写真

氏名

岩間 暁子 (イワマ アキコ)

IWAMA Akiko

所属

社会学部 社会学科

社会学研究科 社会学専攻博士課程前期課程

社会学研究科 社会学専攻博士課程後期課程

職名

教授

研究室電話

03-3985-4050

研究室FAX

03-3985-2833

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

社会階層論、家族社会学、マイノリティ論

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 専門は①家族社会学、②社会階層論、③「弱者」・マイノリティ論である。格差が拡大する中で性別役割分業型の家族を成立させてきた社会経済的基盤は揺らぎ、家族の問題を社会階層論の観点から研究する必要性がますます高まっている。このような問題意識から①と②にかかわっては、計量社会学的アプローチを用いて女性の階層分化、女性の就業が家族関係に与える影響などについて、ジェンダーの視点も導入しつつ、研究をしている。③については、「マイノリティ」概念やその保護政策のありようについて学際的・国際比較の観点から検討するとともに、「弱者」や「民族」といった関連する諸概念との関係を検討する作業を通じて、日本社会が「マイノリティ」と向き合うにあたっての課題は何なのか、を考えている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 社会階層論

  • 家族社会学

  • マイノリティ論

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 女性の社会階層と家族の多様化に関する計量社会学的研究
    研究期間: 2002年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: 女性、社会階層、就労、結婚、出産、夫婦関係、価値観
    専門分野(科研費分類): 社会学

  • Women's Social Stratification and Family Diversity in Contemporary Japan
    研究期間: 2002年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: social stratification,family,womens' employement,marriage,conjucal relationship,family values
    専門分野(科研費分類): 社会学

  • 「マイノリティ」に関する総合的研究
    研究期間: 2003年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: マイノリティ、社会的弱者、国際比較、学際的アプローチ
    専門分野(科研費分類): 社会学

  • Comprehensive Reserch on "Minorities" in Comparative Perspective
    研究期間: 2003年04月 ~ 継続中
    研究課題キーワード: minorities,social disadvantaged, interdisciprinary approach, international comparative approach
    専門分野(科研費分類): 社会学、国際関係論、史学一般

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本における「社会階層と家族」の研究を振り返る-階層研究と家族社会学の架橋のために
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 家族社会学研究  22巻  2号  (頁 177 ~ 189)
    掲載紙 発行年月: 2010年10月
    著者氏名(共著者含): 岩間暁子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 「社会階層」「ジェンダー」「民族」から見る日本社会の現状と課題
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 生活協同組合研究  416号  (頁 50 ~ 56)
    掲載紙 発行年月: 2010年09月
    著者氏名(共著者含): 岩間暁子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 『マイノリティとは何か-概念と政策の比較社会学』への中原洪二郎氏の「書評」に答える
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 理論と方法  25巻  1号  (頁 161 ~ 164)
    掲載紙 発行年月: 2010年03月
    著者氏名(共著者含): 岩間暁子、ユ・ヒョヂョン

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • 「昭和30年代ブーム」から「家族」を読み解く
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 高校生のための社会学編集委員会編『高校生のための社会学-未知なる日常への冒険』(ハーベスト社)  (頁 55 ~ 63)
    掲載紙 発行年月: 2009年06月
    著者氏名(共著者含): 岩間暁子

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • ジェンダーと子育て負担感に関する日本・ドイツ・イタリアの比較分析
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 人口問題研究  65巻  1号  (頁 21 ~ 35)
    掲載紙 発行年月: 2009年03月
    著者氏名(共著者含): 岩間暁子

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

    電子ジャーナル: http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/sakuin/jinko/268.htm

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 女性の就業と家族のゆくえ-格差社会のなかの変容
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 東京大学出版会
    発行年月: 2008年03月
    著者氏名: 岩間暁子

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著

  • マイノリティとは何か-概念と政策の比較社会学
    記述言語: 日本語
    出版機関名: ミネルヴァ書房
    発行年月: 2007年05月
    著者氏名: 岩間暁子、ユ・ヒョヂョン

