Updated on 2021/08/31

写真b

 
KAWAMURA Gakuto
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Community and Human Services Department of Social Work
Graduate School of Community and Human Services Field of Study: Community and Human Services
Graduate School of Community and Human Services Field of Study: Community and Human Services
Title*
Associate Professor
Degree
博士(社会福祉学) ( 日本福祉大学 )
Contact information
Mail Address
Research Theme*
  • 社会的に脆弱な層が特定の場所に集められ、その場所が排除された空間として意味づけられていく現象に着目し、こうした問題状況を改善するための地域支援のありようを追求している。具体的には、⾼齢者、障害者、外国人などの集住が進む大規模公営住宅団地をフィールドに据え、団地を一部に含むより広い地域社会の中で入居者を包摂していくための道筋を検討している。

  • Campus Career*
    • 4 2021 - Present 
      College of Community and Human Services   Department of Social Work   Associate Professor
    • 4 2021 - Present 
      Graduate School of Community and Human Services   Field of Study: Community and Human Services   Associate Professor
    • 4 2021 - Present 
      Graduate School of Community and Human Services   Field of Study: Community and Human Services   Associate Professor
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Social welfare

    Research History

    • 4 2021 - Present 
      Rikkyo University   College of Community and Human Services

      More details

    • 4 2020 - 3 2021 
      Oita University   Faculty of Welfare and Health Science

      More details

    • 4 2016 - 3 2020 
      Oita University   Faculty of Welfare and Health Science

      More details

    • 4 2013 - 3 2019 
      Nihon University   College of Humanities and Sciences

      More details

    • 4 2015 - 3 2016 
      Meiji Gakuin University   Faculty of Sociology and Social Work

      More details

    • 4 2014 - 3 2016 
      Health Science University

      More details

    • 4 2013 - 3 2016 
      Meisei University   School of Humanities

      More details

    • 4 2010 - 3 2014 
      Health Science University

      More details

    • 4 2007 - 3 2010 
      Health Science University

      More details

    ▼display all

    Education

    • 4 2009 - 3 2018 
      Nihon Fukushi University   Graduate School of Social Well-Being and Development

      More details

    • 4 2005 - 3 2007 
      Nihon Fukushi University   Graduate School of Social Welfare

      More details

    • 4 1997 - 3 2001 
      Sophia University   Faculty of Law

      More details

    Committee Memberships

    • 7 2021 - Present 
      日本居住福祉学会   事務局次長

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 5 2021 - Present 
      公益財団法人社会福祉振興・試験センター   社会福祉士試験委員

      More details

      Committee type:Other

      researchmap

    • 4 2021 - Present 
      調布市社会福祉協議会   共同募金調布地区配分推薦委員会 委員

      More details

      Committee type:Other

      researchmap

    • 4 2021 - Present 
      調布市   第11期地域福祉推進会議 委員

      More details

      Committee type:Municipal

      researchmap

    • 4 2017 - 6 2021 
      社会福祉法人大分県共同募金会   評議員

      More details

      Committee type:Other

      researchmap

    • 8 2020 - 3 2021 
      中津市   地域福祉計画策定委員会 副委員長

      More details

      Committee type:Municipal

      researchmap

    • 7 2020 - 3 2021 
      日本地域福祉学会   第12期地方委員(大分県)

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 4 2018 - 3 2021 
      社会福祉法人大分県社会福祉協議会   地域福祉推進委員会 委員

      More details

      Committee type:Other

      researchmap

    • 4 2018 - 3 2021 
      調布市   第10期地域福祉推進会議 委員

      More details

      Committee type:Municipal

      researchmap

    • 4 2015 - 3 2019 
      貧困研究会   運営委員会 委員

      More details

      Committee type:Academic society

      researchmap

    • 4 2015 - 3 2018 
      調布市   第9期地域福祉推進会議 委員

      More details

      Committee type:Municipal

      researchmap

    • 4 2015 - 3 2017 
      中央区   孤立防止・生きがい推進懇談会 会長

      More details

      Committee type:Municipal

      researchmap

    • 4 2014 - 3 2015 
      中央区   高齢者施策推進委員会 副会長

      More details

      Committee type:Municipal

      researchmap

    • 4 2012 - 3 2015 
      調布市   第3期障害福祉計画作成委員会 委員

      More details

      Committee type:Municipal

      researchmap

    • 4 2012 - 3 2015 
      調布市 第8期地域福祉推進会議 委員

      More details

      Committee type:Municipal

      researchmap

    ▼display all

    Papers

    • 大規模公営住宅団地の入居者と周辺住民が交流する場の創出 : 推進組織の整備に着目して Peer-reviewed

      川村 岳人

      居住福祉研究 ( 28 ) 59 - 72   11 2019

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:東信堂  

      CiNii Article

      researchmap

    • Relevant factors of verifying child abuse death at local governments Peer-reviewed

