Updated on 2024/01/16

写真b

 
ABE Yoshihiko
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Arts Department of Christian Studies
Graduate School of Christian Studies Master's Program in Christian Studies
Graduate School of Christian Studies Doctoral Program in Christian Studies
Title*
Professor
Degree
博士(哲学) ( 上智大学 )
Research Theme*
  • 中世ヨーロッパのキリスト教思想史を専門とし、キリスト教史・教会史も研究している。これまでは、特に、13-14世紀のドイツ神秘思想の研究に取り組んできた。現在は、さらに研究を深め、ドイツ神秘思想以前と以後の時代、つまり、4世紀の教父(アウグスティヌスなど)から16世紀の宗教改革前後(ルターなど)に及ぶ、中世から近世のキリスト教を、神学者、哲学者だけでなく、民衆・一般信徒、女性たちの信仰理解を視野に入れ、解明したいと思っている。また、中世から近世のキリスト教思想、キリスト教的著作が、いま、現代を生きるわたしたちの自己理解、人間理解に、どのような意義を持つのか、哲学的人間学の視点から考えている。

  • Research Interests
  • マイスター・エックハルト

  • ミシェル・アンリ

  • 哲学的人間学

  • 中世ドイツ神秘思想

  • 神秘思想

  • キリスト教

  • Campus Career*
    • 4 2021 - Present 
      College of Arts   Department of Christian Studies   Professor
    • 4 2021 - Present 
      Graduate School of Christian Studies   Master's Program in Christian Studies   Professor
    • 4 2021 - Present 
      Graduate School of Christian Studies   Doctoral Program in Christian Studies   Professor
    • 4 2014 - 3 2021 
      College of Arts   Department of Christian Studies   Associate Professor
    • 4 2015 - 3 2021 
      Graduate School of Christian Studies   Master's Program in Christian Studies   Associate Professor
    • 4 2014 - 3 2021 
      Graduate School of Christian Studies   Doctoral Program in Christian Studies   Associate Professor
    • 4 2014 - 9 2014 
      Graduate School of Christian Studies   Master's Program in Christian Studies   Associate Professor

    ▼display all

     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Philosophy and ethics

    Papers

    • エックハルトとアンリ ──例外的な思想家とその例外的な理解者── Invited

      阿部善彦

      ミシェル・アンリ研究 ( 12 ) 1 - 14   10 2022

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    • Incorporatur Christo: Unio as the Eucharistic and Incarnational Transformation in Meister Eckhart Invited Peer-reviewed

      Yoshihiko ABE

      Theologische Quartalschrift201 ( 2 ) 202 - 217   6 2021

      More details

      Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Yoshihiko YOSHIMITSU and Christian Mysticism Study in Japan: Beyond East and West Peer-reviewed

      Yoshihiko ABE

        ( 24 ) 16 - 51   3 2020

      More details

    • エックハルトにおける女性的なるもの Invited

      阿部 善彦

      カトリック文化 = Καθολικοσ = Promovere incrementum culturae catholicae : an international journal of the Centre for the Study of Christian Culture ( 11 ) 27 - 55   3 2018

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • A Reconsideration of De pace fidei : Nicolaus Cusanus Among Cardinals of 1400s

      阿部 善彦

      中央大学文学部紀要 = Journal of the Faculty of Literature, Chuo University ( 272 ) 83 - 105   3 2018

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • ジョン・コレットのディオニュシオス・アレオパギテース受容―宗教改革前のイングランド教会史についての小論―

      阿部 善彦

      『RICM MUSICA SACRA 立教大学教会音楽研究所紀要』第6巻、2018年、59-65頁   2018

      More details

    • 玉座から人間へ―キリスト教信仰の歴史についての小論―

      阿部 善彦

      RICM MUSICA SACRA 立教大学教会音楽研究所紀要』第6巻、2018年、53-58頁   2018

      More details

    • 中世キリスト教哲学という問題―その哲学的位置づけをめぐって― Peer-reviewed

      阿部 善彦

      『国士舘哲学』第22号、国士舘大学哲学会、2018年、51-74頁   2018

      More details

    • Mystik as Lorelei Illusion : On Reading Meister Eckhart by Rosenberg, Nanbara, Nishitani

      阿部 善彦

      中央大学文学部紀要 = Journal of the Faculty of Literature, Chuo University ( 267 ) 105 - 135   2 2017

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • Is Poverty Renunciation of Property? : Meister Eckhart's German Sermon 74 Invited

      阿部 善彦

      西洋中世研究 ( 9 ) 8 - 26   2017

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • Theosis in Nicolaus Cusanus Invited

      阿部 善彦

      中世思想研究 ( 59 ) 149 - 157   2017

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • Why does the quest for Wisdom begin with Idiot? : An analysis of Nicolaus Cusanus' Idiota de sapientia

      阿部 善彦

      国士館哲学 ( 20 ) 64 - 87   3 2016

      More details

      Language:Japanese  

      『弁明』の引用 : プラトン『ソクラテスの弁明』納富信留訳、光文社古典新訳文庫、2014年クザーヌスの著作 : Idiota de sapientia; de mente; de staticis experimentis, ed. By R. Steiger, Opera omnia, V, Hamburg, 1983クザーヌスの著作 (近代語訳) : Nikolaus von Kues, Idiota de sapientia. Der Laie ?ber die Weisheit, ed. tr., by Renate Steiger, Felix Meier, Hamburg, 1988, (Steiger 1988)クザーヌスの著作 (ラテン語からの訳出) : 『知恵に関する無学者の対話』小山宙丸訳、『中世思想原典集成第17巻中世末期の神秘思想』上智大学中世思想研究所編訳、平凡社、1992年

