写真

氏名

服部 孝章 (ハツトリ タカアキ)

HATTORI Takaaki

所属

立教大学(名誉教授)

職名

名誉教授

研究分野・キーワード

規制緩和政策、放送制度、報道の自由、免許制度、人権

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • デジタル化とメディア規制

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 報道と人権に関する研究
    研究課題キーワード: 報道の自由,人権
    専門分野(科研費分類): 公法学

  • Study on Press and Human Rights
    研究課題キーワード: Freedom of the Press,Human Rights
    専門分野(科研費分類): 公法学

  • Broadcast License System
    研究課題キーワード: Broadcasting
    専門分野(科研費分類): 公法学

  • 放送局免許制度
    研究課題キーワード: 放送
    専門分野(科研費分類): 公法学

論文 【 表示 / 非表示

  • Problems on TV-Review programs
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Mass Media Ethics (the National Council to Promote Ethics of Mass Media)  448号  (頁 2-3 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1997年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 番組批評・自己検証番組の意義と問題点
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: マスコミ倫理 (マスコミ倫理懇談会全国協議会)  448号  (頁 2-3 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1997年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • Speech and libel on Assembly relayed by TV and CATV
    言語区分: 英語
    掲載誌名:  69巻  10号  (頁 102-104 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1997年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Problems on BS・CS broadcasting
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Media in changing age  (頁 116-121 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1997年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)
    共著区分: 単著

  • Vチップと放送の自由
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 放送文化  26号  (頁 92-96 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1996年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Multi-channel Age and diversification on TV Journalism
    記述言語: 英語
    出版機関名:
    発行年月: 1997年04月

  • Reforming on Broadcasting System
    記述言語: 英語
    出版機関名:
    発行年月: 1997年04月

  • Broadcasting -Mass Media in 21 century (Takaaki Hattori ed.)
    記述言語: 英語
    出版機関名:
    発行年月: 1997年04月

  • Multi-media Age and Information Society
    記述言語: 英語
    出版機関名:
    発行年月: 1997年04月

  • 多チャンネル時代に問われる「多様性」の意味
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 次世代ディジタルテレビの全貌 (日経ニューメディア別冊)(日経BP社)
    発行年月: 1997年04月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高度情報化に伴う社会システムと人間行動の変容に関する研究の影響(高木教典)
    研究期間: 1991年04月 ~ 1995年03月
    研究種目: 重点研究

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 情報流通と社会変動

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 研究領域は放送制度、マスメディア法。放送局免許制度をはじめとする放送事業をめぐる法制度および行政のあり方を研究してきた。また人権と報道をめぐる諸問題、最近は報道内容規制およびマスメディアの統合(メガメディア)について歴史的事例研究を行っている。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • マスコミ状況およびその制度的枠組みに関する科目を講義してきたが、ゼミなどにおいては、現状の分析、たとえば新聞報道の紙面分析や放送番組の分析などを行い、調査研究の重要性を学生諸君に認識させるとともに、これまでの学問研究の成果を吸収することを指導してきた。調査研究は、教室や授業時間を超えた膨大な労力を必要としており、体力と気力にかかる部分が大きく、その部分において、学生諸君との競争は果てしなく続く。

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

1983年04月 ~ 1997年03月  
情報通信学会 研究会幹事
1986年04月 ~ 1988年03月  
日本マス・コミュニケーション学会(旧日本新聞学会) 研究企画委員
1987年04月 ~ 1992年03月  
日本マス・コミュニケーション学会(旧日本新聞学会) 評論編集委員
1990年04月 ~ 1997年03月  
日本マス・コミュニケーション学会(旧日本新聞学会) 評論編集委員
2001年04月 ~ 継続中  
日本マス・コミュニケーション学会(旧日本新聞学会) 評論編集委員

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

1989年04月 ~ 1992年03月  
東京都杉並区ニューメディア懇談会委員

1995年04月 ~ 1997年03月  
郵政省「多チャンネル時代における視聴者と放送に関する懇談会」

活動内容:
法律専門部会委員

1996年04月 ~ 1998年03月  
豊島区地域情報化推進協議会委員

1997年04月 ~ 2003年03月  
日本民間放送連盟・放送番組調査会委員

1999年11月 ~ 2000年06月  
郵政省「放送分野における青少年とメディア・リテラシーに関する調査研究会」

活動内容:
委員

 

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • 放送制度

  • 報道の自由

  • 免許制度

  • 人権

  • 規制緩和政策

 

お問い合わせ先