Updated on 2021/06/22

写真b

 
HASHIMOTO Akira
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Sociology Department of Communication and Media Studies
Graduate School of Sociology Field of Study: Sociology
Graduate School of Sociology Field of Study: Sociology
Title*
Professor
Degree
ジャーナリズム学修士 ( アイオワ大学 ) / M.A. in Journalism ( University of Iowa )
Contact information
Mail Address
Research Theme*
  • 人間・社会を取り巻くようにあまねく存在するメディアの表象・文化を通じて、近現代、近未来のわれわれの集合意識、認識・思考の枠組みのありようと変容を解読している。また、アメリカとフランスを中心とするヨーロッパ、そして日本を舞台に、ジャーナリストのプロフェッション(専門職)の成立過程を歴史的に分析。誰もが発信可能なネット時代にそのプロフェッションがどのように変容していくかを、語り・記事のスタイル(文体)の変容とともに分析している。

  • Research Interests
  • ジャーナリズム

  • 政治

  • 思想

  • Campus Career*
    • 4 2012 - Present 
      College of Sociology   Department of Communication and Media Studies   Professor
    • 4 2012 - Present 
      Graduate School of Sociology   Field of Study: Sociology   Professor
    • 4 2012 - Present 
      Graduate School of Sociology   Field of Study: Sociology   Professor
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Sociology  / journalism studies

    Research History

    • 4 2012 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Sociology Field of Study: Sociology   Professor

      More details

    • 4 2012 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Sociology Department of Communication and Media Studies   Professor

      More details

    • 4 2012 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Sociology Field of Study: Sociology   Professor

      More details

    Education

    • 4 2007 - 3 2012 
      Waseda University   Graduate School, Division of Politics

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • 4 2007 - 3 2012 
      Waseda University   Graduate School, Division of Politics

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • 4 1983 - 3 1987 
      The University of Tokyo   Faculty of Literature

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    Papers

    • 米国ジャーナリズムにおける「プレスの独立」理念の形成――シャドソン、カプランの研究の再検討から Peer-reviewed

      橋本晃

      早稲田政治公法研究   8 2009

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • グローバリゼーション、情報通信革命下の米欧ジャーナリスト養成教育――その課題、挑戦、展望

      橋本晃

      東京国際大学論叢――国際関係学部編   9 2006

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 見える/見えない/見せる戦争――冷戦後の限定戦争とメディア Invited

      橋本晃

      北海道大学大学院国際広報メディア研究科・言語文化部研究叢書62号『バーチャル・リアリティの力』   7 2005

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 限定諸戦争におけるメディア――分析の枠組みづくりに向けて Invited

      橋本晃

      マス・コミュニケーション研究   1 2005

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 限定戦争時におけるメディア統制とプロパガンダ序説 Peer-reviewed

      橋本晃

      国際広報メディアジャーナル   6 2004

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • メディアの流す難民イメージ――ポリティカルコミュニケーションの視点から Invited

      橋本晃

      北海道大学大学院国際広報メディア研究科・言語文化部研究叢書55号『植民・移民・難民のメディア学』   5 2004

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • オンラインジャーナリズムの近未来へ――9.11米同時多発テロ、アフガニスタン攻撃の経験から

      橋本晃

      北海道大学大学院国際広報メディア研究科・言語文化部紀要   4 2003

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • ユーゴスラビア空爆におけるメディア統制とプロパガンダ Peer-reviewed

      橋本晃

      マス・コミュニケーション研究   1 2003

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Media Control and Propaganda in the Kosovo War Peer-reviewed

      Akira Hashimoto

          23 12 2001

      More details

      Language:English   Publishing type:Master’s thesis  

      researchmap

    ▼display all

    Books and Other Publications

    • Nation-States and Media: the Question of National Identity

      Kenji Suzuki( Role: Contributor)

      Akashi Shoten  2 2007  ( ISBN:4750325023

      More details

      Language:English Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 国際紛争のメディア学

      橋本晃( Role: Sole author)

      青弓社  4 2006  ( ISBN:4787232576

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 従軍のポリティクス

      青弓社編集部( Role: Contributor)

      青弓社  7 2004  ( ISBN:4787232355

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 実践ジャーナリスト養成講座

      花田達朗( Role: Contributor)

      平凡社  24 2 2004  ( ISBN:458273829X

      More details

      Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

      researchmap

    • グローバル社会とメディア

      武市英雄( Role: Contributor)

      ミネルヴァ書房  10 2003  ( ISBN:4623036189

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 論争 いま、ジャーナリスト教育

      花田達朗( Role: Contributor)

      東京大学出版会  4 2003  ( ISBN:4130530135

      More details

      Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

      researchmap

    • 世界紛争・テロ事典

      首藤宣弘( Role: Contributor)

      毎日新聞社  1 1997 

      More details

      Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

      researchmap

    • カンボジアの苦悩

      永井浩( Role: Joint author)

      勁草書房  2 1994  ( ISBN:4326651555

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    ▼display all

    Research Projects

    • 19世紀アメリカジャーナリズムのイデオロギー

      More details

      4 2006 - Present

      Grant type:Competitive

      公共奉仕、プレスの独立など、現代ジャーナリズムの主要な理念は19世紀末アメリカの革新主義的思潮の下で試みられたジャーナリストのプロフェッショナル化運動の過程で産み出された。運動が最も盛んだったシカゴの新聞人の書簡、社内文書や当時の記事などの分析から、そうした諸理念の源流を突き止め、大衆新聞と高級紙の同根性を探る。

      researchmap

    • 限定戦争時のメディア統制とプロパガンダ

      More details

      4 2002 - 3 2006

      Grant type:Competitive

      ペルシャ湾岸戦争で一種完成型に達した米国がその領土外で行う限定戦争におけるメディア統制は、ネット時代にコソボ戦争、アフガニスタン攻撃、イラク戦争でどのように変容したか、近未来の戦争とメディアのありようへの示唆は何かを、検閲資料や当事者へのインタビューから解明を試みた。

      researchmap