2022/05/25 更新

写真b

アンドウ ミチヒト
安藤 道人
ANDO Michihito
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
経済学部 経済学科
経済学研究科 経済学専攻博士課程前期課程
職名*
准教授
学位
Ph.D. in Economics ( Uppsala University )
連絡先
メールアドレス
研究テーマ*
  • ミクロ計量経済学、統計的因果推論および機械学習の分析手法を活用した社会保障政策や地方財政制度の実証的研究を行っている。とりわけ、自治体データや個票データ、そして国レベルのデータを用いて、社会保障政策の導入・改革や地方財政制度のあり方が行財政アウトカムや生活・健康・労働関連アウトカムにどのような影響を与えるのかの検証を行っている。さらに近年は、地方財政や精神医療統計の歴史統計のデータベース構築と分析や、個別自治体との共同研究なども行っている。

  • 学内職務経歴*
    • 2017年4月 - 現在 
      経済学部   経済学科   准教授
    • 2017年4月 - 現在 
      経済学研究科   経済学専攻博士課程前期課程   准教授
    プロフィール

    立教大学経済学部の安藤道人です。社会保障政策と地方財政制度の実証研究を専門としています。

    とりわけ、医療・介護・子育て支援・困窮者支援などの社会保障政策や地方交付税や国庫補助金などの政府間補助金制度を、地方行財政の観点から研究しています。

    研究業績以外を含む研究活動実績(学会・セミナー報告、研究報告書、レフェリー活動、競争的資金獲得実績、一般向けエッセイ・書評など)についてはCVを随時更新しています。

    英語版(Word)
    https://sites.google.com/site/michihito7ando/cv

    日本語版(html)
    https://sites.google.com/site/michihito7ando/cv_japanese

    またウェブサイトには、各研究活動実績について詳細な情報を公開しており、ほとんどの論文のドラフトを読むことができ、一部は解説資料やプレゼン資料も掲載しています。
    https://sites.google.com/site/michihito7ando/

     

    研究分野

    • 人文・社会 / 公共経済、労働経済

    経歴

    • 2015年5月 - 2017年3月 
      ウプサラ大学住宅都市研究所   アフィリエイト・リサーチャー

      詳細を見る

    • 2014年10月 - 2017年3月 
      National Institute of Population and Social Security Research   Researcher

      詳細を見る

    • 2014年10月 - 2017年3月 
      国立社会保障人口問題研究所   社会保障基礎理論研究部   研究員

      詳細を見る

    • 2014年7月 - 2014年9月 
      一橋大学経済研究所   非常勤研究員

      詳細を見る

    • 2007年4月 - 2009年8月 
      株式会社三菱総合研究所   地域経営研究本部   研究員

      詳細を見る

    学歴

    • 2011年2月 - 2015年5月 
      スウェーデン国立ウプサラ大学   経済学部   博士(経済学)

      詳細を見る

    • 2009年9月 - 2011年6月 
      スウェーデン国立ウプサラ大学   経済学部   修士課程

      詳細を見る

    • 2005年4月 - 2007年3月 
      一橋大学   社会学研究科   修士課程

      詳細を見る

    • 2001年4月 - 2005年3月 
      一橋大学   経済学部

      詳細を見る

    委員歴

    • 2021年6月 
      厚生労働省   福祉用具貸与のあり方に関する勉強会

      詳細を見る

      団体区分:政府

      researchmap

    • 2021年4月 
      文部科学省   就学援助事務システム標準化検討会

      詳細を見る

      団体区分:政府

      researchmap

    • 2018年1月 - 2019年 
      公益財団法人 連合総合生活開発研究所   「連帯と共助にもとづく「分かち合い」社会の具体化に関する研究委員会」

      詳細を見る

      団体区分:その他

      researchmap

    • 2016年3月 - 2017年3月 
      国立社会保障・人口問題研究所   『社会保障研究』編集幹事

      詳細を見る

      団体区分:その他

      researchmap

    • 2015年 - 2016年3月 
      国立社会保障・人口問題研究所   新機関誌編集準備委員会

      詳細を見る

      団体区分:その他

      researchmap

    • 2014年10月 - 2016年3月 
      国立社会保障・人口問題研究所   『海外社会保障研究』編集幹事

      詳細を見る

      団体区分:その他

      researchmap

    • 2014年12月 - 2015年1月 
      株式会社野村総合研究所   平成26年度厚生労働省老人保健健康増進等補助金事業「認知症の人の介護に対する効果的な支援の実施に関する研究会」

