2022/01/20 更新

写真b

アサノ ミチコ
浅野 倫子
ASANO Michiko
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
現代心理学部 心理学科
現代心理学研究科 心理学専攻博士課程後期課程
現代心理学研究科 心理学専攻博士課程前期課程
職名*
准教授
学位
博士(心理学) ( 2009年2月   東京大学 ) / 修士(心理学) ( 2005年3月   東京大学 ) / 学士(文学) ( 2003年3月   東京大学 )
連絡先
メールアドレス
研究テーマ*
  • 認知心理学や実験心理学の領域で研究を行っている。特に言語の認知処理、共感覚(文字に色を感じる、音に色や形を感じる、数字に特定の空間配置があるように感じるなど、何らかの情報を受けたときに、一般的に行われる感覚・認知処理に加えて他の感覚・認知処理も引き起こされる現象。少数の人がもつ)、感覚間協応(「もま」という無意味な言語音に対して丸みを帯びた視覚的、触覚的印象を感じるなど、異なる感覚間につながりを見出すこと)、物体・情景認知、注意などが主要な研究テーマである。大きな枠組みで言えば、言語的処理と非言語的処理の関係や、ボトムアップ処理とトップダウン処理の関係に興味をもっている。

  • 研究キーワード
  • 実験心理学

  • 認知心理学

  • 学内職務経歴*
    • 2018年4月 - 現在 
      現代心理学部   心理学科   准教授
    • 2018年4月 - 現在 
      現代心理学研究科   心理学専攻博士課程前期課程   准教授
    • 2018年4月 - 現在 
      現代心理学研究科   心理学専攻博士課程後期課程   准教授
    • 2014年4月 - 2018年3月 
      現代心理学部   心理学科   助教
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 実験心理学

    経歴

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学部 心理学科   准教授

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学研究科 心理学専攻博士課程前期課程   准教授

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学   現代心理学研究科 心理学専攻博士課程後期課程   准教授

      詳細を見る

    • 2014年4月 - 2018年3月 
      立教大学   現代心理学部 心理学科   助教

      詳細を見る

    • 2011年4月 - 2014年3月 
      慶應義塾大学   環境情報学部   日本学術振興会特別研究員

      詳細を見る

    • 2010年5月 - 2011年3月 
      玉川大学   脳科学研究所   研究員

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 2011年3月 
      東京大学   大学院人文社会系研究科   研究員

      詳細を見る

    • 2007年4月 - 2009年3月 
      東京大学   大学院人文社会系研究科   日本学術振興会特別研究員

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • - 2008年3月 
      東京大学   大学院人文社会系研究科   基礎文化研究専攻 心理学専門分野 博士課程

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 2005年3月 
      東京大学   大学院人文社会系研究科   基礎文化研究専攻 心理学専門分野 修士課程

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • - 2003年3月 
      東京大学   文学部   行動文化学科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    受賞

    • 2014年12月  
      日本基礎心理学会 若手研究者特別委員会  The Young Psychonomic Scientist of the Year 2014 
       
      浅野 倫子

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2010年11月  
      日本基礎心理学会  日本基礎心理学会第29回大会優秀発表賞  語彙処理における潜在的な共感覚的認知
       
      浅野倫子, 横澤一彦

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2010年3月  
      情報処理学会  情報処理学会2010年学生奨励賞  生理指標の多変量解析に基づく個人に依らないストレス推定手法の研究
       
      井出裕人, ロペズ ギョーム, 酒造 正樹, ドロネー ジャン=ジャック, 山田一郎, 浅野倫子, 横澤一彦

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2008年7月  
      日本基礎心理学会  2007年度日本基礎心理学会優秀論文賞  校正専門家の高次視覚特性に関する検討
       
      浅野倫子, 横澤一彦

      詳細を見る

      受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2007年12月  
      日本基礎心理学会  日本基礎心理学会第26回大会優秀発表賞  文章文脈は単語処理に優先する
       
      浅野倫子, 横澤一彦

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2003年10月  
      日本基礎心理学会  日本基礎心理学会第22回大会優秀発表賞  校正読みにおける誤字の音韻と位置の効果
       
      浅野倫子, 横澤一彦

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    ▼全件表示

    論文

    • Do the colors of your letters depend on your language? Language-dependent and universal influences on grapheme-color synesthesia in seven languages 査読有り

      Nicholas Root, Michiko Asano, Helena Melero, Chai-Youn Kim, Anton V. Sidoroff-Dorso, Argiro Vatakis, Kazuhiko Yokosawa, Vilayanur Ramachandran, Romke Rouw

      Consciousness and Cognition95   103192 - 103192   2021年10月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1016/j.concog.2021.103192

      researchmap

    • Consistency of synesthetic association varies with grapheme familiarity: A longitudinal study of grapheme-color synesthesia 査読有り

      Uno, K, Asano, M, Yokosawa, K

      Consciousness and Cognition89   103090 - 103090   2021年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

      DOI: 10.1016/j.concog.2021.103090

      researchmap

    • 色字共感覚: 色と文字と学習の結びつき 招待有り

      浅野倫子

      基礎心理学研究39 ( 1 ) 110 - 117   2020年9月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Grapheme-color associations can transfer to novel graphemes when synesthetic colors function as grapheme “discriminating markers” 査読有り

      Uno K, Asano M, Kadowaki H, Yokosawa K

      Psychonomic Bulletin & Review27 ( 4 ) 700 - 706   2020年8月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.3758/s13423-020-01732-9

      researchmap

      その他リンク: http://link.springer.com/article/10.3758/s13423-020-01732-9/fulltext.html

    • Acquisition of the meaning of the word orange requires understanding of the meanings of red, pink and purple: Constructing a lexicon as a connected system 査読有り

      Saji, N, Asano, M, Imai, M

      Cognitive Science44 ( 1 ) e12813   2020年1月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 非共感覚者が示すかな文字と色の対応付けとその規則性 査読有り

      永井淳一, 横澤一彦, 浅野倫子

      認知科学26 ( 4 ) 426 - 439   2019年12月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.11225/jcss.26.426

      researchmap

    • ネガティブな反すうと内向き/外向き分割的注意期のとの関連 査読有り

      松本晃, 浅野倫子, 松永美希

      感情心理学研究27 ( 1 ) 20 - 30   2019年10月31日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本感情心理学会  

      <p>Rumination has been associated with impaired attentional control. People with ruminative tendencies may experience problems in everyday life because they fail to divide attention between internal and external information; they must cope with external events even as they become trapped in rumination. To clarify the characteristics of negative rumination, we investigated the relationship of negative rumination ("negative rumination trait" and "uncontrollability of negative rumination") with divided attention between internal and external information. Fifty-eight university students performed a divided attention task (dual task) consisting of (1) a primary, external attention task, in which they were asked to press a button corresponding to the location of an asterisk displayed on a computer screen, and (2) a secondary, internal attention task, in which they were asked to retrieve words from memory. The results showed that the capacity of divided attention was correlated with "negative rumination trait" in men and with "uncontrollability of negative rumination" in women, suggesting that people with higher ruminative tendencies had more difficulty dividing attention between internal and external information.</p>

      DOI: 10.4092/jsre.27.1_20

      CiNii Article

      researchmap

    • Synaesthetic colour associations for Japanese Kanji characters: from the perspective of grapheme learning 招待有り 査読有り 国際誌

      Asano M, Takahashi S, Tsushiro T, Yokosawa K

      Philosophical Transactions of the Royal Society B374 ( 20180349 ) 20180349 - 20180349   2019年10月21日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1098/rstb.2018.0349

      PubMed

      researchmap

    • 文化的な構えが色嗜好に与える影響 査読有り

      熊倉恵梨香, 信田拓也, 浅野倫子, 横澤一彦

      基礎心理学研究38 ( 1 ) 26 - 32   2019年9月30日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本基礎心理学会  

      <p>Previous studies have shown that color preferences can be modulated by altering the observer's mental set about color through environmental change (e.g., seasonal change). This study investigated whether color preferences changed when the mental set on color was manipulated, by providing participants with instructions about different cultural sets without any physical change in the environment. To this end, we compared the color preferences of Japanese participants under three different cultural sets, namely, "colors that are used in America," "colors of Japanese traditional culture," or no specified cultural set. We also investigated the degree to which participants matched colors with each cultural set, i.e., American or traditional Japanese. The results demonstrated the modulation of color preferences. Furthermore, the size of the modulation for each color positively correlated with the degree of the match between each color and each cultural set, suggesting that the cultural set affected the color preferences.</p>