      CiNii Article

      researchmap

    • "unum" by Meister Eckhart : "unum, ut iam saepe dictum est, appropriatur patri" (In Io, n. 549) Peer-reviewed

      阿部 善彦

      パトリスティカ : 教父研究 = Patristica : proceedings of the colloquia of the Japanese Society for Patristic Studies ( 20 ) 87 - 104   2016

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • 人はなぜ歌うのか―ヴォーカロイドが歌う時代の音楽の人間学 Invited

      阿部 善彦

      『RICM MUSICA SACRA 立教大学教会音楽研究所紀要』第4巻、2015年3月、45-56頁   2015

      More details

    • The Dynamism of the birth of God in the Soul : from the perspectives of wider ingebern in the Meister Eckhart's German Sermon 1 Peer-reviewed

      阿部 善彦

      日本カトリック神学会誌 ( 26 ) 85 - 111   2015

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • septem stellae lucidae : Image of Cusanus in the view from Sermo 176 Peer-reviewed

      阿部 善彦

      キリスト教学 ( 57 ) 25 - 51   2015

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • Christian monastic tradition and creative refrain : On the Collatio which gives birth to Discourses of Instruction of Meister Eckhart

      阿部 善彦

      星美学園短期大学研究論叢 ( 46 ) 1 - 24   3 2014

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • A Japanese Translation of Dietrich of Freiberg, Tractatus de Intellectu et Intelligibili(Part 1) Peer-reviewed

      阿部 善彦

      国士館哲学 ( 18 ) 121 - 146   3 2014

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • Contingency and Necessity in European Christian thoughts : Narratological perspectives of Conversion and Encounter in Confessional writings Invited

      阿部 善彦

      国士館哲学 ( 18 ) 37 - 55   3 2014

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • The Symbol of Mountain in the Mystical Thought of Nicolaus Cusanus : Transfiguration in Mount Tabor in Sermo 176

      Abe Yoshihiko

      上智哲学誌 ( 26 ) 15 - 21   2014

      More details

      Language:English   Publisher:上智哲学誌編集委員会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 『マイスター・エックハルトの霊的姉妹カトライ』――研究と試訳

      阿部 善彦

      エクフラシス別冊1   71 - 93   2014

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • Pseudo-Eckhartian texts and women's spirituality : Searching for the Eckhart-reception in mediaeval and early modern Christian thoughts Peer-reviewed

      阿部 善彦

      日本カトリック神学会誌 = Bulletin of the Japan Society of Catholic Theology ( 25 ) 135 - 163   2014

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • Narrative in Confessions : from the perspective of begin and end, life and death Peer-reviewed

      阿部 善彦

      キリスト教学 ( 56 ) 1 - 20   2014

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • Educational Philosophy of Nicolaus Cusanus : between Renaissance and Devotio Moderna Peer-reviewed

      阿部 善彦

      カトリック教育研究 ( 31 ) 13 - 28   2014

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • 西谷啓治の『神と絶対無』におけるエックハルト研究について : 問題点の批判的検討の試み

      阿部 善彦

      思想史研究 ( 17 ) 92 - 103   4 2013

      More details

      Language:Japanese   Publisher:日本思想史・思想論研究会  

      CiNii Article

      researchmap

    • The Meaning of Death in German Mysticism : Reading Mystical Visions of Suso

      Abe Yoshihiko

      上智哲学誌 ( 25 ) 5 - 12   2013

      More details

      Language:English   Publisher:上智哲学誌編集委員会  

      CiNii Article

      researchmap

    • The Great Significance of Pseudo-Eckhartian Texts in Eckhart Study Peer-reviewed

      阿部 善彦

      日本カトリック神学会誌 = Bulletin of the Japan Society of Catholic Theology ( 24 ) 87 - 106   2013

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • Formation of Eckhart's Thought and Mystical Theology of Dionysius the Areopagite : Where the Thought of 〈the Birth of God in the Soul〉 meets 〈Darkness〉 Peer-reviewed

      阿部 善彦

      中世思想研究 ( 55 ) 30 - 47   2013

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • 「息」の宗教的人間学 : 心身二元論的人間観を超えた身体論的宗教学の可能性に向けて Peer-reviewed

      阿部 善彦

      上智大学短期大学部紀要 = Sophia University Junior College Division faculty journal ( 33 ) 47 - 59   2013

      More details

      Language:Japanese   Publisher:上智大学短期大学部  

      CiNii Article

      researchmap

    • Christian theory of spiritual exercise in Talk of Instruction of Meister Eckhart : Tension between 〈Example〉 and variety of 〈Individual〉

      阿部 善彦

      星美学園短期大学研究論叢 ( 44 ) 25 - 53   3 2012

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • ドイツ神秘思想と近世キリスト教―「エックハルト像」の変遷をたどって― Peer-reviewed

      阿部 善彦

      日本カトリック神学会誌 ( 23 ) 61 - 84   2012

      More details

    • Eckhart-Reception by Heinrich Seuse : Deification and Detachment in Life of Servant (c. 6) Peer-reviewed

      阿部 善彦

      フィロソフィア ( 100 ) 53 - 72   2012

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • エックハルトの初期ドイツ語著作『教導講話』における「放念」(gelazenheit) Peer-reviewed

      阿部 善彦

      上智短期大学紀要 ( 32 ) 67 - 77   2012

      More details

      Language:Japanese   Publisher:上智短期大学  

      CiNii Article

      researchmap

    • ハインリッヒ・ゾイゼにおける「マリア」 : 中世後期から近世に至る宗教文芸、民衆霊性の展開および神秘思想と宗教芸術の相互関係性について (第8回研究会) Invited