      詳細を見る

      団体区分:その他

      researchmap

    ▼全件表示

    受賞

    • 2014年12月  
      大阪大学 社会経済研究所  第17回社研・森口賞 
       
      安藤道人

      詳細を見る

    • 2014年11月  
      第9回応用計量経済学コンファレンス  優秀論文賞 
       
      安藤道人

      詳細を見る

    論文

    • The association of COVID-19 employment shocks with suicide and safety net use: An early-stage investigation. 査読有り 国際誌

      Michihito Ando, Masato Furuichi

      PLOS ONE17 ( 3 ) e0264829   2022年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      This paper examines whether the COVID-19-induced employment shocks are associated with increases in suicides and safety net use in the second and third quarters of 2020. We exploit plausibly exogenous regional variation in the magnitude of the employment shocks in Japan and adopt a difference-in-differences research design to examine and control for possible confounders. Our preferred point estimates suggest that a one-percentage-point increase in the unemployment rate in the second quarter of 2020 is associated with, approximately, an additional 0.52 suicides, 28 unemployment benefit recipients, 88 recipients of a temporary loan program, and 10 recipients of public assistance per 100,000 population per month. A simple calculation based on these estimates suggests that if a region experienced a one-percentage-point increase in the unemployment rate caused by the COVID-19 crisis in the second quarter of 2020, which is roughly equivalent to the third-highest regional employment shock, this would be associated with 37.4%, 60.5%, and 26.5% increases in the total, female, and male suicide rates respectively in July 2020 compared with July 2019. These results are primarily correlational rather than causal due to the limitation of our data and research design, but our baseline findings are robust to several different model specifications.

      DOI: 10.1371/journal.pone.0264829

      PubMed

      researchmap

    • Does universal long-term care insurance boost female labor force participation? Macro-level evidence 査読有り

      Michihito Ando, Masato Furuichi, Yoshihiro Kaneko

      IZA Journal of Labor Policy11 ( 1 )   2021年6月14日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Walter de Gruyter GmbH  

      <title>Abstract</title>
      Although a public long-term care (LTC) program is a potentially important factor for the labor supply of female informal caregivers, there are only a handful of individual-level studies on this topic and the macro-level impacts of LTC programs are still largely unknown. Exploiting the introduction of nationwide long-term care insurance (LTCI) in Japan and utilizing a synthetic control method, we examine how LTCI introduction has altered the trends of public expenditures on in-kind benefits for the elderly, public health expenditure, and female labor force participation. The estimation results using the panel data of OECD countries (1980–2013) suggest that LTCI introduction substantially increased the in-kind benefits for the elderly by around one percentage point of GDP 10 years after LTCI introduction, but we do not find a positive effect on the labor force participation for middle-aged women. The fact that we do not observe any positive LTCI effects on middle-aged female labor force participation on a macro level implies that positive LTCI effects on female labor supply observed in some previous microlevel studies may be cancelled out by some other factors or are small enough to be detected under a general-equilibrium setting.

      DOI: 10.2478/izajolp-2021-0004

      researchmap

    • 「居住の貧困」の所得勾配――所得低下に伴う住環境の剝奪とその多様性」

      安藤道人, 浦川邦夫

      日本の居住保障 定量分析と国際比較から考える   61 - 85   2021年4月

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      researchmap

    • 居住環境・近隣環境が低所得層に与える影響 : "Moving to Opportunity" 実験からの示唆

      安藤 道人

      立教經濟學研究74 ( 3 ) 105 - 115   2021年1月

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      DOI: 10.14992/00020414

      CiNii Article

      researchmap

    • 新型コロナ危機への財政的対応:2020年前半期の記録 招待有り

      安藤 道人, 古川 知志雄, 中田 大悟, 角谷 和彦

      社会科学研究72 ( 1 ) 129 - 158   2021年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:国立大学法人 東京大学社会科学研究所  

