2021/05/18 更新

写真b

キムラ タダマサ
木村 忠正
KIMURA Tadamasa
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
社会学部 メディア社会学科
社会学研究科 社会学専攻博士課程後期課程
社会学研究科 社会学専攻博士課程前期課程
職名*
教授
研究テーマ*
  • インターネットを中心としたデジタルネットワークの社会的普及に伴う社会文化の変容を複合的に探究している。ミクロの観点からは、デジタルネイティブ世代を対象としたソーシャルメディア利用等のメディア・コミュニケーション研究、マクロの観点からは、グローバルな富・リスクの産出・分配システムの変化と日本社会の方向性を中心としたネットワーク社会論が中核であり、両者の観点を組み合わせたネット世論研究も主たるテーマである。研究対象地域は、日本、北米、北欧、オランダ、韓国、中国を主としている。文化人類学、社会学を基盤としながら、比較制度分析、文化次元論、道徳基盤理論、ネットワーク科学など多様な領域との対話、並びに、理論と実証、質的研究と量的研究との対話を介して領域横断的知の生成を志向する。

  • 学内職務経歴*
    • 2015年4月 - 現在 
      社会学部   メディア社会学科   教授
    • 2015年4月 - 現在 
      社会学研究科   社会学専攻博士課程後期課程   教授
    • 2015年4月 - 現在 
      社会学研究科   社会学専攻博士課程前期課程   教授
     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方