Updated on 2021/10/14

写真b

 
KAWASHIMA Kyosuke
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Law and Politics Department of Law
Graduate School of Law and Politics Field of Study: Law and Politics
Graduate School of Law and Politics Field of Study: Law and Politics
Title*
Associate Professor
Degree
学士(法学) ( 東京大学 )
Research Theme*
  • 刑事訴訟法全般が研究対象であるが,現在は,被疑者の供述を獲得し,それを証拠として使用するという局面における法的規律の在り方を中心に研究している。その際には,日本法と外国法との比較という軸と,日本法あるいは外国法における議論の歴史的展開という軸とを用いた分析を試みたいと考えている。

  • Research Interests
  • Criminal Procedure

  • Campus Career*
    • 4 2020 - Present 
      College of Law and Politics   Department of Law   Associate Professor
    • 4 2020 - Present 
      Graduate School of Law and Politics   Field of Study: Law and Politics   Associate Professor
    • 4 2020 - Present 
      Graduate School of Law and Politics   Field of Study: Law and Politics   Associate Professor
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Criminal law

    Research History

    • 4 2020 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Law and Politics Department of Law   Associate Professor

      More details

    • 4 2020 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Law and Politics Field of Study: Law and Politics   Associate Professor

      More details

    • 4 2020 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Law and Politics Field of Study: Law and Politics   Associate Professor

      More details

    • 4 2017 - 3 2020 
      Chiba University   Law School   Associate Professor

      More details

    • 4 2014 - 3 2017 
      The University of Tokyo   Graduate Schools for Law and Politics   Assistant Professor

      More details

    • 11 2012 - 12 2013 
      最高裁判所司法研修所   司法修習生(第66期)

      More details

    ▼display all

    Education

    • - 3 2012 
      The University of Tokyo   Faculty of Law

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    Awards

    • 4 2021  
      東京大学  第2回東京大学而立賞  『自白法則の理論的構造』(2021年度中に刊行予定)
       
      川島享祐

      More details

    Papers

    • Rethinking the Admissibility of Confessions

        59 ( 2 ) 171 - 187   7 2020

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Rethinking the Admissibility of Confessions(8)

      Journal of the Jurisprudence Association137 ( 3 ) 382 - 461   3 2020

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Rethinking the Admissibility of Confessions(7)

      Journal of the Jurisprudence Association137 ( 1 ) 29 - 104   1 2020

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Rethinking the Admissibility of Confessions(6)

      Journal of the Jurisprudence Association136 ( 11 ) 2377 - 2475   11 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Rethinking the Admissibility of Confessions(5)

      Journal of the Jurisprudence Association136 ( 9 ) 1931 - 2018   9 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Rethinking the Admissibility of Confessions(4)

      Journal of the Jurisprudence Association136 ( 7 ) 1591 - 1649   7 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Rethinking the Admissibility of Confessions(3)

      Journal of the Jurisprudence Association136 ( 5 ) 1147 - 1239   5 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Rethinking the Admissibility of Confessions(2)

      Journal of the Jurisprudence Association136 ( 3 ) 644 - 738   3 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Rethinking the Admissibility of Confessions(1)

      Journal of the Jurisprudence Association136 ( 1 ) 101 - 188   1 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    ▼display all

    Misc.

    • 刑事裁判例批評(405)警察官がマンション内のゴミステーションに捨てられたごみ袋の任意提出を受けて領置し、これを開封してその内容物を確認するなどした捜査手続が適法とされた事例[東京高裁平成30.9.5第3刑事部判決] Invited

      川島享祐

      刑事法ジャーナル66   122 - 133   2020

      More details

    • 刑事判例研究(Number 173)現住建造物等放火被告事件につき,訴因変更手続を経ることなく訴因と異なる放火方法を認定したことが違法とされた事例[最高裁第二小法廷平成24.2.29決定]

      川島享祐

      論究ジュリスト14   206 - 211   10 8 2015

      More details

      Language:Japanese   Publisher:有斐閣  

      researchmap

    Presentations

    • 自白法則の理論的構造に関する再検討

      川島享祐

      日本刑法学会第97回大会  25 5 2019 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 現住建造物等放火被告事件につき,訴因変更手続を経ることなく訴因と異なる放火方法を認定したことが違法とされた事例[最高裁第二小法廷平成24.2.29決定]

      川島享祐

      刑事判例研究会(東京大学)  13 12 2014 

      More details

      Event date: 13 12 2014 - 13 12 2014

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    Professional Memberships

