写真

氏名

石川 文也 (イシカワ フミヤ)

ISHIKAWA Fumiya

所属

異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

フランス語教育論、ディスクール分析、言語インタアクションの分析(会話分析)、メディア分析

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・ 言語インタアクションにおける、またそれによる情報あるいは(専門的)「知」の伝達・大衆化のプロセスについての主として言語学的視点からの分析

  • ・ 言語インタアクションにおける、またそれによる会話参加者のアイデンティティの(再)形成・カテゴリー化のプロセスについての言語学的・構築主義的視点からの分析

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Analyses linguistiques de la relation entre les processus de la transmission/vulgarisation d'information et/ou de savoirs dans et par l'interaction verbale et le « lieu » où se déroule cette dernière

  • Analyses linguistiques/ethnométhodologiques/socio- iconiques des processus de la catégorisation du public par le mass

  • Analyses linguistiques/ethnométhodologiques des processus de la (re)construction de l'identité des sujets dans et par l'interaction verbale, notamment celle entre natif et non natif

  • Analyse de la communication exolingue
    研究課題キーワード: Communication exolingue, Communication interculturel
    専門分野(科研費分類): 言語学、ヨーロッパ文学、科学教育

  • Français Langue Étrangère
    研究課題キーワード: Français, Didactologie des langues et des cultures
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学、言語学、科学教育

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Le fictif dans le réel ou le réel dans le fictif ? Un « ruban de Möbius énonciatif » dans la classe de langue
    言語区分: フランス語
    掲載誌名: L’enseignant et le chercheur au cœur des discours, des textes et des actions. Mélanges offerts à Francine Cicurel  (頁 193 ~ 212)
    掲載紙 発行年月: 2017年06月
    著者氏名(共著者含): ISHIKAWA Fumiya & DELORME Vera

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 共著

  • Enjeux de la formation des enseignants de FLE : le rôle d’intermédiaire de l’enseignant et l’interculturalité dans la classe
    言語区分: フランス語
    掲載誌名: Acteurs et formes de médiation pour le dialogue interculturel, Actes du Colloque GLAT-PADOVA : « Acteurs et formes de médiation pour le dialogue interculturel »  (頁 297 ~ 304)
    掲載紙 発行年月: 2017年05月
    著者氏名(共著者含): ISHIKAWA Fumiya

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分: 単著

  • L’autodialogisme temporellement bifurqué dans une chanson polyphonique – une analyse linguistique, énonciative et narratologique de « 手紙~拝啓 十五の君へ~ » (Tegami – Haikei Jûgo-no kimi-he) (Angela Aki, 2008) –
    言語区分: フランス語
    掲載誌名: ことば・文化・コミュニケーション  9巻  (頁 1 ~ 27)
    掲載紙 発行年月: 2017年03月
    著者氏名(共著者含): ISHIKAWA Fumiya

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

    電子ジャーナル: http://afls.net/cahiers/20.2/4-CahiersAFLS20%282%29-Ishikawa.pdf

  • Quand dire, c’est se faire former : l’articulation des actions, de la verbalisation et du développement du répertoire didactique de l’enseignant de FLE
    言語区分: フランス語
    掲載誌名: Actes du colloque international : « Prise de conscience dans la situation d'enseignement : corps, gestes et paroles »  (頁 72 ~ 73)
    掲載紙 発行年月: 2016年09月
    著者氏名(共著者含): ISHIKAWA Fumiya

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分: 単著

    電子ジャーナル: http://afls.net/cahiers/20.2/4-CahiersAFLS20%282%29-Ishikawa.pdf

  • Réflexivité en discours et discours de réflexion : la transmission des savoirs et savoir-faire professionnels de l’enseignement du FLE dans l’entretien rétrospectif
    言語区分: フランス語
    掲載誌名: Revue japonaise de didactique du français  1巻  1 & 2号  (頁 46 ~ 62)
    掲載紙 発行年月: 2016年09月
    著者氏名(共著者含): ISHIKAWA Fumiya

