Updated on 2021/09/14

写真b

 
FURUYA Shinichi
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Arts Department of Letters, Course of German Literature
Graduate School of Arts Field of Study: German Literature
Graduate School of Arts Field of Study: German Literature
Title*
Associate Professor
Degree
Dr. phil. ( Ruhr-Universität Bochum )
Contact information
Mail Address
Research Theme*
  • ①ドイツ文化史②メディア論③思想史を主な研究テーマとする。特に、メディア・テクノロジーと集団(群衆、大衆、共同体などの諸概念)の関係を、思想史的、文化史的な観点から研究している。

  • Research Interests
  • ドイツ青年運動

  • ホロコースト

  • 表象文化論

  • 権力論

  • パラノイア

  • 群衆論

  • ナチズム

  • Medientheorie

  • deutsche Literatur des 20. Jahrhunderts

  • Campus Career*
    • 4 2019 - Present 
      College of Arts   Department of Letters, Course of German Literature   Associate Professor
    • 4 2019 - Present 
      Graduate School of Arts   Field of Study: German Literature   Associate Professor
    • 4 2019 - Present 
      Graduate School of Arts   Field of Study: German Literature   Associate Professor
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / European literature

    • Humanities & Social Sciences / History of thought

    Research History

    • 4 2019 - Present 
      Rikkyo University   Department of Letters Course of German Literature, College of Arts

      More details

    • 4 2019 - 8 2019 
      Tokyo University of Agriculture and Technology   Faculty of Engineering

      More details

    • 4 2016 - 3 2019 
      Tokyo University of Agriculture and Technology

      More details

    • 4 2015 - 3 2019 
      Chuo University   Faculty of Letters

      More details

    • 4 2010 - 3 2019 
      Keio University   Faculty of Letters

      More details

    • 4 2014 - 3 2016 
      慶應義塾志木高等学校   非常勤講師

      More details

    • 4 2014 - 3 2016 
      Chuo University   Faculty of Science and Engineering

      More details

    • 4 2014 - 3 2016 
      Meiji Gakuin University   Faculty of Letters, Department of Art Studies

      More details

    • 4 2012 - 3 2016 
      Meiji Gakuin University   Center of Liberal Arts

      More details

    • 4 2012 - 9 2015 
      Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

      More details

    ▼display all

    Education

    • - 6 2014 
      Ruhr-Universität Bochum

      More details

    • - 3 2010 
      The University of Tokyo   Graduate School of Humanities and Sociology

      More details

    • - 3 1999 
      Keio University   Faculty of Letters

      More details

    Committee Memberships

    • 7 2020 - Present 
      日本オーストリア文学会   編集委員

      More details

    • 10 2019 - Present 
      日本独文学会   データベース委員

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 9 2020 - 3 2021 
      日本独文学会   第18回日本独文学会・DAAD賞日本語部門選考委員(運営委員・DAAD推薦)

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 3 2013 - 2 2015 
      公益財団法人ドイツ語学文学振興会   ドイツ語技能検定試験出題委員

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    Awards

    • 6 2019  
      第16回日本独文学会賞(ドイツ語研究書部門) 
       
      古矢 晋一

      More details

    Papers

    • Das Bild der Masse in der Jugendbewegung - Am Beispiel von Gustav Wyneken

      Shinichi Furuya

      Einheit in der Vielfalt? Germanistik zwischen Divergenz und Konvergenz. Asiatische Germanistentagung 2019 in Sapporo.   315 - 320   2020

      More details

      Language:German   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

      researchmap

    • フランクル『夜と霧』における「群集の精神病理学」について Peer-reviewed

      古矢 晋一

      ユダヤ・イスラエル研究 ( 32 ) 30 - 42   12 2018

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Masse, Macht und Medium. Elias Canetti gelesen mit Marshall McLuhan Peer-reviewed

      Shinichi Furuya

      Dissertation. Ruhr-Universität Bochum   6 2014

      More details

      Language:German   Publishing type:Doctoral thesis  

      researchmap

    • Koexistenz absoluter Uneinigkeiten im globalen Dorf. Zur Konzeption der Simultaneität bei Marshall McLuhan