      DOI: 10.14947/psychono.38.4

      CiNii Article

      researchmap

    • Sound symbolism processing is lateralized to the right temporal region in the prelinguistic infant brain 査読有り

      Yang, J, Asano, M, Kanazawa, S, Yamaguchi, M. K, Imai, M

      Scientific Reports9 ( 13435 ) 1 - 10   2019年9月17日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1038/s41598-019-49917-0

      researchmap

    • 漢字の形態情報が共感覚色の数に与える影響 査読有り

      宇野究人, 浅野倫子, 横澤一彦

      心理学研究89 ( 6 ) 571 - 579   2019年2月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Developmental changes in number personification by elementary school children 査読有り 国際誌

      Matsuda, M, Okazaki, Y, Asano, M, Yokosawa, K

      Frontiers in Psychology9 ( 2214 ) 1 - 10   2018年11月15日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.3389/fpsyg.2018.02214

      PubMed

      researchmap

    • 共感覚と音象徴からのぞく認知処理間の潜在的な結びつき 招待有り

      浅野倫子

      基礎心理学研究37 ( 1 ) 57 - 64   2018年9月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Why is the synesthete's “A” red? Using a five-language dataset to disentangle the effects of shape, sound, semantics, and ordinality on inducer–concurrent relationships in grapheme-color synesthesia 査読有り

      Nicholas B. Root, Romke Rouw, Michiko Asano, Chai-Youn Kim, Helena Melero, Kazuhiko Yokosawa, Vilayanur S. Ramachandran

      Cortex99   375 - 389   2018年2月1日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Masson SpA  

      Grapheme-color synesthesia is a neurological phenomenon in which viewing a grapheme elicits an additional, automatic, and consistent sensation of color. Color-to-letter associations in synesthesia are interesting in their own right, but also offer an opportunity to examine relationships between visual, acoustic, and semantic aspects of language. Research using large populations of synesthetes has indeed found that grapheme-color pairings can be influenced by numerous properties of graphemes, but the contributions made by each of these explanatory factors are often confounded in a monolingual dataset (i.e., only English-speaking synesthetes). Here, we report the first demonstration of how a multilingual dataset can reveal potentially-universal influences on synesthetic associations, and disentangle previously-confounded hypotheses about the relationship between properties of synesthetic color and properties of the grapheme that induces it. Numerous studies have reported that for English-speaking synesthetes, “A” tends to be colored red more often than predicted by chance, and several explanatory factors have been proposed that could explain this association. Using a five-language dataset (native English, Dutch, Spanish, Japanese, and Korean speakers), we compare the predictions made by each explanatory factor, and show that only an ordinal explanation makes consistent predictions across all five languages, suggesting that the English “A” is red because the first grapheme of a synesthete's alphabet or syllabary tends to be associated with red. We propose that the relationship between the first grapheme and the color red is an association between an unusually-distinct ordinal position (“first”) and an unusually-distinct color (red). We test the predictions made by this theory, and demonstrate that the first grapheme is unusually distinct (has a color that is distant in color space from the other letters' colors). Our results demonstrate the importance of considering cross-linguistic similarities and differences in synesthesia, and suggest that some influences on grapheme-color associations in synesthesia might be universal.

      DOI: 10.1016/j.cortex.2017.12.003

      Scopus

      researchmap

    • Ecological Effects in Cross-Cultural Differences Between US and Japanese Color Preferences 査読有り

      Kazuhiko Yokosawa, Karen B. Schloss, Michiko Asano, Stephen E. Palmer

      COGNITIVE SCIENCE40 ( 7 ) 1590 - 1616   2016年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

      We investigated cultural differences between U.S. and Japanese color preferences and the ecological factors that might influence them. Japanese and U.S. color preferences have both similarities (e.g., peaks around blue, troughs around dark-yellow, and preferences for saturated colors) and differences (Japanese participants like darker colors less than U.S. participants do). Complex gender differences were also evident that did not conform to previously reported effects. Palmer and Schloss's (2010) weighted affective valence estimate (WAVE) procedure was used to test the Ecological Valence Theory's (EVT's) prediction that within-culture WAVE-preference correlations should be higher than between-culture WAVE-preference correlations. The results supported several, but not all, predictions. In the second experiment, we tested color preferences of Japanese-U.S. multicultural participants who could read and speak both Japanese and English. Multicultural color preferences were intermediate between U.S. and Japanese preferences, consistent with the hypothesis that culturally specific personal experiences during one's lifetime influence color preferences.

      DOI: 10.1111/cogs.12291

      researchmap

    • Biases and regularities of grapheme-colour associations in Japanese nonsynaesthetic population 査読有り

      Jun-ichi Nagai, Kazuhiko Yokosawa, Michiko Asano

      QUARTERLY JOURNAL OF EXPERIMENTAL PSYCHOLOGY69 ( 1 ) 11 - 23   2016年1月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

      Associations between graphemes and colours in a nonsynaesthetic Japanese population were investigated. Participants chose the most suitable colour from 11 basic colour terms for each of 40 graphemes from the four categories of graphemes used in the Japanese language (kana characters, English alphabet letters, and Arabic and kanji numerals). This test was repeated after a three-week interval. In their responses, which were not as temporally consistent as those of grapheme-colour synaesthetes, participants showed biases and regularities that were comparable to those of synaesthetes reported in past studies. Although it has been believed that only synaesthetes, and not nonsynaesthetes, tended to associate graphemes with colours based on grapheme frequency, Berlin and Kay's colour typology, and colour word frequency, participants in this study tended in part to associate graphemes with colours based on the above factors. Moreover, participants that were nonsynaesthetes tended to associate different graphemes that shared sounds and/or meanings (e.g., Arabic and kanji numerals representing the same number) with the same colours, which was analogous to the findings in Japanese synaesthetes. These results support the view that grapheme-colour synaesthesia might have its origins in cross-modal association processes that are shared with the general population.

      DOI: 10.1080/17470218.2015.1018835

      researchmap

    • Sound symbolism scaffolds language development in preverbal infants 査読有り

      Michiko Asano, Mutsumi Imai, Sotaro Kita, Keiichi Kitajo, Hiroyuki Okada, Guillaume Thierry

      CORTEX63   196 - 205   2015年2月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER MASSON  

      A fundamental question in language development is how infants start to assign meaning to words. Here, using three Electroencephalogram (EEG)-based measures of brain activity, we establish that preverbal 11-month-old infants are sensitive to the non-arbitrary correspondences between language sounds and concepts, that is, to sound symbolism. In each trial, infant participants were presented with a visual stimulus (e.g., a round shape) followed by a novel spoken word that either sound-symbolically matched ("moma") or mismatched ("kipi") the shape. Amplitude increase in the gamma band showed perceptual integration of visual and auditory stimuli in the match condition within 300 msec of word onset. Furthermore, phase synchronization between electrodes at around 400 msec revealed intensified large-scale, left-hemispheric communication between brain regions in the mismatch condition as compared to the match condition, indicating heightened processing effort when integration was more demanding. Finally, event-related brain potentials showed an increased adult-like N400 response an index of semantic integration difficulty in the mismatch as compared to the match condition. Together, these findings suggest that 11-month-old infants spontaneously map auditory language onto visual experience by recruiting a cross-modal perceptual processing system and a nascent semantic network within the first year of life. (C) 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd.

      DOI: 10.1016/j.cortex.2014.08.025

      researchmap

    • Pre- and Post-head Processing for Single- and Double-Scrambled Sentences of a Head-Final Language as Measured by the Eye Tracking Method 査読有り

      Katsuo Tamaoka, Michiko Asano, Yayoi Miyaoka, Kazuhiko Yokosawa

      JOURNAL OF PSYCHOLINGUISTIC RESEARCH43 ( 2 ) 167 - 185   2014年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS  

      Using the eye-tracking method, the present study depicted pre- and post-head processing for simple scrambled sentences of head-final languages. Three versions of simple Japanese active sentences with ditransitive verbs were used: namely, (1) canonical, (2) single-scrambled, and (3) double-scrambled order. First pass reading times indicated that the third noun phrase just before the verb in both single- and double-scrambled sentences required longer reading times compared to canonical sentences. Re-reading times (the sum of all fixations minus the first pass reading) showed that all noun phrases including the crucial phrase before the verb in double-scrambled sentences required longer re-reading times than those required for single-scrambled sentences; single-scrambled sentences had no difference from canonical ones. Therefore, a single filler-gap dependency can be resolved in pre-head anticipatory processing whereas two filler-gap dependencies require much greater cognitive loading than a single case. These two dependencies can be resolved in post-head processing using verb agreement information.