      阿部 善彦

      星美学園短期大学日伊総合研究所報 ( 8 ) 23 - 30   2012

      More details

      Language:Japanese   Publisher:星美学園短期大学日伊総合研究所  

      CiNii Article

      researchmap

    • ドゥンス・スコトゥス『命題集註解』第三巻第三区分第一問(マリアの無原罪の宿りについて)共訳 福田淑子・村上寛 Peer-reviewed

      阿部 善彦

      ロザリウム・ミュスティクム1   7 2011

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • クザーヌスとドイツ神秘思想をむすぶ ―14-15 世紀のフランドル的霊 性を手がかりとした試論 Peer-reviewed

      阿部 善彦

      ロザリウム・ミュスティクム1   7 2011

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • エックハルト研究:初期ドイツ語著作『教導講話』における宗教的生の探究構造

      阿部 善彦

      上智大学   3 2011

      More details

      Publishing type:Doctoral thesis  

      博士学位論文(上智大学)(哲学)

      researchmap

    • 日本におけるドイツ神秘思想研究 : 佐藤繁彦と石原謙の論争

      阿部 善彦

      思想史研究 ( 13 ) 161 - 172   3 2011

      More details

      Language:Japanese   Publisher:日本思想史・思想論研究会  

      CiNii Article

      researchmap

    • Eckhart's talk of instruction and its human image: "trust", "love", "sin", "repentance"

      阿部 善彦

      星美学園短期大学研究論叢 ( 43 ) 13 - 39   3 2011

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • エックハルトの『教導講話』―その成立背景となる修道霊性の伝統について Peer-reviewed

      阿部 善彦

      日本カトリック神学会誌 ( 22 ) 189 - 210   2011

      More details

    • The Image of Mary in Eckhart's German Sermon 86 : A Key to the Essence of German Mysticism (from Eckhart to Tauler and Suso) Peer-reviewed

      ABE Yoshihiko

      Journal of religious studies85 ( 3 ) 645 - 667   2011

      More details

      Language:Japanese   Publisher:Japanese Association for Religious Studies  

      German sermon 86 is one of the most important sermons of Meister Eckhart. This sermon refers to Luke 10: 38-42. In this scene, Martha devotes herself to serve Christ while her younger sister Mary just sits down on the floor and listens to him. The traditional interpretation of this Biblical passge in Western Europe maintains that Martha and Mary represent "vita active" (active life) and "vita contemplative" (contemplative life) respectively. It also argues that contemplative life is superior to active life, and consequently Mary's way of life is better than Martha's. Eckhart, however, interprets vice versa. Most of the Eckhart researchers point out that his interpretation of Luke 10: 38-42 shows his originality. Inevitably, studies of Eckhart have been concentrated on Martha's perfection which Eckhart explains in his sermon, while sufficient attention is not given to Mary. However, Eckhart also argues Mary's perfection, which breaks through the traditional understanding of the Bible. In this research, I would like to clarify the image of Mary in one of Eckhart's most important sermons. From the results of this consideration, I would like to explore the ideal of religious life in German mysticism.

      DOI: 10.20716/rsjars.85.3_645

      CiNii Article

      researchmap

    • 石原謙のエックハルト研究について

      阿部 善彦

      思想史研究 ( 11 ) 100 - 115   3 2010

      More details

      Language:Japanese   Publisher:日本思想史・思想論研究会  

      CiNii Article

      researchmap

    • ドミニコ会教育体制とエックハルト Peer-reviewed

      阿部 善彦

      日本カトリック神学会誌21   127 - 149   2010

      More details

    • 共生学の問題と展望について (第6回[日伊総合研究所]研究会) Invited

      阿部 善彦

      星美学園短期大学日伊総合研究所報 ( 6 ) 41 - 48   2010

      More details

      Language:Japanese   Publisher:星美学園短期大学日伊総合研究所  

      CiNii Article

      researchmap

    • Meister Eckhart and his earliest vernacular work, Talks of instruction (Die rede der underscheidunge)

      阿部 善彦

      Catholic studies ( 79 ) 123 - 159   2010

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • 神にひらかれた人間の内的圏域に関するエックハルトの思想について Peer-reviewed

      阿部 善彦

      『日本カトリック神学会誌』 ( 20 ) 43 - 63   2009

      More details

    • エックハルトの「ドイツ語説教」による共生学的展望へのエチュード--その言葉がひらきむすぶものに向けて (東方ギリシア教父からラテン西方へ) Peer-reviewed

      阿部 善彦

      共生学 ( 1 ) 81 - 115   2009

      More details

      Language:Japanese   Publisher:上智大学共生学研究会  

      CiNii Article

      researchmap

    • Christian human formation in Meister Eckhart Peer-reviewed

      阿部 善彦

      Studies in Catholic education ( 26 ) 27 - 38   2009

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • ドミニコ会士としてのマイスター・エックハルト (特集 中世哲学) Invited

      阿部 善彦

      理想 ( 683 ) 94 - 108   2009

      More details

      Language:Japanese   Publisher:理想社  

      CiNii Article

      researchmap

    • マイスター・エックハルトにおける語ることと聴くことについて Peer-reviewed

      阿部 善彦

      『日本カトリック神学会誌』 ( 19 ) 141 - 158   2008

      More details

    • エックハルトの「ドイツ語説教2」における「城」--弁明資料を通じて示される理解可能性の解明 Peer-reviewed

      阿部 善彦

      中世思想研究 ( 49 ) 114 - 128   2007

      More details

      Language:Japanese   Publisher:中世哲学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • マイスター・エックハルトの時間理解と実践的人間像 Peer-reviewed

      阿部 善彦

      哲学論集 ( 35 ) 101 - 119   2006

      More details

      Language:Japanese   Publisher:上智大学哲学会  

      CiNii Article

      researchmap

    ▼display all

    Misc.

