2021/09/13 更新

写真b

フルイ ヨシアキ
古井 義昭
FURUI Yoshiaki
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
文学部 文学科英米文学専修
文学研究科 英米文学専攻博士課程後期課程
文学研究科 英米文学専攻博士課程前期課程
職名*
准教授
学位
Ph.D. (English) ( 2015年12月   Emory University ) / 修士 ( 2009年3月   東京大学 )
連絡先
メールアドレス
研究テーマ*
  • 19世紀アメリカ文学(小説・詩)を幅広く研究している。なかでもハーマン・メルヴィルを中心としたアメリカン・ルネサンス期の作家に強い関心を抱いている。ただし研究対象は19世紀にとどまらず、これまでチャールズ・ブロックデン・ブラウン(初期アメリカ)やウィリアム・フォークナー(モダニズム)らも論文で取り上げてきた。現在は、アメリカ文学における「ひとりであること」の意味を探るべく、「孤独」や「個人主義」をテーマとして研究に取り組んでいる。

  • 学内職務経歴*
    • 2018年4月 - 現在 
      文学部   文学科英米文学専修   准教授
    • 2018年4月 - 現在 
      文学研究科   英米文学専攻博士課程前期課程   准教授
    • 2018年4月 - 現在 
      文学研究科   英米文学専攻博士課程後期課程   准教授
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学  / 十九世紀アメリカ文学

    経歴

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学 文学部   文学科英米文学専修   准教授

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学 文学研究科 英米文学専攻博士課程後期課程 准教授

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学 文学研究科 英米文学専攻博士課程前期課程 准教授

      詳細を見る

    • 2016年4月 - 2018年3月 
      青山学院大学   文学部 英米文学科   准教授

      詳細を見る

    学歴

    • 2010年8月 - 2015年12月 
      エモリー大学   英文科博士課程 修了(Ph.D.)

      詳細を見る

    • 2006年4月 - 2009年3月 
      東京大学   大学院人文社会系研究科   英語英米文学専修 修士課程

      詳細を見る

    • 2001年4月 - 2006年3月 
      早稲田大学   第一文学部   英文学専修

      詳細を見る

    委員歴

    • 2021年6月 - 現在 
      日本メルヴィル学会   評議員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2021年4月 - 現在 
      日本アメリカ文学会東京支部   評議員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2020年4月 - 現在 
      日本英文学会関東支部   『関東英文学研究』編集委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2018年9月 - 現在 
      アメリカ学会   年次大会企画委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2018年9月 - 現在 
      アメリカ学会   評議員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2021年9月 
      ANQ: A Quarterly Journal of Short Articles, Notes, and Reviews   査読委員

      詳細を見る

    • 2017年4月 - 2019年3月 
      日本アメリカ文学会 東京支部   近代散文部門 世話人

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    ▼全件表示

    受賞

    • 2020年10月  
      第5回日本アメリカ文学会賞 
       
      古井義昭

      詳細を見る

    • 2020年6月  
      アメリカ学会  第25回清水博賞 
       
      古井義昭

      詳細を見る

    • 2018年  
      福原賞 
       
      古井義昭

      詳細を見る

    • 2014年  
      日本英文学会  優秀論文賞 
       
      古井義昭

      詳細を見る

    • 2014年  
      第5回日本アメリカ文学会新人賞 
       
      古井義昭

      詳細を見る

    論文

    ▼全件表示

    MISC

    • 対談「国際的研究の未来」

      古井義昭, 牧野有通, 巽孝之

      Sky-Hawk: The Journal of the Melville Society of Japan ( 7 ) 47 - 85   2019年12月

      詳細を見る

    • 書評 Hester Blum (ed.), Turns of Event : Nineteenth-Century American Literary Studies in Motion

      FURUI Yoshiaki

      英文学研究 = Studies in English literature94   103 - 110   2017年12月

      詳細を見る

      記述言語:英語   出版者・発行元:日本英文学会  

      CiNii Article

      researchmap

    • 書評 Paul Hurh, American Terror: The Feeling of Thinking in Edwards, Poe, and Melville

      Yoshiaki Furui

      Sky-Hawk: The Journal of the Melville Studies of Japan ( 4 ) 79 - 83   2016年

      詳細を見る

    書籍等出版物

    • 脱領域・脱構築・脱半球: 二一世紀人文学のために

      古井義昭( 担当: 共著 ,  範囲: 第二章「アサイラム・ファミリー :『七破風の屋敷』における家族・国家・未来」)

      小鳥遊書房  2021年10月 

      詳細を見る

    • 深まりゆくアメリカ文学ーー源流と展開

      古井義昭( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「チャールズ・ブロックデン・ブラウン『ウィーランド』」、「ハーマン・メルヴィル『白鯨』」「ハーマン・メルヴィル「書記バートルビー」」)

      ミネルヴァ書房  2021年3月 

      詳細を見る

    • Modernizing Solitude: The Networked Individual in Nineteenth-Century American Literature 査読有り

      Yoshiaki Furui (アメリカ学会第25回清水博賞、第5回アメリカ文学会賞)( 担当: 単著)

      2019年2月  ( ISBN:9780817320065

      詳細を見る

      総ページ数:x, 239 p.   記述言語:英語 著書種別:学術書

      CiNii Books

      researchmap

    • モンロー・ドクトリンの半球分割—トランスナショナル時代の地政学

      古井義昭( 担当: 共著 ,  範囲: 黒い半球—『ブレイク』におけるトランスナショナリズム再考)