      DOI: 10.1007/s10936-013-9244-8

      researchmap

    • Grapheme learning and grapheme-color synesthesia: toward a comprehensive model of grapheme-color association 査読有り

      Michiko Asano, Kazuhiko Yokosawa

      FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE7 ( 757 ) 1 - 11   2013年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION  

      Recent progress in grapheme-color synesthesia research has revealed that certain regularities, as well as individual differences, figure into grapheme-color associations. Although several factors are known to regulate grapheme-color associations, the impact off actors, including their interrelationships, on synesthesia remains unclear. We investigated determinants of synesthetic color for graphemes (characters, letters) of Hiragana, a phonetic script in the Japanese language, and the English alphabet. Results revealed that grapheme ordinality was the strongest predictor of synesthetic colors for Hiragana characters, followed by character sound, and visual shape. Ordinality and visual shapes also significantly predicted synesthetic colors for English alphabet letters, however, sounds did not. The relative impact of grapheme properties on grapheme-color associations and the differences between these two writing systems are accounted for by considering the way graphemes are processed in the brain and introduced during an individual's development. A new model is proposed which takes into account the developmental process of grapheme learning. The model provides comprehensive explanation of synesthetic grapheme-color association determination processes, including the differences across writing systems.

      DOI: 10.3389/fnhum.2013.00757

      researchmap

    • Determinants of synaesthetic colours for different types of graphemes: Towards a comprehensive model 招待有り 査読有り

      Michiko Asano, Kazuhiko Yokosawa

      VISUAL COGNITION21 ( 6 ) 674 - 678   2013年6月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PSYCHOLOGY PRESS  

      DOI: 10.1080/13506285.2013.844958

      researchmap

    • Synesthetic colors for Japanese late acquired graphemes 査読有り

      Michiko Asano, Kazuhiko Yokosawa

      CONSCIOUSNESS AND COGNITION21 ( 2 ) 983 - 993   2012年6月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

      Determinants of synesthetic color choice for the Japanese logographic script, Kanji, were studied. The study investigated how synesthetic colors for Kanji characters, which are usually acquired later in life than other types of graphemes in Japanese language (phonetic characters called Hiragana and Katakana, and Arabic digits), are influenced by linguistic properties such as phonology, orthography, and meaning. Of central interest was a hypothesized generalization process from synesthetic colors for graphemes, learned prior to acquisition of Kanji, to Kanji characters learned later. Results revealed that color choices for Kanji characters depend on meaning and phonological information. Some results suggested that colors are generalized from Hiragana characters and Arabic digits to Kanji characters via phonology and meaning, respectively. Little influence of orthographic information was observed. The findings and approach of this study contributes to a clarification of the mechanism underlying grapheme-color synesthesia, especially in terms of its relationship to normal language processing. (C) 2012 Elsevier Inc. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.concog.2012.02.005

      researchmap

    • Synesthetic colors are elicited by sound quality in Japanese synesthetes 査読有り

      Michiko Asano, Kazuhiko Yokosawa

      CONSCIOUSNESS AND COGNITION20 ( 4 ) 1816 - 1823   2011年12月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

      Determinants of synesthetic color choice for Japanese phonetic characters were studied in six Japanese synesthetes. The study used Hiragana and Katakana characters, which represent the same set of syllables although their visual forms are dissimilar. From a palette of 138 colors, synesthetes selected a color corresponding to each character. Results revealed that synesthetic color choices for Hiragana characters and those for their Katakana counterparts were remarkably consistent, indicating that color selection depended on character-related sounds and not visual form. This Hiragana-Katakana invariance cannot be regarded as the same phenomenon as letter case invariance, usually reported for English grapheme-color synesthesia, because Hiragana and Katakana characters have different identities whereas upper and lower case letters have the same identity. This involvement of phonology suggests that cross-activation between an inducer (i.e., letter/character) brain region and that of the concurrent (i.e., color) area in grapheme-color synesthesia is mediated by higher order cortical processing areas. (C) 2011 Elsevier Inc. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.concog.2011.05.012

      researchmap

    • Implicit synesthetic perception in lexical processing 招待有り 査読有り

      Asano, M, Yokosawa, K

      The Japanese Journal of Psychonomic Science30 ( 1 ) 141 - 142   2011年9月30日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Rapid Extraction of Gist From Visual Text and Its Influence on Word Recognition 査読有り

      Michiko Asano, Kazuhiko Yokosawa

      JOURNAL OF GENERAL PSYCHOLOGY138 ( 2 ) 127 - 154   2011年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

      Two experiments explored rapid extraction of gist from a visual text and its influence on word recognition. In both, a short text (sentence) containing a target word was presented for 200 ms and was followed by a target recognition task. Results showed that participants recognized contextually anomalous word targets less frequently than contextually consistent counterparts (Experiment 1). This context effect was obtained when sentences contained the same semantic content but with disrupted syntactic structure (Experiment 2). Results demonstrate that words in a briefly presented visual sentence are processed in parallel and that rapid extraction of sentence gist relies on a primitive representation of sentence context (termed protocontext) that is semantically activated by the simultaneous presentation of multiple words (i.e., a sentence) before syntactic processing.

      DOI: 10.1080/00221309.2010.542510

      researchmap

    • 気質分類に基づく適切な情報提示法の心理学的検討

      浅野倫子, 横澤一彦, 酒造正樹, 山田一郎

      電子情報通信学会技術研究報告109 ( 470 ) 335 - 340   2010年3月8日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

      researchmap

    • 単語認知における文脈の果たす役割に関する実験心理学的研究 査読有り

      浅野倫子

          2009年2月19日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(その他)  

      researchmap

    • Sentence context processing has priority over constituent word processing 招待有り 査読有り

      Asano, M, Yokosawa, K

      The Japanese Journal of Psychonomic Science27 ( 1 ) 113 - 114   2008年9月30日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    • Proofreaders show a generalized ability to allocate spatial attention to detect changes 査読有り

      Michiko Asano, Shoko Kanaya, Kazuhiko Yokosawa

      PSYCHOLOGIA51 ( 2 ) 126 - 141   2008年6月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PSYCHOLOGIA SOC  

      In proofreading, attention must be allocated to the entire text in order to detect anomalous words within the sentence context. Because professional proofreaders have superior control of spatial attentional allocation, it is hypothesized that their skill may generalize to certain other tasks. To test this hypothesis, professional proofreaders were compared to novices using change blindness and visual search tasks. Results of the change blindness task showed that proofreaders detected more targets (non-predesignated scene changes) than novices by allocating attention to the entire scene. By contrast, novices' attention tended to be attracted to the upper part of visual scenes. Results of the visual search task, which involved counting predesignated targets, showed no performance differences between proofreaders and novices. This implies that proofreaders have a highly developed ability for spatial attentional allocation that is generally applicable to attentional demanding search situations where both detection targets and distractors are not predesignated.

