Updated on 2021/06/22

写真b

 
MIYAGAWA Mariko
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Contemporary Psychology Department of Expression Studies
Title*
Assistant Professor
Degree
博士(学術) ( 7 2020   東京大学総合文化研究科 ) / 修士(学術) ( 3 2010   東京大学総合文化研究科 )
Campus Career*
  • 4 2021 - Present 
    College of Contemporary Psychology   Department of Expression Studies   Assistant Professor
 

Research History

  • 4 2021 - Present 
    Rikkyo University   College of Contemporary Psychology Department of Expression Studies

    More details

  • 9 2020 - Present 
    東京都立大学   人文社会学部人文学科   非常勤講師

    More details

  • 9 2019 - Present 
    Shobi University   Faculty of Informatica for Arts Department of Performing Arts

    More details

  • 4 2019 - Present 
    Waseda University   Tsubouchi Memorial Theatre Museum

    More details

  • 4 2018 - 3 2021 
    Chiba University

    More details

  • 4 2017 - 3 2018 
    Kaichi International University   Faculty of Liberal Arts

    More details

  • 4 2014 - 3 2016 
    Japan Society for the Promotion of Science

    More details

▼display all

Papers

  • Ohno Kazuo: His Philosophy of the Body and His Écriture Peer-reviewed

    Miyagawa Mariko

        7 2020

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Doctoral thesis  

    researchmap

  • Overflowing Local Bodies in Global Age――(Re)presentations of Japanese Bodies in Different Theatrical Forms Inside and Outside Japan During the Period of (Post-)Globalization Peer-reviewed

    Rina TANAKA, Mariko Miyagawa, Ken HAGIWARA, Hayato KOSUGE

      17 ( 1 ) 35 - 53   2018

    More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • "The Philosophy of movement and body:The Novelty of Techniques in Kazuo Ohno's Butoh" Peer-reviewed

    MIYAGAWA Mariko

    Choreologia2015 ( 38 ) 33 - 42   2015

    More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japanese Society for Dance Research  

    DOI: 10.11235/buyougaku.2015.38_33

    CiNii Article

    researchmap

  • Kazuo Ohno’s Dance and his Methodology: From Analyzing his Butoh-fu

    Miyagawa Mariko

    Congress on Research in Dance Conference ProceedingVolume/2015   117 - 124   2015

    More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

    researchmap

  • 『せめて鋳型に鉄を流し込むようにその踊りの形の中に自分を流し込むことによって』――川口隆夫『大野一雄について』評 Peer-reviewed

    宮川麻理子

    シアターアーツ ( 58 ) 76 - 87   2014

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

    researchmap

  • お膳の上で : 大野一雄における胎児と母の表象に関する一考察 (即興とプログラム) Peer-reviewed

    宮川 麻理子

    表象文化論研究9   2 - 21   3 2013

    More details

    Language:Japanese   Publisher:東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース  

    CiNii Article

    researchmap

  • An Analysis of Kazuo Ohno's Mr. O Film Series : Body, Image and Gesture Peer-reviewed

      2011 ( 1 ) 269 - 288   1 2011

    More details

    Language:Japanese  

    CiNii Article

    researchmap

  • 大野一雄における女装の意義とその変遷――『ラ・アルヘンチーナ頌』に至る軌跡 Peer-reviewed

    宮川麻理子

        3 2010

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Master’s thesis  

    researchmap

▼display all

Misc.

  • 書評「越智雄磨『コンテンポラリー・ダンスの現在:ノン・ダンス以後の地平』」 Invited

    宮川麻理子

    Tokyo Academic Review of Books Online Journal   11 2020

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

    researchmap

  • 書評「ケイトリン・コーカー著『暗黒舞踏の身体経験-アフェクトと生成の人類学』」 Invited

    宮川麻理子

    総人・人環フォーラム ( 38 ) 38 - 38   2 2020

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

    researchmap

  • シンポジウム報告「街頭で、劇場で、舞踊の60年代──アクション/リアクション(日本とフランスの比較を通じて)」 Invited

    宮川麻理子

    ニューズレターREPRE ( 36 )   6 2019

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    researchmap

  • グルーヴが生み出すカラダ : セシリア・ベンゴレア&フランソワ・シェニョー『DUB LOVE』 (特集 老いゆく記憶) -- (2018年のダンス)