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

    電子ジャーナル: http://afls.net/cahiers/20.2/4-CahiersAFLS20%282%29-Ishikawa.pdf

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • La transmission des savoirs : une analyse dynamique du discours,
    記述言語: フランス語
    出版機関名: 春風社
    発行年月: 2012年02月
    著者氏名: ISHIKAWA Fumiya

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著

  • L’interaction exolingue : analyse de phénomènes métalinguistiques. Continuité et discontinuité entre situation d’enseignement/apprentissage et situation « naturelle »
    記述言語: フランス語
    出版機関名: 春風社
    発行年月: 2002年11月
    著者氏名: ISHIKAWA Fumiya

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • フランス語の授業における発話の特徴(“Spécificités énonciatives du discours dans la classe de langue”)
    活動期間(研究年月など): 1998年11月
    活動概要:
    石川文也 (1998) :「フランス語の授業における発話の特徴(“Spécificités énonciatives du discours dans la classe de langue”)」,『第12回獨協大学フランス語教授法研究会報告書』, pp. 74-77

  • 日常会話での外国語習得:エグゾラングの日常会話で使われるメタ言語と外国語の授業で使われるメタ言語
    活動期間(研究年月など): 1999年05月
    活動概要:
    石川文也 (1999) :「日常会話での外国語習得:エグゾラングの日常会話で使われるメタ言語と外国語の授業で使われるメタ言語(S'approprier une langue étrangère hors de la classe : usage du métalangage dans la communication exolingue et/ou dans la classe de langue)」, 『フランス語教育』no. 27, pp. 12-19

  • IIIe Colloque Jeunes Chercheurs en Sciences du Langage : « Didactique et Pluralité (Situations d'apprentissage des langues. Politiques linguistiques) »
    活動期間(研究年月など): 1999年05月
    活動概要:
    石川文也 (1999) :「IIIe Colloque Jeunes Chercheurs en Sciences du Langage : « Didactique et Pluralité (Situations d'apprentissage des langues. Politiques linguistiques) »」, 『フランス語教育』no. 27, pp. 58-59

  • 通訳と国際会議―21世紀フォーラム『ヨーロッパ統合と日本』の場合―(L’interprète pour une conférence plurilingue : le cas du Forum du 21ème siècle « L’Intégration de l’Europe et le Japon »)
    活動期間(研究年月など): 2001年02月
    活動概要:
    石川文也 (2001) :「通訳と国際会議―21世紀フォーラム『ヨーロッパ統合と日本』の場合―(L’interprète pour une conférence plurilingue : le cas du Forum du 21ème siècle « L’Intégration de l’Europe et le Japon »)」,『横浜市立大学論叢』社会科学系列vol. 52, no. 2, pp. 212-214

  • Francine CICUREL & Marianne DOURY (éds.) : Les Carnets du Cediscor, no. 7”, « Interactions et discours professionnels. Usages et transmission »
    活動期間(研究年月など): 2002年05月
    研究活動区分: 書評
    活動概要:
    ISHIKAWA, Fumiya (2002) : “Francine CICUREL & Marianne DOURY (éds.) : Les Carnets du Cediscor, no. 7”, « Interactions et discours professionnels. Usages et transmission », Enseignement du français au Japon (『フランス語教育』)no. 30, pp. 136-139

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • L’interaction exolingue : analyse de phénomènes métalinguistiques. Continuité et discontinuité entre situation d’enseignement/apprentissage et situation « naturelle »
    研究期間: 2002年04月 ~ 2003年03月
    研究種目: 研究成果公開促進費・学術図書
    研究内容:
    ISHIKAWA, Fumiya (2002) : L’interaction exolingue : analyse de phénomènes métalinguistiques. Continuité et discontinuité entre situation d’enseignement/apprentissage et situation « naturelle », Yokohama, Shumpûsha(春風社), thèse de doctorat soutenue le 27 juin 2001, Université Paris III-Sorbonne nouvelle, U.F.R. de Didactique du Français Langue Étrangère, publication réalisée sous l’égide du Fonds pour la Recherche Scientifique (Fonds pour la Publication de Résultats de Recherche Scientifique) de la Société Japonaise pour la Promotion des Sciences (J.S.P.S.) en 2002 (no. de recherche : 145145)(パリ第三=新ソルボンヌ大学 外国語としてのフランス語教育論専攻博士課程 博士論文(2001年), 日本学術振興会平成14年度科学研究費補助金「研究成果公開促進費:学術図書」(課題番号:145145)).