    • 【書評】金子晴勇著『キリスト教思想史の諸時代 Ⅶ 現代思想との対決』(ヨベル社 2023):キリスト教思想史を読み継ぎ・語り継ぐ意義を「人間学」の視点から解明 Invited

      阿部善彦

      本のひろば ( 786 ) 20 - 23   6 2023

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    • 再建・復興の時節に :礼拝に集うわたしたちのうちを流れる時間について Invited

      阿部善彦

      立教大学教会音楽研究所ニューズレター ( 31 ) 9 - 9   5 2023

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    • 吉満義彦と日本のカトリシズムの問題:1937年以降の活動を中心に(前編) Peer-reviewed

      阿部善彦

      キリスト教学 ( 64 ) 27 - 43   12 2022

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    • 賛美歌について、いま、わたしたちは何を再考するのか (特集 賛美歌再考(1)賛美歌とは何か) Invited

      阿部 善彦

      礼拝と音楽 ( 192 ) 16 - 20   2022

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • 研究ノート エックハルトにおける知性的存在者としての人間

      阿部善彦

      キリスト教学 ( 63 ) 41 - 68   12 2021

      More details

    • 書評「金子晴勇著『東西の霊性思想 キリスト教と日本仏教との対話』(ヨベル社)」 Invited

      阿部善彦

      週間読書人   5 11 2021

      More details

    • 文献図書紹介「押田成人著、宮本久雄・石井智恵美編 『押田成人著作選集1-3』 日本キリスト教団出版局、2020 年」

      阿部善彦

      カトリック教育研究 ( 38 ) 77 - 78   8 2021

      More details

    • 文献図書紹介「金子晴勇著 『人文学の学び方: 探究と発見の喜び』 知泉書館、2020 年』

      阿部善彦

      カトリック教育研究 ( 38 ) 76 - 77   8 2021

      More details

    • 書評「金子晴勇著『 キリスト教思想史の諸時代Ⅰ ヨーロッパ精神の源流』(ヨベル社」」 Invited

      阿部善彦

      本のひろば   14 - 15   2 2021

      More details

    • ゾイゼの受難神秘思想における「十字架」の神化思想 : 西方キリスト教的特徴の探求 (第18回シンポジウム) Invited

      阿部 善彦

        ( 49 ) 99 - 109   2021

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • 研究ノート エックハルトの『教導講話』における身体性について

      阿部 善彦

      キリスト教学62   87 - 116   2020

      More details

    • 書評 『エックハルト〈と〉ドイツ神秘思想の開基―マイスター・ディートリッヒからマイスター・エックハルトへ』長町裕司著 春秋社 Invited

      阿部 善彦

      宗教哲学研究 ( 36 ) 102 - 106   5 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

      researchmap

    • 書評 『古代ギリシア教父の霊性』 久松英二著、教文館 Invited

      阿部 善彦

      本のひろば   14 - 15   5 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

      researchmap

    • 講演要旨 ルターにおける自由の問題 Invited

      阿部 善彦

      新キェルケゴール研究 ( 17 ) 55 - 63   3 2019

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • マイスター・エックハルト『パリ討論集』第六番の翻訳と考察 Peer-reviewed

      阿部 善彦

      国士舘哲学 ( 23 ) 41 - 59   3 2019

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • 書評:土井健司ほか著『一冊でわかるキリスト教史』(教文館) Invited

      阿部 善彦

      『本のひろば』 ( 731 ) 22 - 23   11 2018

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

      researchmap

    • 文献紹介:根占献一著『イタリアルネサンスとアジア日本』(知泉書館) Invited Peer-reviewed

      阿部 善彦

      『カトリック教育研究』 ( 35 ) 56 - 57   10 2018

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

      researchmap

    • 書評:John Arblaster and Rob Faesen (eds.), Mystical Anthropology: Authors from the Low Countries, (Contemporary Theological Explorations in Mysticism), Routledge; New York, 2017, pp. xi+191

      阿部 善彦

      中世思想研究 ( 60 ) 134 - 139   9 2018

      More details

    • 特別講演会 クザーヌスにおける神化思想 (研究発表会・特別講演会 要旨) Invited

      阿部 善彦

      フィロソフィア ( 105 ) 171 - 175   2017

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • 新刊紹介:Ian Christopher LEVY, Rita GEORGE-TVRTKOVIĆ & Donald F. DUCLOW (eds.), Nicholas of Cusa and Islam: Polemic and Dialogue in the Late Middle Ages, Leiden, Brill, 2014, 256p., €127,00

      阿部 善彦

      『西洋中世研究』第9号、2017年、265頁   2017

      More details

    • 新刊紹介:Marco BRÖSCH, Walter Andreas EULER, Alexandra GLEISSLER & Viki RANFF (eds.), Handbuch: Nikolaus von Kues. Leben und Werk, Darmstadt, Wissenschaftliche Buchgesellschaft, 2014, 448p., €79,95

      阿部 善彦

      『西洋中世研究』第9号、2017年、246頁   2017

      More details

    • 文献紹介:荻野弘之・桑原直已著『西洋哲学の起源』(放送大学教育振興会 2016) Invited

      阿部 善彦

      『カトリック教育研究』第34号、2017年、77-78頁   2017

      More details

    • Panel Discussion with Former Faculty Members : "Quo vadis, Christian Studies?" Invited

      関 正勝, 小河 陽, 阿部 善彦, ミラ ゾンターク, 金井 美彦

      キリスト教学 = Christian studies ( 58 ) 40 - 74   2016

      More details

      Language:Japanese  

      CiNii Article

      researchmap

    • 新刊紹介:Satoshi KIKUCHI, From Eckhart to Ruusbroec: a critical inheritance of mystical themes in the fourteenth century [Mediaevalia lovaniensia, series I, studia XLIV], Leuven, Leuven University Press, 2014, 312p., € 49,50.

