Updated on 2021/06/22

写真b

 
SHIBUYA Kazuki
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Tourism Department of Tourism and Hospitality Management
Title*
Assistant Professor
Degree
修士(観光学) ( 立教大学 ) / 博士(観光学) ( 立教大学 ) / 学士(観光学) ( 立教大学 )
Contact information
Mail Address
Research Interests
  • インバウンドツーリズム

  • ビッグデータ

  • 観光学

  • 観光地理学

  • 観光行動

  • Campus Career*
    • 4 2019 - Present 
      College of Tourism   Department of Tourism and Hospitality Management   Assistant Professor
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Geography

    • Humanities & Social Sciences / Tourism studies

    Research History

    • 4 2019 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Tourism Department of Tourism and Hospitality Management   Assistant Professor

      More details

    Education

    • 4 2013 - 9 2018 
      Rikkyo University

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • 4 2011 - 3 2013 
      Rikkyo University

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    Papers

    ▼display all

    Presentations

    • ビッグデータ社会における観光者の選択

      澁谷和樹

      第35回日本観光研究学会全国大会ワークショップ  5 12 2020 

      More details

    • 観光スポットの情報空間―SNSと口コミサイトの比較からの検討―

      澁谷 和樹

      日本観光研究学会第35回全国大会  5 12 2020 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • A study on the use and management of Twitter hashtags of antenna shops in Japan

      Bình Nghiêm-Phú, Kazuki Shibuya

      the 18th Asia Pacific Conference  15 11 2020 

      More details

      Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • ビッグデータ社会における観光研究の課題

      澁谷和樹

      日本観光研究学会第34回全国大会(2019年12月)  15 12 2019  日本観光研究学会

      More details

      Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:名桜大学  

      researchmap

    • 訪日外国人旅行者による市町村間移動ネットワーク

      澁谷 和樹

      日本地理学会2018年春季学術大会  3 2018 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:東京学芸大学  

      researchmap

    • APPデータに基づく外国人訪問者の空間構造

      杜 国慶, 澁谷 和樹, 野津 直樹

      日本観光研究学会第31回全国大会  12 2016 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:江戸川大学  

      researchmap

    • Day Trips of Suburban Inhabitants in Tokyo Metropolitan Area International conference

      Kazuki Shibuya

      International Geographical Union Pre-Congress Symposium, Nanjing, China  8 2016 

      More details

      Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:南京大学  

      researchmap

    • APPデータに見るインバウンド訪問者の流動構造

      澁谷 和樹, 杜 国慶, 野津 直樹

      第9回地理空間学会大会  6 2016 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:筑波大学  

      researchmap

    • APPデータに見るインバウンド訪問者の空間構造

      杜 国慶, 澁谷 和樹, 野津 直樹

      日本地理学会2016年春季学術大会  3 2016 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:早稲田大学  

      researchmap

    • APPデータに見る訪日外国人旅行者の移動ネットワーク

      杜 国慶, 澁谷 和樹, 野津 直樹

      日本地理学会2016年秋季学術大会  1 2016 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:東北大学  

      researchmap

    • 旅行ブログを用いた観光行動の時空間分析―訪都外国人旅行者を対象に―

      澁谷 和樹

      第8回地理空間学会大会  6 2015 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:筑波大学  

      researchmap

    • 大都市圏郊外住民の余暇時間における日帰り外出行動の空間的特性―町田駅周辺住民を対象に―

      澁谷 和樹

      日本観光研究学会第27回全国大会  12 2012 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:宮城大学  

      researchmap

    ▼display all

    Teaching Experience

    • 4 2021 - Present 
      Tourism Policies ( 高崎経済大学 )

      More details

    • 2021 - Present 
      Global Study Program 1 ( 立教大学 )

      More details

    • 2020 - Present 
      Seminar (1st year) ( 立教大学 )

      More details

    • 2020 - Present 
      Seminar on Graduation Research ( 立教大学 )

      More details

    • 2019 - Present 
      Graduation Thesis ( 立教大学 )

      More details

    • 2019 - Present 
      International Tourism and Regional Exchange ( 立教大学 )

      More details

    • 2019 - Present 
      Seminar (2nd year) ( 立教大学 )

      More details

    • 2019 - Present 
      Seminar (3rd year) ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - 3 2020 
      Early Exposure Program ( 立教大学 )

      More details

    • 9 2018 - 3 2020 
      Seminar (4th year) ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - 9 2019 
      GIS Practice ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - 9 2019 
      Introduction to Research Practice ( 立教大学 )

      More details

    ▼display all

    Professional Memberships

    Works

    • 書評『新・観光学入門』(中村忠司・王静 編著) Other

      1 2020

      More details

      Work type:Other  

      researchmap

    Research Projects

    • スマート・ツーリズムにみる観光の変容

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      杜 国慶, 佐藤 大祐, 五艘 みどり, 鄭 玉姫, 李 崗, 板垣 武尊, 澁谷 和樹

      More details

      4 2019 - 3 2022

      Grant number:19H04384

      Grant amount:\8710000 ( Direct Cost: \6700000 、 Indirect Cost:\2010000 )

      本研究は観光実態の新たな変化に注目し、スマート・ツーリズムという枠組で、ICTの革新的な発達による観光の変容を考察することを、研究目的とする。2019年度は、情報伝達のリアルタイム性による観光者と観光地域の関係、観光情報個人化による観光行動、観光者同士の情報コミュニティ形成と観光者の役割変化について研究した。
      具体的に、佐藤大祐が日本とハワイで観光者のスマートフォンを通じた情報取得と観光行動との関係について調査し,スマート・ツーリズムの形態と類型を解明した。五艘は新型肺炎の影響でイタリアでの調査が難しくなり、日本国内での調査を行った。鄭は先行研究のレビューと韓国での現地調査を行い、スマート・ツーリズムによる環境整備は観光者だけでなく地域住民も享受することが分かった。李は中国の観光政策と研究動向について資料収集を行った上で、現地調査を行った。安徽省の観光政策とスマート・ツーリズムの推進状況について、現地研究者(安徽師範大学)と意見を交換し、旅行会社へ聞き取り調査を実施して状況を把握した。板垣はカンボジアを対象として、バックパッカーの情報収集の変化に伴う観光地域の変容を明らかにすることを目指していたが、新型肺炎の拡大により現地調査はできなくなり、ガイドブックとインターネットによる資料収集行った。澁谷はビッグデータ活用について文献をレビューし、観光地でのビッグデータ活用事例の収集と視察を行った。代表者杜は研究全体の総括と調整をするとともに、観光情報伝達と観光者の情報コミュニティ形成の変化について長野県、東北地方、北海道を対象として調査した。
      また、研究会の開催および電子メールによる綿密に意見交換を行い、研究の進捗状況を互いに把握した。一部の研究成果は学会発表と学術誌への投稿を行い、市民講座を通して社会還元の責務を果たした。

      researchmap