    宮川 麻理子

    Theatre arts. 第三次 : 演劇批評誌 : 劇と批評の深化のために ( 63 ) 129 - 135   2019

    More details

    Language:Japanese   Publisher:AICT日本センター ; 2010-  

    CiNii Article

    researchmap

  • 未踏の体に向けて――岩渕貞太『missing link』 Invited

    宮川麻理子

    研究と批評 季刊 ダンスワーク ( 81 ) 74 - 77   2018

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    researchmap

  • 身体/批評文化の発展への期待 Invited

    宮川麻理子

    研究と批評 季刊 ダンスワーク ( 81 ) 82 - 83   2018

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    researchmap

  • すこやかクラブ「たちかわ怪奇クラブ」体験談 Invited

    宮川麻理子

    artissue舞台芸術専門誌 前衛(的)芸術みんなのアヴァンギャルド   2017

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

    researchmap

  • シンポジウム 教養教育としての演劇の可能性 (日本演劇学会二〇一七年度大会 演劇と教養)

    梅山 いつき, 辻 佐保子, 宮川 麻理子, 花家 彩子, 中島 裕昭

    演劇学論集 : 日本演劇学会紀要 = Theatre studies : journal of the Japanese Society for Theatre Research ( 65 ) 79 - 88   2017

    More details

    Language:Japanese   Publisher:日本演劇学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 世界とステージのつながり――ティツィアナ・ロンゴ ソロ舞踏『MUT』 Invited

    宮川麻理子

    artissue舞台芸術専門誌 前衛(的)芸術みんなのアヴァンギャルド   2017

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

    researchmap

  • 新たな環世界へアクセスする――関かおりPUNCTUMUN Invited

    宮川麻理子

    研究と批評 季刊 ダンスワーク ( 80 ) 70 - 75   2017

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    researchmap

  • 献身的な戦略――川口隆夫試論 Invited

    宮川麻理子

    研究と批評 季刊ダンスワーク ( 79 ) 14 - 23   2017

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    researchmap

  • 脱フォルムの試み──大野一雄『睡蓮』創作ノートの読解より Invited

    宮川麻理子

    ニューズレターREPRE ( 29 )   2017

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Other  

    researchmap

  • 刻み続けるリズムによせて――OM-2『9/NINE』評 Invited

    宮川麻理子

    artissue舞台芸術専門誌 前衛(的)芸術みんなのアヴァンギャルド   2016

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

    researchmap

  • 溢れ出る肉体―ダヴィデ・ヴォンパク『渇望』について

    宮川麻理子

    Webマガジン「シアターアーツ」   2016

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

    researchmap

  • 舞踏の「ことば」の受容 : フランスにおける大野一雄への批評記事調査

    宮川 麻理子

    Résonances : レゾナンス : 東京大学大学院総合文化研究科フランス語系学生論文集 ( 9 ) 98 - 99   1 12 2015

    More details

    Language:Japanese   Publisher:東京大学教養学部フランス語・イタリア語部会「Résonances」編集委員会  

    [研究ノート]

    DOI: 10.15083/00038386

    CiNii Article

    researchmap

  • あらかじめ解釈を放棄する自由を観客は与えられている Invited

    宮川麻理子

    artissue 舞台芸術専門誌 前衛(的)芸術みんなのアヴァンギャルド ( 4 )   2015

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

    researchmap

  • 芸術家への直接支援:伊藤千枝の3年間の活動 Invited

    宮川麻理子

    The Saison Foundation Annual Report 2014 (2014年度事業報告書)   30 - 30   2015

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    researchmap

  • 芸術家への直接支援:山田うんの3年間の活動 Invited

    宮川麻理子

    The Saison Foundation Annual Report 2013 (2013年度事業報告書)   32 - 32   2014

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    researchmap

  • 舞踏の受容と「間」:「〈間〉日本の時空間展」を中心に

    宮川 麻理子

    舞踊學2012 ( 35 ) 112 - 112   2012

    More details

    Language:Japanese   Publisher:舞踊学会  

    DOI: 10.11235/buyougaku.2012.35_112

    CiNii Article

    researchmap

  • 投稿劇評 われわれは死を受け入れ/上演することが可能であるのか : 『3Abschied(3つの別れ)』

    宮川 麻理子

    Theatre arts. 第三次 : 演劇批評誌 : 劇と批評の深化のために ( 46 ) 138 - 140   2011

    More details

    Language:Japanese   Publisher:AICT日本センター ; 2010-  

    CiNii Article

    researchmap

  • 不安定で強靭な肉体――上杉満代舞踏ソロ『ベイビーメランコリア――夢六夜』

    宮川麻理子

    テルプシコール通信 ( 118 ) 4 - 5   2010

    More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

    researchmap

▼display all

Books and Other Publications

  • The Routledge companion to Butoh performance Peer-reviewed

    Baird, Bruce, Candelario, Rosemary, Elswit, Kate, Miyagawa Mariko, Eiko Otake, Tara Rodman( Role: Contributor)

