Updated on 2024/04/05

写真b

 
WATANABE Tetsuo
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Arts Department of Education
Graduate School of Arts Doctoral Program in Education
Graduate School of Arts Master's Program in Education
Title*
Professor
Degree
博士(教育学) ( 9 2009   日本女子大学 ) / 修士(教育学) ( 3 2003   日本大学 )
Research Theme*
  • 1930年代以降の国語教育論を規定してきた諸学問を描き出す思想史研究が出発点。現在は関心を広げて、戦前戦後における近代仏教と教育の影響関係を、真宗を信仰した教育実践者や教化運動を先導した僧侶などを対象として、学説史的、実践史的に検討している。また、そうした方法論を応用し、「ポップカルチャー」を通して現代社会のありようや人間観を浮き彫りにする研究にも取り組んでいる。

  • Research Interests
  • 国語科教育

  • 教育思想史

  • Campus Career*
    • 4 2020 - Present 
      College of Arts   Department of Education   Professor
    • 4 2020 - Present 
      Graduate School of Arts   Master's Program in Education   Professor
    • 4 2020 - Present 
      Graduate School of Arts   Doctoral Program in Education   Professor
    • 4 2013 - 3 2020 
      College of Arts   Department of Education   Associate Professor
    • 4 2013 - 3 2020 
      Graduate School of Arts   Master's Program in Education   Associate Professor
    • 4 2013 - 3 2020 
      Graduate School of Arts   Doctoral Program in Education   Associate Professor

    ▼display all

    Profile

    教育思想史研究の方法論を援用した近代国語教育論の学説史的研究が当初の研究テーマ。当該の国語教育論が生み出された背景に存在する学問的地盤に注目しながら、1930年代以降、ソシュール言語学が日本に紹介され、言語学、国語学、日本語教育、国語教育と、それぞれの領域で独自に解釈されながら流通していく経緯を追認しながら、戦前戦後の連続と断絶を明らかにした。

    その後、ソシュール言語学の日本への流通の周縁には、西田哲学が存在することに注目し、西田哲学と大正新教育期の国語教育に関する理論や実践の連関、さらには、その西田哲学や京都学派の背後にある近代仏教にも視野を広げて研究を続けている。近年は、真宗を深く信仰した教育実践者、あるいは戦前戦後にまたがって教化運動を先導した僧侶などを対象とした、近代仏教と教育をめぐる学説史的研究に取り組んでいる。

    また、こうした国語科教育と教育思想史/教育哲学の双方の領域にまたがる思想史研究を応用するかたちで、「ポップカルチャー」を通して現代社会のありようや人間観を浮き彫りにする「ポップカルチャーの教育思想」研究を、若手研究者との協働で始めたところである。

    その他、国語科教育に関する実践的関心からは、「詩的な言葉」を手がかりに、「プログラミング的思考」と「アート的思考」を統合的に捉えた言語活動の研究、「言葉のティンカリング」に着目し、言葉を「こねくり回し」ながら探究するという、学習者が言葉を用いて試行錯誤しながら他者と相互に思考を深め合い、他者を理解するための想像力を養うための理論や思想を構築する研究に取り組んでいる。

     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Education on school subjects and primary/secondary education

    • Humanities & Social Sciences / Education

    Research History

    • 4 2024 - Present 
      Ochanomizu University

      More details

    • 4 2022 - Present 
      Japan Women's University

      More details

    • 4 2020 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Arts Department of Education   Professor

      More details

    • 4 2020 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Arts Field of Study: Education   Professor

      More details

    • 4 2020 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Arts Field of Study: Education   Professor

      More details

    • 4 2013 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Arts Field of Study: Education   Associate Professor

      More details

    • 4 2013 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Arts Field of Study: Education   Associate Professor

      More details

    • 4 2022 - 8 2022 
      Ochanomizu University   Faculty of Letters and Education

      More details

    • 10 2019 - 8 2020 
      Tokyo Gakugei University

      More details

    • 4 2017 - 3 2020 
      Meiji University

      More details

    • 4 2013 - 3 2020 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Arts Department of Education   Associate Professor

      More details

    • 4 2016 - 3 2019 
      Keio University

      More details

    • 6 2013 - 3 2015 
      Japan Women's University

      More details

    • 4 2010 - 3 2013 
      Shiga University   Faculty of Education

      More details

    • 4 2007 - 3 2010 
      Japan Women's University   Faculty of Integrated Arts and Social Sciences

      More details

    • 4 2009 - 9 2009 
      Nihon University

      More details

    • 4 2006 - 3 2007 
      Japan Women's University   Faculty of Integrated Arts and Social Sciences

      More details

    ▼display all

    Education

    • 4 2003 - 3 2006 
      Japan Women's University

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • 4 2001 - 3 2003 
      Nihon University   Graduate School, Division of Letters

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • 4 1997 - 3 2001 
      Nihon University   Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities)

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    Committee Memberships

    • 9 2021 - Present 
      教育哲学会   編集委員(2023年10月より常任編集委員)

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 10 2018 - Present 
      教育思想史学会   編集委員

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 9 2020 - 8 2022 
      日本哲学プラクティス学会   編集委員

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 10 2018 - 9 2021 
      教育思想史学会   事務局長補佐

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 3 2020 - 10 2020 
      教育哲学会   第63回大会準備委員

