Updated on 2021/06/22

写真b

 
IIMURA Fumie
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Community and Human Services Department of Social Work
Graduate School of Community and Human Services Field of Study: Community and Human Services
Graduate School of Community and Human Services Field of Study: Community and Human Services
Title*
Associate Professor
Degree
人間科学修士 ( 東洋英和女学院大学 )
Contact information
Mail Address
Research Theme*
  • アドボカシー(権利擁護)実践のフィールドワーク等を背景に、新たな時代に求められるソーシャルワーク実践モデルを追究していきたいと考えている。主な関心領域は、①アドボカシー、苦情解決、サービス評価等利用者主体のサービス実現に必要なシステム構築、②地域を基盤としたソーシャルワークと住民参加の方法論、③事業所の特性に応じた福祉マネジメントなどである。

  • Research Interests
  • advocacy

  • Campus Career*
    • 4 2015 - Present 
      Graduate School of Community and Human Services   Field of Study: Community and Human Services   Associate Professor
    • 4 2010 - Present 
      College of Community and Human Services   Department of Social Work   Associate Professor
    • 4 2010 - Present 
      Graduate School of Community and Human Services   Field of Study: Community and Human Services   Associate Professor
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Social welfare

    Research History

    • 9 2019 - Present 
      東京家政大学   人文学部教育福祉学科   非常勤講師

      More details

    • 9 2019 - Present 
      Tokyo Kasei University

      More details

    • 4 2015 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Community and Human Services Field of Study: Community and Human Services   Associate Professor

      More details

    • 4 2014 - Present 
      目白大学   生涯福祉研究科   講師

      More details

    • 4 2014 - Present 
      Mejiro University

      More details

    • 4 2010 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Community and Human Services Field of Study: Community and Human Services   Associate Professor

      More details

    • 4 2010 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Community and Human Services Department of Social Work   Associate Professor

      More details

    • 4 2008 - 3 2010 
      Higashinippon International University   School of Social and Environmental Service

      More details

    • 4 2008 - 3 2010 
      Kamakura Women's University

      More details

    • 4 2008 - 3 2010 
      Tokiwa University

      More details

    • 4 2006 - 3 2010 
      NPO法人Uビジョン研究所   事務局長・研究員

      More details

    • 4 2006 - 3 2008 
      Higashinippon International University

      More details

    • 4 1997 - 3 2004 
      Tokyo Gakugei University   Faculty of Education

      More details

    ▼display all

    Education

    • - 3 1997 
      Toyo Eiwa University   Graduate School, Division of Human Science

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • - 3 1997 
      Toyo Eiwa University   Graduate School, Division of Human Science

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • - 3 1984 
      Japan College of Social Work   Faculty of Social Welfare

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    Papers

    • Handling and Issues of Personal Infomation in Social Work Field Placement Peer-reviewed

        ( 14 ) 28 - 40   31 3 2018

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Current Issues of Social Welfare Services to think about from Difficult Cases to support

        ( 5 ) 119 - 137   20 11 2017

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • A Perspective of the Adult Guardianship System

        ( 3 ) 79 - 97   11 2015

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 福祉サービス利用者への記録開示に関する一考察 Peer-reviewed

      飯村史恵

      福祉情報研究 ( 7 )   3 2011

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • サービスの質の確保と介護職の労働環境

      飯村史恵

      月刊総合ケア17 ( 5 ) 31 - 34   5 2007

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 高齢者の権利擁護~地域福祉権利擁護事業の課題と展望

      飯村史恵

      高齢者ケア実践事例集   7611 - 7620   11 2000

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 成年後見制度と権利擁護システム

      飯村史恵

      地域福祉研究   43 - 50   5 1999

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 社会的役割の獲得をめざして-ある知的障害者の場合-

      飯村史恵

      リハビリテーション研究 ( 96 ) 6 - 9   10 1998

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    ▼display all

    Misc.