      阿部 善彦

      西洋中世研究 ( 8 ) 273 - 273   2016

      More details

    • 礼拝になぜ音楽が必要か―キリスト教の美学と人間学の視点から―(講演要旨)

      阿部 善彦

      立教大学教会音楽研究所ニューズレター 26号 pp. 1, 5-6   2016

      More details

    • Mediaeval Female Spirituality in the Pseudo-Eckhartian Text Sister Catherine(Section 2,THE PROCEEDINGS OF THE SEVENTY-THIRD ANNUAL CONVENTION OF THE JAPANESE ASSOCIATION FOR RELIGIOUS STUDIES)

      ABE Yoshihiko

      Journal of religious studies88 ( 0 ) 202 - 203   2015

      More details

      Language:Japanese   Publisher:Japanese Association for Religious Studies  

      DOI: 10.20716/rsjars.88.Suppl_202

      CiNii Article

      researchmap

    • 書評:久米博訳『愛と正義』ポール・リクール著、新教出版社 Invited

      阿部 善彦

      本のひろば   1 2015

      More details

    • マイスター・エックハルトと有村哲史君の思い出(出会い・本・人:エッセイ)) Invited

      阿部 善彦

      本のひろば   10 2014

      More details

    • 解説「ドゥンス・スコトゥス『命題集註解』第三巻第三区分第一問( マリアの無原罪の宿りについて)」

      阿部 善彦

      『ロザリウム・ミュスティクム:女性神秘思想研究』第1号、女性神秘思想研究会、共著(福田淑子と共著、担当115-117頁)、105-119頁   7 2013

      More details

    • ベネディクト会士の識別(discretio)について

      Walter P.Hermenegild, 共訳, 阿部 善彦, 朝倉 文市

      キリスト教文化研究所年報 ( 31 ) 123 - 147   3 2009

      More details

      Language:Japanese   Publisher:ノートルダム清心女子大学キリスト教文化研究所  

      CiNii Article

      researchmap

    • Rethinking grunt as Openness in Meister Eckhart(Zum Begriff vom Seelengrund bei Eckhart, Tauler und Ruusbruec,Panels,THE PROCEEDINGS OF THE SIXTY-SEVENTH ANNUAL CONVENTION OF THE JAPANESE ASSOCIATION FOR RELIGIOUS STUDIES)

      ABE Yoshihiko

      Journal of religious studies82 ( 4 ) 1034 - 1035   2009

      More details

      Language:Japanese   Publisher:Japanese Association for Religious Studies  

      DOI: 10.20716/rsjars.82.4_1034

      CiNii Article

      researchmap

    • The Practical Human Image of Meister Eckhart and Its Theoretical Ground(Section 3)

      ABE Yoshihiko

      Journal of religious studies80 ( 4 ) 1069 - 1071   2007

      More details

      Language:Japanese   Publisher:Japanese Association for Religious Studies  

      DOI: 10.20716/rsjars.80.4_1069

      CiNii Article

      researchmap

    ▼display all

    Books and Other Publications

    • ひびきあう日本文化と福音 ─三者三様のおもい─

      阿部仲麻呂, 諏訪勝郎, 髙橋勝幸, 阿部善彦( Role: Joint author ,  「解説」(519-528頁))

      教友社  3 2023  ( ISBN:9784907991852

      More details

    • 西方キリスト教の女性:その霊的伝承と雅歌の伝統(シリーズ教父と相生5)

      袴田玲, 村上寛, 坂田奈々絵, 阿部善彦, 鶴岡賀雄, 寒野康太, 宮本久雄( Role: Joint author ,  ことばが宿るとき:エックハルトと女性霊性の生と言葉をめぐる試論 (61-115頁))

      教友社  3 2023  ( ISBN:9784907991913

      More details

    • ミシェル・アンリ読本

      編著 川瀬, 雅也, 米虫, 正巳, 村松, 正隆, 伊原木, 大祐( Role: Joint author ,  II-1 「アンリとドイツ神秘主義」)

      法政大学出版局  8 2022  ( ISBN:9784588151279

      More details

      Total pages:xvii, 323, 9p   Language:Japanese

      CiNii Books

      researchmap

    • キリスト教文化事典 = Encyclopedia of Christian culture

      キリスト教文化事典編集委員会( Role: Joint author ,  「女性の神秘家たち」(第二部「キリスト教と文化」第三章「文学編」2「ヨーロッパ中世の文学とキリスト教」))

      丸善出版  8 2022  ( ISBN:9784621307151

      More details

      Total pages:xxii, 757p, 図版 [4] p   Language:Japanese

      CiNii Books

      researchmap

    • キリスト教神学命題集: ユスティノスからJ.コーンまで

      土井 健司, 村上 みか, 芦名 定道, 島田 由紀( Role: Joint author ,  「13 ドイツ神秘主義(マイスター・エックハルト)」(64-67) 「 14 神の全能性(オッカムのウィリアム)」(68-71))

      日本基督教団出版局  3 2022  ( ISBN:9784818411043

      More details

    • 古代キリスト教の女性―その霊的伝承と多様性 (シリーズ教父と相生4)