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 8 2018 - 9 2020 
      日本哲学プラクティス学会   会計

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 4 2014 - 9 2014 
      教育哲学会   第57回大会準備委員会 事務局長

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 9 2003 - 4 2006 
      教育思想史学会   事務局幹事

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    ▼display all

    Papers

    • 黒川紀章と椎尾弁匡における「共生」思想の影響関係:戦前戦後における「個人」・「国家」・「天皇」をめぐって

      渡辺哲男

      『立教大学教育学科研究年報』 ( 66 ) 69 - 88   3 2023

      More details

    • 西田哲学の系譜としての島木赤彦と金原省吾:「純粋経験」と言語のジレンマに注目して

      渡辺哲男

      『立教大学教育学科研究年報』 ( 64 ) 305 - 320   3 2021

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 「プログラミング的思考」が見落とす「論理」と近代化に対する態度:鈴木大拙とその系譜としての志村ふくみをてがかりとして

      渡辺哲男

      『立教大学教育学科研究年報』 ( 63 ) 103 - 126   29 2 2020

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 人工知能・ロボットと教育をめぐる思想:aibo・言語・ふるまいをてがかりとして

      渡辺哲男

      『立教大学教育学科研究年報』 ( 62 ) 113 - 132   28 2 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 実験的思考を導くための「詩人的な言葉」によるダイアローグの可能性

      渡辺哲男

      『立教大学教育学科研究年報』 ( 60 ) 87 - 104   28 2 2017

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 小学校国語科における文学教材の指導法に関する考察:研究者と現職教師の協働による授業づくりを通して

      渡辺哲男

      『立教大学教育学科研究年報』 ( 59 ) 35 - 57   28 2 2016

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • Swimmy as 'Amachan' : Focusing on 'Self' and 'SEE' in Nishida Philosophy

      Tetsuo Watanabe

        58 ( 58 ) 83 - 93   28 2 2015

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      CiNii Article

      researchmap

    • 秋田喜三郎における「創作的読方」の形成過程 Peer-reviewed

      渡辺哲男

      『国語科教育』 ( 75 ) 96 - 103   31 3 2014

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:全国大学国語教育学会  

      researchmap

    • Will the Teacher Trouble Students by Freeing Them? : Focusing on the Lesson in Which the Students Create a Haiku Poem in the Special-needs School

      Tetsuo Watanabe

        57 ( 57 ) 73 - 89   24 3 2014

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      CiNii Article

      researchmap

    • 大学教師が少しだけ中学教師になって「ごんぎつね」の授業を行う試み:教育哲学・思想史と教科教育学の連携の足がかりとして

      渡辺哲男

      『滋賀大国文』 ( 50 ) 51 - 69   7 2013

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:滋賀大国文会  

      researchmap

    • ごんはなぜ言葉を話すのか?――「歴史を哲学する」ことで「ごんぎつね」を読みなおす

      渡辺哲男

      『滋賀大学教育学部紀要 Ⅱ人文科学・社会科学』 ( 61 ) 29 - 40   3 2012

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 作者が伝えようとすることを作者以上に汲み取る教材研究の試み――「空中ブランコ乗りのキキ」の模擬授業・リフレクション・再設計を通して

      渡辺哲男

      『滋賀大国文』 ( 49 ) 62 - 79   1 2012

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:滋賀大国文会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 「「作者以上に作者を知る」ための二つの「読み」:ソシュール言語学がもたらした「文体論」と「文章論」(コロキウム 教育と言語をめぐる思想史)

      渡辺哲男

      『近代教育フォーラム』 ( 20 ) 191 - 194   9 2011

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:教育思想史学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • The Experience of Reading Contours : Research to Develop Teaching Material for Child to Develop Awareness of Space

      Watanabe Tetsuo

      Journal of human studies46 ( 46 ) 19 - 36   3 2010

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Japan Women's University  

      CiNii Article

      researchmap

    • 『1930-50年代の国語学と「国語」教育:声と文字の諸相に着目して』 Peer-reviewed

      渡辺哲男

          24 9 2009

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Thesis (other)  

      日本女子大学より博士(教育学)を授与された学位論文。
      のちに『「国語」教育の思想:声と文字の諸相』(勁草書房、2010)として刊行。

      researchmap

    • An Aspect of the Language=Process Theory having been formed by Motoki Tokieda : from a Relation with the Neo Japanism of Motoyuki Tokieda

      Watanabe Tetsuo

      Journal of human studies45 ( 45 ) 23 - 34   3 2009

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Japan Women's University  

      CiNii Article

      researchmap

    • The Position and Role of "Eizo" in Japanese Language Education in Elementary School in Japan : from the Second Signaling System Theory in Kanji Hatano

      WATANABE Tetsuo

      Japan Women's University journal. The Graduate School of Integrated Arts and Social Sciences14 ( 14 ) 27 - 41   3 2008

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Japan Women's University  

      CiNii Article

      researchmap

    • 幼稚園教員養成課程における大学と幼稚園の連携の可能性

      田部俊充, 渡辺哲男, 小塚麻衣

      人間研究 ( 44 ) 15 - 26   3 2008

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • The Concept of "GENGO-KATSUDO" Revisited : The Influence of Saussure Linguistics Introduced by Hideno Kobayashi in 1930s Japan Peer-reviewed

