Updated on 2021/10/29

写真b

 
KANENIWA Kumiko
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
Organization for Global Initiatives Center for Japanese Language Education
Title*
Specially Appointed Associate Professor
Degree
修士(教育学) ( 横浜国立大学 ) / 博士(学術) ( 埼玉大学 )
Contact information
Mail Address
Research Interests
  • Japanese Language Education

  • Courses in charge*
    Campus Career*
    • 4 2018 - Present 
      Organization for Global Initiatives   Center for Japanese Language Education   Specially Appointed Associate Professor
    • 4 2017 - 3 2018 
      Organization for Global Initiatives   Center for Japanese Language Education   Adjunct Lecturer
    • 4 2014 - 3 2017 
      Language Center   Japanese charge   Adjunct Lecturer
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Japanese language education  / Education of Listening Comprehension

    Research History

    • 4 2018 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Organization for Global Initiatives Center for Japanese Language Education   Specially Appointed Associate Professor

      More details

    • 4 2017 - 3 2018 
      RIKKYO UNIVERSITY   Organization for Global Initiatives Center for Japanese Language Education   Adjunct Lecturer

      More details

    • 4 2014 - 3 2017 
      RIKKYO UNIVERSITY   Language Center Japanese charge   Adjunct Lecturer

      More details

    • 4 2014 - 3 2017 
      RIKKYO UNIVERSITY   Language Center Japanese charge   Adjunct Lecturer

      More details

    Education

    • 4 2006 - 9 2010 
      Saitama University   Graduate School, Division of Cultural Studies

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • 4 2006 - 9 2010 
      Saitama University   Graduate School, Division of Cultural Studies

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • 4 1999 - 3 2001 
      Yokohama National University   Graduate School, Division of Education

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • 4 1999 - 3 2001 
      Yokohama National University   Graduate School, Division of Education

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    Awards

    • 9 2014  
      日本語教育方法研究会  日本語教育方法研究会 優秀賞  非漢字圏学習者に対するやさしい日本語による読解支援のあり方
       
      金庭 久美子, 川村 よし子

      More details

      Award type:Other  Country:Japan

      researchmap

    Papers

    ▼display all

    Misc.

    Books and Other Publications

    • Role-based Listening: Progressing from Intermediate to Advanced Japanese

      Osamu Kamada, Yukiko Okuno, Kumiko Kaneniwa, Michie Yamamori( Role: Joint author)

      The Japan Times  4 2016  ( ISBN:9784789015660

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    • 日本語教育のためのタスク別書き言葉コーパス

      金澤裕之, 嵐洋子, 植松容子, 奥野由紀子, 金庭久美子, 金蘭美, 西川朋美, 橋本直幸( Role: Joint author ,  第I部 「YNU書き言葉コーパス」について(共著)、 第II部 評価・分析編 (タスク3)、第III部 論文編2点#I#IR)

      ひつじ書房  21 4 2014  ( ISBN:4894766981

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      日本語母語話者と非母語話者(韓国語・中国語)各30名の書き言葉資料(日本語作文等)を収集、評価基準・レイティング方法等について解説を加えた。また、非母語話者における全12 種類のタスクについての総合評価結果をレベル別・母語別にまとめ、特徴を示したほか、本資料を活用した研究の実例も紹介。全作文データを収めたCD-ROM付。

      researchmap

    • Authentic Japanese: Progressing from Intermediate to Advanced Workbook

      ( Role: Joint author)

      The Japan Times  5 9 2013  ( ISBN:4789015408

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    • 実践日本語教育スタンダード

      橋本 直幸, 金庭 久美子, 田尻 由美子, 山内 博之( Role: Joint author ,  第3章 私的領域(場所)の言語活動と難易度 及び、第1章のロールカードの部分#I#IR)

      ひつじ書房  14 3 2013  ( ISBN:4894764636

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      旧日本語能力試験出題基準に収録の実質語(約8000語)と機能語(約270語)をもとに、学習・教育・評価に生きる日本語教育スタンダードの雛型として「語彙・構文表」を作成。言語活動と言語素材を100の話題で分類し、さらに、ABCという三段階のレベル設定を行った。言語活動を「場所」「話題」で分類したロールカードも付す。

      researchmap

    • 日本語能力試験スーパー模試N4・N5

      岡村能里子, 石塚京子, 上田安希子, 宇野聖子, 太田妙子, 金庭久美子, 齋藤佐和子, 西島道, 間柄奈保子( Role: Joint author)

