Updated on 2024/04/04

写真b

 
KAWAHARA Fusako
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Sport and Wellness Department of Sport and Wellness
Title*
Assistant Professor
Research Interests
  • サッカー

  • アジリティ

  • 方向転換

  • Campus Career*
    • 4 2023 - Present 
      College of Sport and Wellness   Department of Sport and Wellness   Assistant Professor
     

    Research Areas

    • Life Science / Sports sciences

    Research History

    • 4 2023 - Present 
      Rikkyo University   Department of Sport and Wellness   Assistant professor

      More details

    • 4 2022 - 3 2023 
      Kansai University   Faculty of Health and Well-being

      More details

    • 4 2021 - 3 2022 
      Osaka City University   Research Center for Urban Health and Sports

      More details

    • 4 2021 - 3 2022 
      Osaka Institute of Technology

      More details

    • 4 2019 - 3 2021 
      Den-en Chofu University   Faculty of Child Educare and Child Development

      More details

    Education

    • 4 2018 - 3 2021 
      University of Tsukuba   Graduate School of Comprehensive Human Sciences

      More details

    Awards

    • 3 2018  
      日本コーチング学会  優秀発表賞 
       
      川原布紗子, 吉田拓矢, 九鬼靖太, 谷川聡

      More details

    Papers

    • 大学女子サッカー選手のリバウンドジャンプにおける下肢筋力・パワー発揮特性 :各種走能力,筋力との関係性および競技レベルによる違い Peer-reviewed

      吉田拓矢, 川原布紗子, 福田有紗, 白井蒼, 佐久間彩, 図子あまね, 浅井武, 谷川聡, 平嶋裕輔

      体育学研究   2021

      More details

      Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • The effect of decision making under a light stimulus on movement during a change of direction Peer-reviewed

      Fusako KAWAHARA, Takuya YOSHIDA, Eri NONAKA, Satoru TANIGAWA

      Taiikugaku kenkyu (Japan Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences)66 ( 0 ) 77 - 90   2021

      More details

      Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Physical Education, Health, and Sport Sciences  

      DOI: 10.5432/jjpehss.19122

      researchmap

    • 08測-12-口-20 多段階式ドロップジャンプテストによる球技選手を対象とした伸張―短縮サイクル運動遂行能力の評価

      吉田 拓矢, 川原 布紗子, 図子 あまね, 図子 浩太佑, 谷川 聡

      日本体育学会大会予稿集70   226_2 - 226_2   2019

      More details

      Language:Japanese   Publisher:一般社団法人 日本体育学会  

      ドロップジャンプは下肢の伸張-短縮サイクル(SSC)運動遂行能力を評価するテスト運動として用いられている。これまでに、ドロップジャンプで用いる際の至適台高は選手や種目特性によって異なることが報告されている。そこで本研究は、複数の台高を用いた多段階式ドロップジャンプテストにより、球技選手のSSC運動遂行能力を評価することを目的とした。89名の大学運動部(野球、バスケットボール、ハンドボール、サッカー、テニスおよびバレーボール)に所属する球技選手を対象に、0.3、0.6および0.9mからのドロップジャンプを実施し、パフォーマンス変数(DJ-index(跳躍高/接地時間)、接地時間、跳躍高)を算出した。その結果、最も高いDJ-indexを示す台高は種目によって異なることが示された。また、台高の上昇に伴うDJ-indexの変化をみたところ、種目全体では0.9mが0.3および0.6mと比較して有意に低下した。一方、種目別に見ると、バレーボールにおいては、台高の上昇に伴う有意な変化が認められなかった。これらの結果から、多段階式ドロップジャンプテストにより、各種目の競技特性を踏まえた上でSSC運動遂行能力を評価できる可能性が示された。

      DOI: 10.20693/jspehss.70.226_2

      CiNii Article

      researchmap

    • 週1回の大学体育授業における筋力トレーニングが日常的な運動習慣を有する男子大学生の体重,筋力および筋力トレーニングの継続に及ぼす影響 Peer-reviewed

      九鬼靖太, 吉田拓矢, 川原布紗子, 水島淳, 谷川聡, 木内敦詞

      筑波大学体育系紀要42   45 - 55   2019

      More details

    • Movement involved in a quick backward change of direction: Peer-reviewed

      Fusako Kawahara, Takuya Yoshida, Eri Nonaka, Seita Kuki, Satoru Tanigawa

      Taiikugaku kenkyu (Japan Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences)64 ( 2 ) 521 - 534   2019

      More details

      Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Society of Physical Education, Health, and Sport Sciences  

      DOI: 10.5432/jjpehss.18061

      researchmap

    • A longitudinal investigation on drop jump performance-Focusing on brain condition during pre-set, stretch reflex and joint kinetics during take-off- Peer-reviewed

      Takuya Yoshida, Kazutaka Takahashi, Masamichi Okudaira, Seita Kuki, Amane Zushi, Fusako Kawahara, Kodayu Zushi, Satoru Tanigawa