      DOI: 10.2117/psysoc.2008.126

      researchmap

    • 校正専門家の高次視覚特性に関する検討 査読有り

      浅野倫子, 横澤一彦

      基礎心理学研究26 ( 1 ) 29 - 37   2007年9月30日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      J-GLOBAL

      researchmap

    • Contextual interference within the perceptual span in reading Japanese text 査読有り

      Asano, M, Yokosawa, K

      Proceedings of the 28th Annual Conference of the Cognitive Science Society (CogSci2006)   985 - 990   2006年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • The effects of phonology and misprint location in Japanese proofreading 招待有り 査読有り

      Asano, M, Yokosawa, K

      The Japanese Journal of Psychonomic Science23 ( 1 ) 103 - 104   2004年9月30日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

      researchmap

    ▼全件表示

    MISC

    • How do children construct the color lexicon?: Restructuring the domain as a connected system. 査読有り

      Saji, N, Asano, M, Oishi, M, Imai, M

      Proceedings of the 37th Annual Conference of the Cognitive Science Society (CogSci2015 at Pasadena, USA)   2080 - 2085   2015年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

      researchmap

    • ことばの音のイメージを足掛かりに言語記号の使い手になる 招待有り

      浅野 倫子

      発達141   96 - 99   2015年1月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:その他   出版者・発行元:ミネルヴァ書房  

      researchmap

    • 色字共感覚:文字認知と色認知の隠れた結びつき 招待有り

      浅野 倫子, 横澤 一彦

      ヒューマンインタフェース学会誌16 ( 4 ) 265 - 268   2014年11月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

      J-GLOBAL

      researchmap

    • Implicit synesthetic perception in lexical processing 招待有り 査読有り

      Asano, M, Yokosawa, K

      The Japanese Journal of Psychonomic Science30 ( 1 ) 141 - 142   2011年9月30日

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • 気質分類に基づく適切な情報提示法の心理学的検討

      浅野倫子, 横澤一彦, 酒造正樹, 山田一郎

      電子情報通信学会技術研究報告109 ( 470 ) 335 - 340   2010年3月8日

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

      健康管理支援システムの効果を高めるためには,画一的な方法でデータを示し数値目標を押し付けるのではなく,個人の気質を考慮した情報提示が必要である.本研究では質問紙調査実験を実施し,気質分類ごとのダイエット支援システムについての好みを調べた.回答者を先延ばし傾向と完全主義傾向の高低により4グループに分けて分析した結果,目標設定,計画の作成,結果の表示,結果に対する評価の各側面において,気質により好まれる情報提示方法が異なることが明らかになった.気質に合わせた情報提示を行い,ダイエットの開始可能性と継続性を高めることにより,ユーザー自身によるセルフケアを実現可能にできると考えられる.

      CiNii Article

      researchmap

    • Sentence context processing has priority over constituent word processing 招待有り 査読有り

      Asano, M, Yokosawa, K

      The Japanese Journal of Psychonomic Science27 ( 1 ) 113 - 114   2008年9月30日

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • Contextual interference within the perceptual span in reading Japanese text 査読有り

      Asano, M, Yokosawa, K

      Proceedings of the 28th Annual Conference of the Cognitive Science Society (CogSci2006)   985 - 990   2006年

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • The effects of phonology and misprint location in Japanese proofreading 招待有り 査読有り

      Asano, M, Yokosawa, K

      The Japanese Journal of Psychonomic Science23 ( 1 ) 103 - 104   2004年9月30日

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • 有斐閣現代心理学辞典

      子安, 増生, 丹野, 義彦, 箱田, 裕司( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「共感覚」,「感覚間協応」,ほか9件)

      2021年2月  ( ISBN:9784641002661

      詳細を見る

      総ページ数:996p, 図版 [18] p  

      researchmap

    • 共感覚:統合の多様性

      浅野倫子, 横澤一彦( 担当: 共著)

      勁草書房  2020年8月20日  ( ISBN:9784326251131

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 人工知能学大事典

      人工知能学会, 編, 松原仁 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 3-17 「色字共感覚」)

      共立出版  2017年7月  ( ISBN:9784320124202

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

      researchmap

    • 岩波講座 コミュニケーションの認知科学 第1巻「言語と身体性」

      浅野倫子, 渡邊淳司( 担当: 共著 ,  範囲: 第3章「知覚と言語」)

      岩波書店  2014年7月4日  ( ISBN:9784000113717

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    講演・口頭発表等

    • 幼児におけるOrdinal Linguistic Personification (OLP) 傾向の調査

      櫻井晴子, 奥村安寿子, 北村柚葵, 北洋輔, 浅野倫子

      日本基礎心理学会第40回大会  2021年12月5日 

      詳細を見る

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 主体的な情報取得が環境評価に与える影響の検討

      一ノ瀬大輔, 田島夏与, 浅野倫子, 横澤一彦

      環境経済・政策学会2021年大会  2021年9月 

      詳細を見る

      開催年月日: 2021年9月25日 - 2021年9月26日

      会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 景観の360°画像提示が景観に対する印象と経済的価値評価に及ぼす影響

      浅野倫子, 横澤一彦, 一ノ瀬大輔, 田島夏与

      日本心理学会第85回大会  2021年9月 

      詳細を見る

      開催年月日: 2021年9月1日 - 2021年9月8日

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 色字共感覚:学習と転移(公募シンポジウムSS-041「共感覚研究の新展開」)

      浅野倫子

      日本心理学会第85回大会  2021年9月 

      詳細を見る

      開催年月日: 2021年9月1日 - 2021年9月8日

      会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • 未就学児のひらがな習得と音韻意識:追跡および大規模調査に基づく発達過程と評価基準の検討

      奥村安寿子, 北洋輔, 北村柚葵, 大山帆子, 櫻井晴子, 浅野倫子

      第19回注意と認知合宿研究会  2021年3月8日 

      詳細を見る

      会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 視聴覚コンテンツの印象の調和・不調和が映像的没入感に与える影響

      張馨月, 浅野倫子

      第19回注意と認知合宿研究会  2021年3月7日 

      詳細を見る

      会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Factors influencing longitudinal consistency of synesthetic colors for graphemes.

      Yokosawa, K, Uno, K, Asano, M

      61st Annual Meeting of the Psychonomic Society  2020年11月 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年11月19日 - 2020年11月22日

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Ordinal Linguistic Personification (OLP) の特性の検討:中途喪失経験に着目して

      櫻井晴子, 浅野倫子

      日本基礎心理学会第39回大会  2020年11月 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年11月7日 - 2020年11月17日

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 色字共感覚の長期時間安定性に関する縦断研究

      宇野究人, 浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第84回大会  2020年9月 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年11月2日

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • スキーマ的処理の強固さと有意味信念傾向および認知スタイルとの関連

      大川明李, 浅野倫子

      日本心理学会第84回大会  2020年9月 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年11月2日

      会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Longitudinal consistency of synesthetic colors for 300 graphemes 国際会議

      Yokosawa K, Uno K, Asano M

      V-VSS 2020  2020年6月19日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Online  

      researchmap

    • 色字共感覚:色と文字と学習の結びつき 招待有り

      浅野倫子

      日本基礎心理学会2019年度第2回フォーラム「共感覚と色情報処理」  2020年1月25日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

      researchmap

    • チュートリアル講演「色字共感覚とそのメカニズム」 招待有り

      浅野倫子

      第11回多感覚研究会  2019年12月14日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • 視聴覚情報の感情が視聴覚コンテンツに対する没入感に与える影響

      張馨月, 浅野倫子

      日本基礎心理学会第38回大会  2019年11月29日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 日常の心理ストレスにおける生理学的および主観的指標と認知的制御との関係性に関する探索的検討

      浅野倫子, 日高聡太, 樋口麻衣子, 日野美紀, 後藤聡

      日本心理学会第83回大会  2019年9月11日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 共感覚における色字対応づけのダイナミクス 招待有り

      浅野倫子

      生理学研究所研究会「脳神経ダイナミクスの可視化と制御  2019年7月16日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • 日本人の色嗜好における文化依存性についての検討

      熊倉恵梨香, 信田拓也, 浅野倫子, 横澤一彦

      第17回注意と認知合宿研究会  2019年3月3日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 既知文字の共感覚色は、文字の区別に役立つときに新奇文字に転移する

      浅野倫子, 門脇花奈, 宇野究人, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第37回大会  2018年12月1日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Effects of traditional culture on color preference. 国際会議

      Yokosawa, K, Nobuta, T, Asano, M

      The 59th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2018年11月15日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Associations in Japanese grapheme-colour synaesthesia: from the perspective of grapheme learning 招待有り 国際会議

      Asano, M

      Bridging senses: new developments in synaesthesia (a Royal Society discussion meeting)  2018年10月22日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Grapheme-colour associations can transfer to novel graphemes when synaesthetic colours function as grapheme “discriminating markers” 国際会議

      Yokosawa, K, Kadowaki, H, Uno, K, Asano, M

      Bridging senses: new developments in synaesthesia (a Royal Society discussion meeting)  2018年10月22日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 公募シンポジウムSS-047「共感覚」

      浅野倫子

      日本心理学会第82回大会  2018年9月26日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • Developmental decrease in number personification by non-synesthetic children 国際会議

      Matsuda, E, Okazaki, Y, Asano, M, Yokosawa, K

      The 22nd meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness (ASSC)  2018年6月28日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 漢字の形態情報が共感覚色の数に与える影響

