写真

氏名

中島 俊克 (ナカジマ トシカツ)

NAKAJIMA Toshikatsu

所属

経済学部 経済学科

経済学研究科 経済学専攻博士課程前期課程

経済学研究科 経済学専攻博士課程後期課程

職名

教授

出身地

東京都

研究室住所

171-8501 東京都豊島区西池袋 3-34-1 立教大学 12号館 B507

研究室電話

03-3985-2343

研究室FAX

03-3985-4096

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

経済史、経営史、フランス、機械工業、20世紀

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 経済史・技術史・労働史という3つの分野の境界領域(私は「産業史」と称している)を研究テーマとする。フランス北東部を中心とする西ヨーロッパの産業発展、特に、金属・機械工業の発展を研究対象としてきた。最近では、20世紀、特に第二次大戦中および戦後に、パリ市ないしその周辺で、自動車・航空機製造を中心に産業ネットワークがどのように再編されたかを調べている。

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 戦後フランス経済史
    研究課題キーワード: 経済史,フランス
    専門分野(科研費分類): 経済史

論文 【 表示 / 非表示

  • The Short-lived revival of the mechanical engineering industry in the Paris region 1939-1958
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Satoshi Baba, ed., Economic History of Cities and Housing: Monograph Series of the Socio-Economic History Society, Japan  (頁 87 ~ 103)
    掲載紙 発行年月: 2017年06月
    著者氏名(共著者含): Toshikatsu Nakajima

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • Le transfert de la technologie des machines-outils français au Japon (1952–1962)
    言語区分: フランス語
    掲載誌名: Serge Benoît and Alain P. Michel, eds., Le monde du génie industriel au XXe siècle : autour de Pierre Béziet et des machines-outils  (頁 105 ~ 114)
    掲載紙 発行年月: 2016年02月
    著者氏名(共著者含): Toshikatsu Nakajima

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • French economic plans and the mechanical engineering industry in the Paris region, 1953-1974
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Patrick Fridenson and Dominique Barjot, eds., France-Japon, regards croisés  (頁 233 ~ 250)
    掲載紙 発行年月: 2015年07月
    著者氏名(共著者含): Toshikatsu Nakajima

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • フランス自動車部品工業の発展と国際競争:グローバル化の進展と政府のかかわり
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 湯沢威他編『国際競争力の経営史』  (頁 163 ~ 183)
    掲載紙 発行年月: 2009年03月
    著者氏名(共著者含): 中島 俊克

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • パリ機械工業の再活性化とその限界、1939~1958年
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 社会経済史学  74巻  5号
    掲載紙 発行年月: 2009年01月
    著者氏名(共著者含): 中島 俊克

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 近代フランスの歴史
    記述言語: 日本語
    出版機関名: ミネルヴァ書房
    発行年月: 2006年02月
    著者氏名: 谷川 稔,渡辺 和行,中島 俊克 他

    著書種別: 教科書
    担当部分: 第11章:フランス「国民経済」の発展と変容
    著書形態: 共著

  • 外国経営史の基礎知識
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 有斐閣
    発行年月: 2005年02月
    著者氏名: 湯沢 威,中島 俊克 他

    著書種別: 事典・辞典・辞書
    担当部分: 第4部フランスと南欧・総論(堀田隆司と共同執筆)、4-5:鉄道網の発達、4-9:電気通信から重電へ、4-15:自動車・航空機産業の繁栄
    著書形態: 単著

  • 経済史
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 東京堂出版
    発行年月: 1998年02月
    著者氏名: 老川 慶喜,小笠原 茂,中島 俊克 他

    著書種別: 教科書
    担当部分: 第2章:前資本主義経済の特質、第9章:戦後の世界経済
    著書形態: 共著

  • フランス近代史
    記述言語: 日本語
    出版機関名: ミネルヴァ書房
    発行年月: 1993年01月
    著者氏名: 服部 晴彦,谷川 稔,中島 俊克 他  