      岩野 卓, 川村 岳人, 相澤 仁, 奥山 眞紀子

      子どもの虐待とネグレクト = Japanese journal of child abuse and neglect : 日本子ども虐待防止学会学術雑誌20 ( 3 ) 369 - 375   2 2019

      More details

      Language:Japanese   Publisher:日本子ども虐待防止学会 ; 1999-  

      CiNii Article

      researchmap

    • Perception of Community Among People Receiving Welfare Services and Living in Large Public Housing Areas Peer-reviewed

      川村 岳人

      貧困研究 = Journal of poverty16   90 - 99   7 2016

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:貧困研究会 ; 2008-  

      CiNii Article

      researchmap

    • The Factors Relevant to Social Isolation : A Comparative Analysis of Middle-aged Group and Elderly Group Peer-reviewed

      川村 岳人

      日本の地域福祉27   69 - 81   3 2014

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本地域福祉学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • The current state of IT progress in individual support plans and records in service for persons with disabilities

      柳下 孝義, 河又 恒夫, 小宮 三彌, 小林 久利, 中村 雄, 糸井 睦絵, 佐藤 佐和子, 萱沼 磨裕美, 川村 岳人

      The bulletin of Health Science University ( 7 ) 17 - 34   3 2011

      More details

      Language:Japanese   Publisher:健康科学大学  

      CiNii Article

      researchmap

    • Building a community health care system which promotes remotes resident participation

      木部 美知子, 入江 多津子, 川村 岳人, 飯沼 愛子, 三輪 有紀, 赤津 雄也, 石原 廣人, 大石 秀隆, 日原 和美, 梶原 和幸, 渡辺 昭一, 渡辺 大介, 外川 豪, 渡辺 顕夫, 坂本 龍次, 木部 和彦

      The bulletin of Health Science University ( 6 ) 77 - 92   3 2010

      More details

      Language:Japanese   Publisher:健康科学大学  

      CiNii Article

      researchmap

    • A study of issues and challenges in residents' permanent living on isolated islands by the local government's welfare services Peer-reviewed

      川村 岳人

      群馬社会福祉論叢3   103 - 120   2010

      More details

      Language:Japanese   Publisher:昌賢学園群馬社会福祉大学大学院  

      CiNii Article

      researchmap

    • Study of the hindrance to community care services among the elderly in isolated islands

      川村 岳人

      The bulletin of Health Science University ( 5 ) 77 - 89   3 2009

      More details

      Language:Japanese   Publisher:健康科学大学  

      CiNii Article

      researchmap

    • Comparative study of promoting community welfare in isolated islands of Okinawa

      川村 岳人

      The bulletin of Health Science University ( 4 ) 99 - 110   3 2008

      More details

      Language:Japanese   Publisher:健康科学大学  

      CiNii Article

      researchmap

    ▼display all

    Misc.

    • 書評 斉藤雅茂著『高齢者の社会的孤立と地域福祉 : 計量的アプローチによる測定・評価・予防策』 Invited

      川村 岳人

      社会福祉研究 ( 133 ) 113 - 113   10 2018

      More details

    Books and Other Publications

    • 社会福祉学事典

      川村 岳人( Role: Contributor)

      丸善出版  5 2014  ( ISBN:4621088149

      More details

      Book type:Dictionary, encyclopedia

      researchmap

    Presentations

    • 公営住宅におけるコミュニティの再生ー空間的な分断を超えた共同性の醸成 Invited

      川村岳人

      2021年度日本居住福祉学会 総会・小講演会  7 2021 

      More details

      Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

      researchmap

    • 公営住宅団地における自治会の活動への参加頻度に関連する要因ー入居者の主観的な意識に着目して

      川村岳人

      第34回日本地域福祉学会  6 2020 

      More details

    • 大規模公営住宅団地の入居者と周辺住民の交流を促進する要因 International conference

      川村 岳人

      第17回日中韓居住問題国際会議  10 2019 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 公営住宅の集中地域における社会的孤立の予防・解消に向けた地域支援に関する研究