      宇野究人, 浅野倫子, 横澤一彦

      第16回注意と認知合宿研究会  2018年3月5日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Synesthetic associations in Japanese grapheme-color synesthesia 招待有り 国際会議

      Yokosawa, K, Asano, M

      Inaugural Sino-Danish Center Symposium on Synaesthesia, Expertise, and Multi-Sensory Perception  2017年12月7日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • The relationship between temporal consistency and sensitivity to regulatory factors in grapheme-color associations 招待有り 国際会議

      Asano, M, Nagai, J, Yokosawa, K

      Inaugural Sino-Danish Center Symposium on Synaesthesia, Expertise, and Multi-Sensory Perception  2017年12月6日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • 共感覚と音象徴からのぞく認知処理間の潜在的な結びつき 招待有り

      浅野倫子

      日本基礎心理学会第63回大会  2017年12月2日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Becoming a “bandwagon fan” of a sports team immediately increases preference for colors associated with the team 国際会議

      Yokosawa, K, Kita, S, Asano, M

      58th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2017年11月11日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Influence of grapheme properties on the number of synesthetic colors for Japanese Kanji characters 国際会議

      Uno, K, Asano, M, Yokosawa, K

      Object Perception, Attention, and Memory (OPAM) 25th Annual Meeting  2017年11月9日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Temporal consistency in grapheme-color synesthesia covaries with sensitivity to regulatory factors in grapheme-color associations 国際会議

      Asano, M, Nagai, J, Yokosawa, K

      International Association of Synaesthetes, Artists, and Scientists (IASAS)’ first synaesthesia symposium  2017年10月20日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • The promise of multi-language synesthesia datasets using a five-language dataset to disentangle the effects of shape-sound semantics and ordinality on grapheme-color associations in grapheme-color synesthesia 国際会議

      Root, N, Rouw, R, Asano, M, Kim, C.-Y, Melero, H, Yokosawa, K, Ramachandran, V. S

      International Association of Synaesthetes, Artists, and Scientists (IASAS)’ first synaesthesia symposium  2017年10月20日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • 公募シンポジウム68「共感覚と直観像:少数者が持つ感覚的・認知的特性の研究」

      浅野倫子

      日本心理学会第81回大会  2017年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • 新しく学習した文字に対する共感覚色の安定性

      浅野倫子, 津城拓也, 横澤一彦

      日本心理学会第81回大会  2017年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 漢字の文字情報が共感覚色の数に与える影響

      宇野究人, 浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第81回大会  2017年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • The role of contrast in constructing the color lexicon: from the initial mapping to later boundary delineation. 国際会議

      Imai, M, Saji, N, Asano, M, Ohba, M

      14th International Congress for the Study of Child Language (IASCL 2017)  2017年7月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • Representation of sound symbolism in the infant brain: Investigation using the near-infrared spectroscopy 国際会議

      Yang, J, Asano, M, Kanazawa, S, Yamaguchi, M, Imai, M

      International Multisensory Resarch Forum 2017 (IMRF 2017)  2017年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Grapheme-color associations can immediately transfer to novel graphemes, but such synesthetic colors are unstable 国際会議

      Yokosawa, K, Tsushiro, T, Asano, M

      Vision Sciences Society (VSS) Meeting  2017年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Color associations for the English alphabet in non-synesthetic Japanese people 国際会議

      Nagai, J, Yokosawa, K, Asano, M

      57th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2016年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Effects of learning new sounds or meanings for Kanji characters on synesthetic grapheme-color association 国際会議

      Yokosawa, K, Tsushiro, T, Li, Q, Asano, M

      57th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2016年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 漢字の視覚的複雑性が色字共感覚の色に及ぼす影響

      浅野倫子, 高橋聡一郎, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第35回大会  2016年10月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • How young children construct the lexicon as a connected system: The case of color names 国際会議

      Imai, M, Saji, N, Asano, M, Ujihara, Y, Yasufuku, K, Ebe, M, Ohba, M

      38th Annual Meeting of the Cognitive Science Society (CogSci 2016)  2016年8月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • Synesthesia-like associations between graphemes and colors in Japanese non-synesthetic population 国際会議

      Nagai, J, Yokosawa, K, Asano, M

      31st International Congress on Psychology (ICP 2016)  2016年7月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • Determinants of synesthetic colors for different types of graphemes, Japanese characters and the English alphabet: a developmental model 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      31st International Congress on Psychology (ICP 2016)  2016年7月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • Neurophysiological evidence for sound-symbolic sensitivity in six-month-old infants 国際会議

      Asano, M, Thierry, G, Kita, S, Kitajo, K, Okada, H, Imai, M

      XX Biennial International Conference on Infant Studies (ICIS 2016)  2016年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Influence of visual complexity on synesthetic color choice for Japanese Kanji characters 国際会議

      Yokosawa, K, Takahashi, S, Asano, M

      2016 Vision Sciences Society (VSS) Meeting  2016年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • アルファベットの色:日本人非共感覚者における英文字と色の対応関係

      永井淳一, 横澤一彦, 浅野倫子

      日本基礎心理学会第34回大会  2015年11月28日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 色に対する命名が色彩嗜好に及ぼす影響

      浅野倫子, 原田真帆, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第34回大会  2015年11月28日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Influence of meaning on synesthetic color choice for Japanese Kanji characters with abstract meanings 国際会議

      Michiko Asano, Soichiro Takahashi, Kazuhiko Yokosawa

      56th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2015年11月19日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Chicago, USA  

      researchmap

    • Effect of labeling colors before rating the color preferences 国際会議

      Kazuhiko Yokosawa, Maho Harada, Michiko Asano

      56th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2015年11月19日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Chicago, USA  

      researchmap

    • 抽象語漢字の共感覚色の規定因

      浅野倫子, 高橋聡一郎, 横澤一彦

      日本心理学会第79回大会  2015年9月22日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • How do children construct the color lexicon?: Restructuring the domain as a connected system 国際会議

      Noburo Saji, Michiko Asano, Midori Oishi, Mutsumi Imai

      The 37th Annual Meeting of the Cognitive Science Society  2015年7月23日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      開催地:Pasadena, USA  

      researchmap

    • 色字共感覚:特徴の結びつけ過程と個人差の検討 招待有り

      浅野倫子

      生理学研究所研究会「視知覚の現象・機能・メカニズム ― 生理学的、心理物理学的、計算論的アプローチ」  2015年6月10日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • 記号の意味はシステムの中で生まれる

      今井むつみ, 佐治伸郎, 浅野倫子, 大石みどり, 岡田浩之

      第29回人工知能学会全国大会  2015年5月30日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • Relation between synesthetic grapheme-color associations and the sub-types of synesthesia 国際会議

      Kazuhiko Yokosawa, Michiko Asano

      2015 Vision Sciences Society (VSS) Meeting  2015年5月15日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:St. Pete Beach, USA  

      researchmap

    • Developmental change in the neural response of sound symbolism 国際会議

      Mutsumi Imai, Michiko Asano, Guillaume Thierry, Sotaro Kita, Keiichi Kitajo, Hiroyuki Okada

      Society for Research in Child Development (SRCD) 2015 Biennial Meeting  2015年3月19日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      開催地:Philadelphia, USA  

      researchmap

    • Eleven-month-old infants process sound symbolism based on both perceptual integration and semantic processing mechanisms 国際会議

      Michiko Asano, Keiichi Kitajo, Guillaume Thierry, Sotaro Kita, Hiroyuki Okada, Mutsumi Imai

      Society for Research in Child Development (SRCD) 2015 Biennial Meeting  2015年3月19日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Philadelphia, USA  

      researchmap

    • The developmental process of organizing a semantic domain: the case of Japanese color word learning 国際会議

      Noburo Saji, Midori Oishi, Michiko Asano, Mutsumi Imai

      Society for Research in Child Development (SRCD) 2015 Biennial Meeting  2015年3月19日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      開催地:Philadelphia, USA  

      researchmap

    • 日本人の色の好みは何で決まるか?:色から連想される物体と抽象的イメージの影響

      浅野倫子, 金沢菜々実, Schloss, K. B, Palmer, S. E, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第33回大会  2014年12月6日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 色字共感覚の文字習得過程仮説

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第33回大会サテライトオーラルセッション  2014年12月5日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Non-random associations between graphemes and colors: How do Japanese non-synesthetes associate Kana characters with colors? 国際会議

      Nagai, J, Yokosawa, K, Asano, M

      55th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2014年11月20日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • The effect of symbolic/conceptual associations on single color preferences 国際会議

