Updated on 2021/06/22

写真b

 
MURASE Yoichi
 
*Items subject to periodic update by Rikkyo University (The rest are reprinted from information registered on researchmap.)
Affiliation*
College of Sociology Department of Sociology
Graduate School of Sociology Field of Study: Sociology
Graduate School of Sociology Field of Study: Sociology
Title*
Professor
Degree
Ph.D. ( 東北大学 ) / 博士(行動科学) / 文学 行動科学専攻分野 ( 東北大学 ) / 文学修士 / Ph.D. ( Tohoku University )
Contact information
Mail Address
Research Theme*
  • 専門分野は計量政治社会学と社会階層研究である。最近の主なテーマは、民主主義社会における政治的影響力の不平等、人間関係の実証分析と各種の格差問題等。その他、社会構造の国際比較をしつつ、不平等に関する意識や社会の評価、参加行動、政治意識や権威主義、社会的地位の測定、環境意識と環境配慮行動などについて分析している。研究手法としては、統計的社会調査とデータ分析を重視している。ネットワークと社会意識に関して独自の社会調査を日本と韓国において行ったほか、中国や台湾、香港等における社会調査の実情を調べている。分析法に関しては、社会調査データに関する多変量解析の中でも、構造方程式モデル(SEM;共分散構造分析)やHLM(Hierarchical Linear Model)、ロジスティック回帰分析などを扱っている。

  • Research Interests
  • Social Stratification

  • Statistical Sociology

  • Social Survey

  • Political Power

  • 関係的資源

  • Campus Career*
    • 4 2018 - Present 
      College of Sociology   Department of Sociology   Professor
    • 4 2018 - Present 
      Graduate School of Sociology   Field of Study: Sociology   Professor
    • 4 2018 - Present 
      Graduate School of Sociology   Field of Study: Sociology   Professor
    • 4 2007 - 3 2018 
      College of Sociology   Department of Sociology   Associate Professor
    • 4 2003 - 3 2007 
      College of Sociology   Department of Sociology   Associate Professor (as old post name)
    • 4 2001 - 3 2003 
      College of Sociology   Department of Industrial relation   Associate Professor (as old post name)
    • 10 1997 - 3 2001 
      College of Sociology   Department of Industrial relation   Lecturer
     

    Research Areas

    • Humanities & Social Sciences / Sociology

    Research History

    • 4 2018 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Sociology Department of Sociology   Professor

      More details

    • 4 2018 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Sociology Field of Study: Sociology   Professor

      More details

    • 4 2018 - Present 
      RIKKYO UNIVERSITY   Graduate School of Sociology Field of Study: Sociology   Professor

      More details

    • 4 2007 - 3 2018 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Sociology Department of Sociology   Associate Professor

      More details

    • 10 2008 - 3 2009 
      淡江大學日本語文學系   訪問研究員

      More details

    • 4 2008 - 9 2008 
      ソウル市立大学校都市社会学科   訪問教授

      More details

    • 4 2003 - 3 2007 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Sociology Department of Sociology   Associate Professor (as old post name)

      More details

    • 4 2001 - 3 2003 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Sociology Department of Industrial relation   Associate Professor (as old post name)

      More details

    • 9 2001 - 8 2002 
      University Wisconsin-Madison, Department of Sociology   Honorary fellow

      More details

    • 10 1997 - 3 2001 
      RIKKYO UNIVERSITY   College of Sociology Department of Industrial relation   Lecturer

      More details

    • 4 1997 - 9 1997 
      日本学術振興会   日本学術振興会 特別研究員(大阪大学経済学部)

      More details

    • 4 1997 - 9 1997 
      日本学術振興会   日本学術振興会 特別研究員(大阪大学経済学部)

      More details

    • 1 1996 - 3 1997 
      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

      More details

    • 1 1996 - 3 1997 
      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

      More details

    ▼display all

    Education

    • - 3 1996 
      Tohoku University   Graduate School, Division of Letters

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • - 3 1996 
      Tohoku University   Graduate School, Division of Letters

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • - 3 1996 
      Tohoku University   Graduate School, Division of Letters

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • - 3 1993 
      Tohoku University   Graduate School, Division of Letters

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    • - 3 1991 
      Tohoku University   Faculty of Literature

      More details

      Country: Japan

      researchmap

    Papers

    • Disaster, Social Consciousness, and Social Network after the Great East Japan Earthquake: Analysis of Survey on Earthquake Damage and Social Consciousness in Sendai and Senhoku

