2021/05/06 更新

写真b

マツナガ ミキ
松永 美希
MATSUNAGA Miki
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
現代心理学部 心理学科
現代心理学研究科 臨床心理学専攻博士課程後期課程
現代心理学研究科 臨床心理学専攻博士課程前期課程
職名*
教授
学位
学士(人間科学) ( 早稲田大学 ) / 博士(医学) ( 広島大学 ) / 修士(人間科学) ( 早稲田大学 ) / Master(Human Sciences) ( Waseda University ) / Doctor(Medicine) ( Hiroshima University ) / Degree(Human science) ( Waseda University )
研究テーマ*
  • 臨床心理学、特に認知行動理論・療法に関する研究を行っている。これまで、抑うつを維持・悪化させる心理的要因に関する検討や、それらの知見を活かした、うつ病患者への集団認知行動療法の効果について研究を行ってきた。また最近は、若年労働者の就職後のストレス(リアリティ・ショック)など働く人のメンタルヘルスについても研究を進めている。 

  • 研究キーワード
  • うつ病

  • リアリティ・ショック

  • 認知行動療法

  • 学内職務経歴*
    • 2020年4月 - 現在 
      現代心理学部   心理学科   教授
    • 2020年4月 - 現在 
      現代心理学研究科   臨床心理学専攻博士課程後期課程   教授
    • 2020年4月 - 現在 
      現代心理学研究科   臨床心理学専攻博士課程前期課程   教授
    • 2013年4月 - 2020年3月 
      現代心理学部   心理学科   准教授
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 臨床心理学

    経歴

    • 2020年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学部 心理学科   教授

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学研究科 臨床心理学専攻博士課程後期課程   教授

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学研究科 臨床心理学専攻博士課程前期課程   教授

      詳細を見る

    • 2013年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学研究科 臨床心理学専攻博士課程後期課程   准教授

      詳細を見る

    • 2013年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学研究科 臨床心理学専攻博士課程前期課程   准教授

      詳細を見る

    • 2013年4月 - 2020年3月 
      立教大学   現代心理学部 心理学科   准教授

      詳細を見る

    • 2008年4月 - 2013年3月 
      比治山大学   現代文化学部社会臨床心理学科   専任講師

      詳細を見る

    • 2003年9月 - 2013年3月 
      広島大学   医学部精神神経科   大学等非常勤研究員

      詳細を見る

    • 2011年9月 - 2012年3月 
      広島国際大学   心理科学部臨床心理学科   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2008年4月 - 2012年3月 
      安田女子大学   文学部心理学科   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2007年4月 - 2008年3月 
      吉備国際大学   社会福祉学部臨床心理学科   助教

      詳細を見る

    • 2004年10月 - 2007年3月 
      吉備国際大学   社会福祉学部臨床心理学科   助手

      詳細を見る

    • 2002年4月 - 2005年3月 
      広島県   公立中学校スクールカウンセラー

      詳細を見る

    • 2003年4月 - 2004年3月 
      広島県立教育センター   教育相談部   心理療法士

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • 2005年10月 - 2010年5月 
      広島大学   医学研究科   創生医科学

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • 2000年4月 - 2002年3月 
      早稲田大学   人間科学研究科   健康科学

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • 1996年4月 - 2000年3月 
      早稲田大学   人間科学部   人間健康学科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    委員歴

    • 2018年6月 
      日本認知・行動療法学会   常任編集委員

      詳細を見る

    • 2015年4月 
      日本認知・行動療法学会   代議員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2012年1月 
      日本認知療法学会   編集委員

      詳細を見る

    • 2009年7月 
      集団認知行動療法研究会   世話人

      詳細を見る

    受賞

    • 2009年3月  
      小貫英教育賞 

      詳細を見る

    • 2007年6月  
      日本うつ病学会  奨励賞 

      詳細を見る

    論文

    • 産業・労働分野への認知行動療法の適用と課題

      松永美希, 土屋政雄

      認知行動療法研究46 ( 2 )   2020年

      詳細を見る

    • ネガティブな反すうと内向き/外向き分割的注意機能との関連

      松本 晃, 浅野 倫子, 松永 美希

      感情心理学研究27 ( 1 ) 20 - 30   2019年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本感情心理学会  