      Watanabe Tetsuo

      kokugokakyouiku63 ( 63 ) 11 - 18   3 2008

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japanese Teaching Society of Japan  

      The purpose of this paper is to examine the various aspects of the term "GENGO-KATSUDO", translated from French "langage", at the end of 1920s Japan. We will show how this concept was interpreted by academic circles of Japanese linguistics, and Japanese language education. It was Hideo Kobayashi who first translated Ferdinand de Saussure's French term "langage" into "GENGO-KATSUDO". We have compared the meaning of "langage" of Charles Bally who followed Saussure's theory with that of "GENGO-KATSUDO" used by Kobayashi, and other Japanese linguists, Kyosuke Kindaichi and Shinkichi Hashimoto. By this examination, we could make it clear that Japanese linguists ceased to consider that "written language" is a secondary element of "spoken language" through the influence of the term "GENGO-KATSUDO". They considered the term "GENGO-KATSUDO" equally, whether used for written or spoken language. Finally, we have examined the direct method of Japanese language education which was practiced by Kumakichi Endo and Kiichiro Yamaguchi. Through this analysis, it could be clarified that the term "GENGO-KATSUDO" played an important role in the theory of Japanese language education in 1930s Japan.

      DOI: 10.20555/kokugoka.63.0_11

      CiNii Article

      researchmap

    • An Essay on the Multimedia Education from the Viewpoint of Some Aspects of Character in Present-Day Japan : Picture in Character / Character in Picture

      Watanabe Tetsuo

      Journal of human studies42 ( 42 ) 29 - 38   3 2006

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Japan Women's University  

      CiNii Article

      researchmap

    • Voices and Characters in 'Japanese Language' : from the Controversy over Roman Characters in Japan in 1930's Peer-reviewed

      Watanabe Tetsuo

      Forum on Modern Education14 ( 14 ) 211 - 224   9 2005

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:History of Educational Thought Society  

      DOI: 10.20552/hets.14.0_211

      CiNii Article

      researchmap

    • Evolutionary Process of the Advocacy of Language Activities in the Life of the Late Prof. NISHIO Minoru: Focused on the Times before & after his Encounter with YAMAGUCHI Kiichiro Peer-reviewed

      WATANABE Tetsuo

      kokugokakyouiku57 ( 57 ) 20 - 27   3 2005

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japanese Teaching Society of Japan  

      DOI: 10.20555/kokugoka.57.0_20

      CiNii Article

      researchmap

    • 日本における国字ローマ字表記の問題と文字の教育(コロキウム「文字と教育の思想史)」

      渡辺哲男

      近代教育フォーラム ( 13 ) 179 - 182   9 2004

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:教育思想史学会  

      researchmap

    • Transition to Advocacy of Language Activities in the Life of the Late Prof. NISHIO Minoru : Language, Life and Education in the 1930's Peer-reviewed

      WATANABE Tetsuo

      kokugokakyouiku55 ( 55 ) 28 - 35   3 2004

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japanese Teaching Society of Japan  

      DOI: 10.20555/kokugoka.55.0_28

      CiNii Article

      researchmap

    • The education of language and literature in Japanese language education : Focused on the controversy of Minoru Nishio and Motoki Tokieda

      Watanabe Tetsuo

      JOURNAL OF EDUCATIONAL RESEARCH37 ( 37 ) 32 - 48   3 2002

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:THE SOCIETY FOR EDUCATIONAL RESEARCH OF NIHON UNIVERSITY  

      DOI: 10.20554/nihondaigakukyouikugakkai.37.0_32

      CiNii Article

      researchmap

    ▼display all

    Misc.

    • (コロキウム報告)近代仏教と教育をめぐる学説史的研究Ⅲ Invited

      眞壁宏幹, マイケル・コンウェイ, 田中潤一, 渡辺哲男

      『近代教育フォーラム』 ( 32 ) 120 - 126   9 2023

      More details

      Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

      researchmap

    • 一つの意味を伝えるのではなく、曖昧さを伝える言葉の方へ Invited

      渡辺哲男

      一般社団法人建設コンサルタンツ協会『Civil Engineering Consultant』 ( 300 ) 28 - 31   7 2023

      More details

      Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

      researchmap

    • (コロキウム報告)ポップカルチャーの教育思想Ⅱ Invited

      渡辺哲男, 村松灯, 古仲素子, 山本一生

      『近代教育フォーラム』 ( 31 ) 133 - 140   9 2022

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

      researchmap

    • (書評)冨澤美千子著『野村芳兵衛の教育思想—往相・還相としての「生命信順」と「仲間作り」』 Invited

      渡辺哲男

      『近代教育フォーラム』 ( 31 ) 184 - 187   9 2022

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

      researchmap

    • (書評)時津啓著『参加型メディア教育の理論と実践:バッキンガムによるメディア制作教育論の新たな展開をめざして』 Invited

      渡辺哲男

      『教育哲学研究』 ( 122 ) 65 - 70   11 2020

      More details

      Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

      researchmap

    • (アゴラ)『言葉とアートをつなぐ教育思想』の編者自身による再読と続篇の一構想 Invited

      勢力尚雅, 渡辺哲男

      『近代教育フォーラム』 ( 29 ) 240 - 243   9 2020

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:教育思想史学会  

      researchmap

    • (コロキウム報告)ポップカルチャーの教育思想 Invited

      渡辺哲男, 小山裕樹, 間篠剛留, 田中智輝

      『近代教育フォーラム』 ( 29 ) 163 - 169   9 2020

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Meeting report   Publisher:教育思想史学会  