  • 仏語クラスにおける「知」の伝達プロセスについてのディスクール分析の視点からの研究
    研究期間: 2003年04月 ~ 2006年03月
    研究種目: 萌芽研究
    研究内容:
    文部科学省平成15・16・17年度科学研究費補助金「萌芽研究」(課題番号:15652036、研究課題:「仏語クラスにおける「知」の伝達プロセスについてのディスクール分析の視点からの研究」、役割:研究代表者、期間:2003年度から2005年度まで、配分金額:320万円、内訳:120万円(2003年度直接経費)、100万円(2004年度直接経費)、100万円(2005年度直接経費))

  • 21世紀“共成”システム構築を目的とした社会文化的な“島々”の研究
    研究期間: 2004年04月 ~ 2007年03月
    研究種目: 基盤研究(B)(海外学術)
    研究内容:
    日本学術振興会平成16・17・18年度科学研究費補助金「基盤研究(B)(海外学術調査)」(課題番号:16402031、研究課題:「21世紀“共成”システム構築を目的とした社会文化的な“島々”の研究」、役割:研究分担者(社会言語分析)、研究代表者:中央大学文学部教授新原道信氏、期間:2004年度から2006年度まで

  • 仏語クラスにおける会話参加者のアイデンティティと関係性の(再)構築についての研究
    研究期間: 2006年04月 ~ 2009年03月
    研究種目: 基盤研究(C)
    研究内容:
    日本学術振興会平成18・19・20年度科学研究費補助金「基盤研究(C)(一般)」(課題番号:18520442、研究課題:「仏語クラスにおける会話参加者のアイデンティティと関係性の(再)構築についての研究」、役割:研究代表者、期間:2006年度から2008年度まで、配分金額:403万円、内訳:130万円(2006年度直接経費)、130万円(2007年度、うち直接経費100万円、間接経費30万円)、143万円(2008年度、うち直接経費110万円、間接経費33万円))

  • イタリアの国境地域と島嶼地域の“境界領域のメタモルフォーゼ”に関する比較地域研究
    研究期間: 2007年04月 ~ 2010年03月
    研究種目: 基盤研究(B)(海外学術)
    研究内容:
    日本学術振興会平成19・20・21年度科学研究費補助金「基盤研究(B)(海外学術調査)」(課題番号:19402037、研究課題:「イタリアの国境地域と島嶼地域の“境界領域のメタモルフォーゼ”に関する比較地域研究」、役割:2007年研究分担者(アオスタ調査)、2008年度連携研究者、2009年度連携研究者、研究代表者:中央大学文学部教授新原道信氏、期間:2007年度から2009年度まで

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 市民文化形成支援研究~文化の蓄積と創造を目指した、文化コンテンツに関する研究~
    研究期間: 2003年04月 ~ 2005年03月
    資金名称: 横浜市立大学平成15・16年度研究奨励交付金「市大の特色づくり推進費」(
    資金支給機関名: 横浜市立大学
    研究内容:
    横浜市立大学平成15・16年度研究奨励交付金「市大の特色づくり推進費」(課題番号:15000048-0、研究課題:「市民文化形成支援研究~文化の蓄積と創造を目指した、文化コンテンツに関する研究~」、役割:共同研究者(研究総括責任者補佐、下位プロジェクト「多文化都市社会研究」および「都市文化創生研究」担当)、研究代表者:横浜市立大学国際文化学部教授中西新太郎氏、期間:2003年度から2004年度まで、配分金額:160万円(2003年度)、100万円(2004年度))