    Research Projects

    • 被疑者供述の獲得・使用に対する法的規制――自白法則の歴史的・比較法的検討

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究 

      川島 享祐

      More details

      4 2018 - 3 2022

      Grant number:18K12658

      Grant amount:\3640000 ( Direct Cost: \2800000 、 Indirect Cost:\840000 )

      本研究課題は,①自白法則がいかなる理論的構造を有しているのか,及び,②いかなる判断基準の下で自白の証拠能力が判断されるのか,という問題を主たる検討対象とするものである。令和元年度の検討の中心は①であったが,下記のとおり,当初の計画以上に研究を進展させることができた。
      まず,今年度の前半には,当初の予定通り,自白法則の理論的構造に関して,イギリス法,オーストラリア法,カナダ法の検討を行った。これら3国の自白法則は,いずれも自白の信頼性に着目する信頼性原理を基調としているが,自白排除の判断基準として伝統的な「任意性」概念を用いるかといった点に差異がある。これらを比較検討することにより,信頼性原理の内実やそこから導かれる判断枠組みを明らかにした。
      これらの研究が比較的順調に進行したことから,今年度の後半には,自白法則の理論的構造に関して,アメリカ法とドイツ法の検討を行った。この検討により,ドイツ法においては専ら「意思決定及び意思活動の自由」に着目した判断がなされているのに対して,アメリカの判例においては,「任意性」概念の下で,様々な自白排除の理論的根拠が主張されていることを明らかにした。
      さらに,今年度には,この2年間に得られた歴史的・比較法的知見を総合し,日本法の下では,「任意性」概念に過度に依存することなく,複数存在する自白排除の理論的根拠ごとに自白排除の可能性を検討していくべきである旨の提言等を行った。
      これらの研究成果は,法学協会雑誌上に公表するとともに,その要旨について,日本刑法学会第97回大会において個別研究報告を行うことができた。
      また,本年度には,当初の予定を変更してドイツに出張し,現地の研究者等に対してインタビューをするとともに,裁判所における現地調査を実施した。

      researchmap

    • 犯罪の訴追・予防を目的とする情報の収集と利用に対する法的規制のあり方

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      大澤 裕, 笹倉 宏紀, 田中 開, 井上 正仁, 佐藤 隆之, 稲谷 龍彦, 酒巻 匡, 神田 雅憲, 池田 公博, 川出 敏裕, 大谷 祐毅, 成瀬 剛, 川島 享祐, 朝村 太一, 樋口 拓磨

      More details

      4 2018 - 3 2021

      Grant number:18H00800

      Grant amount:\17030000 ( Direct Cost: \13100000 、 Indirect Cost:\3930000 )

      本年度も,3つの研究班(①犯罪訴追目的での情報の継続的収集班,②犯罪訴追目的での情報の蓄積・利用班,③犯罪予防目的での情報の収集・利用班)を構成して,調査研究を進めた。
      各研究班は,昨年度に引き続き,外国文献の精読を継続したが,本年度末にアメリカ法セミナー及びドイツの現地調査を予定していたため,特に,アメリカとドイツにおいて用いられている各手法及びそれらに対する立法・判例による規律について重点的に調査した。
      具体的には,①班は,アメリカ連邦最高裁判例であるUnited States v. Jones, 565 U.S. 400 (2012)(GPS捜査),Riley v. California, 134 S. Ct. 2473 (2014)(無令状で差し押さえられた携帯電話の検索),Carpenter v. United States, 138 S. Ct. 2206 (2018)(携帯電話の位置情報の取得),及び,ドイツ刑訴法におけるオンライン捜索(100条b),通信履歴の獲得(100条g),技術的手段による監視(100条h)について調査した。また,②班は,ドイツ刑訴法において,捜査によって獲得された個人関連データを他の刑事手続のために利用する場合(479条,100条e第6項),及び,行政警察目的で利用する場合(481条)の規律について検討した。さらに,③班は,ベルリン州・公共の安全と秩序の保護のための一般法において犯罪予防目的の手段として定められている,長期間の監視と技術的手段の利用によるデータの収集(25条),及び,通信端末の位置情報の取得(25条a)について分析した。
      新型コロナウィルスの感染拡大により,アメリカ法セミナー及びドイツの現地調査はいずれも中止せざるを得なくなったが,全体会合において各班が獲得した知見を全員で共有できたことは,大きな成果である。
      <BR>

      researchmap