      川村 岳人

      第31回日本地域福祉学会  6 2017 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 公営住宅政策がコミュニティ形成に与える影響に関する実証研究

      川村 岳人

      第101回社会政策学会九州部会研究会  2 2017 

      More details

      Language:Japanese  

      researchmap

    • 福島の原発事故避難者の生活実態等に関する調査研究(1)

      川村 岳人, 和気 康太, 望月 孝裕

      第29回日本地域福祉学会  6 2015 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 公営集合住宅団地における稼働年齢層の社会的孤立の関連要因

      川村 岳人

      第28回日本地域福祉学会  6 2014 

      More details

    • 大規模集合住宅団地における社会的孤立の基本的特徴-『地域住民の日常生活と地域社会に関する意識調査』を通して-

      川村 岳人

      第27回日本地域福祉学会  6 2013 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    • 『不定住的貧困』に対応するための地域福祉の実践的課題(その2)―地域生活支援の方法―

      川村 岳人, 後藤 広史

      第26回日本地域福祉学会  6 2012 

      More details

      Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

      researchmap

    ▼display all

    Professional Memberships

    •  
      社会政策学会

      More details

    •  
      ACADEMY OF HOUSING FOR LIFE AND WELL-BEING

      More details

    •  
      JAPANESE RESEARCH ASSOCIATION FOR COMMUNITY DEVELOPMENT

      More details

    •  
      JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE

      More details

    •  
      SOCIETY FOR THE STUDY OF POVERTY

      More details

    Research Projects

    • 公営住宅団地の入居者と周辺住民の共生に向けた地域支援に関する研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      川村 岳人

      More details

      4 2020 - 3 2023

      Grant number:20K02183

      Authorship:Principal investigator 

      Grant amount:\2990000 ( Direct Cost: \2300000 、 Indirect Cost:\690000 )

      researchmap

    • ソウル市のベーシックインカム試行と能動的就労への支援による自立回復に関する研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      下村 幸仁, 菅野 拓, 川村 岳人, 五石 敬路, 長友 祐三, 畑本 裕介

      More details

      4 2018 - 3 2021

      Grant number:18H00946

      Grant amount:\12610000 ( Direct Cost: \9700000 、 Indirect Cost:\2910000 )

      本研究の目的は、①ワークフェアが強化される生活保護等において「条件」として否定的に論じられる就労支援に対して、利用者の尊厳としての就労を確保するための支援として「肯定的」に捉え直すことである。また、②能動的な就労を促す可能性があるベーシックインカムを介しての支援はどのようなものかを検討することにある。
      研究初年度の2018年度は、研究チームの各自が先行研究のレビューを行った。そして10月に、韓国を訪問し、若者を対象としたベーシックインカムである青年手当制度の実験を行ったソウル市を視察・調査した。ソウル市庁では、市長室のヤン政策秘書官と青年活動チームのチェ氏から青年手当の導入背景と運営状況についてヒアリングを行った。また、ソウル市政研究院では、青年手当の制度設計に携わったキム博士から2019年度から国が全国で実施することになった理由について説明を受けた。また、ソウル市型基礎生活保障制度を導入した経緯と制度概要について、日本人研究者として初の知見を得た。
      一方、ベーシックインカム中のフィンランド調査は、先方の都合により本年度は断念した。しかし、ベーシック・インカム実験が進んでいるオランダを訪問し、ティルブルフ大学、ユトレヒト大学及びフローニンゲン大学でそれぞれRuud Muffels教授、Look Groot教授、Gijsbert Vonk教授から参加型ベーシックインカムの実験の結果についてヒアリングを行った。

      researchmap

    • 地域包括システムのためのアセスメント票の開発

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      相澤 仁, 垣田 裕介, 川村 岳人, 岩野 卓, 片岡 晶志, 池永 恵美, 朝井 政治, 河野 伸子, 田中 健一朗, 松本 由美