      宮本久雄, 山田順, 足立広明, 山田望, 阿部善彦, 鶴岡賀雄( Role: Joint author ,  西方キリスト教世界における女性霊性についての試論 179-202)

      教友社  3 2022  ( ISBN:9784907991814

      More details

    • ドイツ哲学入門(編集中)

      ( Role: Joint author ,  ドイツ神秘主義(入稿済))

      ミネルヴァ書房  2022 

      More details

    • キリスト教大事典(編集中)

      ( Role: Joint author ,  エックハルト、タウラー、ゾイゼ、神の友、離脱、クザーヌス、エリウゲナ、ステラのイサク、ヨハネス・ブッシュ、バルトロメオ・フェルナンデス、(入稿済))

      教文館  2022 

      More details

    • 光とカタチ ─中世における美と知恵の相生─(シリーズ 教父と相生3)

      宮本久雄、樋笠勝士、坂田奈々絵、阿部善彦、鐸木道剛、金沢百枝( Role: Joint author ,  キリストの光とかたち-教父たちの「受肉の文法」とエックハルトの「離脱」-(86-108頁))

      教友社  3 2020 

      More details

    • Contribution of Women to Con-viviality: In/Ad Spiration to Convivials

      Abe Yoshihiko( Role: Joint author)

      Kyoyusha  3 2019  ( ISBN:9784907991531

      More details

      Responsible for pages:172-197  

      researchmap

    • 生命 (いのち) の倫理と宗教的霊性

      海老原 晴香, 長町 裕司, 森 裕子( Role: Joint author ,  第五章 アシジのフランシスコとマイスター・エックハルトにおける「貧しさ」/第七章 エックハルトにおけるペルソナ性と非ペルソナ性)

      ぷねうま舎  2018  ( ISBN:9784906791781

      More details

      Language:Japanese

      CiNii Books

      researchmap

    • テオーシス : 東方・西方教会における人間神化思想の伝統

      田島 照久, 阿部 善彦( Role: Joint editor ,  序章 東西キリスト教における神化思想 /第一五章 ゾイゼの神化思想――西方キリスト教におけるキリスト中心的霊性 /第一七章 クザーヌスの神化思想――神と被造物を隔てる二分法的限界と人間の完全性)

      教友社  2018  ( ISBN:9784907991401

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      CiNii Books

      researchmap

    • Commitments to Medieval mysticism within contemporary contexts

      Cooper Patrick, Kikuchi Satosi( Role: Joint author)

      Peeters  2017  ( ISBN:9789042934474

      More details

      Language:English

      CiNii Books

      researchmap

    • 東洋と哲学・哲学の創始者たち・キリスト教と哲学

      Merleau-Ponty Maurice( Role: Contributor ,  第三部「キリスト教と哲学」についての解説 408-417頁)

      白水社  2017  ( ISBN:9784560093115

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      https://www.hakusuisha.co.jp/book/b288156.html ブッダ、荘子、ソクラテス、トマス・アクィナス、クザーヌス……古代、中世、ルネサンスに活躍した哲学者たち200名超を立項解説。 著者 モーリス・メルロ=ポンティ 編著 加賀野井 秀一 監訳 伊藤 泰雄 監訳 本郷 均 監訳 加國 尚志 監訳

      CiNii Books

      researchmap

    • 明日へ翔ぶ : 人文社会学の新視点 1

      松尾金藏記念奨学基金( Role: Joint author ,  マイスター・エックハルトの生命論 133-152)

      風間書房  2008  ( ISBN:9784759916737

    ▼display all

    Presentations

    • 「若手研究者と語るキリスト教ヒューマニズム」 Invited

      武田なほみ, 石井砂母亜, 阿部善彦, 角田祐一, 原敬子

      《街角のヒューマニズム》教育プログラムの研究と開発(上智大学教育イノベーションプログラム)  27 3 2023 

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • ことばが宿るとき―女性霊性と存在の母層をめぐる試論

      宮本久雄, 袴田玲, 坂田奈々絵, 阿部善彦

      シンポジウム:〈女性〉性をめぐって―初期・中世キリスト教のテクストが披く地平  4 12 2022 

      More details

      Event date: 3 12 2022 - 4 12 2022

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • Did Eckhart and Suso Accentuate the Difference Between God and Godhead? The Pregnant Godhead Conceiving Another Life in Itself Invited

      3 12 2022 

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • 言葉の虚無性と他者の語り部について Invited

      山根息吹, 寒野康太, 阿部善彦, 宮本久雄

      【書評会】 宮本久雄著『言語と証人』(東京大学出版会、2022 年)  15 10 2022 

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • 〈単純な一〉をめぐる問題 ―ゾイゼの『真理の書』における〈神と神性〉を手がかりとして― Invited

      阿部善彦

      「新プラトン主義とドイツ神秘主義」 (第29回新プラトン主義協会大会シンポジウム)  18 9 2022 

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • 吉満義彦とカトリシズムの問題 ―1937 年以降の著述活動を中心に― Invited

      阿部善彦

      日本近代カトリック思想第 2 回研究会(主催:基盤研究 (C)「近代日本思想史におけるカトリック思想の展開とその影響」(21K00097))  23 3 2022 

      More details

    • エックハルトの像論 —受肉による救済の観点から再考する— Invited

      阿部善彦

      科研シンポジウム「ドイツ・ドミニコ会とエックハルト」(主催:基盤研究(B)「ギリシア・アラビア・ラテンにおける新プラトン主義思想の伝播と発展 」(19H01204))  29 1 2022 

