Updated on 2021/06/22

写真b

 
NUMAJIRI Akinobu
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Arts Department of History, Course of Japanese History
Graduate School of Arts Field of Study: History
Graduate School of Arts Field of Study: History
Title*
Professor
Degree
博士(経済学) ( 東京大学 )
Research Theme*
  • 専門は、現代日本社会経済史、昭和戦前期~1990年代の都市や農村を対象として、地域社会の共同性や地方自治体、国家が体現する公共性を歴史的に問い直す研究を進めている。具体的には、①日記などの史料を用いての農家の所有・生産・生活諸関係に関するミクロ歴史研究、②高度成長期の都市部における農地や水辺、林野の所有と利用からみた市街地形成に関する研究、③公害対策に関する国家や地方自治体の政策と企業や住民の動向に関する研究がある。

  • Research Interests
  • Socio-Economic History of Modern Japan

  • Campus Career*
    • 4 2010 - Present 
      College of Arts   Department of History, Course of Japanese History   Professor
    • 4 2010 - Present 
      Graduate School of Arts   Field of Study: History   Professor
    • 4 2010 - Present 
      Graduate School of Arts   Field of Study: History   Professor
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Economic history

    Research History

    • 4 2010 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Arts Field of Study: History   Professor

      More details

    • 4 2010 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Arts Field of Study: History   Professor

      More details

    • 4 2010 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Arts Department of History, Course of Japanese History   Professor

      More details

    • 4 2007 - 3 2010 
      Saitama University   Faculty of Economics

      More details

    • 4 2003 - 3 2007 
      Saitama University   Faculty of Economics

      More details

    • 4 1997 - 3 2003 
      Shizuoka University   Faculty of Education

      More details

    • 4 1995 - 3 1997 
      Shizuoka University   Faculty of Education

      More details

    ▼display all

    Education

    • - 3 1995 
      The University of Tokyo   Graduate School, Division of Economics

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • - 3 1995 
      The University of Tokyo   Graduate School, Division of Economics

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • - 3 1987 
      Tokyo Gakugei University   Faculty of Education

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    Committee Memberships

    • 12 2010 - Present 
      同時代史学会   理事

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 10 2008 - Present 
      土地制度史学会(現:政治経済学・経済史学会)   理事

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    Awards

    • 4 2009  
      社団法人 不動産協会  第4回 不動産協会優秀著作奨励賞 
       
      日本不動産業史

      More details

      Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc.  Country:Japan

      researchmap

    Papers

    • 近代史部会 生活のなかの労働と社会関係 コメント2 Invited

      沼尻 晃伸

      歴史学研究 ( 976 ) 124 - 126   25 10 2018

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Local Government and Water Usage of Urban Residents in the Postwar Reform Period till the 1950s: A Case Study of Mishima City in Shizuoka Prefecture Peer-reviewed

        78 ( 2 ) 17 - 42   4 2018

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 2017年度歴史学研究会大会報告批判 現代史部会 Invited

      沼尻 晃伸

      歴史学研究 ( 965 ) 48 - 50   12 2017

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 2015年度歴史学研究会大会報告批判 全体会

      沼尻 晃伸

      歴史学研究 ( 939 ) 30 - 32   12 2015

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 高度経済成長の捉え方――その歴史的位置 Invited

      沼尻 晃伸

      歴史評論 ( 735 ) 61 - 69   7 2011

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 戦時期~戦後改革期における市街地形成と地主・小作農民--兵庫県尼崎市を事例として Peer-reviewed

      沼尻 晃伸

      社会経済史学77 ( 1 ) 3 - 23   5 2011

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 水辺と生活からみた都市史研究の方法 Invited

      沼尻 晃伸

      史苑71 ( 2 ) 63 - 76   3 2011

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 高度経済成長前半期の水利用と住民・企業・自治体―静岡県三島市を事例として― Invited

      沼尻晃伸

      歴史学研究 ( 859 ) 120 - 129   10 2009

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 1930年代の農村における市街地形成と地主―橘土地区画整理組合(兵庫県川辺郡)を事例として― Peer-reviewed

      沼尻晃伸

      歴史と経済 ( 200 ) 2 - 18   7 2008

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 戦間期・戦時期日本における方面委員論に関する一考察―都市社会事業と「公」「公共」―

      沼尻晃伸

      成城大学経済研究所研究報告   3 2008

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 農民からみた工場誘致―戦後経済復興期の小田原市を事例として― Peer-reviewed

