Updated on 2024/01/16

写真b

 
OHYAMA Noriyoshi
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Contemporary Psychology Department of Body Expression and Cinematic Arts
Graduate School of Contemporary Psychology Master's Program in Body Expression and Cinematic Arts
Graduate School of Contemporary Psychology Doctoral Program in Body Expression and Cinematic Arts
Title*
Associate Professor
Research Theme*
  • 形而上学を軸とした研究を行なっている。その目的は、世界の質料性、非質料的な記号の実在性、そして記憶の潜在性という三つの〈存在〉のカテゴリーをそれらの本性にしたがって分割し、しかる後に〈ひとつの生〉へと積分し、〈生を生きる〉という同族目的語的表現の実質を明らかにすることである。個別の対象や作品についても、私たちの心身の存在様態と、機械による知覚によって顕現する世界の実相を対象とする映像身体学の原理に立ち返って論究を重ねている。

  • Research Interests
  • 身体、時間、言語、映像、技法と技術、ドゥルーズ、ベルクソン

  • Campus Career*
    • 4 2017 - Present 
      College of Contemporary Psychology   Department of Body Expression and Cinematic Arts   Associate Professor
    • 4 2017 - Present 
      Graduate School of Contemporary Psychology   Master's Program in Body Expression and Cinematic Arts   Associate Professor
    • 4 2017 - Present 
      Graduate School of Contemporary Psychology   Doctoral Program in Body Expression and Cinematic Arts   Associate Professor
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Philosophy and ethics  / 映像身体学

    Research History

    • 4 2017 - Present 
      立教大学 現代心理学研究科 映像身体学専攻博士課程後期課程   准教授

      More details

    • 4 2017 - Present 
      立教大学 現代心理学研究科 映像身体学専攻博士課程前期課程   准教授

      More details

    • 4 2017 - Present 
      Rikkyo University   College of Contemporary Psychology

      More details

    Education

    • 4 2004 - 3 2008 
      立教大学大学院   文学研究科博士課程後期   フランス文学専攻

      More details

    • 4 2001 - 3 2003 
      慶應義塾大学大学院   文学研究科博士課程前期   哲学専攻

      More details

    • 4 1995 - 3 2000 
      Keio University   Faculty of Letters

      More details

    Papers

    • 映画哲学序論————いかなる意味でジル・ドゥルーズ『シネマ』は哲学の書物であるのか

      立教映像身体学研究(8)(印刷中)   3 2021

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    • 記憶の本性

      鞍田崇、横山太郎、大山載吉 立教大学心理芸術人文学研究所 アーカイブ 公開講演会「記憶をめぐってーカタの記憶/モノの記憶ー」   6 - 13   3 2020

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    • 重なり合う哲学――ドゥルーズとヒューム――

      現代思想 2008年12月号 青土社   216 - 227   12 2008

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    • ドゥルーズ、(非)‐存在の思考――否定的なものを潜り抜けて―― Peer-reviewed

          3 2008

      More details

      Authorship:Lead author   Publishing type:Doctoral thesis  

      researchmap

    • 沈黙と饒舌――ソシュールとドゥルーズの出会い(損ね)

      『思想』2007年11月号 岩波書店   143 - 161   10 2007

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    • ジル・ドゥルーズにおける「表現」という概念をめぐって Peer-reviewed

      立教大学フランス文学(35)   19 - 33   3 2006

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    • ジル・ドゥルーズにおける知覚と主体性――『経験論と主体性』と『襞』をめぐって―― Peer-reviewed

      立教大学フランス文学(34)   171 - 193   3 2005

      More details

      Authorship:Lead author  

      researchmap

    ▼display all

    Misc.

