写真

氏名

蔵持 重裕 (クラモチ シゲヒロ)

KURAMOCHI Shigehiro

所属

立教大学(名誉教授)

職名

名誉教授

研究分野・キーワード

 

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Study on "So惣" village in medieval Japan.
    研究課題キーワード: Village,Common,appeal
    専門分野(科研費分類): 日本史、経済史、文化人類学・民俗学

  • 日本中世村落・惣村史
    研究課題キーワード: 村落,惣,相論
    専門分野(科研費分類): 日本史、経済史、文化人類学・民俗学

論文 【 表示 / 非表示

  • 海浜の荘園
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 「荘園と村を歩く」 校倉書房  (頁 36 ~ 52)
    掲載紙 発行年月: 1997年06月
    著者氏名(共著者含): 蔵持 重裕

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 菅浦惣成立の特質
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 「悪党の中世」 岩田書店  (頁 125 ~ 156)
    掲載紙 発行年月: 1998年03月
    著者氏名(共著者含): 蔵持 重裕

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 村落と情報
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 歴史学研究会 「歴史学研究」   716号  (頁 63 ~ 70)
    掲載紙 発行年月: 1998年10月
    著者氏名(共著者含): 蔵持 重裕

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 中世村落と和泉国黒島村
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 「村のなかの古代史」 岩田書院
    掲載紙 発行年月: 2000年03月
    著者氏名(共著者含): 蔵持 重裕

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著

  • 山地葛川の「堺相論」と村落
    言語区分: 日本語
    掲載誌名: 「山間村落における交流の総合的研究」 
    掲載紙 発行年月: 2001年02月
    著者氏名(共著者含): 蔵持 重裕

    掲載種別: 研究論文(その他学術会議資料等)
    共著区分: 単著・その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • A Study of The History of Midieval Village Society in Japan
    記述言語: 英語
    出版機関名:
    発行年月: 1996年04月

  • 日本中世村落社会史の研究
    記述言語: 日本語
    出版機関名:
    発行年月: 1996年04月

  • 「中世の紛争と地域社会」
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 吉川弘文館
    発行年月: 2009年05月
    著者氏名: 蔵持 重裕  

    著書形態: 単著

  • 「声と顔の中世史 訴の場景から」
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 吉川弘文館
    発行年月: 2007年05月
    著者氏名: 蔵持 重裕  

    著書形態: 単著

  • 「中世村落の形成と村社会」
    記述言語: 日本語
    出版機関名: 吉川弘文館
    発行年月: 2007年04月
    著者氏名: 蔵持 重裕  

    著書形態: 単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 開発・環境の変化による山村・里村間の情報・交流と摩擦の研究
    研究期間: 2000年01月 ~ 2003年03月
    研究種目: 基盤研究(C)

  • 歴史における生活・生態の連鎖と断絶
    研究期間: 2009年04月 ~ 継続中
    研究種目: 基盤研究(C)

その他の研究活動 【 表示 / 非表示

  • 研究テーマは、日本中世の荘園・村落史。民衆の生活、その舞台としての村や地域の実態の究明。これらを追究していく上での視点・キーワードは紛争解決・情報・ことば・人と土地の関係などである。生態として把握することを目指す。

 

教育活動概要 【 表示 / 非表示

  • 史学講義 日本中世史について、国家と社会、都市と村落、戦争と平和などの諸問題について、民衆の視点から捉える講義をする。
    演習   2年生の演習では基本的なな史料読解を中心に、参加者の報告に基づいて議論する。近年では、『政基公旅引』・「禅定寺文書」・「菅浦文書」などを取り上げている。3・4年生の演習では、卒論を視野に、各自の関心に基づく研究テーマの報告を皆で議論する。

 
 
 

キーワード(記述) 【 表示 / 非表示

  • 人と土地の関係

  • 情報

  • ことば

  • 紛争解決

 

お問い合わせ先