      <p>Rumination has been associated with impaired attentional control. People with ruminative tendencies may experience problems in everyday life because they fail to divide attention between internal and external information; they must cope with external events even as they become trapped in rumination. To clarify the characteristics of negative rumination, we investigated the relationship of negative rumination ("negative rumination trait" and "uncontrollability of negative rumination") with divided attention between internal and external information. Fifty-eight university students performed a divided attention task (dual task) consisting of (1) a primary, external attention task, in which they were asked to press a button corresponding to the location of an asterisk displayed on a computer screen, and (2) a secondary, internal attention task, in which they were asked to retrieve words from memory. The results showed that the capacity of divided attention was correlated with "negative rumination trait" in men and with "uncontrollability of negative rumination" in women, suggesting that people with higher ruminative tendencies had more difficulty dividing attention between internal and external information.</p>

      DOI: 10.4092/jsre.27.1_20

      CiNii Article

      researchmap

    • 近赤外分光法(NIRS)を用いたうつ病の治療転帰と前頭前野機能との関連についての縦断的検討

      岩山孝幸, 松永美希, 鍋田恭孝, 片山信吾

      精神神経学雑誌121 ( 4 )   2019年

      詳細を見る

    • 非致死性トラウマ体験のある大学生におけるストレスコーピングと主観的幸福感の関連

      竹下 若那, 小川 祐子, 小野 はるか, 畑 琴音, 佐藤 秀樹, 伊藤 理紗, 市倉 加奈子, 松永 美希, 国里 愛彦, 鈴木 伸一

      早稲田大学臨床心理学研究17 ( 1 ) 43 - 50   2017年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:早稲田大学人間科学学術院心理相談室  

      CiNii Article

      researchmap

    • Cognitive behavioral therapy changes functional connectivity between medial prefrontal and anterior cingulate cortices. 国際誌

      Shinpei Yoshimura, Yasumasa Okamoto, Miki Matsunaga, Keiichi Onoda, Go Okada, Yoshihiko Kunisato, Atsuo Yoshino, Kazutaka Ueda, Shin-Ichi Suzuki, Shigeto Yamawaki

      Journal of affective disorders208   610 - 614   2017年1月15日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      BACKGROUND: Depression is characterized by negative self-cognition. Our previous study (Yoshimura et al. 2014) revealed changes in brain activity after cognitive behavioral therapy (CBT) for depression, but changes in functional connectivity were not assessed. METHOD: This study included 29 depressive patients and 15 healthy control participants. Functional Magnetic Resonance Imaging was used to investigate possible CBT-related functional connectivity changes associated with negative emotional self-referential processing. Depressed and healthy participants (overlapping with our previous study, Yoshimura et al. 2014) were included. We defined a seed region (medial prefrontal cortex) and coupled region (ACC) based on our previous study, and we examined changes in MPFC-ACC functional connectivity from pretreatment to posttreatment. RESULTS: CBT was associated with reduced functional connectivity between the MPFC and ACC. Symptom change with CBT was positively correlated with change in MPFC-ACC functional connectivity. LIMITATIONS: Patients received pharmacotherapy including antidepressant. The present sample size was quite small and more study is needed. Statistical threshold in fMRI analysis was relatively liberal. CONCLUSIONS: CBT for depression may disrupt MPFC-ACC connectivity, with associated improvements in depressive symptoms and dysfunctional cognition.