      More details

    • 「西方キリスト教世界における女性霊性の特徴を探る ―「女性神秘家」についての試論」

      阿部善彦

      「東方・ギリシャ教父と女性」(連続公開研究会第五回、主催:基盤研究(B)「東方・ギリシア教父と女性ーその歴史的実態と東西キリスト教世界における解釈史」(20H01191))  18 12 2021 

      More details

    • 『パリ・ノートル=ダム大聖堂の伝統と再生』を読む 第一部 神学的観点から見たノートル=ダム Invited

      阿部善彦, 原敬子, 坂田奈々絵

      日本建築学会西洋建築史小委員会西洋建築史の諸問題ラウンドテーブル第5回  4 12 2021 

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • 提題「『現出の本質』でエックハルトが例外的な思想家と評価されていることについて ―39節、49節 を中心に―」 Invited

      阿部善彦

      シンポジウム「『現出の本質』の解明」 (⽇本ミシェル・アンリ哲学会 第⼗三回研究⼤会)  9 10 2021 

      More details

    • キリストの光とかたち―エックハルトを中心にー Invited

      阿部 善彦

      「中世における光とカタチ」  17 11 2019  科研費・基盤研究(B)「古典教父研究の現代的意義―分裂から相生へー」

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      Venue:聖カタリナ大学  

      researchmap

    • 魂における神の誕生における父と子の関係性について Invited International conference

      阿部 善彦

      CISMOR ワークショップ「マイスター・エックハルトにおける形而上学と神秘主義」  24 11 2018  同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      Venue:同志社大学  

      researchmap

    • 人間の尊厳について考える Invited

      阿部 善彦

      シンポジウム 《 生命 の倫理と宗教的霊性 》  10 11 2018  Sophia Open Research Week 講演会 / シンポジウム

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • Unnamed Women and Meister Eckhart: Female Gender Role in the Late Medieval Spirituality Invited International conference

      阿部 善彦

      Women in Christianity: Okayama University  30 10 2018 

      More details

      Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

      researchmap

    • ゾイゼの受難神秘思想における「十字架」の神化思想 Invited

      阿部 善彦

      東方キリスト教学会、シンポジウム「シンポジウム 受肉と神化をめぐって ―自らの問題として問い披く―」  30 8 2018 

      More details

    • ルターにおける聖書と教会-真理、信仰、実存をめぐって- Invited

      阿部 善彦

      キエルケゴール協会、シンポジウム「ルター、キルケゴール、カール・バルトにおける聖書と教会」  1 7 2018 

      More details

    • 吉満義彦から見た日本におけるキリスト教神秘主義研究―東洋的なものと西洋的なものをめぐって― Invited

      阿部 善彦

      宗教哲学フォーラムNo.7  25 3 2018 

      More details

    • キリスト教霊性について考える意味

      阿部 善彦

      上智大学中世思想研究所、シンポジウム・講演会「キリスト教霊性の本質」、【趣旨説明】  19 11 2017 

      More details

    • エックハルトにおける女性の霊性 Invited

      阿部 善彦

      東京純心大学キリスト教文化研究センター、シンポジウム 愛の諸相Part. 2 女性と共生  29 10 2017 

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

      researchmap

    • Reformation再考―一五世紀の教会史的動向から見える課題― Invited

      阿部 善彦

      日本ルター学会、「宗教改革を多角的視点から考える:宗教改革運動を15世紀の教会史の全体動向、エラスムス、メランヒトン、カステリョらの視点から」、日本ルター学会・宗教改革500周年記念大会・シンポジウム  7 10 2017 

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • クザーヌスの神化思想 Invited

      阿部 善彦

      早大哲学会(特別講演)  8 7 2017 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

      researchmap

    • Cardinal Nicholas of Cusa in the Papal Curia after 1453 Invited International conference

      Medieval Papacy:Governance,Communication,Cultural Exchange  18 2 2017 

      More details

      Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • 15世紀ニコラウス・グザーヌスにおける神と人間:<宗教改革直前のヨーロッパのキリスト教思想について> Invited

      阿部 善彦

      21 1 2017  ヨーロッパ中世・ルネッサンス・宗教改革勉強会

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

      researchmap

    • クザーヌスの神化思想──Visio Dei における創造から神化へのダイナミズム── Invited

      阿部 善彦

      中世哲学会《シンポジウム》 論題:東方神化思想と西方神秘思想―西方キリスト教における神秘思想―  13 11 2016 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • 礼拝にはなぜ音楽が必要か-キリスト教の美学と人間学の視点から Invited

      阿部 善彦

      立教大学教会音楽研究所、教会音楽ワークショップ in 立教キャンパス  1 8 2015 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

      researchmap

    • Warum Idiota? - Die Rolle des Idiota im Oefnungsteil des Dialogs Idiota de sapientia Invited

      Die Thematik der Weisheit in den Idiota-Schriften des Nikolaus von Kues:Internationale Cusanus - Tagung 2015, Katholisch-Theologische Fakultaet Lehrstuhl fuer Fundamentaltheologie/Religionsphilosophie  6 7 2015 

      More details

    • エックハルトとアシジのフランシスコ――「ドイツ語説教 74」における所有と Invited

      西洋中世学会第7回大会シンポジウム、「托鉢修道会――中世後期の信仰世界――」  14 6 2015 

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • Das Symbol des Berges im mystischen Denken des Nicolaus Cusanus Invited

      Cusanus Symposium: Zur astronomischen Theologie des Nikolaus von Kues Zu Ehren von Satoshi Oide, Veranstaltet von der japanischen Cusanus Gesellschaft und der Kueser Akademie fuer Europaesche Geistesgeschichte an der Cusanus Hochschule i.G., 20. November  20 11 2014 

