写真

氏名

前田 良三 (マエダ リヨウゾウ)

MAEDA Ryozo

所属

文学部 文学科ドイツ文学専修

文学研究科 ドイツ文学専攻博士課程前期課程

文学研究科 ドイツ文学専攻博士課程後期課程

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

ドイツ・ユダヤ、学問史、メディア文化史、ツェラン、キットラー

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ①ドイツ近・現代文学とメディア文化②20世紀ドイツ・ユダヤ系文化③ドイツと日本における文学・文化研究の学問史・学問論が主な研究領域。特に、リルケやツェランを中心とするドイツ現代詩、ポスト構造主義の文学理論や現代文学における「言語批判」の問題、1920年代の日独における文化研究・批評ディスクールの制度化などのテーマを、最近ではメディアや制度、都市文化との関連で分析。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 文化コミュニケーションにおける文字像(Schriftbild)の機能変化

  • 文化におけるFiguration

  • 日本、ドイツおよび北アメリカにおける文学研究の制度化の歴史

  • パウル・ツェランの詩と詩論のメディア論的再検討

  • ドイツ保守革命文化運動とテクノロジー・メディア

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Study on History of literary Studies in Japan
    研究課題キーワード: Japan,Literary Studies
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学、日本文学、文学一般

  • Study on poetical work of Paul Celan
    研究課題キーワード: Paul Celan,Poetical Work
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学、ヨーロッパ文学、文学一般

  • Study on poststructuralist theory of Literature
    研究課題キーワード: Poststructuralism,Theory of Literature,Analysis of Medias
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学、ヨーロッパ文学、文学一般

  • 日本の文学研究史に関する研究
    研究課題キーワード: 日本,文学研究史
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学、日本文学、文学一般

  • 日独の文学研究におけるディスクール編成に関する比較・対照的研究
    研究期間: 1997年04月 ~ 1999年04月
    研究課題キーワード: 文芸学、精神史、実証主義、歴史主義批判、マスメディアとアカデミズム、文芸批評
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学、日本文学、思想史

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Symbolisch-imaginär? Manga und die 'kulturfigurative' Wirkung der japanischen Schrift
    言語区分: ドイツ語
    掲載誌名: Ryosuke Ohashi und Martin Roussel (Hrsg.): Buchstaben der Welt. Welt der Buchstaben. Wilhelm Fink Verlag
    掲載紙 発行年月: 2014年01月
    著者氏名(共著者含): Ryozo Maeda

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著
    専門分野(科研費分類): 美術史 、 ヨーロッパ文学 、 言語学

  • Aneignung durch Enteignung? Germanistik in Japan als Beispiel für die transkulturelle Begegnung des Nicht-Europäischen mit dem Europüischen
    言語区分: ドイツ語
    掲載誌名: Intercultural Encounters in German Studies  (頁 3 ~ 19)
    掲載紙 発行年月: 2014年
    著者氏名(共著者含): Ryozo Maeda

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学 、 文学一般

  • Techno, Apokalypse, "Ikai". Utopien und Dystopien in der visuellen Massenkultur Japans.
    言語区分: ドイツ語
    掲載誌名: Wilhelm Voßkamp, Günter Blamberger, Martin Roussel (Hrsg.): Möglichkeitsdenken. Utpie und Dystpoie in der Gegenwart. Wilhelm Fink Verlag  (頁 223 ~ 258)
    掲載紙 発行年月: 2013年10月
    著者氏名(共著者含): Ryozo Maeda

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分: 単著
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学 、 思想史 、 芸術一般

  • Angstformen in Japan: Randbemerkungen zu einer modernen Intellektuellengeschichte
    言語区分: ドイツ語
    掲載誌名: Dietmar Goltschnigg (Hrsg.): Angst. Lähmender Stillstand und Motor des Fortschritts. Stauffenberg Verlag  (頁 231 ~ 238)
    掲載紙 発行年月: 2012年06月
    著者氏名(共著者含): Ryozo Maeda

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分: 単著
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学 、 日本文学 、 思想史

  • Einleitung: Transkulturalität - Identitäten in neuem Licht.
    言語区分: ドイツ語
    掲載誌名: Ryozo Maeda (Hreg.): Transkulturalität - Identitäten in neuem Licht. Asiatische Germanistentagung 2008 in Kanazawa (iudicium Verlag)  (頁 13 ~ 15)
    掲載紙 発行年月: 2012年04月
    著者氏名(共著者含): Ryozo Maeda

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)
    共著区分: 単著
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Navigation ins Deutsche(ドイツ語ナビゲーション)
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 朝日出版社
    発行年月: 2014年01月
    著者氏名: 前田 良三、髙木 葉子