      researchmap

    • (コロキウム報告)近代仏教と教育をめぐる学説史的研究・序説 Invited

      眞壁宏幹, 渡辺哲男, 田中潤一, 山本正身

      『近代教育フォーラム』 ( 28 ) 146 - 151   9 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:教育思想史学会  

      researchmap

    • (研究状況報告)言葉とアートをつなぐ教育思想:「詩的な言葉」「想像力」「記憶」を手がかりとして Invited

      渡辺哲男, 柴山英樹, 山名淳

      『教育哲学研究』 ( 119 ) 134 - 139   10 5 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:教育哲学会  

      researchmap

    • (アゴラ)小笠原喜康・朝倉徹編著『哲学する道徳―現実社会を捉え直す授業づくりの新提案』(東海大学出版部、2017年) Invited

      渡辺哲男

      近代教育フォーラム ( 27 ) 181 - 183   8 9 2018

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:教育思想史学会  

      researchmap

    • The Philosophy of Postwar Pedagogy Invited

        ( 115 ) 110 - 115   10 5 2017

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

      CiNii Article

      researchmap

    • (インタビュー)映画『君の名は。』の中に見え隠れする「未来への警告」を教育はいかに捉えるべきか Invited

      渡辺哲男

      『立教』 ( 240 ) 4 - 5   30 4 2017

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

      researchmap

    • Language and Things in Educational Activities

        ( 113 ) 146 - 152   10 5 2016

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

      CiNii Article

      researchmap

    • スイミーの「学びに向かう力」を! Invited

      渡辺哲男

      『実践国語研究』40 ( 2 ) 13 - 14   1 2016

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:明治図書  

      researchmap

    • もうひとつの「ごんぎつね」:総括的コメントに代えて Invited

      渡辺哲男

      ごんぎつね 平成26年度実践事例集 共通教材だからこそ可能な新たな活用法 「はがき新聞」の実践現場からのリポート   1 - 1   7 2015

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:公益財団法人 理想教育財団  

      (付記)別刷『実践された先生への助言・アドバイス集』に各学校の実践に対するコメントを執筆(2-7頁)

      researchmap

    • (書評)府川源一郎著『明治初等国語教科書と子ども読み物に関する研究:リテラシー形成メディアの教育文化史』 Invited

      渡辺哲男

      教育学研究82 ( 2 ) 130 - 132   30 6 2015

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   Publisher:日本教育学会  

      researchmap

    • (書評)竹長吉正著『西尾実、この多様にして複雑な存在-表現教育論と教育思想』 Invited

      渡辺哲男

      国語科教育 ( 74 ) 103 - 105   30 9 2013

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   Publisher:全国大学国語教育学会  

      researchmap

    • 国語教科書展:「いろは」から「あいうえお」へ

      渡辺哲男

      『滋賀大学附属図書館教育学部分館情報 図書館だより・きょういく』   1 - 10   7 2012

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:滋賀大学附属図書館教育学部分館  

      researchmap

    • (書評)茅島篤著『国字ローマ字化の研究 改訂版 占領下日本の国内的・国際的要因の解明』 Invited

      渡辺哲男

      教育学研究77 ( 3 ) 286 - 288   30 9 2010

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   Publisher:日本教育学会  

      DOI: 10.11555/kyoiku.77.3_286

      CiNii Article

      researchmap

    • A study on 'language', 'recognition' and 'expression' in Tsutomu Miura

      Forum on modern education ( 16 ) 137 - 142   2007

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    ▼display all

    Books and Other Publications

    • 教育哲学事典

      教育哲学会編( Role: Contributor ,  「ソシュール」(368−369頁))

      丸善  7 2023  ( ISBN:9784621308219

      More details

      Total pages:xxii, 640p   Language:Japanese

      CiNii Books

      researchmap

    • ポップカルチャーの教育思想:アカデミック・ファンが読み解く現代社会 Peer-reviewed

      渡辺哲男, 田中智輝, 間篠剛留, 小山裕樹, 村松灯, 古仲素子, 山本一生( Role: Edit ,  「はしがき:少年の日のLEDの思い出)」(ⅰ-ⅴ頁)「「なさそう」が「ありそう」になる世界から見通せること:「グフ」における宇宙世紀とプラモデルの相互連関に着目して」(19-39頁)、「「マイナス宇宙」における父子の戦いと「ネズミ」が姉を糾弾する場面について:『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』と『人間蒸発』」(144-163頁)、「あとがき:中年の日のオンライン授業の思い出」(165-171頁))

      晃洋書房  28 2 2023  ( ISBN:9784771037236

      More details

    • 「プログラミング的思考」と「アート的思考」を統合的に捉えた言語活動の研究(2019〜2021年度 科学研究費補助金・基盤研究(C)研究成果報告書)

      渡辺哲男, 山名淳, 久島玲, 柴山英樹, 勢力尚雅( Role: Edit ,  「はしがき」(ⅰ-ⅲ)、「「プログラミング的思考」が見落とす「論理」と近代化に対する態度:鈴木大拙とその系譜としての志村ふくみをてがかりとして」(1-26)、「あとがきに代えて:本研究続篇の一構想としての「演劇」」(83-85))

