写真

氏名

大石 和男 (オオイシ カズオ)

OISHI Kazuo

所属

コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科

コミュニティ福祉学研究科 コミュニティ福祉学専攻博士課程前期課程

コミュニティ福祉学研究科 コミュニティ福祉学専攻博士課程後期課程

職名

教授

研究室電話

048-471-7334

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

首尾一貫感覚 ストレス対処 スポーツ 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学および健康心理学を基礎にして、健康やスポーツに関わる心理的要因について調べてきた。これまでの研究テーマは、「タイプA行動と生活習慣」、「スピリチュアルな価値観とウエルネス」、「首尾一貫感覚(SOC)とスポーツ」などである。これからは、SOCを高める方策をスポーツや価値観との関連から研究していきたい。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • スポーツ活動と首尾一貫感覚SOCおよびライフスキル

  • 音楽専攻大学生とメンタルヘルス

  • スポーツ活動が心理面に与える影響

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 首尾一貫感覚SOCとスポーツ
    研究期間: 2010年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: SOC スポーツ 挫折
    専門分野(科研費分類): 社会心理学
    研究制度: その他の研究制度

  • Physiological response during motor imagery
    研究課題キーワード: motor imagery,autonomic response

  • Type A behavior pattern and life style
    研究課題キーワード: Type A Behavior Pattern
    専門分野(科研費分類): 衛生学・公衆衛生学

  • タイプA行動様式と生活習慣
    研究課題キーワード: タイプA行動様式
    専門分野(科研費分類): 衛生学・公衆衛生学

  • 運動イメージ想起中の生理的変化
    研究課題キーワード: 運動イメージ,自律系反応
    専門分野(科研費分類): 実験心理学

論文 【 表示 / 非表示

  • 特別養護老人ホーム介護職員のSense of Coherence(SOC)と仕事満足度の関係
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 地域福祉研究  43巻  (頁 70 ~ 77)
    掲載紙 発行年月: 2015年03月
    著者氏名(共著者含): 廣野正子・遠藤伸太郎・大石和男

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • スポーツ選手の挫折とそこからの立ち直りの過程:男性中高生競技者の質的研究の観点から.
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 体育学研究  56巻  1号  (頁 89 ~ 103)
    掲載紙 発行年月: 2011年04月
    著者氏名(共著者含): 和秀俊・遠藤伸太郎・大石和男

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • 簡便な客観的指標によるストレス評価および家人に適した運動プログラムの開発の重要性.
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教大学コミュニティ福祉学部紀要  14巻  (頁 127 ~ 140)
    掲載紙 発行年月: 2012年03月
    著者氏名(共著者含): 満石寿・石渡貴之・濁川孝志・大石和男

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 共著

  • 大学生における楽観主義と首尾一貫感覚(SOC)の関係.
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教大学コミュニティ福祉学部紀要  13巻  (頁 45 ~ 56)
    掲載紙 発行年月: 2011年03月
    著者氏名(共著者含): 大石和男・遠藤伸太郎・松山真

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 共著

  • 身体運動実施後に観察された気分の改善.
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教大学コミュニティ福祉学部紀要  12巻  (頁 1 ~ 12)
    掲載紙 発行年月: 2010年03月
    著者氏名(共著者含): 大石和男・遠藤伸太郎・石渡貴之・松尾哲矢・福山清蔵

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 健康と体力科学 (共著)
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 杏林書院
    発行年月: 1994年04月

  • 運動イメージと自律反応
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 専修大学出版局
    発行年月: 2006年12月
    著者氏名: 大石 和男

    著書形態: 単著

  • タイプAの行動とスピリチュアリティ
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 専修大学出版局
    発行年月: 2005年06月
    著者氏名: 大石 和男

    著書形態: 単著

  • 健康運動指導士養成講習会II:柔軟性、筋力(実技)
    記述言語: 日本語
    出版機関名: (財)健康・体力づくり事業財団
    発行年月: 1998年04月
    著者氏名: 大石 和男

    著書形態: 単著

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • うつ病者の社会的支援および自殺予防に関するソーシャルワークモデル研究・開発
    研究期間: 2010年04月 ~ 2015年03月
    資金名称: 戦略的創造研究推進事業
    資金支給機関名: 文部科学省

  • 被災者に対する心理面への長期的で効果的な支援に向けた研究:ポジティブ心理学の応用
    研究期間: 2012年04月 ~ 2014年03月
    資金名称: 立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR)
    資金支給機関名: 立教大学
    研究内容:
    本プロジェクト研究では、被災者の支援方略の検討にあたって、従来の臨床心理学に加えてポジティブ心理学からの視点である学術的な枠組みを導入する。たとえば、「大丈夫何とかなる」という感覚のSOC(Sense of Coherence)、「どん底の状態から立ち直る過程」であるレジリエンス(Resilience)、それに「困難な状態からのポジティブな心理的変化」である心的外傷後成長(Posttraumatic growth; 以下PTGとする)などを用いることで、被災者のポジティブな心理的変化を各要素に分類して詳細に分析を行う。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 健康心理学、スポーツ心理学、スポーツウエルネス学研究等

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

1988年04月 ~ 2008年03月  
厚生労働省認定・健康運動指導士養成講習会

活動内容:
講師

1994年04月 ~ 1995年03月  
日本オリンピック委員会

活動内容:
情報・医・科学専門委員会委員

1994年04月 ~ 2001年03月  
埼玉県体育協会 スポーツ医科学サポート

2005年02月 ~ 2009年03月  
社団法人日本私立大学連盟 学生委員会

活動内容:
委員

2008年04月 ~ 継続中  
東京医科歯科大学フィットネスマネージメントカリキュラム検討委員会委員

全件表示 >>

 
 

お問い合わせ先