      DOI: 10.1016/j.jad.2016.10.017

      PubMed

      researchmap

    • 新任教師のリアリティ・ショック要因尺度の作成

      松永美希, 中村菜々子, 三浦正江, 原田ゆきの

      心理学研究88 ( 4 )   2017年

      詳細を見る

    • 大学生のストレス状況下における認知的評価とレジリエンスが精神的健康に与える影響

      長尾 美佐, 松永 美希, ナガオ ミサ, マツナガ ミキ, Misa Nagao, Miki Matsunaga

      立教大学臨床心理学研究10   1 - 13   2016年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:立教大学現代心理学研究科臨床心理学専攻  

      DOI: 10.14992/00011860

      CiNii Article

      researchmap

      その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1062/00011860/

    • Cognitive behavioral therapy for depression changes medial prefrontal and ventral anterior cingulate cortex activity associated with self-referential processing. 国際誌

      Shinpei Yoshimura, Yasumasa Okamoto, Keiichi Onoda, Miki Matsunaga, Go Okada, Yoshihiko Kunisato, Atsuo Yoshino, Kazutaka Ueda, Shin-ichi Suzuki, Shigeto Yamawaki

      Social cognitive and affective neuroscience9 ( 4 ) 487 - 93   2014年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      Cognitive behavioral therapy (CBT), an effective treatment for depression, targets self-referential processing of emotional stimuli. We examined the effects of CBT on brain functioning during self-referential processing in depressive patients using functional magnetic resonance imaging (fMRI). Depressive patients (n = 23) and healthy participants (n = 15) underwent fMRI scans during a self-referential task using emotional trait words. The depressive patients had fMRI scans before and after completing a total of 12 weekly sessions of group CBT for depression, whereas the healthy participants underwent fMRI scans 12 weeks apart with no intervention. Before undergoing CBT, the depressive patients showed hyperactivity in the medial prefrontal cortex (MPFC) during self-referential processing of negative words. Following CBT, MPFC and ventral anterior cingulate cortex (vACC) activity during self-referential processing among depressive patients was increased for positive stimuli, whereas it was decreased for negative stimuli. Improvements in depressive symptoms were negatively correlated with vACC activity during self-referential processing of negative stimuli. These results suggest that CBT-related improvements in depressive symptoms are associated with changes in MPFC and vACC activation during self-referential processing of emotional stimuli.

      DOI: 10.1093/scan/nst009

      PubMed

      researchmap

    • 慢性膝痛の自己管理介入への認知行動療法の応用-高齢者を対象にしたランダム化比較試験のシステマティックレビュー-

      中楚友一朗, 柴田愛, 石井香織, 中村菜々子, 松永美希, 岡浩一朗

      日本老年医学会雑誌51 ( 5 )   2014年

      詳細を見る

    • 新任教師のリアリティ・ショックの影響を緩和する社会的要因の探索的検討 : ソーシャル・サポートと援助要請に関する質的・量的検討

      中村 菜々子, 松永 美希, 原田 ゆきの

      発達心理臨床研究 = The Journal of human development and clinical psychology20   1 - 9   2014年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:兵庫教育大学学校教育学部附属発達心理臨床研究センター  

      CiNii Article

      researchmap

      その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014257699

    • 産業ストレスと心の発達 新任教師のリアリティ・ショック

      松永美希, 中村奈々子, 原田ゆきの, 石井眞治

      産業ストレス研究21 ( 3 )   2014年

      詳細を見る

    • 反すうが自動思考と抑うつに与える影響

      西川大志, 西川大志, 松永美希, 松永美希, 古谷嘉一郎, 古谷嘉一郎

      心理学研究84 ( 5 )   2013年

      詳細を見る

    • 心理士が中心に実施したうつ病の集団認知行動療法-大学病院における取り組みから-

      松永美希, 鈴木伸一, 岡本泰昌, 吉村晋平, 国里愛彦, 神人蘭, 吉野敦雄, 西山佳子, 山脇成人

      行動療法研究38 ( 3 )   2012年

      詳細を見る

    • Rostral anterior cingulate cortex activity mediates the relationship between the depressive symptoms and the medial prefrontal cortex activity. 国際誌

      Shinpei Yoshimura, Yasumasa Okamoto, Keiichi Onoda, Miki Matsunaga, Kazutaka Ueda, Shin-ichi Suzuki, Shigetoyamawaki

