写真

氏名

豊田 由貴夫 (トヨダ ユキオ)

TOYODA Yukio

所属

観光学部 交流文化学科

観光学研究科 観光学専攻博士課程前期課程

観光学研究科 観光学専攻博士課程後期課程

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

パプアニューギニア、ネイション・ビルディング、文化人類学、開発、民族植物学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 専門は文化人類学であり、パプアニューギニアを中心とする南太平洋地域を研究対象としている。これまでこの地域において、近代化が現地にもたらす影響、開発と文化の問題、新興国家におけるナショナル・アイデンティティ形成の問題、ネイション・ビルディングなどを研究課題としてきた。また、この他に民族植物学、観光と文化の問題なども研究課題としている。これらに加えて睡眠と文化の研究、東京ディズニーリゾート研究も行ってきている。

 

主要研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 太平洋地域における伝統とその変容

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Ethnobotanical Study of Sago Palm in Papua New Guinea
    研究課題キーワード: Sago palm,ethnobotany,Papua New Guinea
    専門分野(科研費分類): 文化人類学・民俗学

  • National Identity in Papua New Guinea
    研究課題キーワード: National Identity,Papua New Guinea
    専門分野(科研費分類): 文化人類学・民俗学

  • Social Structure and leadership in Papua New Guinea societies
    研究課題キーワード: leadership,social structure,Papua New Guinea
    専門分野(科研費分類): 文化人類学・民俗学

  • パプアニューギニアにおけるサゴヤシの民族植物学的研究
    研究課題キーワード: サゴヤシ,民族植物学,パプアニューギニア
    専門分野(科研費分類): 文化人類学・民俗学

  • パプアニューギニアにおける国家アイデンティティ
    研究課題キーワード: 国家アイデンティティ,パプアニューギニア
    専門分野(科研費分類): 文化人類学・民俗学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Melanesian Pidgin and Colonialism
    言語区分: 英語
    掲載誌名: National Museum of Ethnology Research Bulletin  20巻  (頁 151-173 ~ )
    掲載紙 発行年月: 2000年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • 'To which bird do you belong? : "Totemic"belief in the Mari, Papua New Guinea'
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Fringe Area of Highlands in Papua New Guinea (Senri Ethonological Studies(]G0061[)47)  47巻  (頁 61-77 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1998年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • Introduction : Fringe Area of Highlands in Papua New Guinea
    言語区分: 英語
    掲載誌名: Fringe Area of Highlands in Papua New Guinea (Senri Ethonological Studies(]G0061[)47)  47巻  (頁 1-20 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1998年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)
    共著区分: 単著

  • Some Cultural and Social Problems in the Implementation of Agricultural Development Projects in the Sepik area, Papua New Guinea.
    言語区分: 英語
    掲載誌名:  41巻  1号  (頁 27-36 ~ )
    掲載紙 発行年月: 1997年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • Problems of Migration in Papua New Guinea
    言語区分: 英語
    掲載誌名:
    掲載紙 発行年月: 1995年04月
    著者氏名(共著者含):

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The Pacific War in Papua New Guinea: Memories and Realities
    記述言語: 英語
    出版機関名: Rikkyo University Centre for Asian Area Studies
    発行年月: 2006年04月

  • 夢は語るべきか、秘めるべきか ― 夢と文化の関係論
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 北浜邦夫監修『夢うつつまぼろし ― 眠りで読み解く心象風景』インターメディカル
    発行年月: 2005年04月

  • パプアニューギニア、セピック地域の住民と造形美術品
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 埼玉県鶴ヶ島市教育委員会編『オセアニア美術にみる「知流」を超えるもの』里文出版
    発行年月: 2005年04月

  • さまざまな民族の夢理論
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 北浜邦夫監修『夢うつつまぼろし ― 眠りで読み解く心象風景』インターメディカル
    発行年月: 2005年04月

  • パプアニューギニア、セピック地域における多品種栽培の論理
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 吉田集而・掘田満・印東道子編『イモとヒト:人類の生存を支えた根栽農耕』平凡社
    発行年月: 2003年04月

全件表示 >>

その他の研究業績 【 表示 / 非表示

  • パプアニューギニアにおけるサゴヤシの民族植物学的調査(1か月)
    活動期間(研究年月など):
    研究活動区分: フィールドワーク

  • Ethnobotanical Research of Sago palm in Papua New Guinea
    活動期間(研究年月など):
    研究活動区分: フィールドワーク

  • パプアニューギニア・セピック川下流地域における人類学的調査(15か月)
    活動期間(研究年月など): 1984年04月 ~ 1986年04月
    研究活動区分: フィールドワーク

  • Anthropological Research in the lower Sepik area, Papua New Guinea
    活動期間(研究年月など): 1984年04月 ~ 1986年04月
    研究活動区分: フィールドワーク

  • パプアニューギニア.マリ族における社会人類学的調査(3か月)
    活動期間(研究年月など): 1988年04月
    研究活動区分: フィールドワーク

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • パプアニューギニアにおける太平洋戦争: 占領政策、歴史認識、戦争による社会変容
    研究期間: 2001年04月 ~ 2005年03月
    研究種目: 基盤研究(B)

  • パプアニューギニア周縁部におけるローカルな「開発」思想と実践
    研究期間: 2004年04月 ~ 2007年03月
    研究種目: 基盤研究(B)

  • パプアニューギニアにおける自然環境の資源化と「開発」思想の形成
    研究期間: 2007年04月 ~ 2010年03月
    研究種目: 基盤研究(B)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生活世界から捉えるグローバル/ローカル化の動態に関する地域間比較研究
    研究期間:
    資金名称: 単独研究科プロジェクト研究
    資金支給機関名: 総務省

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 若者のサブカルチュア

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 専門は文化人類学であり、その中でもパプアニューギニアを中心とするオセアニア地域を対象として、「交換」や「リーダーシップ」の問題を研究している。これ以外に、最近は農業開発の問題、国家アイデンティティ問題なども研究対象としている。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 教育面では、事例を使って授業を進めるという、いわゆる「ケース・メソッド」を研究・実施している。これは文章で書かれた事例を材料とし、これを学生に議論させることによって授業を進める手法であり、最近は自分で教材を開発することも行っている。

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

 
国立民族学博物館 共同研究員

 

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学

  • リーダーシップ

  • 儀礼的交換

  • ケース・メソッド

  • パプアニューギニア

 

お問い合わせ先