写真

氏名

奈須 恵子 (ナス ケイコ)

NASU Keiko

所属

文学部 学校・社会教育講座教職課程

文学研究科 教育学専攻博士課程前期課程

文学研究科 教育学専攻博士課程後期課程

職名

教授

研究分野・キーワード

教育史、対外認識、オリエンタリズム

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 近代日本教育史を研究テーマとする。とりわけ、近代「日本」における対「外」認識の形成を中心として研究を行っている。歴史や地理などの教科教育の歴史に即した分析を行い、例えば「東洋」と「西洋」、「アジア」という認識がどのように形成されてきたのか、また、そこにはどのような問題があったのかを明らかにすることに取り組んでいる。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 近代日本社会における対外認識の形成

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Construction of "Orientalism" in Japan
    研究課題キーワード: Japan,Orientalism
    専門分野(科研費分類): 教育学、科学教育、アジア史・アフリカ史

  • 近代日本における対外認識の形成
    研究課題キーワード: 近代日本,対外認識,形成
    専門分野(科研費分類): 教育学、科学教育、アジア史・アフリカ史

論文 【 表示 / 非表示

  • 「教職概論」における「学校」へのアプローチ-「チーム学校」の前提にある「学校」を想像するために-
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 教職研究  31号  (頁 77 ~ 87)
    掲載紙 発行年月: 2018年03月
    著者氏名(共著者含): 奈須恵子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 「社会・地理歴史科教育法」におけるアクティブラーニングを採り入れた授業づくりへの取り組み
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 教職研究  29号  (頁 145 ~ 152)
    掲載紙 発行年月: 2017年03月
    著者氏名(共著者含): 奈須恵子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 世界史の中に日本史を位置づける歴史学習-世界史Aにおける日本史学習の指導法について-
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 教職研究  26号  (頁 29 ~ 38)
    掲載紙 発行年月: 2015年04月
    著者氏名(共著者含): 奈須恵子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 中学校社会科地理的分野における「アジア」および「アジア州」の学習とその可能性-現行検定教科書の特徴と指導法の工夫について-
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 教職研究  25号  (頁 25 ~ 41)
    掲載紙 発行年月: 2015年02月
    著者氏名(共著者含): 奈須恵子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • 「教職実践演習」における教職理解の深化のこころみ
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 教職研究  27号  (頁 143 ~ 149)
    掲載紙 発行年月: 2015年
    著者氏名(共著者含): 奈須恵子

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 歴史学者と読む高校世界史-教科書記述の舞台裏-
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 勁草書房
    発行年月: 2018年06月
    著者氏名: 長谷川 修一、小澤 実編著、中澤 達哉 他執筆

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 第11章 官立高等学校「歴史」入学試験にみる「関係史」-その変遷と拡大-
    著書形態: 共編著

  • 戦時日本の大学と宗教(シリーズ大学と宗教Ⅱ)
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 法蔵館
    発行年月: 2017年03月
    著者氏名: 江島 尚俊、三浦 周、松野 智章共編、ケイト=ワイルドマン=ナカイ 他執筆

    著書種別: 単行本(学術書)
    担当部分: 第7章 敗戦前キリスト教系大学における教育組織・カリキュラムの変容について-高等学校高等科教員無試験検定指定をめぐって-
    著書形態: 共編著

  • 新しい生活指導と進路指導
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 武蔵野美術大学出版局
    発行年月: 2013年04月
    著者氏名: 高橋陽一、伊藤毅共編、高橋陽一、伊藤毅、川村肇、渡辺典子、奈須恵子執筆

    著書種別: 教科書
    担当部分: 第7章(多文化教育と学校)
    著書形態: 共編著

  • 遠山郁三日誌1940-1943年-戦時下ミッションスクールの肖像
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 山川出版社
    発行年月: 2013年02月
    著者氏名: 遠山郁三著、奈須恵子、山田昭次、永井均、豊田雅幸、茶谷誠一編

    著書種別: 単行本(学術書)

  • 学校・教師の時空間
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 三元社
    発行年月: 2012年02月
    著者氏名: 奈須 恵子,逸見 敏郎

    著書種別: 単行本(一般書)
    担当部分: はじめに、第1章第1節、第2章第1節、第2章第2節、第5章第1節
    著書形態: 共編著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 戦時下における学問の統制と動員-日本諸学振興委員会の組織と事業-
    研究期間: 2007年04月 ~ 2009年03月
    研究種目: 基盤研究(C)
    研究内容:
     文部省による戦時下最大の学界再編・組織化の試みであった日本諸学振興委員会についてその組織と活動を調査・分析した研究である。
     1936年から1945年の9年間、日本諸学振興委員会のもとに人文・社会科学を中心に自然科学も含む9つの分野(教育学、哲学、国語国文学、歴史学、経済学、芸術学、法学、自然科学、地理学)の学会が、順次組織化され、各学会がほぼ年1回のペースで開催された。本研究では、教育学会を中心にして、各学問分野の文部省による組織化の過程を明らかにしていった。調査にあたっては、日本諸学振興委員会各学会の内容分析を、各学会の委員、発表者、発表内容についてのデータベース化を行い、日本諸学振興委員会自体について成立から終焉までの経緯を解明するとともに、日本諸学振興委員会を含めた戦時下日本の全般的な学問再編状況についての分析を行った。

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 研究分野は、近代日本教育史であり、近代日本社会における対外認識の形成を研究テーマとしている。教科教育の歴史に即しつつ、「日本」にとっての「外」が--たとえば「東洋」や「南洋」など--がどのような認識対象とされてきたのかを主たる関心として研究を行っている。

 
 
 
 
 

お問い合わせ先