    著書種別: 教科書
    著書形態: 共著
    専門分野(科研費分類): 外国語教育

  • クラウン独和辞典 第5版
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 三省堂
    発行年月: 2014年01月
    著者氏名: 濱川祥枝 信岡資生 新田春夫 前田良三 他

    著書種別: 事典・辞典・辞書
    著書形態: 共編著
    専門分野(科研費分類): 外国語教育 、 ヨーロッパ文学

  • 可視性をめぐる闘争 戦間期ドイツの美的文化批判とメディア
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 三元社
    発行年月: 2013年11月
    著者氏名: 前田 良三

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単著
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学 、 思想史 、 芸術一般

  • Deutsche Grammatik: System und Praxis Leicht(身につくドイツ文法 〈Leicht〉)
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 郁文堂
    発行年月: 2013年04月
    著者氏名: 前田 良三、髙木 葉子

    著書種別: 教科書
    著書形態: 共著
    専門分野(科研費分類): 外国語教育

  • Transkulturalität: Identitäten in neuem Licht. Asiatische Germanistentagung in Kanazawa 2008
    記述言語: ドイツ語
    出版機関名: Iudicium Verlag
    発行年月: 2012年04月
    著者氏名: Ryozo Maeda

    著書種別: 単行本(学術書)
    著書形態: 単編著
    専門分野(科研費分類): ヨーロッパ文学 、 外国語教育 、 文学一般

全件表示 >>

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • 立教大学国際学術会議「日欧の視覚文化における文字と図像(Schrift und Bild: Visuelle Kulturen in Europa und Japan)」(2003年7月17日-19日)開催責任者、司会、発表者およびパネリストとして参加
    活動期間(研究年月など): 2003年04月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日独の文学研究におけるディスク-ル編制に関する比較・対照的研究
    研究期間: 1997年04月 ~ 2000年03月
    研究種目: 基盤研究(C)

  • 保守的想像力とテクノロジー:ドイツ「保守革命」のメディア文化史的再検討
    研究期間: 2002年04月 ~ 2006年03月
    研究種目: 基盤研究(C)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「文学的メタ・ディスクールの言説類型的研究」(ケルン大学)
    研究期間: 1997年04月 ~ 1999年03月
    資金名称: アレクサンダー・フォン・フンボルト財団(ドイツ)研究補助金
    資金支給機関名: 海外

  • 1920年代日独ゲルマニスティクにおける文芸ジャーナリズムの機能
    研究期間: 2001年04月 ~ 2002年03月
    資金名称: 立教大学研究奨励助成金
    資金支給機関名: 立教大学

  • 「日本のドイツ文学研究における精神史の受容」(ボン大学)
    研究期間: 2006年04月 ~ 2007年03月
    資金名称: アレクサンダー・フォン・フンボルト財団(ドイツ)研究補助金
    資金支給機関名: 海外

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • カウンター・カルチャーと右翼的想像力

  • 20世紀メディア社会における文化的他者像の構成

  • 映画における写真・マンガの引用

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 主な研究領域は、(1)近・現代ドイツ文学、(2)ドイツ・ユダヤ文化、(3)文学・文化の理論、(4)日独の文学研究の学問史。最近はメディア史と文学史・文化史の境界領域で、ゲオルグ派、ツェラン、ベンヤミン、ラカン、バルト、キットラーなどを考察。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 教育の面では、ドイツや日本に対する複眼的思考の訓練を目指している。

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

1991年04月 ~ 1994年03月  
日本独文学会 文化ゼミナール実行委員
1992年04月 ~ 1994年03月  
日本独文学会 文化ゼミナール記録論集編集委員
1999年04月 ~ 2003年03月  
日本独文学会 渉外委員
2003年04月 ~ 2005年03月  
日本独文学会 理事・文化ゼミナール担当
2005年04月 ~ 2007年03月  
日本独文学会 常任理事・渉外担当

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

1997年04月 ~ 2000年03月  
日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員

2006年01月 ~ 継続中  
バーデン=ヴュルテンブルク州ドイツ・東アジア学術フォーラム諮問委員(ドイツ・テュービンゲン)

2006年04月 ~ 2012年04月  
『Gegenwartsliteratur』誌国際編集顧問

2008年10月 ~ 継続中  
スペイン・文献学学会機関紙Futhak学術顧問

2011年02月 ~ 2011年03月  
Washington University(セント・ルイス)客員教授

全件表示 >>

 

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • キットラー

  • メディア史

  • 学問史

  • ドイツ・ユダヤ

 

お問い合わせ先