2021/06/22 更新

写真b

カラサワ カズトモ
唐澤 一友
KARASAWA Kazutomo
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
文学部 文学科英米文学専修
文学研究科 英米文学専攻博士課程後期課程
文学研究科 英米文学専攻博士課程前期課程
職名*
教授
学位
学士(文学) ( 上智大学 ) / 博士(文学) ( 上智大学 ) / 修士(文学) ( 上智大学 )
連絡先
メールアドレス
研究テーマ*
  • 古英語・中英語および中世にブリテン島で書かれた文献を主な研究対象としている。特にBeowulf, Maxims, Menologium等の古英詩を中心に、文献学的なアプローチの研究をしているが、この他、近現代における英語の発達史、比較言語学、語源学、英文法、および中世から初期近代にかけての英国史にも興味がある。

  • 学内職務経歴*
    • 2018年4月 - 現在 
      文学部   文学科英米文学専修   教授
    • 2018年4月 - 現在 
      文学研究科   英米文学専攻博士課程前期課程   教授
    • 2018年4月 - 現在 
      文学研究科   英米文学専攻博士課程後期課程   教授
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 英語学

    経歴

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学   文学部 文学科英米文学専修   教授

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学   文学研究科 英米文学専攻博士課程後期課程   教授

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 現在 
      立教大学   文学研究科 英米文学専攻博士課程前期課程   教授

      詳細を見る

    • 2011年4月 - 2018年3月 
      駒澤大学   文学部英米文学科   教授

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 2011年3月 
      駒澤大学   文学部英米文学科   准教授

      詳細を見る

    • 2005年4月 - 2009年3月 
      横浜市立大学   国際総合科学部国際文化コース   准教授

      詳細を見る

    • 2002年4月 - 2004年3月 
      横浜市立大学   国際文化学部欧米文化学科   講師

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • 1999年4月 - 2002年3月 
      上智大学   文学研究科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • 1997年4月 - 1999年3月 
      上智大学   文学研究科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • 1993年4月 - 1997年3月 
      上智大学   文学部

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    委員歴

    • 2017年4月 - 2019年3月 
      日本中世英語英文学会   編集委員会委員長

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2015年4月 - 2018年3月 
      日本英文学会   関東支部理事

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2011年4月 - 2013年3月 
      日本中世英語英文学会   事務局長

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    • 2008年6月 - 2010年6月 
      日本アイスランド学会   事務局長

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    受賞

    • 2017年8月  
      International Society of Anglo-Saxonists  Best Edition of an Anglo-Saxon Text  The Old English Metrical Calendar (Menologium)
       
      Kazutomo Karasawa

      詳細を見る

      受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:アメリカ合衆国

      researchmap

    • 2009年1月  
      福原記念英米文学研究助成基金  第18回福原賞(研究助成)  Irish Influence upon the Old English Poem Menologium Reconsidered
       
      唐澤一友

      詳細を見る

      受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2007年5月  
      日本英文学会  第30回新人賞  The Structure of the Menologium and Its Computistical Background
       
      Kazutomo Karasawa

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    • 2001年12月  
      日本中世英語英文学会  松浪奨励賞(佳作)  Christian Influence on OE freoðu: Its Pre-Christian and Christian Meanings
       
      Kazutomo Karasawa

      詳細を見る

      受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

      受賞国:日本国

      researchmap

    論文

    • 校訂本作成を支えるフィロロジーー古英詩 Menologium と Maxims I の場合 査読有り

      唐澤一友

      Studies in Medieval English Language and Literature35   25 - 35   2020年7月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • What Has Christ to do with Wyrd in Maxims II 4b-5a? 査読有り

      Studia Neophilologica92 ( 3 ) 293 - 301   2020年2月

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • Lexical Choice and Poetic Freedom in the Old English Menologium 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      JOURNAL OF ENGLISH AND GERMANIC PHILOLOGY115 ( 3 ) 333 - 345   2016年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:UNIV ILLINOIS PRESS  

      DOI: 10.5406/jenglgermphil.115.3.0333

      researchmap

    • Wise Old Ceorl(as) in Beowulf and Its Original Meaning 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      English Studies97 ( 3 ) 227 - 237   2016年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Routledge  

      researchmap

    • Irish Influence upon the Old English Poem Menologium Reconsidered 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      ANGLIA-ZEITSCHRIFT FUR ENGLISCHE PHILOLOGIE133 ( 4 ) 706 - 734   2015年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WALTER DE GRUYTER GMBH  