      3 2022 

      More details

    • 新たな時代の学びを創る小学校国語科教育研究

      全国大学国語教育学会( Role: Contributor ,  「国語科における問題解決学習」(155-157頁))

      東洋館出版社  16 9 2019  ( ISBN:9784491037660

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 言葉とアートをつなぐ教育思想

      渡辺哲男, 山名淳, 勢力尚雅, 柴山英樹, 森田亜紀, 田中久文( Role: Joint editor ,  「言葉とアートを「つなぐ」ということ」(1-21頁)、「「賭け」からモノローグを積み重ねるコミュニケーションへ:『君の名は。』において、三葉の〈破局の警告〉がなぜ父親を動かしたのかに着目して」(76-99頁))

      晃洋書房  20 4 2019  ( ISBN:9784771031623

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 哲学する道徳:現実世界を捉え直す授業づくりの新提案

      小笠原喜康, 朝倉徹, 柴山英樹, 前田善仁, 渡辺哲男, 臼杵龍児( Role: Contributor ,  「動物とロボット、人間とロボットの境界を考える授業:動物やロボットに意思を投影することに着目して」(110-135頁))

      東海大学出版部  20 11 2017  ( ISBN:9784486021438

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 「言語活動の充実」の具体化のための教師教育のあり方についての研究:平成25~27年度 科学研究費補助金・基盤研究(C)研究成果報告書

      渡辺哲男, 柴山英樹, 山名淳, 小笠原喜康, 勢力尚雅( Role: Edit ,  「3年間の共同研究を公開研究会・講演会と学会ラウンドテーブルを中心に振り返る」(1-18頁)、「スイミーにみる『言語活動』をもたらすレトリック的思考」(19-53頁))

      私家版  3 2016 

      More details

      Language:Japanese Book type:Other

      researchmap

    • 国語科授業研究の展開:教師と子どもの協同的授業リフレクション研究

      澤本和子, 授業リフレクション研究会, 神原裕子, 渡辺哲男( Role: Contributor ,  「授業リフレクションを支える知識観と言語の機能:西田哲学を手がかりとして」(56-65頁))

      東洋館出版社  2 2016  ( ISBN:9784491032023

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 書けない子も書けるようになる! コンパクトに書く国語科授業モデル

      森山卓郎, 水戸部修治, 達富洋二, 細川太輔, 渡辺哲男( Role: Contributor ,  「教材としての「新聞」」(40-43頁))

      明治図書  1 2016  ( ISBN:9784182214257

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 教育思想史で読む現代教育

      森田尚人, 森田伸子他( Role: Contributor ,  国語:戦前戦後の言語研究におけるメンタリズムとメカニズム(225-246頁))

      勁草書房  3 2013  ( ISBN:9784326250875

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 言語と教育をめぐる思想史

      森田伸子, 北詰裕子, 上原秀一, 綾井桜子, 小野文生, 柴山英樹, 渡辺哲男( Role: Contributor ,  言語論的転回と言語の教育をめぐる思想:ソシュール言語学の日本への導入と「読む」ことの教育をめぐって(280-335頁))

      勁草書房  1 2013  ( ISBN:9784326250820

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 大学生のための社会科授業実践ノート 増補版

      田部俊充, 池俊介, 志村喬, 深瀬浩三, 田尻信壹他( Role: Contributor ,  新しい機器を使った授業記録の取り方)

      風間書房  15 4 2011  ( ISBN:9784759918632

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 「国語」教育の思想:声と文字の諸相

      渡辺哲男( Role: Sole author)

      勁草書房  9 2010  ( ISBN:9784326250653

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    ▼display all

    Presentations

    • 近代仏教と教育:信仰・修養・教養 Invited

      碧海寿広, 渡辺哲男, 眞壁宏幹

      教育思想史学会第33回大会シンポジウム  17 9 2023 

      More details

      Event date: 16 9 2023 - 17 9 2023

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • 学校における遊びの思想史

      古屋恵太, 渡辺哲男, 清家颯, 西村拓生

      教育思想史学会第33回大会コロキウム  16 9 2023 

      More details

      Event date: 16 9 2023 - 17 9 2023

      Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      researchmap

    • 国語科教育と(教育)哲学:探究的な対話をどう実現するか

      渡辺哲男, 山名淳, 勢力尚雅, 柴山英樹

      全国大学国語教育学会第143回千葉大会ラウンドテーブル  16 10 2022 

      More details

      Event date: 15 10 2022 - 16 10 2022

      Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      researchmap

    • 近代仏教と教育をめぐる学説史的研究Ⅲ

      眞壁宏幹, 田中潤一, マイケル・コンウェイ, 渡辺哲男

      教育思想史学会第32回大会コロキウム  17 9 2022 

      More details

      Event date: 17 9 2022 - 18 9 2022

      Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 国語学習のリアルを問う:教育心理学・教育社会学との対話から