      Journal of affective disorders122 ( 1-2 ) 76 - 85   2010年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      BACKGROUND: Depression is characterized by enhanced self-referential processing of negative emotional stimuli. Imaging studies have suggested that activation of both the medial prefrontal (MPFC) and anterior cingulate cortices (ACC) is associated with self-referential processing. However, whether this pattern of activation occurs in depressed individuals during the self-referential processing of the emotional stimuli had not been investigated to date. METHODS: Participants were 13 patients with major depressive disorder and 13 normal controls. We used block-designed functional magnetic resonance imaging (fMRI) to investigate neural activity during the self-referential judgments of positive and negative valenced personality trait words. RESULTS: Compared with the normal controls, the depressed patients showed hyperactivity in the MPFC and the rostral ACC during the self-referential processing of negative words. In addition, the activity of these regions during self-referential processing of the negative stimuli was correlated with the depressive symptom severity. The rostral ACC activity mediated the correlation between the MPFC activity and the depressive symptoms. Functional connectivity analysis revealed positive connectivities between the MPFC, the rostral ACC, and the amygdala. LIMITATION: Small N and antidepressant effect on imaging data limit the stability of reported findings. CONCLUSIONS: The relationships between the MPFC, the rostral ACC, and the amygdala appear to reflect an interaction between the self-referential processing and the negative emotional information processing, and we propose that the strong connection between the MPFC and the rostral ACC is associated with depressive symptoms.

      DOI: 10.1016/j.jad.2009.06.017

      PubMed

      researchmap

    • Psychosocial functioning in patients with Treatment-Resistant Depression after group cognitive behavioral therapy. 国際誌

      Miki Matsunaga, Yasumasa Okamoto, Shin-ichi Suzuki, Akiko Kinoshita, Shinpei Yoshimura, Atsuo Yoshino, Yoshihiko Kunisato, Shigeto Yamawaki

      BMC psychiatry10   22 - 22   2010年3月16日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      BACKGROUND: Although patients with Treatment Resistant Depression (TRD) often have impaired social functioning, few studies have investigated the effectiveness of psychosocial treatment for these patients. We examined whether adding group cognitive behavioral therapy (group-CBT) to medication would improve both the depressive symptoms and the social functioning of patient with mild TRD, and whether any improvements would be maintained over one year. METHODS: Forty-three patients with TRD were treated with 12 weekly sessions of group-CBT. Patients were assessed with the Global Assessment of Functioning scale (GAF), the 36-item Short-Form Health Survey (SF-36), the Hamilton Rating Scale for Depression (HRSD), the Dysfunctional Attitudes Scale (DAS), and the Automatic Thought Questionnaire-Revised (ATQ-R) at baseline, at the termination of treatment, and at the 12-month follow-up. RESULTS: Thirty-eight patients completed treatment; five dropped out. For the patients who completed treatment, post-treatment scores on the GAF and SF-36 were significantly higher than baseline scores. Scores on the HRSD, DAS, and ATQ-R were significantly lower after the treatment. Thus patients improved on all measurements of psychosocial functioning and mood symptoms. Twenty patients participated in the 12-month follow-up. Their improvements for psychosocial functioning, depressive symptoms, and dysfunctional cognitions were sustained at 12 months following the completion of group-CBT. CONCLUSIONS: These findings suggest a positive effect that the addition of cognitive behavioural group therapy to medication on depressive symptoms and social functioning of mildly depressed patients, showing treatment resistance.

      DOI: 10.1186/1471-244X-10-22

      PubMed

      researchmap

    • 「学校への行動コンサルテーション」「気になる子」を担任する幼稚園教諭への集団コンサルテーションプログラムの効果

      藤原直子, 大野裕史, 日上耕司, 久保義郎, 佐田久真貴, 松永美希

      行動療法研究36 ( 2 )   2010年

      詳細を見る

    • 女子大学生の産婦人科受診に対する変容ステージと自己効力感

      松永 美希, 佐藤 雅美

      心理相談センター年報 ( 4 ) 9 - 13   2009年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:比治山大学大学院現代文化研究科附属心理相談センター  