      Shinichi Furuya

      Simultaneität-Übersetzen. Keiko Hamazaki und Christine Ivanovic (Hrsg.). Tübingen (Stauffenburg)   213 - 224   12 2013

      More details

      Language:German  

      researchmap

    • 身体とメディア ― カネッティ『群衆と権力』における「手」の考察について ―

      古矢晋一

      『『群衆と権力』の射程 ― エリアス・カネッティ再読 ―』宍戸節太郎編、日本独文学会研究叢書 ( 59 ) 49 - 63   5 2009

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • Elias Canetti und Japan Invited

      Shinichi Furuya

      Veröffentlichungen des Japanisch-Deutschen Zentrums Berlin ( 57 ) 130 - 139   2 2008

      More details

      Language:German  

      researchmap

    • 群衆・仮面・観相学 ― エリアス・カネッティ『群衆と権力』における仮面論をめぐって ― Peer-reviewed

      古矢晋一

      日本独文学会「ドイツ文学」 ( 130 ) 170 - 188   10 2006

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • 群衆・境界・グロテスク ― エリアス・カネッティにおける「グロテスクなもの」をめぐって ― Peer-reviewed

      古矢晋一

      東京大学大学院人文社会系研究科ドイツ語ドイツ文学研究会「詩・言語」 ( 64 ) 37 - 54   12 2005

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • アナロジーとコスモロジー ― エリアス・カネッティ『群衆と権力』 Peer-reviewed

      古矢晋一

      東京大学大学院人文社会系研究科ドイツ語ドイツ文学研究会「詩・言語」 ( 59 ) 36 - 68   6 2003

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    ▼display all

    Misc.

    • 高校で二十四言語を学ぶ? Invited

      古矢 晋一

      ラテルネ ( 123 ) 10 - 11   2 2020

      More details

      Publishing type:Other  

      researchmap

    • 受賞の弁 ドイツ語研究書部門

      古矢 晋一

      日本独文学会ニュースレター ( 2019秋 ) 22   8 2019

      More details

    • 書評:須藤温子著『エリアス・カネッティ 生涯と著作』 Invited

      古矢 晋一

      図書新聞 ( 3404 )   6 2019

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • メディア時代の群集-ボーフムでの私の研究 Invited

      古矢晋一

      ECHO34   21 - 23   11 2018

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Other  

      researchmap

    • 第十二回学術大会報告要旨「フランクル『夜と霧』における「群集の精神病理学」について」

      古矢晋一

      ユダヤ・イスラエル研究 ( 30 ) 82   12 2016

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

      researchmap

    • ドイツの大学に留学して

      古矢晋一

      ことばと文化(慶應義塾志木高等学校) ( 19 ) 107 - 111   3 2015

      More details

    • 書評:宍戸節太郎著『カネッティを読む――ファシズム・大衆の20世紀を生きた文学者の軌跡』 Invited

      古矢晋一

      國學院大學「國學院雑誌」115 ( 1 ) 22 - 25   1 2014

      More details

    • 新刊紹介:Michael Gamper: Masse lesen, Masse schreiben. Eine Diskurs- und Imaginationsgeschichte der Menschenmenge 1765-1930 Peer-reviewed

      古矢晋一

      日本独文学会「ドイツ文学」 ( 138 ) 310   3 2009

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    ▼display all

    Books and Other Publications

    • 畠山寛・吉中俊貴・岡本和子編著『ドイツ文学の道しるべ――ニーベルンゲンから多和田葉子まで』

      ( Role: Contributor)

      ミネルヴァ書房  3 2021  ( ISBN:9784623090785

      More details

    • Masse, Macht und Medium: Elias Canetti gelesen mit Marshall McLuhan (Lettre)

      Shinichi Furuya

      transcript  1 2017  ( ISBN:3837636739

      More details

      Total pages:236  

      Medienecho: SWR2 Wissen, 08.03.2018

      researchmap

    • エリアス・カネッティ伝記 上巻・下巻

      北島 玲子, 黒田 晴之, 宍戸 節太郎, 須藤 温子, 古矢 晋一( Role: Joint translator)