      渡辺哲男, 石本啓一郎, 粕谷圭佑

      全国大学国語教育学会第142回東京大会ラウンドテーブル  29 5 2022 

      More details

      Event date: 28 5 2022 - 29 5 2022

      Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      researchmap

    • ポップカルチャーの教育思想Ⅱ

      渡辺哲男, 小山裕樹, 間篠剛留, 田中智輝, 古仲素子, 村松灯, 山本一生

      教育思想史学会第31回大会コロキウム  12 9 2021 

      More details

      Event date: 6 9 2021 - 12 9 2021

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      researchmap

    • 近代仏教と教育をめぐる学説史的研究Ⅱ

      眞壁宏幹, 渡辺哲男, マイケル・コンウェイ, 深田愛乃, 田中潤一, 山本正身

      教育思想史学会第30回大会 コロキウム  12 9 2020  教育思想史学会

      More details

      Event date: 12 9 2020 - 18 9 2020

      Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      researchmap

    • ポップカルチャーの教育思想

      渡辺哲男, 小山裕樹, 間篠剛留, 田中智輝

      教育思想史学会第29回大会コロキウム  14 9 2019  教育思想史学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      Venue:立教大学池袋キャンパス  

      researchmap

    • 『言葉とアートをつなぐ教育思想』に「霊性」をつないでみる:鈴木大拙から志村ふくみへ Invited

      渡辺哲男

      判断力科研第4回研究会  31 8 2019  判断力養成としての美術教育の歴史的・哲学的・実践的研究(研究代表:小松佳代子)

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:武蔵野大学  

      researchmap

    • 国語科教育と基礎教育学の対話の試み:教育心理学・教育社会学の若手研究者を迎えて

      渡辺哲男, 石本啓一郎, 粕谷圭佑

      全国大学国語教育学会第136回茨城大会ラウンドテーブル  1 6 2019  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:茨城大学  

      researchmap

    • 言葉とアートをつなぐ教育思想:「詩的な言葉」「想像力」「記憶」を手がかりに

      渡辺哲男, 山名淳, 柴山英樹

      教育哲学会第61回大会ラウンドテーブル  7 10 2018  教育哲学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:山梨学院短期大学  

      researchmap

    • 近代仏教と教育をめぐる学説史的研究・序説

      眞壁宏幹, 渡辺哲男, 田中潤一, 山本正身

      教育思想史学会第28回大会コロキウム  8 9 2018  教育思想史学会

      More details

      Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:大阪大学吹田キャンパス  

      researchmap

    • 学び続ける主体を育てる国語の教室

      内丸友之, 山中勇夫, 渡辺哲男

      日本国語教師の会第54回大会パネルディスカッション  5 8 2018 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:宇都宮大学  

      researchmap

    • 哲学対話と国語教育:「問いを立てる」授業の学校現場へのインパクト

      渡辺哲男, 土屋陽介, 関康平, 秋保惠子

      全国大学国語教育学会第134回大阪大会ラウンドテーブル  26 5 2018  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      Venue:大阪教育大学柏原キャンパス  

      researchmap

    • 『君の名は。』において、なぜ三葉の〈破局の警告〉は父親に通じたのか?:コミュニケーションを起ち上げるための国語教育の可能性

      渡辺哲男

      全国大学国語教育学会第133回福山大会自由研究発表  4 11 2017  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:福山市立大学  

      researchmap

    • 作品の時代背景としての〈文化〉に着目した国語科教材研究

      渡辺哲男, 渡部裕太, 安尾太一, 秋保惠子

      全国大学国語教育学会第131回東京大会ラウンドテーブル  16 10 2016  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:白百合女子大学  

      researchmap

    • 戦後教育学を哲学する

      森田伸子, 渡辺哲男, 森田尚人, 山田真由美, 小谷由美, 桑嶋晋平, 藤原敬

      教育哲学会第59回大会ラウンドテーブル  10 10 2016  教育哲学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      Venue:東京大学  

      researchmap

    • 「単元を貫く言語活動」を支える詩的なダイアローグ:「感じ直す」「考え直す」実験的思考のために

      渡辺哲男

      全国大学国語教育学会第130回新潟大会  28 5 2016  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:新潟大学五十嵐キャンパス  

      researchmap

    • 教育活動における言葉とモノ

      今井康雄, 渡辺哲男, 柴山英樹, 小松佳代子, 眞壁宏幹, 森田伸子, 山名淳

      教育哲学会第58回大会ラウンドテーブル  10 10 2015  教育哲学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:奈良女子大学  

      researchmap

    • 「あまちゃん」としてのスイミー・授業実践篇:研究者と現職教師との協働による授業づくり

      渡辺哲男

      全国大学国語教育学会第128回兵庫大会  30 5 2015  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:姫路商工会議所  

      researchmap

    • 1920年代以降の長野県における西田哲学の系譜:島木赤彦と金原省吾を中心として

      渡辺哲男

      教育哲学会第57回大会一般研究発表  13 9 2014  教育哲学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:日本女子大学西生田キャンパス  

      researchmap

    • 「ミュージアム」としての学校/学校としての「ミュージアム」:博物館/美術館の教育哲学?