    • 鹿野祐嗣 『ドゥルーズ『意味の論理学』の注釈と研究: 出来事、運命愛、そして永久革命』書評

      図書新聞(3455)   7 2020

      More details

    • 檜垣立哉・小泉義之・合田正人編『ドゥルーズの21世紀』書評

      図書新聞(3401)   5 2019

      More details

    • 「ピエール・モンテベロ『ドゥルーズ 思考のパッション』訳者あとがき

      ピエール・モンテベロ『ドゥルーズ 思考のパッション』 河出書房新社   389 - 393   3 2018

      More details

    • アンドリュー・カルプ 『ダーク・ドゥルーズ』訳者解説

      アンドリュー・カルプ 『ダーク・ドゥルーズ』 河出書房新社   161 - 174   11 2016

      More details

    • ベケットの映画、ドゥルーズの映画

      文學界 2016年7月号 文藝春秋   6 2016

      More details

    • ジル・ドゥルーズ『批評と臨床』解題

      『ドゥルーズ 没後20年 新たなる転回』 河出書房新社   243 - 244   10 2015

      More details

    • ジル・ドゥルーズ『襞 ライプニッツとバロック』解題

      『ドゥルーズ 没後20年 新たなる転回』 河出書房新社   235 - 236   10 2015

      More details

    • 書評『ドゥルーズとガタリ 交差的評伝』

      情況 2010年2月号 情況出版   152 - 157   1 2010

      More details

    • ドゥルーズ、その主要著作の概観

      ふらんす 2005年11月号 白水社   34 - 35   11 2005

      More details

    • ジル・ドゥルーズ『ルクレティウスと自然主義』訳者解説

      『ドゥルーズ』(シリーズ「KAWADE道の手帖」)河出書房新社   179 - 180   10 2005

      More details

    • ジル・ドゥルーズ『カントの批判哲学』解題

      『ドゥルーズ』(シリーズ「KAWADE道の手帖」)河出書房新社   18 - 19   10 2005

      More details

    • ジル・ドゥルーズ『ニーチェと哲学』解題

      『ドゥルーズ』(シリーズ「KAWADE道の手帖」)河出書房新社   16 - 17   10 2005

      More details

    • ジル・ドゥルーズ『経験論と主体性』解題

      『ドゥルーズ』(シリーズ「KAWADE道の手帖」)河出書房新社   14 - 15   10 2005

      More details

    ▼display all

    Books and Other Publications

    • ピエール・モンテベロ『ドゥルーズ 思考のパッション』

      大山載吉, 原一樹( Role: Joint translator ,  第一章~第四章)

      3 2018 

      More details

    • アンドリュー・カルプ 『ダーク・ドゥルーズ』

      大山載吉( Role: Sole translator)

      河出書房新社  11 2016 

      More details

    • ドゥルーズ 抽象機械 〈非〉性の哲学

      ( Role: Sole author)

      河出書房新社  4 2016 

      More details

    • ドゥルーズ 千の文学

      宇野 邦一, 芳川泰久, 堀千晶, 大山載吉他( Role: Joint author ,  「崩壊という出来事」(258-270)「反復と出来事」(305-318)「三つの線」(444-450))

      1 2011 

      More details

    • ジャン・ジャック・ルセルクル「統辞法の強度――内包的線――」

      大山載吉( Role: Sole translator)

      『現代思想』2008年12月号、青土社、186-193。  12 2008 

      More details

    • ドゥルーズ/ガタリの現在

      鈴木泉, 小泉義之, 檜垣立哉, 大山載吉他( Role: Joint author ,  「表層・深層・抽象機械における言語ーー『意味の論理学』から『千のプラトー』へ――」(201-221))

      平凡社  1 2008 

      More details

    • フランソワ・ズーラヴィシヴィリ「ドゥルーズと可能的なもの――政治における非主意主義について」

      大山載吉( Role: Sole translator)

      『Vol』01 、以文社、2006年、36-48。  2006 

      More details

    • ドゥルーズ 生成変化のサブマリン

      松本潤一郎, 大山載吉( Role: Joint author ,  「反復の重層=重奏」(7-42)「出来事事としての絵画」(87‐114) 「生成する主体」(161‐199))

      白水社  12 2005 

      More details

    • ジル・ドゥルーズ「ルクレティウスと自然主義」

      大山載吉( Role: Sole translator)

      『ドゥルーズ』(シリーズ「KAWADE道の手帖」)、河出書房新社、170-179。  10 2005 

      More details

    ▼display all

    Presentations

    • カフカをめぐるシンポジウム

      宇野邦一, 江川隆男, 大山載吉

      公開講演会/シンポジウム『カフカプロジェクト』 於立教大学 2018年2月18日 

      More details

      Event date: 18 2 2018

      researchmap

    • ドゥルーズ哲学における生成変化と具体的普遍についての素描

      大山載吉

      立教大学フランス語フランス文学会第一回例会 於立教大学、2012年2月25日 

      More details

      Event date: 25 2 2012

      researchmap

    Professional Memberships

    • 7 2008 - Present 
      日仏哲学会

      More details