写真

氏名

池田 毅 (イケダ タケシ)

IKEDA Takeshi

所属

経済学部 経済学科

経済学研究科 経済学専攻博士課程前期課程

経済学研究科 経済学専攻博士課程後期課程

職名

教授

研究分野・キーワード

経済成長、所得分配、ケインズ、カレツキ、マクロ経済学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • これまで、M.カレツキやN.カルドアらをその学説史的源流とする、ポスト・ケインジアンの経済成長と所得分配の理論について研究してきた。特に90年代以降注目されてきたカレツキアンと呼ばれるモデルを中心に、従来のポスト・ケインジアンの成長と分配のマクロ経済学を体系的・理論的に把握することに努めている。また同時に、主流派の経済成長論やマクロ経済学を批判的に検討することを通じて、ポスト・ケインジアンの理論的可能性を追求している。特に、カレツキアンと同様、マクロ経済学における不完全競争の役割を強調するニュー・ケインジアンの議論に着目し、それらの理論的構造の異同について詳細な比較検討を行っている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 経済成長と所得分配の理論

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 経済成長と所得分配
    研究期間: 1998年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 経済成長,所得分配,マクロ経済学
    専門分野(科研費分類): 理論経済学
    研究制度: 経常研究

  • 不完全競争論とケインズ経済学 ― カレツキアンとニュー・ケインジアンとの対比から ―
    研究期間: 2001年04月 ~ 2003年03月
    研究課題キーワード: 不完全競争,カレツキ,ケインズ,所得分配,マクロ経済学
    専門分野(科研費分類): 理論経済学
    研究制度: 科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 稼働率と資本蓄積
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教経済学研究  66巻  3号  (頁 53 ~ 72)
    掲載紙 発行年月: 2013年01月
    著者氏名(共著者含): 池田毅

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • 再考:カレツキアン・モデルのミクロ的基礎
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教経済学研究  63巻  3号  (頁 33 ~ 50)
    掲載紙 発行年月: 2010年01月
    著者氏名(共著者含): 池田毅

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • 再考:90年代日本の利潤圧縮
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 立教経済学研究  62巻  2号  (頁 293 ~ 302)
    掲載紙 発行年月: 2008年10月
    著者氏名(共著者含): 池田毅

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • 90年代日本の利潤圧縮―カレツキアンの視点から
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 政策評価研究会(編) 政策分析2004 
    掲載紙 発行年月: 2005年01月
    著者氏名(共著者含): 池田 毅

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 再考:所得再分配―不完全競争と異質な経済主体
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 政策評価研究会(編) 政策分析2003 九州大学出版会
    掲載紙 発行年月: 2004年01月
    著者氏名(共著者含): 池田 毅

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • (共訳)M.C.マルクッツオ『市場の失敗との闘い―ケンブリッジの経済学の伝統に関する論文集』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 日本経済評論社
    発行年月: 2015年08月
    著者氏名: 平井俊顕(監訳)

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 共訳

  • (共訳)G.ドスタレール『ケインズの闘い―哲学・政治・経済学・芸術』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 藤原書店
    発行年月: 2008年09月
    著者氏名: 鍋島直樹・小峯敦(監訳)

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 399-456頁(第6章)
    著書形態: 共訳

  • 『経済成長と所得分配』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 日本経済評論社
    発行年月: 2006年02月
    著者氏名: 池田 毅

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著

  • (共訳)C.ロジャース『貨幣・利子および資本』
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 日本経済評論社
    発行年月: 2004年06月
    著者氏名: 貨幣的経済理論研究会編訳

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 129-189頁(第5-6章)
    著書形態: 共訳

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • 書評:鍋島直樹『ケインズとカレツキ ー ポスト・ケインズ派経済学の源泉』(名古屋大学出版会 、2001)、『経済学史学会年報』第42号
    活動期間(研究年月など): 2002年11月
    研究活動区分: 書評

  • 編集委員:進化経済学会編『進化経済学ハンドブック』共立出版
    活動期間(研究年月など): 2006年09月

  • 書評:槙満信『循環的・累積的因果関係論と経済政策 ― カルドア、ミュルダールから現代へ』(時潮社、2008年 )、『経済学史研究』第51巻第1号
    活動期間(研究年月など): 2009年07月
    研究活動区分: 書評

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 不完全競争論とケインズ経済学
    研究期間: 2001年04月 ~ 2003年03月
    研究種目: 若手研究(B)

  • 経済成長と所得分配
    研究期間: 2005年04月 ~ 2006年03月
    研究種目: 研究成果公開促進費・研究成果公開発表(A)

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 研究については、経済成長と所得分配に関するケインズ=カレツキ的なマクロ経済学を体系的・理論的に把握することに努めている。と同時に、近年の経済成長論やマクロ経済学を批判的に検討することを通じて、ケインズ=カレツキ的なマクロ経済学の可能性を追求している。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 教育については、標準的な経済理論を正確に理解した上で、そうした理論の意義と限界についてバランスよく学ぶことの大切さを、学生が意識できるような教育を心がけている。

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

2015年03月 ~ 継続中  
進化経済学会 理事
2015年11月 ~ 継続中  
ケインズ学会 幹事
 

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • マクロ

  • カレツキ

  • ケインズ

  • 所得分配

  • 経済成長

 

お問い合わせ先