写真

氏名

眞島 恵介 (マシマ ケイスケ)

MASHIMA Keisuke

所属

理学部 生命理学科

理学研究科 生命理学専攻博士課程前期課程

理学研究科 生命理学専攻博士課程後期課程

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

生物化学、情報伝達機構、リン酸化・脱リン酸化

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 細胞内情報伝達機構の分子的側面の解析を研究テーマとする。免疫細胞を中心に細胞の分化・活性化などを誘導するリン酸化チロシンを介した情報の伝達機構を明らかにするため、チロシン残基のリン酸化に関与するタンパク質チロシンリン酸化酵素(PTK)とタンパク質チロシン脱リン酸化酵素(PTP)について研究している。

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • A study of protein tyrosine phosphatase on signal transduction.
    研究課題キーワード: Protein tyrosine phosphatase,Signal transduction, Protein phosphoryulation
    専門分野(科研費分類): 免疫学、機能生物化学

  • チロシンホスファターゼによる細胞内情報伝達の制御機構
    研究課題キーワード: チロシンホスファターゼ、リンパ球、マスト細胞、PTP-PEST、 PEP
    専門分野(科研費分類): 機能生物化学、免疫学、細胞生物学
    研究制度: フロンティア研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 分子細胞生物学基礎実験法
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 南江堂  (頁 424-439 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1994年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • Changes in cell attachment by RSV-transforma-tion in rat epithelial cells(共著)
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Biochem. Biophys. Res. Commun.  189巻  (頁 350-355 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1992年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • Purification and properties of growth inhibitor from normal rabbit serum(共著)
    言語区分: 英語
    掲載誌名: J. Biochem.  110巻  (頁 423-428 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1991年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 増殖阻害因子の分子的多様性と生理活性 - 特に血清中の増殖阻害因子とラットの形質転換細胞RSV-BRLが分泌する増殖阻害因子について(共著)
    言語区分: 日本語
    掲載誌名:  (頁 285-291 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1989年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • Structure and expression of elongation factor 2 gene during development of ┣DBDictyostelium discoideum(/)-┫DB(共著)
    言語区分: 英語
    掲載誌名: J. Biol. Chem.  264巻  (頁 15489-15493 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1989年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 細胞の癌化における チロシンホスファターゼの役割に関する研究
    研究期間: 1991年04月 ~ 1992年03月
    研究種目: 奨励研究A

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 細胞の癌化及び分化におけるチロシン残基のリン酸化反応・脱リン酸化反応の役割に関する研究
    研究期間: 1991年04月 ~ 1992年03月
    資金名称: 立教大学研究奨励助成金
    資金支給機関名: 立教大学
    研究内容:
    個人研究

  • 免疫担当細胞であるBリンパ球で発現している受容体型チロシンホスファターゼCD45と特異的に結合するリガンドの同定とその構造解析
    研究期間: 1996年04月 ~ 1997年03月
    資金名称: 立教大学研究奨励助成金
    資金支給機関名: 立教大学
    研究内容:
    個人研究

  • ウニの初期胚発生におけるタンパク質チロシン残基のリン酸化・脱リン酸化の機能解析
    研究期間: 1999年04月 ~ 2000年03月
    資金名称: 立教大学研究奨励助成金
    資金支給機関名: 立教大学
    研究内容:
    個人研究

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 骨髄性白血病細胞のタンパク質チロシンホスファターゼ(PTP)の多様性と機能に関する研究
    研究期間: 1994年04月 ~ 1996年03月
    相手先機関名: 金子・成田財団
    受託研究区分: 一般受託研究

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 研究テーマは、情報伝達機構の分子的側面の解析である。現在、特に注目している研究テーマは免疫担当細胞における分化・活性化等の情報伝達機構とウニの初期発生におけるリン酸化・脱リン酸化の役割の解析である。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 教育面では生物学と生物化学関連の科目を中心に講義を行っている。

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

1997年04月 ~ 継続中  
神経科学総合研究所

活動内容:
客員研究員

 

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • 情報伝達機構

  • 生物化学

  • リン酸化・脱リン酸化

 

お問い合わせ先