      沼尻晃伸

      社会科学論集 ( 116 ) 1 - 21   11 2005

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 都市の公共性をめぐる論点―最近の近代都市史研究からの考察― Invited

      沼尻晃伸

      歴史と経済 ( 184 ) 34 - 41   7 2004

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 戦争と国土計画 Invited

      沼尻晃伸

      年報日本現代史 ( 6 ) 151 - 181   5 2000

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 近現代日本の都市計画と工場立地:私的土地利用への公的統制に関する歴史的考察

      沼尻晃伸

          17 3 1999

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Doctoral thesis  

      researchmap

    • 戦時期~1950年代の工業開発と都市計画 Invited

      沼尻晃伸

      日本史研究 ( 415 ) 120 - 145   3 1997

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 日中戦争期日本の工場立地政策の特質―土地利用政策との関連を中心に― Peer-reviewed

      沼尻晃伸

      土地制度史学 ( 141 ) 1 - 17   10 1993

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    ▼display all

    Misc.

    • 石油化学コンビナート反対運動は国政にどのような影響を与えたのか:国会会議録検索システムを使っての一つの試み

      沼尻 晃伸

      静岡県近代史研究会会報 ( 479 ) 1 - 2   10 8 2018

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 鉄五郎日記の「発見」:有東木地区調査報告

      沼尻 晃伸

      静岡県近代史研究会会報 ( 460 ) 3 - 4   10 1 2017

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    Books and Other Publications

    • 第4次 現代歴史学の成果と課題 第1巻 新自由主義時代の歴史学

      大門 正克, 沼尻 晃伸( Role: Edit ,  所有と利用の関係史:土地と水を中心として)

      績文堂出版  25 5 2017  ( ISBN:9784881161319

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • Economic history of cities and housing

      Satoshi Baba, Akinobu Numajiri, Hiroshi Ono, Takahito Mori, Toshikatsu Nakajima, Minoru Yasumoto, Nodoka Nagayama( Role: Edit ,  Landowners and Tenant Farmers in the Process of Urban Formation: A Case Study of Amagasaki City, Hyogo Prefecture, 1937-1952)

      Springer  2017  ( ISBN:9789811040962

      More details

      Language:English Book type:Scholarly book

      researchmap

    • たどる調べる 尼崎の歴史 下巻

      市沢 哲, 沼尻 晃伸( Role: Joint author ,  第五章 第三節 2体験・回想・聞き取り 都市化を調べる)

      尼崎市  8 10 2016 

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • アジア・太平洋戦争辞典

      吉田 裕, 沼尻 晃伸( Role: Joint editor)

      吉川弘文館  11 2015  ( ISBN:9784642014731

      More details

      Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

      researchmap

    • 時代と格闘する人々

      橋本 誠一, 沼尻 晃伸, ほか( Role: Joint author)

      羽衣出版  10 3 2015  ( ISBN:9784907118143

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 村落からみた市街地形成―人と土地・水の関係史 尼崎 1925-73年

      沼尻 晃伸( Role: Sole author)

      日本経済評論社  19 1 2015  ( ISBN:9784818823600

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 近代の日本と朝鮮

      君島 和彦, 沼尻 晃伸, ほか( Role: Joint author ,  自治体政策にみる高度成長期の下水道設置と公共性)

      東京堂出版  2014  ( ISBN:9784490208757

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 戦後歴史学用語辞典

      木村 茂光, 沼尻 晃伸( Role: Edit ,  「日本の近代・近代化」(315頁)、「公共性」(332頁))

      東京堂出版  5 7 2012  ( ISBN:9784490108187

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 高度成長展開期の日本経済

      原 朗, 沼尻 晃伸, ほか( Role: Edit ,  地方自治体の渇水対策と企業・農民・住民:静岡県三島市を事例として)

      日本経済評論社  2012 

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 高度成長の時代1 復興と離陸(共著)

      沼尻晃伸( Role: Joint author ,  第1章 地域からみた開発の論理と実態)

      大月書店  20 10 2010  ( ISBN:9784272520916

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 日本経済史6(共著)

      沼尻晃伸( Role: Joint author ,  第6章 近代日本経済資料論2 公文書・府県庁資料)

      東京大学出版会  17 9 2010  ( ISBN:9784130440769

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 1950年代と地域社会

      森武麿編著( Role: Joint author)