  • 三枝博音の思想と鎌倉アカデミアの理念をふまえた「智者」の育成に関する研究
    研究期間: 2005年04月 ~ 2006年03月
    資金名称: 横浜市立大学平成17年度研究戦略プロジェクト事業「共同研究推進費」
    資金支給機関名: 横浜市立大学
    研究内容:
    横浜市立大学平成17年度研究戦略プロジェクト事業「共同研究推進費」(課題番号:K17040、研究課題:「三枝博音の思想と鎌倉アカデミアの理念をふまえた「智者」の育成に関する研究」、役割:共同研究者、研究代表者:横浜市立大学国際総合科学部準教授高橋寛人氏、期間:2005年度、配分金額:70万円(2005年度))

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 日本人の仏語習得:「オモグロット」と「アログロット」のコンテクストの仏日比較研究
    研究期間: 2007年04月 ~ 2008年03月
    相手先機関名: 二国間共同事業・セミナー日仏交流促進事業(SAKURAプログラム)共同研究
    受託研究区分: 一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • L'interaction en classe de langue
    研究期間: 1995年10月 ~ 2001年05月
    相手先機関名: パリ第三=新ソルボンヌ大学
    共同研究区分: 国際共同研究

  • Discours d'enseignement et interactions
    研究期間: 2001年05月 ~ 2006年05月
    相手先機関名: パリ第三=新ソルボンヌ大学
    共同研究区分: 国際共同研究

  • Interactions Didactiques et Agir Professoral
    研究期間: 2006年05月 ~ 継続中
    相手先機関名: パリ第三=新ソルボンヌ大学
    共同研究区分: 国際共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Didacticité dans une conversation franco-japonaise. Manifester et régler le problème chez le locuteur japonais non natif du français
    会議名称: Congrès de printemps de la SJDF (Société Japonaise de Didactique du Français) (1996年05月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: Université Waseda
    発表形態: 口頭(一般)

  • Métalangages dans la situation d'enseignement/apprentissage et dans la communication exolingue
    会議名称: IIIe Colloque Jeunes Chercheurs en Sciences du Langage : « Didactique et pluralité (Situations d'apprentissage des langues. Politiques linguistiques) » (1998年03月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Université de Rouen
    発表形態: 口頭(一般)

  • フランス語の授業における発話の特徴(Spécificités énonciatives du discours dans la classe de langue)
    会議名称: 第12回獨協大学フランス語教授法研究会 (1998年11月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: アテネ・フランセ
    発表形態: 口頭(一般)

  • Analyse des activités métalinguistiques en classe de langues et/ou dans la communication exolingue : transmission de savoirs et/ou organisation de discours
    会議名称: XIe colloque international : « Acquisition d'une langue étrangère : perspectives et recherches » sur “usages pragmatiques et acquisition des langues étrangère (1999年04月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Université Paris III-Sorbonne nouvelle
    発表形態: 口頭(一般)

  • Aspect énonciatif du discours à connotation autonymique : la superposition des « voix » dans le cumul de mention/usage
    会議名称: colloque international : « Le fait autonymique dans les langues et les discours » (2000年10月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: Université Paris III-Sorbonne nouvelle
    発表形態: 口頭(一般)

全件表示 >>

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 「専門演習」:
    ことばによってどのような「知」がどのようなプロセスに従って伝達されるかを明らかにする方法として「ディスクール分析」と「会話分析」がある。「ディスクール分析」は主として1960年代にフランスで始められた分析方法であり,「会話分析」はアメリカで生まれ,その後フランスでも展開されているアプローチである。ともにことばを研究対象として相対化する研究方法であり,言語教育・習得の分野にも導入され,外国語の授業内外においてことばによってことばに関係するどのような情報がどのようなプロセスによって伝達されるのかを明らかにするために用いられている。専門演習では,「ディスクール」あるいは「会話分析」に関する基本的な知識の習得と基礎的分析能力の養成を目指し,日本語,フランス語あるいは英語で書かれた文献あるいは複数の文献からの抜粋を精読するとともに,履修者自身に対してことばの使用あるいは言語教育・習得に関してテーマを設定させ,具体的な分析資料体を使ってそのテーマについての考察を実践させている。

 
 
 
 

お問い合わせ先