    著書種別: 教科書
    担当部分: 第3章Ⅲ:工業化の振興と経済の変容、第4章Ⅲ:フランス国民経済の変容
    著書形態: 共著

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • 「書評:古賀和文『20世紀フランス経済史の研究--戦間期の国家と経済』」『経営史学』24(4)、1990.01
    活動期間(研究年月など): 1990年01月
    研究活動区分: 書評

  • (翻訳)ルネ・ジロー(Rene Girault)、作道潤・中島俊克訳「欧州統合と戦後フランスの対外政策--フランス経済の「近代化」との関連において」『社会経済史学』58(3)、1992.09
    活動期間(研究年月など): 1992年09月
    研究活動区分: 書評

  • 「書評:大森弘喜『フランス鉄鋼業史--大不況からベル・エポックまで』」『社会経済史学』62(5)、1997.01
    活動期間(研究年月など): 1997年01月
    研究活動区分: 書評

  • 「 書評:広田功『現代フランスの史的形成--両大戦間期の経済と社会』」『経営史学』33(1)、1998.06
    活動期間(研究年月など): 1998年06月
    研究活動区分: 書評

  • 「 書評:竹岡敬温『世界恐慌期フランスの社会--経済 政治 ファシズム』」『経営史学』45(1)、2010.06
    活動期間(研究年月など): 2010年06月
    研究活動区分: 書評

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • パリ機械工業における経営戦略・企業間関係の変化の量的分析:1918-1950
    研究期間: 1999年04月 ~ 2001年03月
    研究種目: 萌芽研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 19世紀末=20世紀初頭のパリ地域における中小機械工業の再編―自動車工業の発達との関連において―
    会議名称: 土地制度史学会1985年度秋季学術大会 (1986年10月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 一橋大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • 大戦間期フランス自動車工業の生産構造
    会議名称: 社会経済史学会近畿部会12月例会 (1987年12月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 京都産業大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • 18世紀フランスの機械製作―書斎から工場へ―
    会議名称: 関西フランス史研究会第75回例会 (1988年05月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: 京都大学人文科学研究所
    発表形態: 口頭(一般)

  • 20世紀前半のパリ郊外における労働者の意識
    会議名称: 日本西洋史学会第39回大会 (1989年05月)
    会議区分: 国際会議
    開催場所: 京都産業大学
    発表形態: 口頭(一般)

  • 第一次大戦期のパリ機械工業―戦時利得税文書の検討を中心に―
    会議名称: 社会経済史学会第72回全国大会 (1993年10月)
    会議区分: 国内会議
    開催場所: 青山学院大学
    発表形態: 口頭(一般)

全件表示 >>

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 本学では欧州経済史の授業を担当するが、実際に研究しているのは経済史・技術史・労働史という3つの分野の境界領域(私は「産業史」と称している)である。学部学生の頃から、フランス北東部を中心とする西ヨーロッパの産業発展、とくに金属・機械工業の発展を研究対象としてきた。最近では、20世紀とくに第二次大戦中および戦後に、パリ市ないしその周辺で、自動車・航空機製造を中心に産業ネットワークがどのように再編されたかを調べている。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 学部の講義「欧州経済史」では、先史時代からの西欧における経済発展の基本的な流れについて話をする。ゼミでは欧米のみならず日本・アジアの主要産業・企業・地域のケース・スタディを指導する。

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

1999年04月 ~ 2001年03月  
経済学部経営学科長

2012年04月 ~ 2016年03月  
全学共通カリキュラム運営センター総合教育科目構想・運営チームリーダー

2016年04月 ~ 2018年03月  
全学共通カリキュラム運営センター副部長

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

1995年01月 ~ 2006年12月  
社会経済史学会 評議員
2007年01月 ~ 2018年12月  
社会経済史学会 理事
2006年01月 ~ 2017年12月  
社会経済史学会 編集委員
1995年01月 ~ 1998年12月  
経営史学会 幹事
1999年01月 ~ 2002年12月  
経営史学会 評議員

全件表示 >>

 

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • 20世紀

  • 機械工業

  • フランス

  • 経営史

  • 経済史

 

お問い合わせ先