      村瀬 洋一

      『国家安全保障問題研究所2013年度研究プロジェクト報告書 東日本大地震と非伝統的安全保障』韓国国防大学   5 - 35   12 2013

      More details

      Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 震災後の不安感と被害金額の規程因:被害と社会階層に関する仙台仙北調査の計量分析 Invited

      村瀬 洋一

      『選挙研究』29   102 - 115   7 2013

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Cultural Constraints on Rising Income Inequality: A U.S.-Japan Comparison Peer-reviewed

      「Sakamoto, Arthur 」 「Woo, Hyeyoung」 「Takei, Isao」 「Murase, Yoichi」

      Journal of Economic Inequality10   565 - 581   2 2009

      More details

      Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • The Effects of Absolute and Relative Incomes on Job Satisfaction among Male Workers in Japan Peer-reviewed

      「Takei, Isao」, 「Arthur Sakamoto」

      Sociological Focus42   39 - 56   2 2009

      More details

      Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 韓国と日本における社会意識の構造 ―平等志向と階層閉鎖性認知の規定要因

      村瀬洋一

      淡江大學日本論叢 ( 18 ) 1 - 24   12 2008

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 「政治意識と社会構造の国際比較 -韓国と日本における政治的有効性感覚の規定因」

      村瀬洋一, 高選圭, 李鎮遠

      『応用社会学研究』 ( 50 ) 53-70   4 2008

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 政治意識と社会構造の国際比較 -韓国と日本における政治的有効性感覚の規定因

      村瀬洋一, 高選圭, 李鎮遠

      『応用社会学研究』 ( 50 ) 53 - 70   3 2008

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 「環境配慮型製品の選択基準 -情報とネットワーク保有の地域比較」

      海野道郎編

      『廃棄物をめぐる人間行動と制度 -環境問題解決の数理・計量社会学』(科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書)』東北大学   367-385   4 2007

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 「社会調査環境の悪化とその対策 -調査実施法と回収率向上の注意点」

      『社会情報 札幌学院大学社会情報学部紀要』16 ( 2 ) 87-100   4 2007

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 環境配慮型製品の選択基準 -情報とネットワーク保有の地域比較

      村瀬洋一

      海野道郎編.『廃棄物をめぐる人間行動と制度 -環境問題解決の数理・計量社会学』(科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書)』東北大学   367-385   3 2007

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 社会調査環境の悪化とその対策 -調査実施法と回収率向上の注意点

      村瀬洋一

      『社会情報 札幌学院大学社会情報学部紀要』16 ( 2 ) 87 - 100   3 2007

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 環境配慮型商品を選択するのはどのような人か -情報保有とネットワークの効果 Invited

      村瀬洋一

      『社会学研究』東北社会学研究会 ( 80 ) 123 - 144   12 2006

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 「環境配慮型商品を選択するのはどのような人か -情報保有とネットワークの効果」

      『社会学研究』東北社会学研究会 ( 80 ) 123-144   4 2006

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 「第5章 階級・階層をめぐる社会学」

      宇都宮京子編

      『よくわかる社会学』ミネルヴァ書房   86-99   4 2006

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 「実習担当の負担感と他分野の協力 -効率よく調査実習を行う条件とは何か」

      細谷昂編

      『社会調査の教育と実践化についての総合的研究(科学研究費補助金基盤研究(A)(1)研究成果報告書)』岩手県立大学   219-228   4 2004

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 実習担当の負担感と他分野の協力 -効率よく調査実習を行う条件とは何か

      村瀬 洋一

      岩手県立大学 社会調査の教育と実践化についての総合的研究(科学研究費補助金基盤研究(A)(1)研究成果報告書)   219 - 228   3 2004

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 日本人の社会意識構造と地域間格差 -社会不公平感と政策志向に関する SSM調査の分析

      村瀬 洋一

      東北社会学研究会 社会学研究72,89-110 ( 72 ) 89 - 110   12 2002

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 「日本人の社会意識構造と地域間格差 -社会不公平感と政策志向に関するSSM調査の分析」

      『社会学研究』東北社会学研究会72,89-110   4 2002

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 「有力者との関係的資源保有のメカニズム -地域間格差に着目した構造方程式モデルによる分析」

      村瀬洋一編『ネットワークと社会意識に関する3地域調査報告書 -地域比較データの計量社会学的研究』   4 2002

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 「社会意識構造の地域比較 -社会不公平感の具体的内容と平等志向」