      ぎょうせい(上智大学出版)  6 2013  ( ISBN:4324092117

      More details

      Total pages:526  

      researchmap

    Presentations

    • 宗教としての軍隊?ーーカネッティ『群集と権力』における「ヴェルサイユのドイツ」について Invited

      科研費国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))「日独近代化における〈国民文化〉と宗教性ーー学際的・国際的共同研究基盤の強化」2020年度第1回ワークショップ  13 3 2021 

      More details

      Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

      researchmap

    • ドイツ語で博士論文を書く:計画、執筆から出版までー文学・文化研究の場合ー Invited

      古矢 晋一

      ドイツ語論文執筆ワークショップ  7 12 2019 

      More details

      Event date: 7 12 2019 - 8 12 2019

      Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

      researchmap

    • Das Bild der Masse in der Jugendbewegung. Am Beispiel von Gustav Wyneken International conference

      Shinichi Furuya

      Asiatische Germanistentagung 2019 in Sapporo  27 8 2019 

      More details

      Language:German   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 侮蔑と辱め―カネッティ『群集と権力』における「インフレーションと群集」について

      古矢晋一

      日本独文学会秋季研究発表会(Web発表)  11 2018 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      Venue:日本独文学会ホームページ  

      researchmap

    • エリアス・カネッティの「接触」理論

      古矢晋一

      第7回 世界文学・語圏横断ネットワーク研究集会  24 9 2017 

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • フランクル『夜と霧』における「群集の精神病理学」について

      古矢晋一

      日本ユダヤ学会 第12回学術大会  31 10 2015 

      More details

    • 「言葉の混乱」としてのアウシュヴィッツ―プリーモ・レーヴィを例に Invited

      古矢晋一

      「アウシュヴィッツ」は今、私たちに何を語るか(主催:ポーランド広報文化センター、駐日ポーランド共和国大使館、早稲田大学)  18 4 2015 

      More details

      Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

      researchmap

    • 身体とメディア ― カネッティ『群衆と権力』における「手」の考察について ―

      古矢晋一

      日本独文学会春季研究発表会(シンポジウム「『群衆と権力』の射程 ― エリアス・カネッティ再読」)  6 2008 

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • Canetti und Japan

      Shinichi Furuya

      1. Deutsch-japanisch-koreanisches Stipendiatenseminar. Japanisch-Deutsches Zentrum Berlin  7 2007 

      More details

      Language:German  

      researchmap

    • 群衆・境界・グロテスク ― エリアス・カネッティにおける「グロテスクなもの」をめぐって ―

      古矢晋一

      オーストリア文学研究会秋季(若手研究者シリーズ)  10 2004 

      More details

    ▼display all

    Teaching Experience

    • 9 2019 - Present 
      Introduction to Cultures in German Speaking Areas ( 立教大学 )

      More details

    • 9 2019 - Present 
      Introductive Seminars in German Studies ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - Present 
      Humanities(Literature) ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - Present 
      Seminars ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - Present 
      Seminars in German 5 ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - Present 
      Studies in German Language Teaching ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - Present 
      Study in German Literature ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - Present 
      Thesis and Seminar in Thesis Writing ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - Present 
      Tutorial Session ( 立教大学 )

      More details

    • 9 2020 - 3 2021 
      Lectures on Literature 112 ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2020 - 8 2020 
      Seminars in German Literature and Culture 103 ( 立教大学 )

      More details

    • 9 2019 - 3 2020 
      Reading German Texts ( 立教大学 )

      More details

    • 4 2019 - 8 2019 
      Lectures on Literature 116 ( 立教大学 )

      More details

    •  
      ことばと文化 ( 慶應義塾志木高等学校 )

      More details

    •  
      アウシュヴィッツと現代 ( 早稲田大学 )

      More details

    •  
      ドイツ思想史 ( 中央大学 )

      More details

    •  
      ドイツ文学 ( 明治学院大学 )

      More details

    •  
      ドイツ文学演習 ( 中央大学 )

      More details

    •  
      ドイツ語 ( 東京農工大学, 慶應義塾大学, 明治学院大学, 中央大学 )