      渡辺哲男, 山名淳, 柴山英樹

      日本教育学会第73回大会ラウンドテーブル  22 8 2014  日本教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      Venue:九州大学箱崎キャンパス  

      本ラウンドテーブルでは、近年「ミュージアム」における、展示物を介したコミュニケーションの促進、あるいは来館者同士のかかわりによる新しいスタイルの「鑑賞」の導入に学びながら、「言語活動」を誘発する「モノ」の力について検討してみたい。教師は、学校において「モノ」を効果的に配置していく、ある種のキュレーターだともいえるが、教師が「モノ」をいかように配置するのか(いいかえれば、教材研究)、そして、学校において子どもが「モノ」とどのようにかかわるのか(経験するのか)ということを、参加者の皆さんにワークショップに参加していただきながら、ともに考えてみたい。

      researchmap

    • 「あまちゃん」としてのスイミー:「自己と「環境」の相即的関係に着目して

      渡辺哲男

      第126回全国大学国語教育学会名古屋大会自由研究発表  17 5 2014  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:愛知県産業労働センター ウインクあいち  

      researchmap

    • ミュージアムで国語教育:ことばとモノの関係を考える・その1

      渡辺哲男, 牧戸章, 柴山英樹, 大杉稔

      第125回全国大学国語教育学会広島大会ラウンドテーブル  26 10 2013  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:広島大学  

      researchmap

    • ことばの学びが抱えるジレンマ:特別支援学校における句会の試みを通して

      渡辺哲男

      第124回全国大学国語教育学会弘前大会自由研究発表  18 5 2013  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:弘前大学教育学部  

      researchmap

    • 中学生が読む「ごんぎつね」

      牧戸章, 渡辺哲男, 大杉稔, 舟橋秀晃, 柴山英樹

      第123回全国大学国語教育学会富山大会ラウンドテーブル  27 10 2012  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      Venue:富山大学教育学部  

      researchmap

    • 秋田喜三郎における「創作的読方」と「芸術」:フィードラーとの関係を中心に

      渡辺哲男

      第123回全国大学国語教育学会富山大会自由研究発表  27 10 2012  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:富山大学教育学部  

      researchmap

    • 「国語」の創出をめぐる言語学者・国語学者の戦前戦後:「音韻」概念の位相とローマ字問題をてがかりとして

      渡辺哲男

      第122回全国大学国語教育学会筑波大会自由研究発表  26 5 2012  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:筑波大学  

      researchmap

    • 倉澤栄吉における筆者想定法成立の一側面:時枝誠記における「作者の表現行為の追体験」との比較考察をてがかりとして

      渡辺哲男

      滋賀大国文会研究発表会  12 2011  滋賀大国文会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:滋賀大学教育学部  

      researchmap

    • 国語教科書で歴史を哲学する試み:「歴史の物語り論」をてがかりにして

      渡辺哲男

      第121回全国大学国語教育学会高知大会自由研究発表  29 10 2011  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:高知大学  

      researchmap

    • 大学教師が神様になる教科教育法授業の開発:作者以上に作者を知り、〈生きること〉を哲学する

      渡辺哲男

      第120回全国大学国語教育学会京都大会自由研究発表  28 5 2011  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:京都教育大学  

      researchmap

    • 大学教師がイケニエになる教科教育法授業の開発:スパイラルな模擬授業のリフレクションを通して

      渡辺哲男

      第119回全国大学国語教育学会鳴門大会自由研究発表  30 10 2010  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 教育と言語をめぐる思想史

      上原秀一, 綾井桜子, 柴山英樹, 渡辺哲男

      第20回教育思想史学会大会コロキウム  19 9 2010  教育思想史学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      Venue:日本大学文理学部  

      報告者の一人として、「「作者以上に作者を知る」ための二つの「読み」:ソシュール言語学がもたらした「文体論」と「文章論」」を報告。

      researchmap

    • デジタルとアナログのあいだで言語感覚を養う:「国語科概論」における言語パフォーマンス発表会のケーススタディ

      渡辺哲男, 澤本和子

      第117回全国大学国語教育学会愛媛大会自由研究発表  17 10 2009  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:愛媛大学  

      researchmap

    • 「直接法」はなぜ形骸化したのか?:山口喜一郎における事物主義の問題

      渡辺哲男

      第116回全国大学国語教育学会秋田大会自由研究発表  30 5 2009  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:秋田大学  

      researchmap

    • 小林英夫における「言語活動」概念の誕生 : 1930年代におけるソシュール言語学の導入とその流通をめぐって

      渡辺哲男

      第112回全国大学国語教育学会宇都宮大会自由研究発表  26 5 2007  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:宇都宮大学  

      researchmap

    • 文字の〈拡張〉:文字と教育をめぐる思想史pt.2

      杉本卓, 柴山英樹, 渡辺哲男

      第16回教育思想史学会コロキウム  17 9 2006  教育思想史学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      Venue:日本女子大学目白キャンパス  

      researchmap

    • 時枝誠記における言語過程説成立の一側面 : 父・時枝誠之のNeo Japanismとの関わりを中心に

      渡辺哲男

      第110回全国大学国語教育学会岩手大会自由研究発表  27 5 2006  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:岩手大学  

      researchmap

    • 西尾実における言語活動主義の展開過程 : 山口喜一郎との邂逅前後を中心に

      渡辺哲男

      第106回全国大学国語教育学会千葉大会自由研究発表  29 5 2004  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:千葉大学  

      researchmap

    • 西尾実における言語活動主義への転換 : 1930年代における言語・生活・教育

      渡辺哲男

      第105回全国大学国語教育学会沖縄大会自由研究発表  11 10 2003  全国大学国語教育学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:沖縄県女性総合センター「てぃるる」・沖縄県自治研修所  

      researchmap

    • 文字と教育の思想史

      北詰裕子, 柴山英樹, 柏木敦, 渡辺哲男

      第13回教育思想史学会コロキウム  27 9 2003  教育思想史学会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      Venue:目白大学  

      researchmap

    ▼display all

    Professional Memberships

    ▼display all

    Research Projects

    • 探究的な対話を実現するための「言葉のティンカリング」に関する理論的・実践的研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      渡辺哲男, 山名淳, 勢力尚雅, 柴山英樹