      More details

      4 2018 - 3 2021

      Grant number:18H00944

      Grant amount:\17030000 ( Direct Cost: \13100000 、 Indirect Cost:\3930000 )

      研究1. ライフステージ別の家族アセスメント票の開発:本研究においては、まず、アセスメント評価ツールおよびアセスメントの現状を把握するため、大分県内の市町村で相談業務に従事している専門職を対象にアセスメントに関するアンケート調査を実施した。その結果及び協力市町村の相談業務担当者へのヒアリングを実施した結果などを踏まえて、包括ケアを実施する上で必要になる初期段階で活用するための家族アセスメントシート及びその家族アセスメントシート記入マニュアルについて検討を行い、その素案を作成した。
      研究2. 複合的ニーズに対応した包括ケア事業の開発:全国において複合的なニーズに対応した包括ケアをモデル的に取り組んでいる市町村に対してヒアリング調査を実施し、そのメリット・デメリットについて把握するため、国内では先駆的な包括的ケアの取り組みを実施している自治体5カ所(①社会福祉法人山形市社会福祉協議会、②茅野市役所、③川崎市幸区役所、④土佐市保健福祉センター、⑤明石市子育て支援センター等)の視察を実施した。国外では家族ネウボラを実施しているフィンランドを視察し、家族全体入所させて包括的なケアを実施して施設などの実態把握を行い、その特徴や効果などについて理解を深めた。
      研究3. 人材育成・研修システムに関する調査研究:地域包括ケアの中心的な役割を担うリーダー(以下「ケアリーダー」)に必要な専門性についての到達目標を立案するため、大分県内の市町村(杵築市、臼杵市、由布市、豊後高田市)で実施している地域ケア会議を視察し、必要な専門性の把握を行った。

      researchmap

    • 「制度の狭間」を支援する社会的企業の福祉供給体制下における意義と役割に関する研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      熊田 博喜, 本多 勇, 後藤 広史, 相馬 大祐, 庄司 貞之, 川村 岳人

      More details

      4 2017 - 3 2020

      Grant number:17K04259

      Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

      本研究は、福祉供給体制下の中で、新たな問題解決主体、特に「制度の狭間」の支援主体として台頭しつつある社会的企業が、どのような支援を展開し、どのような役割を果たしているのか実証的に明らかにすること、これからの社会福祉供給体制の再編に向けてどのような位置を担うのか、地域を単位として検討することを目的としている。社会的企業という主体の実態、役割・機能については研究が蓄積され、重要な知見も提示されつつあるが、「制度の狭間」に置かれた人々に対する支援を行う社会的企業の実態、役割・機能を解明した研究は少ない。本研究は、「制度の狭間」を支援する社会的企業を供給・利用の各面から、質・量的研究によってその意味・役割を加盟すると共に、地域の諸主体との関係の中に位置づけ、新たな福祉供給体制のモデル検討を試みる。
      今年度については、①「社会的企業」の実践事例の蓄積と②特定の社会的企業の多角的分析(組織・利用者・地域との関係分析)、そして③社会的企業の実態・役割把握に向けての量的調査の検討を行った。以下その概要について述べていきたい。
      ①「社会的企業」の実践事例については、障害・生活困窮に関する2団体の代表から取り組の実際や特徴についてヒアリングを行っている。
      ②特定の社会的企業の多角的分析については、生協系の団体のご理解を得て、参加にある3団体の社会福祉法人理事長へのインタービューを実施した。
      ③社会的企業の実態・役割の量的把握については、対象と調査票の検討を行った。

      researchmap

    • 公営住宅の集中地域における福祉対象層の包摂に向けた地域支援のあり方に関する研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B) 

      川村 岳人

      More details

      4 2017 - 3 2020

      Grant number:17K13874

      Authorship:Principal investigator 

      Grant amount:\2470000 ( Direct Cost: \1900000 、 Indirect Cost:\570000 )