      アルク  4 10 2012  ( ISBN:4757422245

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    • 日本語能力試験スーパー模試N3

      岡村能里子, 石塚京子, 上田安希子, 宇野聖子, 太田妙子, 金庭久美子, 齋藤佐和子, 西島道, 間柄奈保子( Role: Joint author)

      アルク  21 11 2011 

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    • 日本語能力試験スーパー模試N2

      岡村能里子, 石塚京子, 上田安希子, 宇野聖子, 太田妙子, 金庭久美子, 齋藤佐和子, 西島道, 間柄奈保子( Role: Joint author)

      アルク  20 9 2011 

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    • 日本語能力試験スーパー模試N1

      岡村能里子, 石塚京子, 上田安希子, 宇野聖子, 太田妙子, 金庭久美子, 齋藤佐和子, 西島道, 間柄奈保子( Role: Joint author)

      アルク  20 5 2011 

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    • 日本語教育スタンダード試案 語彙

      山内 博之編, 金庭 久美子, 田尻 由美子, 橋本 直幸, 山内 博之( Role: Joint author)

      ひつじ書房  5 2008  ( ISBN:4894764148

      More details

      Language:Japanese Book type:Scholarly book

      researchmap

    • 日本語能力試験 合格への道 1級対策模擬テスト

      岡本 能里子, 太田 妙子, 金庭 久美子, 鎌田 真紀子, 齋藤 佐和子, 間柄 奈保子( Role: Joint author)

      アルク  30 6 2005 

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    • 日本語能力試験 合格への道 2級対策模擬テスト

      岡本 能里子, 太田 妙子, 金庭 久美子, 鎌田 真紀子, 齋藤 佐和子, 間柄 奈保子( Role: Joint author)

      アルク  23 8 2004 

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    ▼display all

    Professional Memberships

    Research Projects

    • 多義語の意味の自動特定機能を組み入れたやさしい日本語による読解支援環境の構築

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      川村 よし子

      More details

      4 2015 - 3 2019

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\1100000 ( Direct Cost: \770000 、 Indirect Cost:\330000 )

      researchmap

    • タスク別書き言葉コーパスを利用したメール文のweb自動採点システムの開発

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      金庭 久美子

      More details

      4 2015 - 3 2018

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      Grant amount:\1800000 ( Direct Cost: \1260000 、 Indirect Cost:\540000 )

      本研究は、日本語母語話者、および日本語学習者によるタスク別(依頼、勧誘、断り、お礼、相談、等)の作文(メール文)のデータを蓄積し、書き言葉コーパスとすること、ならびに、収集したメール文を分析し、構成、内容、文法、表現、語彙、文体などを明らかにした上で、そのデータをリスト化しコンピュータに学習させ、「メール文のweb自動採点システム」を開発することを目的とした。
      平成27年度は、日本語母語話者ならびに国内外で日本語を学習している非母語話者、120名を対象に10タスクのメール文のデータを収集し分析を行った。また、メール文の自動採点システムの基本設計を行い、システム開発をすすめた。
      平成28年度は、収集したタスク別のデータを分析し、その結果の一部を自動採点システムに組み込み、運用実験を行った。このシステムは、学習者がタスクをもとに作成したメール文を自動で評価し、問題点の指摘を行う。本研究では収集した基礎データをもとに、各メールタスクにおいて特に読み手配慮の点から収集した適切な語彙や表現のリストと不適切な語彙や表現のリストを作成し、両リストから指摘を行うことにした。またシステムでは、搭載するリストのアップロード、ダウンロードを可能にした。
      平成29年度は引き続き、収集したデータの分析を進め、作成されたリストと学習者のメール文の照合を行い、メールタスクの達成に必要でかつ適切な表現の有無と、不適切な表現の有無により評価が行えるようにした。完成したシステムを用いて、6つのメールタスクに対し評価実験を行った。それに基づきプログラムやリストの修正を行い、公開可能となった。
      本研究で収集したデータは従来にないデータであり、学術的に有用なデータである。またこの研究成果はメール作成タスクを用いた作文支援システム『花便り』として無償公開しており、日本語学習者にとって有益な学習支援ツールの一つとなると思われる。

      researchmap

    • 集合知を活用した共生のための日本語読解支援環境の構築と運用実験

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      川村 よし子

      More details

      4 2012 - 3 2015

      Grant type:Competitive

      Grant amount:\250000 ( Direct Cost: \175000 、 Indirect Cost:\75000 )

      集合知を活用した共生のための日本語読解支援環境の構築と運用実験

      researchmap