      Yokosawa, K, Asano, M, Kanazawa, N, Schloss, K. B, Palmer, S. E

      55th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2014年11月20日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 子どもの色語の獲得過程

      大石みどり, 佐治伸郎, 浅野倫子, 今井むつみ

      日本認知科学会第31回大会  2014年9月18日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 知覚と言語をつなぐ音象徴:言語発達の観点から (ワークショップ8「オノマトペと音象徴2」)

      浅野 倫子

      日本認知科学会第31回大会  2014年9月18日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • 迅速な文章文脈の処理メカニズムの検討:事象関連電位を用いて

      浅野倫子

      日本心理学会第78回大会  2014年9月10日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Ecological Influences on Color Preferences in Japan, China, and the US 招待有り 国際会議

      Palmer, S. E, Schloss, K. B, Yokosawa, K, Asano, M, Kanazawa, N, Guo, T, Wung, V, Chai, F, Peng, K

      2nd Visual Science of Art Conference (VSAC)  2014年8月23日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Developmental Change in the Processing of Sound Symbolism 国際会議

      Asano, M, Thierry, G, Kita, S, Kitajo, K, Okada, H, Imai, M

      XIX Biennial International Conference on Infant Studies (ICIS 2014)  2014年7月3日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 知覚と言語をまたいでみる 招待有り

      浅野 倫子

      第22回東京大学文学部心理学研究室セミナー  2014年7月1日  東京大学文学部心理学研究室

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

      researchmap

    • Sound symbolism and arbitrary sound-meaning relationships in language 国際会議

      Imai, M, Asano, M, Thierry, G, Kitajo, K, Okada, H, Kita, S

      Evolang 10  2014年4月14日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 色字共感覚と文字習得過程

      浅野倫子, 横澤一彦

      第12回注意と認知合宿研究会  2014年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 感覚間協応の異方性と因果関係の検討

      熊倉恵梨香, 浅野倫子, 横澤一彦

      第12回注意と認知合宿研究会  2014年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 日本人非共感覚者における仮名文字と色の共感覚的認知

      永井淳一, 横澤一彦, 浅野倫子

      日本基礎心理学会第32回大会  2013年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 感覚間協応の異方性を規定する要因の検討

      熊倉恵梨香, 浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第32回大会  2013年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Anisotropy in cross-modal correspondences. 国際会議

      Kumakura, E, Asano, M, Yokosawa, K

      Object Perception, Attention, and Memory (OPAM) 21st Annual Meeting  2013年11月14日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Determinants of synesthetic colors for different types of graphemes: Toward a comprehensive model 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      Object Perception, Attention, and Memory (OPAM) 21st Annual Meeting  2013年11月14日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 非共感覚者における文字と色の共感覚的認知

      永井淳一, 横澤一彦, 浅野倫子

      日本心理学会第77回大会  2013年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 感覚間協応の異方性についての検討

      熊倉恵梨香, 浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第77回大会  2013年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 文字と色の対応付けの規定因:文字の習得過程の観点から(公募シンポジウム「日本人の共感覚」)

      浅野倫子

      日本心理学会第77回大会  2013年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • Sound symbolism: neural mechanisms and relation to word learning.

      Asano, M, Imai, M, Kanero, J, Miyazaki, M, Okada, H

      Sound Symbolism Workshop (音象徴に関する国際ワークショップ)2012  2013年8月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Traits of grapheme-color synesthesia in non-synesthetes. 国際会議

      Nagai, J, Yokosawa, K, Asano, M

      2013 Vision Sciences Society (VSS) Meeting  2013年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Context-dependent suppression of color information in grapheme-color synesthesia. 国際会議

      Asano, M, Shimizu, M, Yokosawa, K

      2013 Vision Sciences Society (VSS) Meeting  2013年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 色字共感覚者と非共感覚者の連続性

      浅野倫子, 横澤一彦

      第11 回注意と認知合宿研究会  2013年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 日本語の色字共感覚 招待有り

      浅野倫子

      第8回犬山比較社会認知シンポジウム  2013年1月12日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • 言語経験による音象徴処理の変化

      浅野倫子, 北城圭一, Guillaume Thierry, 喜多壮太郎, 岡田浩之, 今井むつみ

      日本認知科学会第29回大会  2012年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 色字共感覚者と非共感覚者の間に境界はあるか?

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第31回大会  2012年11月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Linguistic experience alters the processing of sound symbolism. 国際会議

      Asano, M, Kitajo, K, Thierry, G, Kita, S, Okada, H, Imai, M

      53rd Annual Meeting of the Psychonomic Society  2012年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • The spectrum of grapheme-color synesthesia. 国際会議

      Yokosawa, K, Asano, M

      53rd Annual Meeting of the Psychonomic Society  2012年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 色字共感覚的傾向の強さは連続的に分布する

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第76回大会  2012年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Preverbal infants are sensitive to sound symbolism: Evidence from an ERP study. 国際会議

      Asano, M, Imai, M, Kita, S, Okada, H, Kitajo, K, Thierry, G

      2012 International Conference on Infant Studies (ICIS)  2012年6月7日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • Large-scale phase synchrony of brain activity in preverbal infants detecting sound symbolism. 国際会議

      Kitajo, K, Asano, M, Thierry, G, Kita, S, Okada, H, Imai, M

      19th Annual Cognitive Neuroscience Society (CNS) Meeting  2012年4月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Sound symbolism helps infants’ word learning 国際会議

      Imai, M, Asano, M, Miyazaki, M, Okada, H, Yeung, H, Kitajo, K, Thierry, G, Kita, S

      Evolang 9  2012年3月13日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Cross cultural differences and commonalities in preference for color combination. 国際会議

      Asano, M, Kadowaki, S, Yokosawa, K, Schloss, K. B, Palmer, S. E

      52nd Annual Meeting of the Psychonomic Society  2011年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Grapheme-color synesthetic tendency test without color presentation. 国際会議

      Yokosawa, K, Nagai, J, Asano, M

      52nd Annual Meeting of the Psychonomic Society  2011年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Eleven month-old infants detect sound symbolism: Evidence from an ERP study. 国際会議

      Imai, M, Asano, M, Arata, M, Kita, S, Okada, H, Kitajo, K, Thierry, G

      Boston University Conference on Language Development (BUCLD) 36  2011年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Synesthetic colors for Japanese scripts in Japanese synesthetes. 国際会議

      Yokosawa, K, Asano, M

      12th International Multisensory Research Forum (IMRF)  2011年10月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 若手研究者プレゼンテーション: 言語発達の第一歩を助ける音と概念の感覚統合 招待有り

      浅野倫子

      日本認知科学会サマースクール  2011年9月4日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Preverbal infants' sensitivity to sound symbolism: An EEG study (言語獲得前の乳児の音象徴性への反応:脳波による検討)

      Asano, M, Kitajo, K, Arata, M, Thierry, G, Kita, S, Okada, H, Imai, M

      第34回日本神経科学大会  2011年9月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 共感覚の輪郭:非共感覚者における共感覚的認知(ワークショップ「共感覚と共感覚的認知」)

      浅野倫子

      日本心理学会第75回大会  2011年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • 語彙処理に潜む共感覚的認知

      浅野倫子, 横澤一彦

      第9 回注意と認知合宿研究会  2011年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 語彙処理における潜在的な共感覚的認知

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第29回大会  2010年11月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Implicit synesthetic perception in Japanese lexical processing. 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      51st Annual Meeting of the Psychonomic Society  2010年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 文章文脈と単語の認知

      浅野倫子

      日本心理学会第74回大会  2010年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Determinants of synesthetic color choice for Japanese characters. 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      2010 Vision Sciences Society (VSS) Meeting  2010年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 生理指標の多変量解析に基づく個人に依らないストレス推定手法の研究

      井出裕人, ギヨーム ロペズ, 酒造正樹, ジャンジャック ドロネー, 山田一郎, 浅野倫子, 横澤一彦

      情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会  2010年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 気質分類に基づく適切な情報提示法の心理学的検討

      浅野倫子, 横澤一彦, 酒造正樹, 山田一郎

      電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会(HIP)  2010年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 目が泳ぐってどういうこと?空間的記憶保持時の眼球運動

      浅野倫子, 横澤一彦

      第8 回注意と認知合宿研究会  2010年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 目が泳ぐってどういうこと?記憶保持時の眼球運動

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第28回大会  2009年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Synesthetic colors for phonetic characters depend on sound qualities. 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      Object Perception, Attention, & Memory (OPAM) 17th Annual Meeting  2009年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Sentence context representation activated by transposed phrases. 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      50th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2009年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Regulatory factors of Japanese synesthetes in synesthetic perception. 国際会議

      Yokosawa, K, Asano, M

      50th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2009年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 仮名の色字共感覚における字種と音韻情報の影響

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第73回大会  2009年8月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 漢字の色字共感覚における意味情報の影響

      横澤一彦, 浅野倫子

      日本心理学会第73回大会  2009年8月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Pre- and post-head phrasal parsing of canonical and scrambled Japanese active sentences measured by eye-tracking method.