    Routledge  2019  ( ISBN:9781138691094

    More details

    Total pages:xxix, 558 p.   Responsible for pages:pp. 126-136   Language:English Book type:Scholarly book

    CiNii Books

    researchmap

  • The Routledge companion to Butoh performance Peer-reviewed

    Baird, Bruce, Candelario, Rosemary, Miyagawa Mariko, et al( Role: Contributor)

    Routledge  2019  ( ISBN:9781138691094

    More details

    Total pages:xxix, 558 p.   Responsible for pages:pp. 519-524   Language:English Book type:Scholarly book

    CiNii Books

    researchmap

  • 欲望と誤解の舞踏 : フランスが熱狂した日本のアヴァンギャルド

    Pagès, Sylviane, 北原, まり子, 宮川, 麻理子, De Vos, Patrick( Role: Joint translator)

    慶應義塾大学出版会  2017  ( ISBN:9784766424102

    More details

    Total pages:iii, 313, 51p   Language:Japanese

    CiNii Books

    researchmap

Teaching Experience

  • 10 2020 - Present 
    空間表象論 ( 東京都立大学 )

    More details

  • 9 2019 - Present 
    舞踊論 ( 尚美学園大学 )

    More details

  • 4 2018 - 3 2021 
    フランス語マスター、フランス語文化 ( 千葉大学 )

    More details

  • 4 2017 - 3 2018 
    演劇概論 ( 開智国際大学 )

    More details

Professional Memberships

  • 2018 - Present 
    International Federation for Theatre Reseach

    More details

  • 2016 - Present 
    日本演劇学会

    More details

  • 2015 - Present 
    Performance Studies International

    More details

  • 2012 - Present 
    表象文化論学会

    More details

  • 2010 - Present 
    舞踊学会

    More details

Research Projects

  • 大野一雄における舞踏の方法論の形成-動きを生み出すテクストを中心に

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 

    宮川 麻理子

    More details

    4 2014 - 3 2016

    Grant number:14J09560

    Grant amount:\700000 ( Direct Cost: \700000 )

    大野一雄が舞踏を創造した方法論を、残された舞踏譜をもとに明らかにすることが本研究の目的である。本年度はこれらに加えて、指導委託先のパリ第八大学で学んだ研究方法をもとに、大野の身体性や動きに対する思想にも着目し以下の通り研究を進めた。
    1)大野が世界的に注目されるきっかけとなったフランスでの受容調査:4~7月フランス国立舞踊センターにおいて資料(大野一雄のフランスでの公演評、大野のもとで研鑽を積み作品を制作したカトリーヌ・ディヴェレスについての資料)の調査を行った。フランスでの受容に関しては、『レゾナンス』第9号に結果報告を記載した。また、大野の身振りの伝達という観点からディヴェレスの作品の分析を行い、8月の国際パフォーマンス・スタディーズ学会で成果を発表した。
    2)大野の動きの分析、またその発展としてパントマイムとの関係についての調査:大野の姿勢の維持方法、運動・身体観について新たに見つかった資料をもとに論じたものを『舞踊学』に投稿した。またここから、ある身振り(E.ドゥクルーに由来するパントマイム)が別の身体へと移転していく現象を、大野の身体の中に見出すことにもなった。この部分については博士論文の主文脈からはやや外れるものの、大野の舞踏の根幹をなす要素があるため、2016年7月の日本演劇学会大会で調査内容を発表予定である。
    3)舞踏譜についてのまとめ:『ラ・アルヘンチーナ頌』『わたしのお母さん』、そして演出を担った土方巽の死後制作された『睡蓮』に関して舞踏譜の分析を進めた。それぞれ学会発表や学術誌において発表してきたものをまとめ、また必要に応じて博士論文の章立てを修正した。作品創作のプロセスに焦点をあてることで、いわゆるノーテーションの記号とは異なる豊かさを指摘したい。また比較対象も選定し、笠井叡や土方巽等他の舞踏家の言葉を例示しながら大野の独自性にアプローチしている。

    researchmap