      DOI: 10.34607/jssiss.72.1_129

      CiNii Article

      researchmap

    • FISCAL RESPONSES TO THE COVID-19 CRISIS IN JAPAN: THE FIRST SIX MONTHS 招待有り

      Michihito Ando, Chishio Furukawa, Daigo Nakata, Kazuhiko Sumiya

      NATIONAL TAX JOURNAL73 ( 3 ) 901 - 926   2020年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATL TAX ASSOC  

      This paper provides an overview of the Japanese government's response to the COVID-19 crisis in terms of the fiscal measures taken between January and June 2020. As the crisis intensified, the government passed emergency budgets with a total value exceeding 10 percent of gross domestic product. One of the main programs was an unconditional cash transfer for households in the amount of 100,000 JPY (i.e., 909 USD) per resident. In addition, to prevent layoffs and bankruptcies, the government created and expanded various loan and subsidy programs to support firms and workers. Other existing social programs and local economic policies are also reviewed.

      DOI: 10.17310/ntj.2020.3.12

      researchmap

    • 財政調整制度導入以前の地方財政 : 1883~1917年の道府県・市・町村財政の検証

      安藤 道人, 古市 将人, 宮﨑 雅人

      立教経済学研究74 ( 1 ) 59 - 91   2020年7月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:立教大学経済学研究会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 認可保育所入所と就労・抑うつ・家事育児分担 : 入所・保留世帯に対するアンケート調査結果 査読有り

      安藤 道人, 前田 正子

      社会保障研究5 ( 2 ) 237 - 249   2020年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:国立社会保障・人口問題研究所  

      CiNii Article

      researchmap

    • 生活保護による精神科長期入院 : 1956年『在院精神障害者実態調査』原票の分析 査読有り

      後藤 基行, 安藤 道人

      精神神経学雑誌 = Psychiatria et neurologia Japonica122 ( 4 ) 261 - 281   2020年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:日本精神神経学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • どのような世帯が認可保育所に入所できたのか : 入所・保留世帯に対するアンケート調査結果 査読有り

      安藤 道人, 前田 正子

      社会保障研究5 ( 3 ) 386 - 397   2020年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   出版者・発行元:国立社会保障・人口問題研究所  

      CiNii Article

      researchmap

    • Mass evacuation and increases in long-term care benefits: Lessons from the Fukushima nuclear disaster. 査読有り

      Morita T, Ando M, Ohtsu Y

      PLOS ONE14 ( 9 ) e0218835   2019年9月

    • 難病政策の社会保障化における政策形成と利用者負担 : 2013年度法案審議に関する考察

      渡部 沙織, 安藤 道人

      立教經濟學研究73 ( 1 ) 59 - 68   2019年7月

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      CiNii Article

      researchmap

    • How much should we trust regression-kink-design estimates? 査読有り

      Michihito Ando

      EMPIRICAL ECONOMICS53 ( 3 ) 1287 - 1322   2017年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICA-VERLAG GMBH & CO  

      In a regression kink (RK) design with a finite sample, a confounding smooth nonlinear relationship between an assignment variable and an outcome variable around a threshold can be spuriously picked up as a kink and results in a biased estimate. In order to investigate how well RK designs handle such confounding nonlinearity, I firstly implement Monte Carlo (MC) simulations and then study the effect of fiscal equalization grants on local expenditure in Japan using an RK design. Results in both the MC simulations and the empirical application suggest that RK estimation without covariates can be easily biased, and this problem can be mitigated by adding observed covariates to the regressors. On the other hand, a smaller bandwidth or a higher-order polynomial, even a quadratic polynomial, tends to result in imprecise estimates although they may be able to reduce estimation bias. In sum, RK estimation with confounding nonlinearity often suffers from bias or imprecision, and estimates are credible only when relevant covariates are controlled for. I also examine how placebo RK estimation can effectively address these issues.