      村瀬洋一編『ネットワークと社会意識に関する3地域調査報告書 -地域比較データの計量社会学的研究』   4 2002

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • The Structure of Japanese Social Consciousness and the Difference in Areas: The Analysis of the SSM Survey about the Sense of Social Unfairness and Policy Preferences

      Shakaigaku Kenkyu(The Study of Sociology)72, 89-110   4 2002

      More details

      Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 有力者との関係的資源保有のメカニズム ― 地域間格差に着目した構造方程式モデルによる分析 ―

      村瀬 洋一

      村瀬洋一編 ネットワークと社会意識に関する三地域調査報告書 -- 地域比較データの計量社会学的研究 --   39 - 52   3 2002

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 社会意識構造の地域比較 ― 社会不公平感の具体的内容と平等志向 ―

      村瀬 洋一

      村瀬洋一編 ネットワークと社会意識に関する三地域調査報告書 -- 地域比較データの計量社会学的研究 --   73 - 94   3 2002

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 「有力者とのネットワーク保有に関する3地域調査の計量分析 -社会的資源に関する概念整理と有力者との関係的資源」

      『応用社会学研究 立教大学社会学部研究紀要』42,17-27   4 2001

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

      researchmap

    • 「権威主義的態度の規定メカニズム -上下けじめ態度と伝統重視態度の違いについて」

      片瀬一男編『教育と社会に関する高校生の意識 -第4次調査報告書』193-207頁   4 2001

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 有力者とのネットワーク保有に関する3地域調査の計量分析 ― 社会的資源に関する概念整理と有力者との関係的資源

      村瀬 洋一

      立教大学社会学部 応用社会学研究   17 - 27   3 2001

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 権威主義的態度の規定メカニズム―上下けじめ態度と伝統重視態度の違いについて

      村瀬 洋一

      東北大学教育文化研究会;片瀬一男編 教育と社会に関する高校生の意識--第四次調査報告書   193 - 207   3 2001

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 民主主義社会における政治的影響力の不平等 ―関係的資源の階層間格差と 政治意識との関連

      村瀬 洋一

      東北大学大学院文学研究科 博士論文   総頁207   9 1999

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 有力者とのネットワーク保有の規定因 ―関係的資源を指標とした政治的影響力の社会階層的構造

      村瀬 洋一

      日本社会学会 社会学評論50   21 - 40   6 1999

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 「有力者とのネットワーク保有の規定因 -関係的資源を指標とした政治的影響力の階層構造」 日本社会学会 『社会学評論』

      社会学評論50 ( 1 ) 21-40   4 1999

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • 『民主主義社会における政治的影響力の不平等 -関係的資源の階層間格差と政治 意識との関連』 東北大学大学院 文学研究科 博士論文

      村瀬 洋一

      東北大学大学院文学研究科 博士論文   総頁207   4 1999

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • Determinants of Social Networks with Influential People : Social Stratification Structure of Political Influence Measured by Relational Resource

      Japanese Sociological Review50 ( 1 ) 21-40   4 1999

      More details

      Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

      researchmap

    • Inequality of Political Power in Democratic Society : Relation between Relational Resource and Political Attitude in Social Stratification

      a doctoral thesis of Tohoku University207pages   4 1999

      More details

      Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 職業威信スコアの問題点と新スコアの提案 ― 従業先規模が職業評価に及ぼす影響を中心に

      村瀬 洋一

      1995年度SSM調査研究会 職業評価の構造と職業威信スコア(1995年度SSM調査シリーズ5)   125 - 151   3 1998

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 関係的資源保有の格差と規定因 ― 有力者との人間関係を指標とした政治 的影響力の階層構造

      村瀬 洋一

      1995年度SSM調査研究会 政治意識の現在(1995年SSM調査シリーズ7)   131 - 150   3 1998

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 社会的ジレンマとしてのごみ問題―ごみ減量行動協力意志に影響する要因の構造

      村瀬 洋一

      環境社会学会 環境社会学研究 ( 2 ) 123 - 139   9 1996

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • インターネット調査の光と陰 ― 偏りの大きい調査をどう使うか(フォーラムインターネット1)

      村瀬 洋一

      数理社会学会 理論と方法11 ( 1 ) 57 - 62   7 1996

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 環境問題の社会的ジレンマ ― ごみ減量問題を事例として

      村瀬 洋一

      東北社会学研究会 社会学研究 ( 63 ) 109 - 134   5 1996

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 階層構造に関する認知のメカニズム

      村瀬 洋一

      東北大学教育文化研究会 教育と社会に対する高校生の意識--第3次調査報告書   59 - 76   3 1996

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • ごみ処理有料化の合意条件 ― 仙台市における意識調査の計量分析