      本研究の目的は、女子大学生の産婦人科受診に関する健康教育のあり方を模索するため、産婦人科受診の変容ステージと自己効力感を明らかにすることであった。女子大学生159名(平均年齢20.4歳、SD=l.l)を対象に質問紙調査を行った結果、「自分の体に何か心配がある時」の方が「心配がない時」よりも、産婦人科受診の変容ステージと自己効力感は高くなっていた。この結果から、自分の体に何か心配がある際には受診行動を起こそうと考える傾向が高いが、さまざまな阻害要因によってスムーズに受診できていないことや、「心配がなくても検診として」受診するといった考えには至ってない可能性が示唆された。今後、女子大学生の産婦人科受診を促進するためには、①病気の重大性や受診による利益などの正しい知識の伝達、②産婦人科受診の阻害要因や損失に関する認知の変容、③産婦人科選びや受診に関する情報提供といった内容を含んだ健康教育を行っていくことが望ましいと考える。

      CiNii Article

      researchmap

    • 発達障害のある子どもの保護者のための親訓練プログラムの効果-親の障害受容に注目して-

      見城圭美, 藤原直子, 日上耕司, 大野裕史, 佐田久真貴, 松永美希, 渡辺由己, 久保義郎, 園田順一

      吉備国際大学臨床心理相談研究所紀要(Web) ( 5 )   2008年

      詳細を見る

    • うつ病に対する集団認知行動療法の展望

      松永美希, 松永美希, 鈴木伸一, 岡本泰昌, 木下亜紀子, 吉村晋平, 山脇成人

      精神科治療学22 ( 9 )   2007年

      詳細を見る

    • うつ病の認知に関する神経基盤

      岡本泰昌, 木下亜紀子, 吉村晋平, 小野田慶一, 松永美希, 志々田一宏, 上田一貴, 鈴木伸一, 山脇成人

      心身医学47 ( 8 )   2007年

      詳細を見る

    • うつ病の認知に関する脳機能局在

      岡本泰昌, 木下亜紀子, 小野田慶一, 吉村晋平, 松永美希, 高見浩, 山下英尚, 上田一貴, 鈴木伸一, 山脇成人

      基礎心理学研究25 ( 2 )   2007年

      詳細を見る

    • 大学生における抑うつ気分への反応スタイルが抑うつの持続に与える影響

      松永美希

      吉備国際大学社会福祉学部研究紀要 ( 12 )   2007年

      詳細を見る

    • 腹痛への懸念を強く訴えた社会不安障害患者に対する認知行動療法

      松永美希, 鈴木伸一, 貝谷久宣, 坂野雄二

      行動療法研究32 ( 2 )   2006年

      詳細を見る

    ▼全件表示

    MISC

    • 集団認知行動療法の治療者評価尺度の作成

      中島美鈴, 松永美希, 大谷真, 久我弘典, 藤澤大介

      明治安田こころの健康財団研究助成論文集 ( 53 )   2018年

      詳細を見る

    • 新年度の教師のストレス 新任教師のストレス 初任者のリアリティ・ショックを中心に

      松永美希

      教育と医学65 ( 4 )   2017年

      詳細を見る

    • 実践を研究に活かす・研究を実践に反映させる (特集 シリーズ・今これからの心理職(6)これだけは知っておきたい スキルアップのための心理職スタンダード) -- (スキルアップに関連する主要テーマ)

      松永 美希

      臨床心理学15 ( 6 ) 751 - 755   2015年11月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:金剛出版  