      Proceedings of International Society of Biomechanics in Sports36   638 - 641   9 2018

      More details

      Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

      researchmap

    • Change of direction motion during the defensive phase in soccer players Peer-reviewed

      Fusako Kawahara, Takuya Yoshida, Seita Kuki, Satoru Tanigawa

      Proceedings of International Society of Biomechanics in Sports36   1020 - 1023   9 2018

      More details

      Authorship:Lead author   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

      researchmap

    ▼display all

    Books and Other Publications

    • JFAテクニカルニュース vol.117

      ( Role: Sole author ,  JFAフィジカルフィットネスプロジェクト「後方への素早い方向転換の特徴」)

      公益財団法人 日本サッカー協会技術委員会  9 2023 

      More details

    Presentations

    • サッカー日本女子代表におけるAttempt at goalおよびGoalにおける特徴 -試合状況と Attempt 時のパラメータに着目して-

      川原布紗子, 安松幹展

      日本フットボール学会 21st Congress  2 3 2024 

      More details

    • 大学女子サッカー選手のトレーニング負荷量変動と ゲームフィジカルパフォーマンスの関係性

      片山 優実, 川原 布紗子, 小林 哲郎, 吉田 成仁, 後関 慎司, 加藤 晴廉, 安松 幹展

      日本フットボール学会21st Congress  2 3 2024 

      More details

    • 緊急事態宣言に伴う不要不急の外出自粛要因が大学女子アスリートの身体活動量に及ぼす影響

      平嶋裕輔, 川原布紗子, 福田有紗, 白井蒼, 佐久間彩, 田井楓, 淺井武, 中山雅雄, 鈴木健介, 吉田拓矢

      日本コーチング学会第33回大会  3 2021 

      More details

    • バドミントン選手のシングルゲームにおけるトラベル技術に関する研究

      大関令奈, 川原布紗子, 吹田真士, 谷川聡

      日本バドミントン学会第4回学会大会  3 2021 

      More details

    • 大学女子サッカー選手のSSC運動遂行能力の特性について―各種運動能力との関係性および競技レベルによる違い―

      川原布紗子,平嶋裕輔,佐久間彩,田井楓,図子あまね,吉田拓矢

      日本コーチング学会第32回学会大会  3 2021 

      More details

      Presentation type:Poster presentation  

      researchmap

    • 球技選手のスプリント動作の検討-同等のSSC運動遂行能力を有する選手を対象に-

      佐々木天, 川原布紗子, 吉田拓矢, 前村公彦, 谷川聡

      日本コーチング学会第31回大会  3 2020 

      More details

    • Effects of watch the video of model demonstration and motor imagery on performance and brain condition during pre-set in drop jump

      Yoshida Takuya, Kawahara Fusako, Zushi Amane, Zushi Kodayu, Hayashi Ryouhei, Maemura Hirohiko, Tanigawa Satoru

      ARIHHP Human High Performance International Forum  2 2020 

      More details

    • 球技選手を対象とした片脚垂直跳および助走付きジャンプの左右差について

      柵木健, 吉田拓矢, 川原布紗子, 前村, 公彦, 谷川聡

      第32回日本トレーニング科学会大会  10 2019 

      More details

    • ハンドボール選手を対象としたジャンプ能力向上に関するトレーニング学的研究―プライオメトリクスを取り入れた男子選手の事例を手掛かりにして―

      大久保秀祐, 川原布紗子, 吉田拓矢, 谷川聡, 前村公彦

      第32回日本トレーニング科学会大会  10 2019 

      More details

    • ドロップジャンプにおけるプレセット局面中の脳内状態がパフォーマンスの変化率に及ぼす影響―脳内情報を活用したプライオメトリックトレーニング法の開発に向けて―

      吉田拓矢, 川原布紗子, 図子あまね, 林陵平, 前村公彦, 谷川 聡

      第32回日本トレーニング科学会大会  10 2019 

      More details

    • 多段階式ドロップジャンプテストによる球技選手を対象とした伸張―短縮サイクル運動遂行能力の評価

      吉田拓矢, 川原布紗子, 図子あまね, 図子浩太佑, 谷川聡

      日本体育学会第70回大会  9 2019 

      More details

    • 状況判断の有無が方向転換動作に与える影響

      川原布紗子, 吉田拓矢, 野中愛里, 谷川聡

      日本体育学会第70回大会  9 2019 

      More details

    • Assessment of multistep drop jump test on the ball and racket game players.