    • 成年後見制度利用促進法の課題-求められる本人主体の仕組み Invited

      飯村史恵

      月刊福祉100 ( 11 ) 52 - 53   1 11 2017

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:全国社会福祉協議会  

      researchmap

    Books and Other Publications

    • ソーシャルワーク・スーパービジョン論

      大島巌, 黒木保博, 野口定久, 野村豊子, 藤林慶子, 飯村史恵( Role: Contributor)

      中央法規出版  27 5 2015  ( ISBN:9784805851579

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 社会福祉協議会の実態と展望―法学・社会福祉学の観点から

      橋本宏子, 飯村史恵, 井上匡子( Role: Joint editor)

      日本評論社  30 3 2015  ( ISBN:9784535520912

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 介護記録の書き方・読み方・活かし方

      本間郁子, 高橋好美, 飯村史恵( Role: Joint author)

      中央法規出版株式会社  20 6 2009 

      More details

      Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

      researchmap

    Presentations

    • 当事者主体から考える成年後見制度の課題

      飯村史恵

      日本地域福祉学会第32回大会  9 6 2018  日本地域福祉学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:静岡福祉大学  

      researchmap

    • 地域における新たな権利擁護システムの構築に向けて

      飯村史恵

      日本地域福祉学会第31回大会  3 6 2017  日本地域福祉学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:松山大学  

      researchmap

    • 社会福祉実習における個人情報の取扱いと課題

      飯村史恵

      日本福祉介護情報学会第17回研究大会  10 12 2016  日本福祉介護情報学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:兵庫県立大学  

      researchmap

    • 福祉サービスの情報活用における本人「同意」を巡る諸問題

      飯村史恵

      日本福祉介護情報学会第16回研究大会  29 11 2015  日本福祉介護情報学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:田園調布学園大学  

      researchmap

    • 障害者権利条約第12条と成年後見制度の課題-社会福祉協議会の役割を考える

      飯村史恵

      日本地域福祉学会第29回大会  20 6 2015  日本地域福祉学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:東北福祉大学  

      researchmap

    • 福祉サービス利用者への記録開示に関する一考察

      飯村史恵

      日本福祉介護情報学会第11回研究大会  12 12 2010  日本福祉介護情報学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:関西学院大学大阪梅田キャンパス  

      researchmap

    • 福祉情報の提供・開示・選択・活用の現状と展望 Invited

      飯村史恵, 久留義武, 水野敬生, 鈴木恵子

      日本福祉介護情報学会第8回研究大会  9 12 2007  日本福祉介護情報学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      Venue:田園調布学園大学  

      researchmap

    ▼display all

    Professional Memberships

    Works

    • 意思決定支援を基盤とする福祉契約の研究ー地域における新たな権利擁護システムの構築ー報告書 Other

      4 2016
      -
      3 2019

      More details

      Work type:Other  

      平成28~30年度JSPS科学研究費助成事業基盤研究(C)課題番号16K04202として実施した研究の報告書として研究成果をまとめた。
      本研究では、法律と社会福祉の架橋と言われてきた成年後見制度を取り上げ、さらに成年後見制度を福祉サービスの利用のために不可欠とした福祉の「契約」の実態に迫り、これらのしくみが本来目指していた利用者の「権利」を護り、利用者と事業者を対等の位置に据えることに寄与したのかという問題を明らかにすることを目指して研究に取り組んだ。
      このような研究課題に対し、政府資料や先行調査を検討し、主に障害当事者や家族、行政関係者等へのインタ
      ビューを行った。
      研究の結果、権利擁護の概念は未整理であり、現行の契約制度も十分な共通理解がなされないままに実施されていた。さらに、意思決定支援に関する理解に混乱が起こっている状況が明らかになった。

      researchmap

    • 日常生活自立支援事業に関する研究-利用者の自己決定とコミュニティワークからの考察 Other

      4 2013
      -
      3 2016

      More details

      Work type:Other  

      researchmap

    Research Projects

    • ララ救援物資の形成・配分過程―関与機関・団体の多様性とその帰結―

      科学研究費補助金 

      More details

      4 2018 - 3 2021

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 社会福祉専門職の教育ニーズ把握のための パイロット調査