      CiNii Article

      researchmap

      その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2016071436

    • 今これからの心理職 3)これだけは知っておきたい産業・組織領域で働く心理職のスタンダード 職場うつ

      松永美希

      臨床心理学15 ( 3 )   2015年

      詳細を見る

    • うつ病の認知行動療法の脳内作用メカニズムと今後の展開

      国里愛彦, 岡本泰昌, 吉村晋平, 松永美希, 岡田剛, 吉野敦雄, 小野田慶一, 上田一貴, 鈴木伸一, 山脇成人

      Depression Frontier12 ( 2 )   2014年

      詳細を見る

    • うつ病研究の現状と課題 うつ病の認知行動療法の脳内基盤

      岡本泰昌, 吉村晋平, 神人蘭, 吉野敦雄, 松永美希, 山脇成人

      精神保健研究 ( 26 )   2013年

      詳細を見る

    • 認知行動療法

      松永美希, 岡本泰昌

      Current Insights in Neurological Science19/20   2013年

      詳細を見る

    • 精神医療における認知行動療法の効果的な均てん化と技能評価に関する研究 マニュアルを用いた集団認知行動療法の教育的な効果の有用性に関する研究

      岡本泰昌, 松永美希, 国里愛彦, 田辺沙也佳

      精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成22年度   2011年

      詳細を見る

    • 難治性気分障害の治療:エビデンスレビュー 難治性うつ病に対する認知行動療法

      松永美希, 松永美希, 田辺紗矢佳, 田辺紗矢佳, 岡本泰昌

      臨床精神医学40 ( 6 )   2011年

      詳細を見る

    • 再燃・再発の予防と支援-認知行動療法を中心に うつ病のCBTの再燃・再発のケア

      鈴木伸一, 大野真由子, 松永美希

      臨床心理学10 ( 1 )   2010年

      詳細を見る

    • 気分障害の治療システムの開発と検証に関する研究 うつ病に対する認知行動療法の併用効果に関する検討-難治性うつ病に対する治療システム開発に向けて-(第五報)

      岡本泰昌, 松永美希, 吉村晋平, 吉野敦夫, 国里愛彦, 鈴木伸一, 山脇成人

      厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成21年度 (2年度班・初年度班)   2010年

      詳細を見る

    • 集団認知行動療法後における治療抵抗性うつ病の心理社会的機能

      松永美希

      広島大学医学雑誌58 ( 1/4 )   2010年

      詳細を見る

    • うつ病からの復帰・復職をめざして 大学病院精神科における取り組み-集団認知行動療法プログラムによる復職・社会復帰支援-

      松永美希, 松永美希, 岡本泰昌, 鈴木伸一, 木下亜紀子, 吉村晋平, 吉野敦雄, 山脇成人

      月刊精神科11 ( 6 )   2007年

      詳細を見る

    • うつ病患者を対象とした認知行動療法に基づく復職支援プログラムの効果

      鈴木伸一, 松永美希, 木下亜紀子, 上田一貴, 岡本泰昌, 山脇成人

      心身医学47 ( 6 )   2007年

      詳細を見る

    • 精神療法と心理療法 認知行動分析システム療法(CBASP)-慢性うつ病の精神療法-

      岡本泰昌, 木下亜紀子, 松永美希

      こころのりんしょうa・la・carte26 ( 3 )   2007年

      詳細を見る

    • うつ病の集団認知行動療法

      松永美希, 岡本泰昌

      医学のあゆみ219 ( 13 )   2006年

      詳細を見る

    • うつ病患者の認知障害と認知行動療法の奏功機序に関するfMRI研究

      木下亜紀子, 岡本泰昌, 上田一貴, 松永美希, 鈴木伸一, 吉村晋平, 志々田一宏, 万谷智之, 山下英尚, 岡田剛, 山脇成人

      精神薬療研究年報 ( 38 )   2006年

      詳細を見る

    • うつ病-診断と治療の最前線-治療 うつ病に対する集団認知行動療法

      木下亜紀子, 鈴木伸一, 松永美希, 尾形明子, 上田一貴, 岡本泰昌

      カレントテラピー23 ( 1 )   2004年

      詳細を見る

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • 臨床心理学概論

      下山, 晴彦, 石丸, 径一郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 10章考え方を変えて気持ちを変える)

      ミネルヴァ書房  2020年7月  ( ISBN:9784623086139

      詳細を見る

      総ページ数:iv, 175p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 認知行動療法

      下山, 晴彦, 神村, 栄一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第5章認知行動療法の基本技法(3)心理教育・モニタリング・行動活性化法,第11章認知変容技法の基礎)

      放送大学教育振興会  2020年3月  ( ISBN:9784595321818

      詳細を見る

      総ページ数:234p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 健康心理学事典

      日本健康心理学会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第7章適応(病気・問題行動)「うつ病と自殺予防」)