      Yoshida Takuya, Kawahara Fusako, Zushi Amane, Zushi Kodayu, Hayashi Ryohei, Tanigawa Satoru

      24th Annual Congress of the European College SPORT SCIENCE  7 2019 

      More details

    • テニス選手の側方への方向転換時の膝関節の振る舞いについて

      谷川聡, 高橋葵, 川原布紗子, 三橋大輔, 吉田拓矢

      第8回日本アスレティックトレーニング学会  7 2019 

      More details

    • 大学女子ハンドボール選手における縦断的な膝関節等速性筋力とパフォーマンスパラメータからの考察-前十字靭帯損傷の既往歴を持つ選手に着目して-

      川原布紗子, 吉田拓矢, 山田永子, 竹上綾香, 谷川聡

      第8回日本アスレティックトレーニング学会  7 2019 

      More details

    • テニスにおける側方への方向転換動作について

      高橋葵, 川原布紗子, 吉田拓矢, 谷川聡

      日本コーチング学会第30回大会  3 2019 

      More details

    • バスケットボール選手を対象としたコンディショニングデータとフィジカルテストに関する研究‐チームおよび個人の傾向

      立山紀恵, 吉田拓矢, 川原布紗子, 谷川, 聡

      日本コーチング学会第30回大会  3 2019 

      More details

    • 状況判断を伴った方向転換能力と体力的要因の関係-下肢関節の力発揮特性からの検討―

      川原布紗子, 吉田拓矢, 図子あまね, 小井土正亮, 谷川聡

      日本フットボール学会16thCongress  12 2018 

      More details

    • A longitudinal investigation on drop jump performance-Focusing on brain condition during pre-set, stretch reflex and joint kinetics during take-off-

      Yoshida Takuya, Takahashi Kazutaka, Okudaira Masamichi, Kuki Seita, Zushi Amane, Kawahara Fusako, Zushi Kodayu, Tanigawa Satoru

      36th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports  9 2018 

      More details

    • Change of direction motion during the defensive phase in soccer players.

      Kawahara Fusako, Yoshida Takuya, Kuki Seita, Tanigawa Satoru

      36th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports  9 2018 

      More details

    • 一般準備期のトレーニング経過がドロップジャンプのパフォーマンスに及ぼす影響について―プレセット局面中の脳内状態,踏切局面中の伸張反射,下肢3関節の力発揮特性に着目して-

      吉田拓矢, 九鬼靖太, 高橋和孝, 図子あまね, 奥平柾道, 川原布紗子, 図子浩太佑, 谷川聡

      日本コーチング学会第29回大会  3 2018 

      More details

    • サッカー選手における片脚等尺性筋力の特性と左右差

      松郷慈整, 九鬼靖太, 川原布紗子, 吉田拓矢, 谷川聡

      日本コーチング学会第29回大会  3 2018 

      More details

    • 野球における試合とマシン打撃でのタイミング調整について

      磯和純一朗, 吉田拓矢, 川原布紗子, 九鬼靖太, 谷川聡

      日本コーチング学会第29回大会  3 2018 

      More details

    • 立ち上がり動作中の力測定における下肢筋力評価の有効性

      池田智樹, 九鬼靖太, 川原布紗子, 吉田拓矢, 谷川, 聡

      日本コーチング学会第29回大会  3 2018 

      More details

    • 膝前十字靭帯損傷と各種筋力測定との関係

      島田愛弓, 吉田拓矢, 川原布紗子, 九鬼靖太, 谷川聡

      日本コーチング学会第29回大会  3 2018 

      More details

    • サッカーの異なるポジションからみたスモールサイドゲームに関する研究

      佐藤亮佑, 川原布紗子, 九鬼靖太, 吉田拓矢, 谷川聡

      日本コーチング学会第29回大会  3 2018 

      More details

    • 男子学生サッカー選手のパフォーマンスとハムストリングス肉離れの関係-ポジションおよび運動能力に着目して-

      山田魁人, 川原布紗子, 九鬼靖太, 吉田拓矢, 谷川聡

      日本コーチング学会第29回大会  3 2018 

      More details

    • サッカー選手の守備局面における方向転換動作

      川原布紗子, 吉田拓矢, 九鬼靖太, 谷川聡

      日本コーチング学会第29回大会  3 2018 

      More details

    • サッカー選手における後方への方向転換能力を評価するためのテスト法の開発

      川原布紗子, 林陵平, 苅山靖, 図子浩二

      日本フットボール学会13thCongress  3 2016 

      More details

    ▼display all

    Teaching Experience

    • 4 2022 - Present 
      健康・スポーツ科学論

      More details

    • 4 2022 - Present 
      健康・スポーツ科学実習a・b(フットサル)

      More details

    • 4 2022 - Present 
      健康・スポーツ科学実習a・b(ニュースポーツ) ( Kansai University )

      More details

    • 4 2022 
      健康・スポーツ科学実習a・b(グラウンド種目)

      More details

    Professional Memberships

    • 4 2019 - Present 
      日本アスレティックトレーニング学会

      More details

    • 1 2018 - Present 
      日本コーチング学会

      More details

    • 1 2016 - Present 
      日本フットボール学会

      More details

    • 5 2018 - 5 2019 
      International Society of Biomechanics in Sports

      More details

    • 6 2018 
      日本体育学会

      More details

    Social Contribution

    ▼display all