      More details

    • 偽エックハルト文書『姉妹カトライ』における女性の霊性について

      日本宗教学会  14 9 2014 

      More details

    • エックハルトにおけるキリスト論―「ドイツ語説教1」を中心に―

      日本キリスト教学会  10 9 2014 

      More details

    • 人はなぜ歌うのか―教会音楽を演奏する意味を人間の宗教的本性の視点からふりかえる― Invited

      立教大学教会音楽研究所、教会音楽ワークショップ in 立教キャンパス  2 8 2014 

      More details

    • アウグスティヌスの『告白』の物語り性について ― はじめとおわり、生と死の視点からの考察 ― Invited

      立教大学大学院キリスト教学研究科主催公開講演会  31 5 2014 

      More details

    • 西欧キリスト教思想における「偶然」と「必然」―「告白」的文学における「回心」、「出会い」の物語り性の視点から― Invited

      国士館大学哲学会 シンポジウム  14 12 2013 

      More details

    • The Symbol of Mountain in the Mystical Thought of Nicolaus Cusanus Invited

      First Cusanus International Symposium in Latin America of Young Researchers: The symbolic dimension of Nicholas of Cusa's thought. Its Genealogy and Projection, October 30 November 2 2013, Buenos Aires / Argentina, Biblioteca Nacional  31 10 2013 

      More details

    • ニコラウス・クザーヌスの教育思想―ルネサンスとデヴォチオ・モデルナ、フランドル霊性の接点―

      カトリック教育学会  13 8 2013 

      More details

    • クザーヌスはどのようにドイツ神秘思想と接触したか―近世ドイツ、フランドルにおけるドイツ神秘思想受容史を手がかりに―

      日本クザーヌス学会  22 12 2012 

      More details

    • エックハルトの初期思想形成における擬ディオニシオス・アレオパギテース―『教導講話』から「ドイツ語説教101-104」(魂における神の誕生に関する連続説教)を中心に―

      中世哲学会  10 11 2012 

      More details

    • The meaning of death in German mysticism Invited

      Symposium: Beyond the Mysticism, coorganized by University of Vienna, Pro Oriente and Sophia University, September 10, 2012, Pro Oriente office, Vienna (Austria).  10 9 2012 

      More details

    • Hearing the Voice from the Beyond: Reading mystical text of Suso in Japan today Invited

      Commitments to Medieval Mystical Texts within Contemporary Contexts, Catholic University of Leuven  8 9 2012 

      More details

    • ドイツ神秘思想の思想史的意義をどのように評価すべきか

      上智哲学会  24 6 2012 

      More details

    • 中世ヨーロッパのマリア論―宗教文芸および民衆霊性の観点から Invited

      星美学園短期大学日伊総合研究所 第8回研究会  27 2 2012 

      More details

    • Sapientia convivendi in Life of Suso ? Narratological Perspective of German Mystical Thought on the Horizon of Love and Reconciliation

      8th International Whitehead Conference [IWC8]. Eco-Sophia Symposium 2011, Sophia University, Tokyo, Japan, September 26-29, 2011  28 9 2011 

      More details

    • ハインリッヒ・ゾイゼの『自伝』における愛と記憶

      教父研究会  26 6 2010 

      More details

    • 共生学の問題と展望について Invited

      星美学園短期大学日伊総合研究所 第6回研究会  22 2 2010 

      More details

    • マイスター・エックハルトについて―ドミニコ会教育体制の観点から

      上智哲学会  4 7 2009 

      More details

    • エックハルトにおける共生学的展望へのエチュード―ドイツ語説教の言語行為の観点から― Invited

      フォーラム 「21世紀の共生に向けて―フィロソフィアの視点から」、上智大学  29 6 2009 

      More details

    • マイスター・エックハルトの「食卓」―生命を活かしひらく食卓協働態的共生学への提言 Invited

      上智大学共生学研究会  7 1 2009 

      More details

    • いま、ここで、この身において〈ともに〉活きるための“rede”としての『教導講話』 Invited

      フォーラム 「21世紀の共生に向けて―フィロソフィアの視点から」、上智大学  10 12 2008 

      More details

    • 神秘へとひらかれた人間の内的圏域に関するマイスター・エックハルトの思想について

      日本カトリック神学会  16 9 2008 

      More details

    • エックハルトにおける〈ひらけ〉としてのgruntの再考

      日本宗教学会:パネル:魂の根底をめぐって―エックハルト、タウラー、リュースブルック  14 9 2008 

      More details

    • カトリック学校の人間教育への寄与の可能性をめぐって―すべての人間の神への招きとしての人間におけるImago Deiの検討―

      カトリック教育学会  6 9 2008 

      More details

    • クザーヌスの『説教20』における神認識の問題について

      日本クザーヌス学会  13 10 2007 

      More details

    • マイスター・エックハルトのドイツ語説教における語ることと聴くことについて―「父」からの発「言」と「父」への還帰としての神認識の構造解明―

      日本カトリック学会  18 9 2007 

      More details

    • エックハルトにおける「魂の内なる一つの力」について

      中世哲学会  12 11 2006 

      More details

    • マイスター・エックハルトの実践的人間像の理論的基盤

      日本宗教学会  18 9 2006 

      More details

    • エックハルトにおける『今』の問題

      上智哲学会  23 10 2005 

      More details

    • 12世紀ドイツのルペルトゥスの哲学・神学的思考形態について

      上智哲学会  8 11 2003 

      More details

    ▼display all

    Social Contribution

    • 《宗教》がちょっと苦手だけどなんとなく気になるひとのための《宗教》のはなし

      Lecturer

      としまコミュニティ大学  28 11 2015

      More details

      Type:Seminar, workshop

      researchmap