出し議論することにより,運動時の身体活動量と代謝の変化に応じた栄養摂取について考案し,提案できるように指導する。

  • ■インターンシップ(企業系) 【専門科目】 3年次以上対象

    食品・小売・不動産・商社等の企業における実習(就労)体験を通じて,社会問題への理解と関心を深めるとともに,将来の進路選択の一助とすることを目標とする。

  • ■現代人とサプリメント 【全カリ科目】 1-4年次対象

    栄養学や食事の基本について理解した上で,サプリメント(健康食品)に関わる法律,安全性,有効性,添加物,表示,そして目的別にどのような商品(成分)があるのかを学び,氾濫する関連情報にいかに対処して真実を見極めていくかを考える。

  • ■ダイエットフィットネス 【全カリ科目】 1-4年次対象

    『正しいダイエット』について,運動と栄養の両面から科学的にアプローチし,講義と実技・実習によって体験学習する。

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

2008年04月 ~ 継続中  
体育会日本拳法部部長

2010年04月 ~ 2014年03月  
ウエルネス研究所長

2012年04月 ~ 2014年03月  
キャリア支援委員会委員

2010年04月 ~ 2012年03月  
国際委員会委員

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

1999年09月 ~ 継続中  
日本体力医学会 評議員
2003年04月 ~ 継続中  
日本発育発達学会 発起人
2003年04月 ~ 継続中  
日本発育発達学会 啓蒙誌「子どもと発育発達」編集委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

2003年04月 ~ 継続中  
(公財)日本オリンピック委員会 科学サポート部会員

活動内容:
情報・医科学専門委員会 科学サポート部会員

2015年10月 ~ 継続中  
(公財)日本バレーボール協会 科学委員会 栄養サポート班班長

2001年08月 ~ 2002年06月  
2002日韓ワールドカップサッカー日本代表チーム 栄養アドバイザー

2006年04月 ~ 継続中  
(特非)日本トレーニング指導者協会(JATI)参与

2005年04月 ~ 継続中  
(公財)体力つくり指導協会 高齢者体力つくり支援士養成講習会講師

全件表示 >>

 

キーワード(選択) 【 表示 / 非表示

  • スポーツ

  • 健康

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • サプリメント

  • 食育

  • ライフ・マネジメント

  • フィットネス

  • スポーツ栄養学

講演/共同研究 【 表示 / 非表示

  • 勝つためのスポーツ栄養学

  • 食事・飲料・サプリメント

  • 間違いダイエット

  • 運動と食事でロコモ予防

  • 正しく学ぶおとなの栄養学

全件表示 >>

書籍他 【 表示 / 非表示

  • ダイエット&フィットネスの基礎知識

  • 選手を食事で強くする本

  • パンとカフェと、時々、体操
    内容:
    2014年度のサバティカルについて、立教大学コミュニティ福祉学会『まなびあい』第8号(2015年11月発行)に執筆した。

  • 小6の子の偏食は直したほうがいいの?

  • サプリメントを活用して、賢くやせる

 

お問い合わせ先