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 共編著

  • 女性学キーナンバー
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 有斐閣
    発行年月: 2000年12月
    著者氏名: 犬伏由子、椋野美智子、村木厚子、岩間暁子

    著書種別: 教科書
    著書形態: 共著

  • The Key Numbers in Womens' Study
    記述言語: 英語
    出版機関名: Yuhikaku
    発行年月: 2000年04月

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • 書評『家族を 超える社会学──新たな生の基盤を求めて』
    活動期間(研究年月など): 2010年05月
    研究活動区分: 書評
    活動概要:
    『図書新聞』2010年5月29日号に掲載(牟田和恵編 『家族を 超える社会学──新たな生の基盤を求めて』(2009年12月刊行)の書評)

  • 女性の社会意識に関する調査
    活動期間(研究年月など): 1990年04月

  • The Survey on Women's Social Stratification and Social Consciousness
    活動期間(研究年月など): 1990年04月

  • 女性の生活と意識に関する調査
    活動期間(研究年月など): 1995年04月

  • The Survey on Women's Social Stratification Life Style
    活動期間(研究年月など): 1995年04月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第1回昭和女子大学女性文化研究賞
    受賞年月: 2009年05月01日
    受賞区分: その他の賞
    授与機関: 昭和女子大学
    受賞者・受賞グループ名: 岩間 暁子

  • 第7回生協総研賞
    受賞年月: 2010年03月13日
    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞
    授与機関: 公益財団法人生協総合研究所
    受賞者・受賞グループ名: 岩間暁子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 母子世帯の階層状況および社会的支援に関する社会学的研究
    研究期間: 2002年04月 ~ 2004年03月
    研究種目: 若手研究(B)
    研究内容:
    <研究成果>
    岩間 暁子: "日本の母子世帯の社会階層と貧困に関する現状と政策的課題"和光大学人間関係学部紀要(現代社会研究2003). 第8号第1分冊. 3-24 (2004)

  • 現代女性の社会階層とライフスタイル選択に関する社会学的研究
    研究期間: 1999年04月 ~ 2001年03月
    研究種目: 奨励研究A
    研究内容:
    <研究成果>
    1)岩間暁子: "社会階層と家族の統合性-分化活動を通じた統合性の維持-"和光大学人間関係学部紀要. 第5号. 127-147 (2001)
    2)岩間暁子: "「変わる家族観、変わらない家族の実態」"『和光大学人間関係学部紀要』. 第4号. 3-16 (2000)
    3)岩間暁子: "「コメントへのリプライ」"『和光大学人間関係学部紀要』. 第4号. 40-42 (2000)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 現代社会におけるマイノリティの総合的研究-東アジア・アメリカ・ヨーロッパの国際比較-
    研究期間: 2003年04月 ~ 継続中
    相手先機関名: 日本私立学校振興・共済事業団(平成17年度 学術研究振興資金147万円)
    共同研究区分: 国内共同研究

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 家族社会学

  • 社会調査法1

  • 基礎演習

  • 専門演習2

  • 卒業論文演習1・2

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

2010年03月 ~ 継続中  
社会情報教育研究センター社会調査部会メンバー

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

2004年09月 ~ 2010年09月  
日本家族社会学会 編集委員会委員
2007年01月 ~ 2009年03月  
数理社会学会 編集委員
2009年11月 ~ 継続中  
日本社会学会 国際化戦略特別委員会委員
2010年09月 ~ 継続中  
日本家族社会学会 『家族社会学研究』専門委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

2010年06月  
日本生協連主催 2020 年ビジョン公開学習会(東京会場)

活動内容:
「『家族』の多様化・多民族化と生協の未来」というタイトルで講演

2011年01月  
川崎市男女共同参画センター主催 平成22年度男女共同参画時事セミナー

活動内容:
「スタンダードなき時代における、わたしの選択-流動化する社会と私たちの生き方を考える」というタイトルで講演

 
 

お問い合わせ先