      丸善出版  2019年10月  ( ISBN:9784621303764

      詳細を見る

      総ページ数:xxiii, 718p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 認知行動療法事典

      日本認知・行動療法学会( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 第3章CBTの適用範囲「産業・労働分野」,第11章産業・労働分野「新規参入者に対するストレスマネジメント」)

      丸善出版  2019年8月  ( ISBN:9784621303825

      詳細を見る

      総ページ数:xxv, 798p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 公認心理師技法ガイド : 臨床の場で役立つ実践のすべて

      下山, 晴彦, 伊藤, 絵美, 黒田, 美保, 鈴木, 伸一, 松田, 修( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第3章4節グループ療法)

      文光堂  2019年3月  ( ISBN:9784830636264

      詳細を見る

      総ページ数:xv, 877p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 周産期のうつと不安の認知行動療法

      Wenzel, Amy, Kleiman, Karen R., 横山, 知加, 蟹江, 絢子, 松永, 美希, 山口, 慶子, 武田, 美穂子, 小林, なほか( 担当: 共訳)

      日本評論社  2018年9月  ( ISBN:9784535984615

      詳細を見る

      総ページ数:xiv, 299p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 公認心理師養成のための保健・医療系実習ガイドブック

      鈴木, 伸一, 田中, 恒彦, 小林, 清香( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第8章保健・医療分野における実践 5節リワークプログラムでの公認心理師の仕事)

      北大路書房  2018年8月  ( ISBN:9784762830365

      詳細を見る

      総ページ数:viii, 320p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 対人援助と心のケアに活かす心理学

      鈴木, 伸一, 伊藤, 大輔, 尾形, 明子, 国里, 愛彦, 小関, 俊祐, 中村, 菜々子, 松永, 美希

      有斐閣  2017年3月  ( ISBN:9784641150409

      詳細を見る

      総ページ数:xii, 204p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 精神医療・臨床心理の知識と技法 : 公認心理師必携

      下山, 晴彦, 中嶋, 義文( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第17章抑うつ障害「うつ病」)

      医学書院  2016年9月  ( ISBN:9784260027991

      詳細を見る

      総ページ数:x, 345p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • ポジティブ認知行動療法 : 問題志向から解決志向へ

      Bannink, Fredrike, 津川, 秀夫, 大野, 裕史( 担当: 共訳 ,  範囲: 第10章ホームワークの設定)

      北大路書房  2015年9月  ( ISBN:9784762829062

      詳細を見る

      総ページ数:xi, 359p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • うつ病の集団認知行動療法実践マニュアル : 再発予防や復職支援に向けて

      鈴木, 伸一, 岡本, 泰昌, 松永, 美希, 吉村, 晋平, 国里, 愛彦

      日本評論社  2011年6月  ( ISBN:9784535983410

      詳細を見る

      総ページ数:109p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    ▼全件表示

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 新任教師のリアリティ・ショックへの包括的支援システム構築のための臨床心理学的研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      松永 美希, 三浦 正江, 中村 菜々子, 古谷 嘉一郎

      詳細を見る

      2014年4月 - 2020年3月

      課題番号:26380960

      配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

      新任教師のメンタルヘルス悪化の早期予防を目的とした包括的支援システムの構築を目的に,本研究は,主に以下の3点について検討を行った。
      (1)リアリティ・ショックに対するセルフケア教育としてのメンタルヘルス研修プログラムについて精緻化をすすめる。(2)新任教師とそれを支援する管理職や指導担当者との相互作用や生活場面のリソースについて,ソーシャルキャピタルの観点から,新任教師のメンタルヘルスに及ぼす影響を質的および量的検討を用いて明らかにする。(3)上記2側面の知見をもとに,新任教師のタイプに応じたリアリティ・ショック軽減に有益な支援方法を明らかにし,自治体や学校現場に還元していく。

      researchmap

    • 新任教師におけるリアリティ・ショックのプロセスの解明と予防プログラムの効果検証

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      松永 美希, 中村 菜々子, 石井 眞治, 三浦 正江