      立教大学  コミュニティ福祉研究所 学術研究推進資金 

      飯村史恵

      More details

      4 2019 - 3 2020

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      昨今、高齢者介護を筆頭に、社会福祉の支援を担う優れた人材養成の必要性が指摘されているが、現実には最低限の人材確保さえ難しい状況が続いている。背景には、人口構造の変化やニーズの多様化、福祉職への偏ったイメージ等が複雑に絡み合い、抜本的解決を図ることは難しいのが現実である。
      福祉事業者を組織化してきた全国社会福祉協議会(全社協)でも総合的な人材確保・定着に向けた各種取り組みを実施してきたが、福祉人材に共通する課題として①必要な福祉人材の中長期的安定的確保、②福祉にふさわしい人材育成の必要性、③継続労働が可能な職場環境の整備(全社協2016)が指摘されている。
      本プロジェクトは、上記の「福祉にふさわしい人材」に注目し、具体的にどのような資質や専門性が必要であり、どのような方法を用いれば求められる人材育成が可能になるのかを明確化するために、福祉現場で働いている人々自身が考える人材像と教育方策を、ヒアリング調査により探索的に導き出すパイロット研究を実施する。

      researchmap

    • 関係性の観点から捉え直す「権利擁護」研究-成年後見制度を超えて

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      飯村史恵

      More details

      4 2019 - 3 2020

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      本研究は、法学と社会福祉学の接点に位置する成年後見制度を批判的に検討し、判断能力が不十分である人々と周囲との関係性を軸に、新たな権利の捉え直しを意図する。
      まず、禁治産の時代から現在に至る経緯を、文献研究により検証し、民法は判断能力の不十分な人々をどう捉え、障害者権利条約における意思決定支援への転換に、如何なる社会的理論が存在したのかを見極める。諸外国の制度を参照し、社会保障制度との関係を考察する。自立/自律と保護、支援の関連を、本人の主体性を重視しつつ論点整理を行う。
      次に、成年後見制度の対象となる本人・家族や当事者団体、制度の普及や基盤整備に当たる行政・社協・専門職能団体等にヒアリング調査を行い、問題点・課題の分析を進める。
      最後に研究成果を統合し、日本独自の文化的背景や特性を考慮した上で、社会福祉分野における判断能力の不十分な人々の新たな「権利擁護システム」のモデル構築を示す予定である。

      researchmap

    • 意思決定支援を基盤とする福祉契約の研究~地域における新たな権利擁護システムの構築

      日本学術振興会  科学研究費補助金 

      飯村史恵

      More details

      4 2016 - 3 2019

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 意思決定支援を基盤とする福祉契約の研究~地域における新たな権利擁護システムの構築

      日本学術振興会  科学研究費補助金 

      飯村史恵

      More details

      4 2016 - 3 2019

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      researchmap

    • しょうがい当事者の地域福祉計画への参加に関するヒアリング調査

      立教大学  コミュニティ福祉研究所 学術研究推進資金 

      More details

      4 2017 - 3 2018

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 社会福祉協議会の現代的意義と課題―地域福祉計画における役割を中心に

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      諸坂佐利

      More details

      4 2014 - 3 2017

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 社会福祉協議会の現代的意義と課題―地域福祉計画における役割を中心に

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      諸坂佐利

      More details

      4 2014 - 3 2017

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 日常生活自立支援事業に関する研究-利用者の自己決定とコミュニティワークからの考察

      日本学術振興会  科学研究費補助金 

      飯村史恵

      More details

      4 2013 - 3 2016

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 日常生活自立支援事業に関する研究-利用者の自己決定とコミュニティワークからの考察

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      飯村史恵

      More details

      4 2013 - 3 2016

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      researchmap

    • 精神しょうがい者が利用する日中活動系サービスの欠席時対応に関する予備的調査

      立教大学  コミュニティ福祉研究所 学術研究推進資金 

      More details

      4 2014 - 3 2015

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 地域福祉における社会福祉協議会の意義と問題点‐公私の役割分担の再構築に向けて

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      橋本宏子

      More details

      4 2011 - 3 2014

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 地域福祉における社会福祉協議会の意義と問題点‐公私の役割分担の再構築に向けて

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      橋本宏子

      More details

      4 2011 - 3 2014

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 成年後見制度における精神障害者のための後見人の人材と活動のあり方に関する研究

      厚生労働科学研究費補助金 

      More details

      4 1998 - 3 1999

      Grant type:Competitive

      researchmap

    ▼display all