      村瀬 洋一

      環境社会学会 環境社会学研究 ( 1 ) 117 - 129   9 1995

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 合理的個人はなぜ投票するのか―「無投票のパラドックス」とモデルの発展

      村瀬 洋一

      東北社会学研究会 社会学研究 ( 62 ) 83 - 110   6 1995

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • ごみ処理施設建設政策への仙台市民の政治参加行動―自由回答形式非定型データの計量分析

      村瀬 洋一

      東北大学文学部東北文化研究室紀要 日本文化研究所研究報告36   37 - 51   3 1995

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 地域的コミュニケーションが環境保全行動に及ぼす影響―家庭ごみ排出行動と近所づきあいとの関連について

      村瀬 洋一

      東北社会学研究会 社会学研究 ( 60 ) 115 - 135   10 1993

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 公平な費用負担原理と公平感―ごみ収集・処理の費用負担をめぐって

      村瀬 洋一

      東北社会学会 社会学年報 ( 22 ) 103 - 119   7 1993

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    • 政治参加の規定因と政治的影響力の社会的不平等―合理的選択理論によるモデルの構築

      村瀬 洋一

      東北大学 修士論文   3 1993

      More details

      Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

      researchmap

    ▼display all

    Books and Other Publications

    • SPSSによる多変量解析

      村瀬洋一, 高田洋, 廣瀬毅士( Role: Joint author)

      オーム社  25 12 2007  ( ISBN:4274066266

      More details

      Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

      researchmap

    Research Projects

    • 震災後の生活と将来認識 ―ネットワークと社会階層に関する実証分析

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      村瀬洋一

      More details

      4 2014 - 3 2017

      Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

      東日本大震災後の社会意識や行動の規定因を解明することを目的として、東京都と福島市において、無作為抽出を伴う独自の統計的社会調査を行い、他のデータも含め分析を行った。主な分析結果として、被害金額と社会階層に関連はないが、将来不安感は社会階層に関する変数との関連があることが分かった。原発政策への志向は、年齢や社会不公平感に規定されていたが、階層帰属意識との関連はなかった。被災者支援については、仙台市よりも福島市において、避難者に対するさらなる支援に否定的な回答が多かった。健康と社会経済的要因には関連があった。被災地とそれ以外の地域を比較しつつ、実証的分析を行い成果を挙げることができた。

      researchmap

    • 社会参加とネットワークに関する実証研究-韓国と日本における調査と計量分析-

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 2007 - 3 2009

      Grant type:Competitive

      本研究は、とくに人間関係に着目して多次元的な社会構造を解明し、構造と意識や、社会参加活動との関連に着目し、韓国で独自の統計的社会調査を複数実施して実証的分析を行うことを目的とする。多くの民主主義は、人々の制度への信頼感や非公式な人間関係をもとに成り立っている。近年、米国でさえも、都市部と農村部の政治意識の違いが注目され、政党支持の地域間の偏よりが大きく、産業化が遅れぎみの南部から連続して大統領が選ばれるなど、社会の分断が指摘され、地域差が注目されてきている。日本でも、平等志向や政治意識は、都市部と農村部で大きな違いがあることが我々の分析で分かっている。社会参加活動は、農村部における青年会や婦人会など、地域行事として半強制的なものは、日本でも参加が多いのだが、それ以外のボランティア活動などは、どの地域でも活発とは言えない。日本には陳情政治の歴史があり、自営業者や商工会長、商店会や農協の幹部、特定郵便局長などが政治家との人間関係を保有し、強い政治的影響力を持つ事実は否定できない。本研究により、韓国の農村部や、特徴ある地域において独自のデータをとり、かつ既に実施した日本と韓国における調査データの分析も行う。

      researchmap

    • 人間関係ネットワークと社会変革への意識や社会参加活動の関連に関する国際比較研究 ― 国際間、地域間比較データを用いた計量分析 ―

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 2002 - 3 2005

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 政治的影響力の階層構造

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      More details

      4 1998 - 3 2000

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 社会階層と政治意識 ― 政治的影響力の階層間格差に関する実証的研究

      科学研究費助成事業 

      More details

      4 1996 - 3 1998

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 政治的影響力の階層構造

      More details

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • 政策過程、社会階層、不平等、社会変動、政治参加行動、公共性、公正、統計的社会調査法

      More details

      Grant type:Competitive

      researchmap

    • Social Stratification of Political Power

      More details

      Grant type:Competitive

      researchmap

    ▼display all