写真

氏名

田口 真 (タグチ マコト)

TAGUCHI Makoto

所属

理学部 物理学科

理学研究科 物理学専攻博士課程前期課程

理学研究科 物理学専攻博士課程後期課程

職名

教授

出身地

神奈川県

研究分野・キーワード

惑星大気物理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 地上及び飛翔体からの分光・撮像観測手法を用いて地球及び惑星超高層大気ダイナミクスを研究している。現在進めている主な研究課題は共役点イメージャーによるオーロラ共役性の研究、惑星大気・プラズマ観測用気球搭載望遠鏡の開発、金星探査機搭載赤外カメラによる金星大気ダイナミクスの研究、火星探査機搭載光学センサーの開発である。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 惑星超高層大気の研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • レーザーヘテロダイン分光法による大気微量成分の研究
    研究期間: 1991年01月 ~ 1996年08月
    研究課題キーワード: 赤外分光 リモートセンシング オゾン
    専門分野(科研費分類): 超高層物理学
    研究制度: 科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • IR heterodyne spectrometer MILAHI for continuous monitoring observatory of Martian and Venusian atmospheres at Mt. Haleakalā, Hawaii
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Planetary and Space Science
    掲載紙 発行年月: 2016年
    著者氏名(共著者含): Hiromu Nakagawa, Kosuke Takami, Makoto Taguchi, Shohei Aoki, Hideo Sagawa, Yasumasa Kasaba, Isao Murata, Guido Sonnabend, Manuela Sornig, Shoichi Okano, Jeffrey R. Kuhn, Joseph M. Ritter, Takeshi Sakanoi, and Masato Kagitani

    DOI: 10.1016/j.pss.2016.04.002, 2016
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • AKATSUKI returns to Venus
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Earth Planets and Space  68巻  (頁 75 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2016年
    著者氏名(共著者含): Masato Nakamura, Takeshi Imamura, Nobuaki Ishii, Takumi Abe, Yasuhiro Kawakatsu, Chikako Hirose, Takehiko Satoh, Makoto Suzuki, Munetaka Ueno, Atsushi Yamazaki, Naomoto Iwagami, Shigeto Watanabe, Makoto Taguchi, Tetsuya Fukuhara, Yukihiro Takahashi, Manabu Yamada, Masataka Imai, Shoko Ohtsuki, Kazunori Uemizu, George L. Hashimoto, Masahiro Takagi, Yoshihisa Matsuda, Kazunori Ogohara, Naoki Sato, Yasumasa Kasaba, Toru Kouyama, Naru Hirata, Ryosuke Nakamura, Yukio Yamamoto, Takeshi Horinouchi, Masaru Yamamoto, Yoshi-Yuki Hayashi, Hiroki Kashimura, Ko-ichiro Sugiyama, Takeshi Sakanoi, Hiroki Ando, Shin-ya Murakami, Takao M. Sato, Seiko Takagi, Kensuke Nakajima, Javier Peralta, Yeon Joo Lee, Junichi Nakatsuka, Tsutomu Ichikawa, Kozaburo Inoue, Tomoaki Toda, Hiroyuki Toyota, Sumitaka Tachikawa, Shinichiro Narita, Tomoko Hayashiyama, Akiko Hasegawa, Yukio Kamata

    DOI: 10.1186/s40623-016-0457-6
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Imaging-based observations of low-latitude auroras during 2001-2004 at Nayoro, Japan
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Earth Planets and Space  67巻  (頁 107 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2015年
    著者氏名(共著者含): 56. Hidehiko Suzuki, Haruka Chino, Yasuo Sano, Akira Kadokura, Mitsumu K Ejiri, and Makoto Taguchi

    DOI: 10.1186/s40623-015-0278-z
    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Satellite-borne image sensors using an uncooled micro-bolometer array
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: J. Jpn Soc. Infrared Science & Technology  23巻  (頁 30 ~ 37)
    掲載紙 発行年月: 2013年
    著者氏名(共著者含): Taguchi, M. and T. Fukuhara

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Return to Venus of the Japanese Venus Climate Orbiter AKATSUKI
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Acta Astronautica  93巻  (頁 384 ~ 389)
    掲載紙 発行年月: 2013年
    著者氏名(共著者含): Masato Nakamura, Yasuhiro Kawakatsu, Chikako Hirose, Takeshi Imamura, Nobuaki Ishii, Takumi Abe, Atsushi Yamazaki, Manabu Yamada, Kazunori Ogohara, Kazunori Uemizu, Tetsuya Fukuhara, Shoko Ohtsuki, Takehiko Satoh, Makoto Suzuki, Munetaka Ueno, Junichi Nakatsuka, Naomoto Iwagami, Makoto Taguchi, Shigeto Watanabe, Yukihiro Takahashi, George L Hashimoto, Hiroki Yamamoto

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Antarctic Service Medal of the United States of America
    受賞年月: 1999年01月01日
    受賞国: アメリカ合衆国
    受賞区分: その他の賞
    授与機関: U.S. Antarctic Program

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • レーザーヘテロダイン分光法によるメタン及び一酸化二窒素の季節変動の研究
    研究期間: 1992年04月 ~ 1993年03月
    研究種目: 奨励研究A

  • 気球搭載望遠鏡による惑星大気・プラズマの研究
    研究期間: 2005年04月 ~ 2007年03月
    研究種目: 基盤研究(C)

  • 電離圏電子密度モニターを目指した衛星搭載真空紫外シュミットカメラの開発
    研究期間: 2009年04月 ~ 2012年03月
    研究種目: 基盤研究(C)

  • 極周回成層圏テレスコープによる金星大気の研究
    研究期間: 2012年04月 ~ 2016年03月
    研究種目: 基盤研究(A)

  • 極周回成層圏テレスコープ(風神)を用いた金星大気変動現象の研究
    研究期間: 2015年04月 ~ 2018年03月
    研究種目: 基盤研究(B)

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 惑星大気・プラズマ圏現象の長期連続観測を目指した極周回成層圏テレスコープの開発
    研究期間: 2011年04月 ~ 2013年03月
    資金名称: 山田科学振興財団研究助成金
    資金支給機関名: 山田科学振興財団

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 惑星超高層大気物理学、光学リモートセンシング、惑星探査機搭載センサー

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 惑星大気物理学

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

2007年02月 ~ 2009年01月  
地球電磁気・地球惑星圏学会 運営委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

2000年07月 ~ 2002年03月  
第42次日本南極地域観測隊員

2005年04月 ~ 2007年03月  
宇宙航空研究開発機構大気球専門委員会

2007年04月 ~ 2014年03月  
宇宙航空研究開発機構大気球研究委員会

 
 

お問い合わせ先