      現代史料出版  6 2009 

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 日本不動産業史

      橘川武郎, 粕谷誠編( Role: Joint author)

      名古屋大学出版会  9 2007 

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 大塚久雄『共同体の基礎理論』を読み直す

      小野塚知二, 沼尻晃伸( Role: Joint editor)

      日本経済評論社  4 2007 

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 山梨県史 通史編6 近現代2

      山梨県編( Role: Joint author)

      山梨県  3 2006 

      More details

      Language:Japanese Book type:Other

      researchmap

    • 近代日本都市史研究

      大石嘉一郎, 金澤史男編( Role: Joint author)

      日本経済評論社  2 2003 

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 工場立地と都市計画 日本都市形成の特質 1905-1954

      沼尻晃伸( Role: Sole author)

      東京大学出版会  9 2002 

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 近代静岡の先駆者

      静岡県近代史研究会編( Role: Joint author)

      静岡新聞社  10 1999 

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 方法 教養の日本史

      竹内誠, 佐藤和彦, 君島和彦, 木村茂光編( Role: Joint author)

      東京大学出版会  2 1997 

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    • 地域における戦時と戦後-庄内地方の農村・都市・社会運動-

      森武麿, 大門正克編( Role: Joint author)

      日本経済評論社  2 1996 

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 『所沢市史』下

      所沢市史編さん室編( Role: Joint author)

      所沢市  11 1992 

      More details

      Language:Japanese Book type:Other

      researchmap

    • 稲城市史 下巻

      稲城市編( Role: Joint author)

      稲城市  3 1991 

      More details

      Language:Japanese Book type:Other

      researchmap

    ▼display all

    Presentations

    • 1970~90年代における都市の環境保全と水:三島市(静岡県)を事例として

      沼尻 晃伸

      政治経済学・経済史学会秋季学術大会  17 10 2015 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 『西山光一日記』にみる農作業・奉公・普請―1925年~1954年を中心に―

      沼尻晃伸, 飯田恭

      2010年度 政治経済学・経済史学会秋季学術大会  13 11 2010 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      researchmap

    • 土地区画整理後の市街地形成に関する一考察―橘土地区画整理地区(尼崎市)の戦時期〜1950年代― International conference

      沼尻晃伸

      第6回東アジア経済史シンポジウム  9 2009 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 土地区画整理後の市街地形成に関する一考察―橘土地区画整理地区(尼崎市)の戦時期?1950年代― International conference

      沼尻晃伸

      第6回東アジア経済史シンポジウム  9 2009 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 高度経済成長前半期の水利用と住民・企業・自治体―静岡県三島市を事例として―

      沼尻晃伸

      2009年度歴史学研究会大会  5 2009 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 1930年代の農村における市街地形成と地主―橘土地区画整理事業(兵庫県川辺郡)を事例として―

      沼尻晃伸

      2007年度政治経済学・経済史学会(旧土地制度史学会)秋季学術大会  10 2007 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 日本の都市計画と土地政策-戦時期・戦後改革期を中心に―

      沼尻晃伸

      2002年度土地制度史学会春季総合研究会  6 2002 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 戦時期~1950年代の工業開発と都市計画

      沼尻晃伸

      1996年度日本史研究会大会  11 1996 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 「日中戦争期日本の工場立地政策の特質」

      沼尻晃伸

      1992年度土地制度史学会秋季学術大会  10 1992 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    ▼display all

    Professional Memberships

    ▼display all

    Research Projects

    • 昭和戦前期~1970年代の地域における水利用と生産・生活に関するミクロ歴史研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      沼尻 晃伸

      More details

      4 2015 - Present

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      Grant amount:\3380000 ( Direct Cost: \2600000 、 Indirect Cost:\780000 )

      researchmap

    • 昭和戦前期~1970年代の地域における水利用と生産・生活に関するミクロ歴史研究

      日本学術振興会  科学研究費補助金 

      沼尻 晃伸

      More details

      4 2015 - 3 2019

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\3380000 ( Direct Cost: \2600000 、 Indirect Cost:\780000 )

      researchmap

    • 大正期?高度成長期における農家の所有・生産・生活諸関係に関するミクロ歴史研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 2009 - 3 2014