      Tamaoka, K, Asano, M, Miyaoka, Y, Yokosawa, K

      日本言語学会第138回大会  2009年6月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 文構造を成さない単語列による文脈表象の活性化と単語認知への影響

      浅野倫子, 横澤一彦

      第7 回注意と認知合宿研究会  2009年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 不整序文による単語認知の促進

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第27回大会  2008年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Sentence context processing prevails over constituent word processing. 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      49th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2008年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 校正専門家の注意特性

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第72回大会  2008年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Proofreaders show a generalized ability to allocate attention to detect changes. 国際会議

      Asano, M, Kanaya, S, Yokosawa, K

      2008 Vision Sciences Society (VSS) Meeting  2008年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 文の読みの初期段階における文脈と単語の処理

      浅野倫子, 横澤一彦

      第6 回 注意と認知合宿研究会  2008年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 文章文脈は単語処理に優先する

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第26回大会  2007年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Analysis of proofreading efficiency and skill. 国際会議

      Yokosawa, K, Asano, M

      48th Annual Meeting of the Psychonomic Society  2007年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 正文性判断における統語・意味逸脱の影響に関する眼球運動の分析

      浅野倫子, 玉岡賀津雄, 宮岡弥生, 横澤一彦

      日本心理学会第71 回大会  2007年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Anomalous word blindness in sentence context. 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      The joint meeting of the Experimental Psychology Society and Psychonomic Society  2007年7月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Characteristics of professional proofreaders -Stroop effect and Change Blindness- 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      Satellite workshop of The Japanese Society for Cognitive Psychology  2007年5月28日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 校正読みの効率を決定する要因

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本認知心理学会第5回大会  2007年5月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 文章文脈による誤字の見落とし

      浅野倫子, 横澤一彦

      第5 回 注意と認知合宿研究会  2007年2月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 文章文脈が誤字の見落としに与える影響

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第70 回大会  2006年11月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Contextual interference within the perceptual span in reading Japanese text. 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      28th Annual Conference of the Cognitive Science Society (CogSci2006)  2006年7月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 読みにおける有効視野内周辺部の寄与

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第25回大会  2006年6月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 移動窓法を用いた眼球運動測定による校正読みの処理単位の検討

      浅野倫子, 横澤一彦

      第4 回 注意と認知合宿研究会  2006年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 校正読みの処理単位の検討-移動窓法を用いた眼球運動測定から

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第24 回大会  2005年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • Cognitive characteristics of proofreaders: how do they detect misprints? 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      Object Perception, Attention, & Memory (OPAM) 12th Annual Meeting  2005年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 校正専門家の認知特性に関する検討

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第69 回大会  2005年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 校正読みの効率に影響を及ぼす要因 -音韻処理の側面から

      浅野倫子, 横澤一彦

      第3 回 注意と認知合宿研究会  2005年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 校正読みにおける音韻処理に構音抑制が及ぼす影響

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第23回大会  2004年11月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 校正読みにおける音韻処理と眼球運動の関係

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第68 回大会  2004年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • The influence of phonology and context comprehension in Japanese proofreading. 国際会議

      Asano, M, Yokosawa, K

      28th International Congress of Psychology  2004年8月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 校正読みにおける誤字の音韻と文脈理解レベルの影響

      浅野倫子, 横澤一彦

      第2 回 注意と認知合宿研究会  2004年2月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 校正読みにおける誤字の音韻と位置の効果

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本基礎心理学会第22 回大会  2003年10月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    • 校正読みにおける音韻処理の影響

      浅野倫子, 横澤一彦

      日本心理学会第67 回大会  2003年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

      researchmap

    ▼全件表示

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 共感覚比喩と共感覚現象に共通する認知メカニズム:大規模web実験による検討

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      楠見 孝, 横澤 一彦, 浅野 倫子

      詳細を見る

      2021年4月 - 2025年3月

      課題番号:21H00960

      配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

      researchmap

    • 経済学と実験心理学の協働による景観の経済的価値に関する研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      田島 夏与, 横澤 一彦, 浅野 倫子, 一ノ瀬 大輔

      詳細を見る

      2019年4月 - 2022年3月

      課題番号:19H01490

      資金種別:競争的資金

      森林・海岸や緑地といった環境の価値を評価するにあたって、アンケートを用いて非市場的な価値への支払い意思額を評価する表明選好法が開発されてきたが、その妥当性については未だに議論が多い。特に、評価対象に関する情報を如何に正確にアンケート回答者に提示するかという点は表明選好法を用いる際の大きな課題となっている。本研究においては実験参加者が評価の対象となる環境を三次元で疑似体験することを通じて環境財の持つ価値を定量的に評価する手法を考案し、これが二次元で情報提示する場合と比較して妥当性が高い評価を可能にするのかを明らかにするため、3つの軸にしたがって研究を進めた。
      第一に、経済学チームが主導して森林や海岸などの自然景観や都市の屋外空間の経済的な価値の評価手法についての広範な検討を行ったうえで、表明選好法を用いて屋外空間の環境保全に対する支払い意思額を定量的に評価するための指標及び評価手法の開発を行った。また、Lopez-Mosquera and Sanchez (2012)を参考に計画行動理論に基づいて支払い意思額を説明するための心理指標と評価手法についても心理学チームと共同して開発を進めた。
      第二に、心理学チームの主導により、画像などの視覚情報が価値の評価にあたって重要な役割を果たす環境財について、これまで二次元の画像で提示されるのが常であった評価対象についての情報をVR技術によって三次元化し、実験参加者が能動的に評価対象に関する情報を得る環境を構築する手法を開発し、その環境と自己の身体との関係をどのようにとらえているのかを明らかにした。
      第三に、考案した評価手法の妥当性を検証するための実験参加者を対象とした実証研究の実施に向け、各種素材(実験刺激とするVR映像等)の作成、設備・機器の準備やプログラミングを行った。

      researchmap

    • 共感覚に関する認知心理学的研究の深化と展開

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      横澤 一彦, 伊藤 浩介, 浅野 倫子

      詳細を見る

      2019年4月 - 2022年3月

      課題番号:19H01770

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 子どもの文字学習過程から探る色字共感覚のメカニズム

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      浅野 倫子

      詳細を見る

      2016年4月 - 2020年3月

      課題番号:16K17365

      資金種別:競争的資金

      色字共感覚とは、一般人口中の少数の人が持つ、文字を見ると特定の色の印象を感じるという認知特性のことである。この研究課題では、色字共感覚には文字の学習過程が深く関係するという色字共感覚の発達段階仮説の拡充に取り組んだ。そして、以下の成果を得ることができた:(1) 文字学習期の子どもにおける色字共感覚の縦断的研究の環境を開拓した。(2) 共感覚者・非共感覚者の別を問わない大人(大学生)を対象にした質問紙調査により、色字共感覚を発達過程上で喪失する人がいる可能性などを明らかにした。(3) 国内外の研究者との共同研究により発達段階仮説を拡充した。

      researchmap

    • 統合的認知としての共感覚と感覚間協応に関する認知心理学的研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      横澤 一彦, 浅野 倫子

      詳細を見る

      2014年4月 - 2018年3月

      課題番号:26285164

      配分額:16250000円 ( 直接経費:12500000円 、 間接経費:3750000円 )