      本研究は,公営住宅が集中的に立地する地域で福祉対象層を包摂するコミュニティを形成するための地域福祉実践を検討することを目的としている。
      平成30年度は,アンケート調査票を作成した後,調査協力者に調査票を送付し,調査票の内容がそれぞれの地域の実態に適合しているかどうか意見を求めた。
      また,インタビュー調査については,調査結果の分析を実施する予定であったが,当初の予定より早くインタビュー調査を実施できたこともあり,調査結果の分析だけでなく,それを踏まえた理論化に着手することができた。具体的には,公営住宅の入居者と周辺住民との交流を促進する小地域福祉活動の成立要因に焦点を当てて分析を実施した。この結果,小地域福祉活動の成立要因として,「周辺住民と交流する必要性への入居者の理解」「自発的な参加者のみで構成される小規模な組織」「立地条件のいい共同施設の地域開放」の3点を抽出し,こうした活動を展開するためには,①入居者が周辺住民との交流を自発的に選択するよう動機づけを行うこと,②入居者だけでなく,周辺住民も含めて活動主体を組織化すること,③公営住宅団地を地域の交流拠点として活用することが重要であるとの知見を得た。これらの結果を発表するために,論文としてまとめて学会誌に投稿した。(この論文は審査の結果,掲載されることがすでに決定している。)

      researchmap

    • A study on Self-reliance Support System by the Social working that assumed a contribution to society business a base

      Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B) 

      SHIMOMURA YUKIHITO, SUGANO Taku, KUSHIBE Taketoshi

      More details

      4 2012 - 3 2017

      Grant number:24330172

      Grant amount:\19110000 ( Direct Cost: \14700000 、 Indirect Cost:\4410000 )

      The working support of the livelihood protection system of our country establishes an important point for the middle working, but there are few saucers, and, however, the place that I set KPI index, and is going to manage the result is characteristic, and the hope ribbon project that was the principle of result was abolished, and and welfare region and an employment welfare plus center supporting of the inclusion of one of the Labor Relations Division are established, and the working support in Korea enlarges the hope care system which was's original life poor independence support business of the State of south Yang city again throughout Gyeonggi Do because independence by the working provides care of the inclusion for a difficult person.

      researchmap

    • The study of effects of citizen participation type interventions on the social capital in the depopulation areas in Japan

      Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B) 

      Nakata Tomoo, TAKANO Kazuyoshi, IWAMA Akikoa, KAWAMURA Gakuto, KAGAWA Mitsuhiro

      More details

      4 2011 - 3 2016

      Grant number:23330180

      Grant amount:\18460000 ( Direct Cost: \14200000 、 Indirect Cost:\4260000 )

      The purpose of this study was to verify whether the social capital, such as trust and cohesion among residents of local community, increases by the local activities of the residents through quantitative and qualitative research. The repeated survey was conducted to measure the social capital created by the local activities among the residents in the neighborhood association. However, it was not possible to allow the differences in their increment by residents activities, while it has been increased population as a whole. Though these may be either sampling error or sndividual circumstances among the neighborhood associations, such as aging or level of quality of local activities, it was not possible to clarify.

      researchmap

    • A study on the construction of inclusive community care system in remote islands and mountainous regions

      Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B) 

      KAWAMURA g-kawamura@kenkoudai.ac.jp

      More details

      4 2011 - 3 2013

      Grant number:23730552

      Authorship:Principal investigator 

      Grant amount:\1950000 ( Direct Cost: \1500000 、 Indirect Cost:\450000 )

      To clarify the issue for municipality to construct an inclusive community care system in remote islands and mountainous regions, I considered the following three points mainly.
      First, the results of analysis of the relationship between municipal administrators and residents, the relationship tends to be maintained after the use of the service. Second, a small municipality have an advantage in the discretion of staff and decision-making within the organization. Third, residents who do not conform to the local customs are more likely to leak from the territorial network.

      researchmap

    • Thinking about the position of social worker in life support systems

      Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C) 

      KOMATSU Risako, KUMADA Hiroki, KAWAMURA Gakuto, GOTO Hiroshi

      More details

      2011 - 2013

      Grant number:23530781

      Grant amount:\5200000 ( Direct Cost: \4000000 、 Indirect Cost:\1200000 )

      We reseached into NPO and thought about the position of social worker in life support systems.Most of the NPO that is doing good practice is doing to creat the network with another NPO.So We think that all social workers must creat the network in the community. We call it 'Ba'.'Ba'will move the menber of support system. And all social workers must work in the community.

      researchmap

    ▼display all