      More details

    •  
      ヨーロッパ言語圏の文学 ( 明治学院大学 )

      More details

    •  
      有機材料化学入門(分担・スクラップ記事) ( 東京農工大学 )

      More details

    •  
      科学特論Ⅳ(メディア論) ( 東京農工大学 工学府博士前期 )

      More details

    ▼display all

    Professional Memberships

    •  
      日本独文学会ドイツ語教育部会

      More details

    •  
      GESELLSCHAFT FÜR ÖSTERREICHISCHE LITERATUR IN JAPAN

      More details

    •  
      JAPANISCHE GESELLSCHAFT FUER GERMANISTIK

      More details

    •  
      The Japan Society for Jewish Studies

      More details

    Research Projects

    • 世紀転換期から第2次世界大戦後までのドイツ語圏における群集思考の歴史的展開

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      海老根 剛, 古矢 晋一

      More details

      4 2021 - 3 2025

      Grant number:21K00439

      Grant amount:\4030000 ( Direct Cost: \3100000 、 Indirect Cost:\930000 )

      researchmap

    • 両大戦と群集をめぐる言説-ドイツ語圏の文学と思想を例に

      日本学術振興会  若手研究 

      古矢晋一

      More details

      2018 - 2021

      Grant number:18K12340

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      2019年度はドイツ青年運動における群集という問題に集中し、ドイツ青年運動の代表的な理論家であるグスタフ・ヴィネケンの著作に集中的に取り組んだ。今年度の主な成果として、2019年8月に札幌で開催された国際会議「アジア・ゲルマニスト会議」(日本独文学会主催)において「ドイツ青年運動における群集のイメージ。グスタフ・ヴィネケンを例に」というドイツ語の口頭発表を行った。教育改革とも結びついた20世紀初頭のドイツ青年運動は、ワンダーフォーゲル運動に代表されるように、大都市における近代的個人主義に抗して、青年たちの自然での集団体験を志向した大衆運動・群集行動であったと言える。この発表では、主に第一次世界大戦までのドイツ青年運動を理論面で代表する教育家ヴィネケンの論文(「ドイツ青年運動」(1913)、「青年文化」(1914年)、「戦争と学校」(1915年)など)を取り上げ、「教師」-「生徒」の関係がしばしば「指導者Fuehrer」-「群集Masse」のモデルへとスライドしていることを確認した。ただしヴィネケンによれば、青年たちの集団は受動的であってはならず、指導者を手本にしながら、自律性と主体性を獲得しなければならないという。青年集団における「怠惰な群集本能」の克服を目指すヴィネケンの言説の独自性と一貫性を、ル・ボンの『群集心理』(1895年)などと比較しながら、群集論・大衆論の文脈から明らかにした。
      「アジア・ゲルマニスト会議」の発表セクションでは、参加者から貴重な意見やアドバイスを受けることができ、今後の研究に向けて大きな示唆と刺激を得た。本発表の原稿は「アジア・ゲルマニスト会議」の論文集に収録される予定である。

      researchmap

    • The Process of Transformation and Translation "in" and "in between" Texts, Media, and Cultures-via Example from German-speaking Cultures

      Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C) 

      YAMAMOTO Hiroshi, RUPRECHTER Walter

      More details

      2009 - 2011

      Grant number:21520351

      Grant type:Competitive

      As part of a critical analysis on the cultural transformation theory in the field of translation, the study focused on the phenomenon of "simultaneity"(/Simultaneitaet/), which has escaped the hierarchical classification between the original and copy. Taking results from interdisciplinary cultural research projects and the variety of perspectives derived from them into account, the study concluded that among media, closely analyzing the interaction between visual expressions, such as in pictures and movies, and literary works appeared to be effective. Furthermore, in terms of language and culture, it became clear through diachronic and synchronic analysis, especially on the cultural exchange history between Japan and Germany, that the "simultaneity" was the key concept in order to understand "translation".

      researchmap

    • ドイツ学術交流会(DAAD)留学奨学金

      古矢晋一

      More details

      2006 - 2008

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      researchmap