      色字共感覚は、文字を見ることに付随して、安定した色を感じる現象である。まず、5カ国の共感覚データを用い、共通している決定要因は文字セットにおける順序であり、英字Aの共感覚色が赤いのは、英字Aが文字セットの最初の文字であるためであった。次に、非共感覚者は、音や意味が共通の文字に対して、同じ色を連想しがちであり、共感覚者の結果と類似していた。これは、色字共感覚が、非共感覚者を含む共通の連想に基づくかもしれないという主張を支持する。さらに、米国と日本の色嗜好の文化差を研究し、両者の色嗜好には共通性と相違点があることがわかった。これまでに個人的に経験してきた文化的体験が色嗜好に影響した。

      researchmap

    • 迅速な読みを可能にする非言語的視覚処理の研究

      科学研究費助成事業 

      浅野倫子

      詳細を見る

      2011年4月 - 2014年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 迅速な読みを可能にする非言語的視覚処理の研究

      科学研究費補助金 

      浅野倫子

      詳細を見る

      2011年4月 - 2014年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 情報統合としての共感覚的認知に関する認知心理学的研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B) 

      横澤 一彦, 浅野 倫子

      詳細を見る

      2010年4月 - 2014年3月

      課題番号:22330199

      配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

      色字共感覚において、文字と色の連想関係には規則性がある。まず、日本語文字に関する共感覚色の決定要因を調べた結果、平仮名の共感覚色は、文字順序に強く影響され、読みや形状にも影響されていた。文字を学習する発達過程を考慮したモデルを提案したが、このモデルは、言語によらず,共感覚色決定過程を説明できる。
      次に、非共感覚者に対して、文字と色の連想関係の規則性を調べた。その結果,使用頻度の高い文字ははっきりした色が選ばれ,その傾向は共感覚者と一致した。共感覚傾向の強い非共感覚者グループは、様々な連想関係を持っていた。共感覚的認知が様々な規則性に依存し、それが時間的安定性につながることを示唆している。

      researchmap

    • 迅速な読みを可能にする非言語的視覚処理の研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 

      浅野 倫子

      詳細を見る

      2011年 - 2013年

      課題番号:11J02872

      配分額:2400000円 ( 直接経費:2400000円 )

      本研究課題の目的は、斜め読みを可能にするような、迅速で効率的な読み(文脈把握)のメカニズムの解明である。これまでの研究では、人は眼球も動かせないほど短時間だけ文を見た揚合であっても、大まかな文脈を把握できることが示されている(Asano & Yokosawa, 2011)。このことから、一字一句単語を順に読んで文を組み立てるのではなく、文中の複数の単語の意味情報の並列処理によって、ごく短時間で原型的な文脈表象(プロト文脈)が活性化されるメカニズムがあると考えられる。本研究ではプロト文脈の性質、特に非言語的な視覚表象との関係の解明を目指した。課題最終年度の平成25年度は、従来の実験方法を、脳波を指標に加えるなど改良し、神経心理学的視点を取り入れて、プロト文脈の性質について検討した。そして、理論の修正・発展につながる研究成果を得た。具体的には、1. 日本語の短文を200ミリ秒という短時間だけ画面に提示した場合でも、短時間提示された文のプロト文脈が迅速かつ自動的に処理されていることが、脳波計測データから確認された。2. 従来研究では、プロト文脈は、文中の単語の意味情報さえ取得できれば、語順などの統語情報の有無に関係なく同様に活性化されると考えられてきた。しかし脳波測定の結果から、語順情報がある場合とない場合では、どちらもプロト文脈は活性化するものの、処理のタイミングにずれがあることが分かった。このことは、プロト文脈処理に少なくとも2段階(または2種類)の処理が存在する可能性を示唆している。3. 興味深いことに、本研究の脳波測定の結果パタンには、脳波測定を用いて情景認知の意味処理について検討した先行研究の結果パタンと類似した部分があった。このことはプロト文脈処理が、少なくとも部分的には、情景認知のような非言語的視覚処理と基盤を共有している可能性を示唆する。

      researchmap

    • 読みにおける非言語的視覚処理の研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      浅野倫子

      詳細を見る

      2010年4月 - 2011年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 読みにおける非言語的視覚処理の研究

      日本学術振興会  科学研究費補助金 

      浅野倫子

      詳細を見る

      2010年4月 - 2011年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 読みにおける非言語的視覚処理の研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B) 

      浅野 倫子

      詳細を見る

      2010年 - 2010年

      課題番号:22730576

      配分額:2340000円 ( 直接経費:1800000円 、 間接経費:540000円 )

      本研究課題の目的は、文の読みという言語処理において非言語的、視覚的概念情報が即時に活性化され、またそれが文の読み処理の迅速化に寄与している可能性を検討することである。平成22年度の研究成果は以下の2点にまとめられる。
      (1)本研究のベースとなる文処理理論の精緻化と学術誌での発表:研究代表者はこれまでの研究で、文中の複数の単語の意味情報が並列処理され、それにより原型的な文脈表象(プロト文脈と名付ける)が即時生起し、同時に単語認知に影響する可能性を示した。このプロト文脈は情景知覚における情景のジスト(概略情報)とよく似た性質を持つことから、本研究では具体的には、両者が共通のものである可能性を検討することを目的としている。当該年度は新規性の高い文処理理論であり、また本研究のベースであるプロト文脈理論を精緻化し、国際的な学術論文誌で発表した(Asano & Yokosawa,2011)。
      (2)基礎的現象の検討:プロト文脈理論では、文を構成する単語の意味情報の並列処理によって、原型的な文脈表象が即時活性化されることが示されている。そのため、本研究は文処理の性質を明らかにしようとするものであるが、まずは単語単体の意味処理と視覚的表象の活性化の関係について知る必要がある。そこで当該年度は、単語単体を視覚提示した際に、その単語の意味に付随する視覚的表象までもが自動的に活性化されるかどうかを実験的に検討した。たとえば提示された色が何色かを判断する課題において、色の提示直前にその色を属性として持つ単語(例:「トマト」、赤)を提示すると、単語は課題の遂行に無関係な情報であるにも関わらず、色の判断が促進されるという結果が得られ、1単語の処理でも視覚的表象が自動的に活性化されることが示された。今後はこの基礎データをふまえ、単語が複数存在し1つの文脈を成している状況、すなわち文の処理における視覚的表象の活性化について検討していく。

      researchmap

    • 文章の読みのメカニズムの認知心理学的研究

      科学研究費補助金 

      浅野倫子

      詳細を見る

      2007年4月 - 2009年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 文章の読みのメカニズムの認知心理学的研究

      科学研究費助成事業 

      浅野倫子

      詳細を見る

      2007年4月 - 2009年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 文章の読みのメカニズムの認知心理学的研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 

      浅野 倫子

      詳細を見る

      2007年 - 2008年

      課題番号:07J00877

      配分額:1800000円 ( 直接経費:1800000円 )

      文(文脈)は複数の単語から成り立つため、文脈理解のためには構成単語を処理する必要がある。しかし一方で、経験的にも、先行研究からも、読みの処理の効率化のため、文脈から単語を予測しながら読むことが知られている。文の読みにおける単語と文脈の処理の関係を明らかにすることは、読みのメカニズムを解明する上で重要である。前年度に引き続き、平成20年度は文(例:「今日私は友達と学校に行った。」)を眼球運動が生じないほどの短時間見せ、文の中の1単語が何であったかを選択式で回答させるという実験により、文の読みにおける文脈情報の即時の活性化と単語認知への影響について検討した。実験の結果、文脈に適合する単語(例:「友達」)について回答する際は、不適合な単語(例:「今日私は番組と学校に行った。」の「番組」)について回答する際よりも成績が良いことが示された。すなわち、文の短時間の視覚入力によって即座に文脈情報が活性化し、文脈に合う語の認知が促進されたと考えられる。また、「学校に行った友達/番組と私は今日。」のように、文節順を入れ替え、自然な日本語文として意味を通じなくした文を用いて同様の実験を行った場合でも、同様の結果が得られた。これらの結果より、文中の複数の単語の意味情報の並列処理によって原型的な文脈情報(プロト文脈と名付ける)が活性化され、また、そのプロト文脈と単語の2つのレベルの情報が並列かつ相互作用的に処理されることにより、即時に(原型的ではあるが)文脈情報が活性化し、同時に文脈に適合する単語の処理が促進される、というモデルを提唱した。このモデルは従来モデルに比べて、効率的な読み処理メカニズムを説明可能であるほか、斜め読みをしても文脈が理解できることや、誤字を見落としてしまうという日常的な経験にも合うものである。一連の研究成果はPsychonomic Society、「注意と認知」合宿研究会ほか国内外の学会で精力的に発表した。

      researchmap

    ▼全件表示

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方