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

      本研究は、地主制が後退し始める大正・昭和戦前期から、農村社会自体が大きく変化する高度成長期に至る日本の農村を対象として、農民の日記や該当する行政村・大字の史料などを用いて、農家の所有・生産・生活をめぐる諸関係を明らかにする。具体的には、(1)農家の耕地・屋敷地・家屋などの所有・利用関係とそれらを支える「環境」(森林・用水・河川敷など)をめぐる諸関係に注目するとともに、(2)生産・生活に関わる諸関係(血縁関係、姻戚関係、近隣関係など)を考察し、(3)そのような社会関係が、国家や地方公共団体による公共政策とどのように関連し、対抗していたのかを明らかにすることを課題とする。

      researchmap

    • 大正期〜高度成長期における農家の所有・生産・生活諸関係に関するミクロ歴史研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 2009 - 3 2014

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

      本研究は、地主制が後退し始める大正・昭和戦前期から、農村社会自体が大きく変化する高度成長期に至る日本の農村を対象として、農民の日記や該当する行政村・大字の史料などを用いて、農家の所有・生産・生活をめぐる諸関係を明らかにする。具体的には、(1)農家の耕地・屋敷地・家屋などの所有・利用関係とそれらを支える「環境」(森林・用水・河川敷など)をめぐる諸関係に注目するとともに、(2)生産・生活に関わる諸関係(血縁関係、姻戚関係、近隣関係など)を考察し、(3)そのような社会関係が、国家や地方公共団体による公共政策とどのように関連し、対抗していたのかを明らかにすることを課題とする。

      researchmap

    • 大正期~高度成長期における農家の所有・生産・生活諸関係に関するミクロ歴史研究

      科学研究費補助金 

      More details

      4 2009 - 3 2014

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 戦後経済復興期?高度経済成長期の日本における工業開発と農村社会

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 2006 - 3 2009

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\3190000 ( Direct Cost: \2800000 、 Indirect Cost:\390000 )

      researchmap

    • 戦後経済復興期〜高度経済成長期の日本における工業開発と農村社会

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 2006 - 3 2009

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\3190000 ( Direct Cost: \2800000 、 Indirect Cost:\390000 )

      researchmap

    • 戦間期・戦時期日本の社会事業に関する社会経済史的研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 2003 - 3 2006

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\2800000 ( Direct Cost: \2800000 )

      1.本研究の成果は、近代日本の社会事業を都市の社会経済史研究の視点から明らかにする意義とその方法に関する内容と、当該期の都市社会事業における方面委員と方面事業の位置、および個別都市における方面事業の実態に関する3点にまとめることができる。以下、これら3点と今後の課題を、2〜5にまとめる。 2.都市の社会経済史的研究の視点から社会事業を扱う場合に重要なことは、都市公共団体の社会福祉に関する政策領域とともに、地域社会末端において公共団体に事業を委任され活動している組織や団体に注目することであった。本研究においては、この典型として、方面委員制度を取り上げることとした。 3.米騒動後、内務省は都市社会事業の実施を地方公共団体に指示したが、方面委員制度はそれ以前から存在した。方面事業の私的側面と公的側面について、大阪府方面事業の指導者であった小河滋次郎は、方面事業は委員個人の「市民としてまた公民として」の資質に委ねられるべきで、「公利公益の為め」であってはならない点、委員の「至誠」と「熱情」が重視される点を主張した。この議論はその後に影響力を持ち、戦時期においても、方面事業は委員が持つ「自主的輔導」の側面が重視された。 4.川崎と大阪における救護法制定前後の方面委員の活動の実態をみると、方面委員自らが要求した救護法は方面委員によって運用されたものの、救護法の対象外である無籍者の救済や救護法を用いない職業輔導による救済など、救護法の対象範囲や救済領域外における事業を積極的に進めた。 5.今後の研究課題として、平成17年度から本格的に開始した農村社会事業と農村における救済を地域の末端で支えた共同関係や地主小作関係との関連を明らかにし、当該期社会事業の全体像を構築していきたい。

      researchmap

    • 日本の戦災復興都市計画と農地改革

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 2001 - 3 2003

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\2300000 ( Direct Cost: \2300000 )

      researchmap

    • 戦間期日本の住宅供給と都市政策

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 1999 - 3 2001

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\2200000 ( Direct Cost: \2200000 )

      researchmap

    • 1930年代?戦時期日本の都市開発と都市計画

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 1997 - 3 1999

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\2300000 ( Direct Cost: \2300000 )

      researchmap

    • 1930年代〜戦時期日本の都市開発と都市計画

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 1997 - 3 1999

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\2300000 ( Direct Cost: \2300000 )

      researchmap

    ▼display all