      DOI: 10.1007/s00181-016-1155-8

      researchmap

    • 配偶者との死別が高齢女性の生活状況と健康水準に与える影響:予備的分析

      安藤道人

      人口問題研究73 ( 2 ) 117 - 137   2017年6月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • The risks of nuclear disaster and its impact on housing prices 査読有り

      Michihito Ando, Matz Dahlberg, Gustav Engstrom

      ECONOMICS LETTERS154   13 - 16   2017年5月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

      Using a data set on housing sales transactions we explore the potential effect of the Fukushima disaster on housing prices in Sweden. In contrast to most earlier findings in other countries we do not find any disproportionate effect from the Fukushima disaster on housing prices in vicinity of nuclear power plants in Sweden. (C) 2017 Published by Elsevier B.V.

      DOI: 10.1016/j.econlet.2017.02.017

      researchmap

    • 自治体の財政力が地方単独事業費、子どもの医療費助成、就学援助に与える影響:Double-LASSO回帰による分析

      安藤道人

      社会保障研究1 ( 4 ) 813 - 833   2017年3月

      詳細を見る

    • Affordable False Teeth: The Effects of Patient Cost Sharing on Denture Utilization and Subjective Chewing Ability 査読有り

      Michihito Ando, Reo Takaku

      B E JOURNAL OF ECONOMIC ANALYSIS & POLICY16 ( 3 ) 1387 - 1438   2016年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WALTER DE GRUYTER GMBH  

      We evaluate the impact of patient cost sharing on the use of dentures and subjective chewing ability exploiting a sharp reduction in the coinsurance rate, the percentage of costs born by the user, from 30% to 10% at the age of 70 with a regression discontinuity design. Using data from the Japanese Study of Aging and Retirement (JSTAR), we find that the utilization rate of dentures increases from approximately 50% to 63% around the threshold, implying that the extensive margin elasticity of denture usage with respect to the coinsurance rate is about -0.41. In addition, we find this jump is almost entirely due to the change in the rate among women. On the other hand, we do not find a significant improvement in self-reported chewing ability, although chewing ability may not be the only social benefit from dentures. Our empirical findings are also confirmed by complementary analysis with randomization tests.

      DOI: 10.1515/bejeap-2015-0194

      researchmap

    • 精神衛生法下における同意入院・医療扶助入院の研究一神奈川県立公文書館所蔵一次行政文書の分析 査読有り

      後藤基行, 安藤道人

      季刊家計経済研究 ( 108 ) 60 - 73   2015年

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • Dreams of urbanization: Quantitative case studies on the local impacts of nuclear power facilities using the synthetic control method 査読有り

      Michihito Ando

      JOURNAL OF URBAN ECONOMICS85   68 - 85   2015年1月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

      This paper uses the synthetic control (SC) method to examine how the establishment of nuclear power facilities (NPFs) in Japan in the 1970s and 1980s has affected local per capita income levels in the municipalities in which they were localted (NPF municipalities). Eight quantitative case studies using the SC method clarify that the effects of NPF establishment on per capita taxable income levels are highly heterogeneous. The estimated effects are often economically meaningful and in some cases huge: the income level was 11% higher on average and 62% higher in one municipality in 2002 when compared with counterfactual units. On the other hand a few of the NPF municipalities have received only weak or negligible effects from NPF establishment. The post-estimation comparisons of employment between the NPF municipalities and the SC units suggest that the size of the direct labor demand shocks and subsequent indirect employment effects on nontradable service sectors have contributed to the increase in per capita income levels. (C) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.

      DOI: 10.1016/j.jue.2014.10.005

      researchmap

    • 精神病床入院体系における3類型の成立と展開―制度形成と財政的変遷の歴史分析― 査読有り

      安藤道人, 後藤基行

      医療経済研究   2014年10月

      詳細を見る

    • 介護給付水準と介護保険料の地域差の実証分析―保険者データを用いた分析― 査読有り

      安藤道人

      季刊社会保障研究44 ( 1 ) 94 - 109   2008年

      詳細を見る

      記述言語:日本語  

      researchmap

    ▼全件表示

    MISC

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • 日本の居住保障 : 定量分析と国際比較から考える

      田辺, 国昭, 岡田, 徹太郎, 泉田, 信行, 国立社会保障・人口問題研究所

      慶應義塾大学出版会  2021年4月  ( ISBN:9784766427448

      詳細を見る

      総ページ数:xvii, 291p   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    所属学協会

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方