      詳細を見る

      2011年 - 2013年

      課題番号:23530939

      配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

      公立小・中学校に採用されて1年以内の新任教師を対象に,就職後のリアリティ・ショックがメンタルヘルスに及ぼす影響について検討するため,横断的研究および縦断的研究をおこなった。横断的調査の結果,リアリティ・ショックを感じる出来事の体験とストレス反応との関連が認められた。また1年間の縦断的調査の結果,就職後のリアリティ・ショックの程度は,その後のストレス反応を予測する可能性が示唆された。また,リアリティ・ショックへの対応に焦点を当てたメンタルヘルス研修プログラムを作成・実施し,統制群と比較した。その結果,プログラムの効果は十分に確認されなかったが,認知的対処の向上には有用である可能性が示された。

      researchmap

    • 治療抵抗性うつ病患者の心理・社会的機能障害の実態把握と心理学的介入に関する研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B) 

      松永 美希

      詳細を見る

      2008年 - 2010年

      課題番号:20730463

      配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

      薬物治療抵抗性うつ病患者を対象に,心理社会的機能障害の実態を調査し,さらに認知行動療法による心理学的介入の効果を検討した。その結果,治療抵抗性うつ病患者は,通常の薬物療法を受けていても著しい社会的機能障害が継続している可能性が示唆された。また,通常の薬物治療に加えて集団認知行動療法との併用治療は,抑うつ症状のみならず,社会的機能の改善に有効であり,その効果は12か月以上維持されていた。

      researchmap

    • うつ病の集団認知行動療法プログラムに関するコントロール研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B) 

      松永 美希

      詳細を見る

      2005年 - 2006年

      課題番号:17730415

      配分額:1200000円 ( 直接経費:1200000円 )

      本研究の目的は,うつ病に対する集団認知行動療法プログラムの効果を検討することである.平成18年度は,昨年度に引き続き,うっ病患者を対象に集団認知行動療法プログラムを実施し,その短期的効果を検討するとともに,コントロール群データを収集し,集団認知行動療法群との比較検討を行った.
      対象者は,うつ病患者18名(男性16名,女性2名.平均年齢43.6±8.5歳)であった.1名を除き,17名は薬物療法を併用した.集団認知行動療法プログラムは12セッション(約3ヶ月間)からなり,各セッションのねらいは心理教育,自己理解,思考の再検討,生活場面での実践,再発予防であった.1グループは患者4-6名で構成され,スタッフ3名でプログラムを実施した.さらにプログラム前後に,抑うつ症状(BDI, HAM-D),社会的機能(SF-36),非機能的認知(ATQ-R, DAS)を測定した.一方,コントロール群は薬物治療中のうつ病患者6名(男性2名,女性4名.平均年齢44.5±9.1歳)であった.コントロール群には,質問紙調査(BDI, SF-36,ATQ-R, DAS)を約3ヶ月の間隔をおいて2回実施した.
      まず集団認知行動療法群18名の抑うつ症状および心理・社会的機能について,時期を要因とした分散分析を行った.その結果,BDI, HAM-D, SF-36「身体機能」「活力」「社会生活機能」,ATQ-R「肯定的思考」について改善が認められた.次に,集団認知行動療法群とコントロール群の各指標の変化量について,群を要因とした分散分析を行った結果,いずれの指標も群の差は認められなかった.
      以上のことから,うっ病の集団認知行動療法プログラムと薬物療法の併用は,抑うつ症状や心理・社会的機能の改善に有効であることが確認されたが,その効果は薬物療法単独に比べて優れているとまではいえなかった.今後はさらにサンプル数を増やして検討する必要がある.

      researchmap

    メディア報道

    • 新入社員の「五月病」対策 インターネットメディア

      日本の人事部  https://jinjibu.jp/kenko/article/detl/2095/1/  2019年5月

      詳細を見る

    • 株式会社アドバンテッジ リスク マネジメントとの共同研究成果発表

      https://www.sankei.com/economy/news/190807/prl1908070378-n1.html 

      詳細を見る

     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方