      More details

      4 2023 - 3 2026

      Grant number:23K02348

      Authorship:Principal investigator 

      Grant amount:\4680000 ( Direct Cost: \3600000 、 Indirect Cost:\1080000 )

      researchmap

    • A historical and practical historical consideration of education and modern Buddhism centered on the Taisho and early Showa eras

      More details

      4 2022 - 3 2025

      Grant number:22H00970

      Authorship:Coinvestigator(s) 

      Grant amount:\10010000 ( Direct Cost: \7700000 、 Indirect Cost:\2310000 )

      researchmap

    • 「プログラミング的思考」と「アート的思考」を統合的に捉えた言語活動の研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      渡辺哲男, 山名淳, 勢力尚雅, 柴山英樹

      More details

      4 2019 - 3 2022

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      researchmap

    • 「単元を貫く言語活動」を支える言語観と授業づくりに関する研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      渡辺哲男, 山名淳, 勢力尚雅, 柴山英樹

      More details

      4 2016 - 3 2019

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      researchmap

    • 「言語活動の充実」の具体化のための教師教育のあり方についての研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      渡辺哲男, 牧戸章, 山名淳, 柴山英樹

      More details

      4 2013 - 3 2016

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      researchmap

    • 「国語」教育の思想

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      渡辺哲男

      More details

      4 2010

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      1930-50年代の国語学、言語学と国語教育論の影響関係をめぐる思想史的研究。本公開促進費の助成により、2010年9月に『「国語」教育の思想:声と文字の諸相』(勁草書房)を刊行した。

      researchmap

    ▼display all

    Social Contribution

    • 2019年度明治大学教員免許状更新講習

      8 2019

      More details

      選択科目・授業改革の視点と方法の「国語」を担当。「いま,教室で文学を読むことの意味―「空中ブランコ乗りのキキ」をケースとして―」

      researchmap

    • 2018年度明治大学教員免許状更新講習

      8 2018

      More details

      選択科目・授業改革の視点と方法の「国語」を担当。「作品の時代背景としての〈文化〉に着目した国語科教材研究―井上ひさし「握手」を事例として―」

      researchmap

    • 東京都立九段中等教育学校における出前授業

      3 2018

      More details

      「『君の名は。』にみる、3.11後の「警告の教育学」――三葉はどのように父親に未来の破局を伝えたのか?」というタイトルで4年次生徒に授業を行った。

      researchmap

    • 2017年度明治大学教員免許状更新講習

      8 2017

      More details

      選択科目・授業改革の視点と方法の「国語」を担当。「作品の時代背景としての〈文化〉に着目した国語科教材研究―井上ひさし「握手」を事例として―」

      researchmap

    • 第7回JWU川崎教職の会講演会講師

      9 2016

      More details

      日本女子大学教育学科出身の現職教員、日本女子大の教員経験者を対象に「AKB48の「卒業」にみる秋元康の教育思想:学習者の主体性、個人と共同体の相互作用をめぐって」と題した講演を行った(於・一般財団法人川崎市立学校教職員互助会 会館とどろき)

      researchmap

    • 滋賀県教育委員会「言語活動スタートアップ事業」に係る研究会講師

      9 2014 - 1 2015

      More details

      標記の研究課題について、滋賀県教育委員会からの依頼を受け、2014年9月より全児童にタブレットPCが提供されている滋賀県草津市の笠縫小学校において、「言語活動の充実」に資するタブレットPCの活用について、公開授業の参観、指導講話、演習を実施する。

      researchmap

    • 滋賀県学校改善アクションプラン推進協議会 授業改善・調査部会(国語部会)専門委員

      6 2012 - 3 2013

      More details

    • 滋賀県総合教育センター 平成24年度「国語科教育に関する研究Ⅱ」トータルアドバイザー

      6 2012 - 3 2013

      More details

    • 守山市教育研究所 平成24年度「指導力向上に関する研究」指導講師

      5 2012 - 3 2013

      More details

    • 滋賀県小学校教育研究会国語部会顧問

      4 2010 - 3 2013

      More details

    • 滋賀県中学校教育研究会国語部会顧問

      4 2010 - 3 2013

      More details

    • 滋賀県立安曇川高等学校 1・2年普通科進路講座

      1 2013

      More details

      当日開講された三つの大学教員による講座の一つ「『生きること』を哲学する国語の授業」を担当。

      researchmap

    • 平成24年度 滋賀大学教育学部高大連携事業連続講座

      12 2012

      More details

      2012年12月8日、滋賀県内の高校生を対象に行われた連続講座「滋賀大学教育学部で何を学ぶか:どんなことができるの?どんなことをしているの?」第4回「もう一度読む『ごんぎつね』」を担当

      researchmap

    • 滋賀県学校改善アクションプラン推進協議会・国語調査部会専門委員

      4 2010 - 3 2011

      More details

    ▼display all