      彩流社  2016年6月10日  ( ISBN:4779122465

      詳細を見る

      総ページ数:303  

      researchmap

    講演・口頭発表等

    • 2020年度アメリカ学会清水博賞受賞記念研究会 招待有り

      古井義昭

      2021年1月31日 

      詳細を見る

    • メルヴィル文学における他者の深層:『タイピー』を中心に 招待有り

      古井義昭

      九州アメリカ文学会12月例会  2020年12月12日 

      詳細を見る

    • ネットワーク小説としての『白鯨』:Lonely Individualismをめぐって 招待有り

      古井義昭

      日本アメリカ文学会東京支部シンポジウム  2019年6月29日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • The Great Nation of Uncertain Futurity: Non-Human Time in "The Encantadas" 国際会議

      古井義昭

      12th International Melville Society Conference  2019年6月18日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 孤独の共同体:メルヴィル晩年の詩集を読む 招待有り

      古井義昭

      中央大学人文科学研究所「惑星的視点とアメリカ文学研究の可能性」  2017年11月28日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • Networked Solitude: John Marr and Other Sailors における孤独の共同体 招待有り

      古井義昭

      科学研究費・基盤研究(B)「マニフェスト・デスティニーの情動的効果と21世紀惑星的想像力」  2017年7月28日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • Networked Solitude: 19世紀アメリカ文学にみる「孤独」の諸相 招待有り

      古井義昭

      第49回青山学院大学英文学会大会  2016年12月17日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • アフェクト理論と文学研究:ハーマン・メルヴィル「バートルビー」を読む 招待有り

      古井義昭

      青山英語英文学研究会  2016年7月13日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

      researchmap

    • “Miserable Loneliness”: Herman Melville 作品における醜い/秘密の感情 招待有り

      古井義昭

      日本英文学会関東支部第12回大会、メイン・シンポジウム「近代と情動——文学、美学、哲学、心理学の相互交渉をめぐって」  2016年6月18日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Postal Solitude: Bartleby at the Dead Letter Office 国際会議

      古井義昭

      The Tenth International Melville Society Conference  2015年6月25日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Dead Letters Circulated: "Bartleby" in the Age of the Communications Revolution 国際会議

      古井義昭

      American Literature Association, 26th Annual Conference  2015年5月23日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • “This Is My Letter to the World": Emily Dickinson’s Solitude in the Age of Modern Communications 国際会議

      古井義昭

      Interdisciplinary Nineteenth-Century Studies Conference  2015年4月17日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Harriet Jacobs in the Garret: Solitude and Slavery in Incidents in the Life of a Slave Girl 国際会議

      古井義昭

      The 29th MELUS Annual Conference  2015年4月9日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • “The Deadly Space Between”: 友情、他者、トランスナショナリティ——“Benito Cereno”を中心に

      古井義昭

      第85回日本英文学会全国大会、シンポジアム「21世紀世界における惑星的想像力――response/responsibility/acknowledgment の連環」  2013年5月26日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Hemispheric Desires: Melville’s Sea Fiction and Antebellum America 国際会議

      古井義昭

      The 23rd Annual Mardi Gras Conference  2013年3月27日 

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • The Making of American Literary History in Japan 招待有り 国際会議

      古井義昭

      American Studies Around the World: Scholarship without Boundaries?  2012年4月20日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • インク、血、デッドレター: メルヴィルの『ピエール』における血縁について 招待有り

      古井義昭

      日本アメリカ文学会東京支部支部会  2009年9月26日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    ▼全件表示

    共同研究・競争的資金等の研究

    • ハーマン・メルヴィル作品における他者性に関する包括的研究

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究 

      古井 義昭

      詳細を見る

      2021年4月 - 2025年3月

      課題番号:21K12952

      配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

      researchmap

    • 接続された孤独:十九世紀アメリカ文学におけるモダニティ

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究 

      古井 義昭

      詳細を見る

      2018年4月 - 2021年3月

      課題番号:18K12324

      配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

      本研究の目的は、19世紀アメリカ文学における孤独(solitude)の概念を明らかにすることにある。研究計画の初年度にあたる2018年度は想像以上の研究成果を挙げることができた。まず、Cambirdge University Press発行の学術雑誌『Journal of American Studies』誌にハーマン・メルヴィル作「Bartleby」に関する論考の掲載を決めることができた。さらに大きな研究成果として、2019年2月にはUniversity of Alabama Pressより単著を刊行できたことが挙げられる。
      「Bartleby」論では、情動理論という文学理論を用いながら、本作品におけるsolitudeとlonelinessのありようについて議論している。本論は2019年中に出版される予定である。次に、刊行された単著は、孤独という概念を19世紀中葉のコミュニケーション・メディアとの関わりから論じたものである。本書は専門を同じくする研究者たちに合評会を開いてもらう機会を得て、今後の研究につながる有益なフィードバックを得ることができた。本書においては「孤独」を積極的な意味を帯びる「solitude」として提示したが、合評会を通じた意見交換を通じて、今後はネガティブな感情である「loneliness」にも注目すべきであるという方向性を確認することができた。
      また、今後は「loneliness」に加えて「個人主義」という観点からも孤独の概念を研究していきたいと考えており、2018年度は個人主義に関する大量の文献調査を行った。文献調査と同時に、今後論文で取り上げたい文学作品の精読も行い、論文化に向けてのアイディアを蓄積することができた。よって当該年度は、これまでの蓄積をアウトプットしつつ、今後の研究に向けてインプットを行った年度であったと総括できる。

      researchmap

    • フルブライト奨学金(大学院留学プログラム)

      日米教育委員会 

      古井義昭

      詳細を見る

      2010年8月 - 2015年7月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 吉田育英会奨学金(派遣留学プログラム)

      吉田育英会 

      古井義昭

      詳細を見る

      2011年8月 - 2014年7月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    メディア報道

    • BBC World Radio, The Forum, "Thoreau: The Writer Who Went to the Woods" テレビ・ラジオ番組

      BBC  The Forum  2019年5月

      詳細を見る

     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方