      The late tenth-century Old English metrical calendar Menologium has been compared with some Old Irish calendar poems ever since Hennig claimed in his influential article published in 1952 that Old Irish Felire Adamnain and Enlaith betha are obvious Irish counterparts of the Menologium. Hennig regarded the cyclic structure of the Menologium and its incorporation of the feasts of the saints into the natural cycle of the year as two telling signs of the influence. His view has escaped any major assessment or criticism and has been repeated in subsequent Menologium scholarship. If we reexamine the issue, however, it turns out that it is difficult to detect any major affinity between these Old English and Old Irish poems that might show a close connection between them. The cyclic structure of the Menologium has its origin in its peculiar system of locating feasts and not in some influence from Old Irish poems, whereas the incorporation of the feasts of the saints into the natural cycle is universally attested and is not necessarily attributed to some peculiar tradition of early medieval Irish Christianity. Those calendar poems are, in fact, quite different both in their structure and their nature; unlike the Old Irish poems, the Menologium has a methodical structure and is computistical, practical and informative, while the Old Irish calendar poems are naturalistic, impressionistic and devotional, which the Menologium is not.

      DOI: 10.1515/anglia-2015-0059

      researchmap

    • THE MENOLOGIUM AND MAXIMS II IN THE MANUSCRIPT CONTEXT 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      NOTES AND QUERIES62 ( 3 ) 353 - 356   2015年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

      DOI: 10.1093/notesj/gjv114

      researchmap

    • SOME PROBLEMS IN THE EDITIONS OF THE MENOLOGIUM WITH SPECIAL REFERENCE TO LINES 81a, 184b AND 206a 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      NOTES AND QUERIES56 ( 4 ) 485 - 487   2009年12月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

      DOI: 10.1093/notesj/gjp183

      researchmap

    • A Note on egesan ne gymeð in Beowulf Line 1757 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      Modern Philology106 ( 1 ) 101 - 108   2008年8月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The University of Chicago Press  

      researchmap

    • The Verse Menologium, the Prose Menologium and Some Aspects of Computistical Education in Late Anglo-Saxon England --- A New Edition 査読有り

      Kazutomo Karasawa

          2008年1月15日

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

      researchmap

    • The Structure of the Menologium and Its Computistical Background 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      Studies in English Literature84   123 - 141   2007年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本英文学会  

      researchmap

    • A Note on the Old English Poem Menologium 3b on ðy eahteoðan dæg 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      Notes and Queries54 ( 3 ) 211 - 215   2007年9月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press  

      DOI: 10.1093/notesj/gjm127

      researchmap

    • OE dream for horrible noise in the 'Vercelli Homilies' 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      STUDIA NEOPHILOLOGICA78 ( 1 ) 46 - 58   2006年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS AS  

      DOI: 10.1080/00393270500384478

      researchmap

    • Christian influence on OE dream: Pre-Christian and Christian meanings 査読有り

      K Karasawa

      NEOPHILOLOGUS87 ( 2 ) 307 - 322   2003年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WOLTERS-NOORDHOFF B V  

      One of the key words in Anglo-Saxon heroic and elegiac poems, dream, carries quite a strong connotation inherited from the pre-Christian era. It is based on a view of the world as a complex consisting of two alien areas: on the one hand, populated, civilized, secure, and glorious areas (often represented by a feast in the lord's hall), whose existence is heavily dependent on an ideal lord-retainer relationship, and on the other hand, uncivilized, insecure, inglorious ones often inhabited by exiles, outlaws, animals, and monsters. Dream retained this basic idea as well as its place as a key word even after it began to be used to represent supreme joy in heaven. But at the same time, it sometimes began to represent a concept alien to its basic, pre-Christian idea under the influence of the Christian dichotomous view of heaven and earth, the degraded counterpart of heaven. What I examine here is the process through which dream acquired a new meaning based on the new, Christian worldview.

      researchmap

    • Christian Influence on OE freoðu: Its Pre-Christian and Christian Meanings 査読有り

      Kazutomo Karasawa

      Studies in Medieval English Language and Literature16   37 - 54   2001年8月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本中世英語英文学会  

      researchmap

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • 中世英語英文学研究の多様性とその展望

      ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: アングロ・サクソン時代における「世界」観)

      2020年11月 

      詳細を見る

    • 「おかしな英語」で学ぶ生きた英文法

      唐澤一友, 福田一貴

      亜紀書房  2020年2月 

      詳細を見る

    • イギリス文学と映画

      ( 担当: 共著 ,  範囲: 中世英文学を題材にした映画の「中世性」、中世英文学とファンタジー文学・映画)

      三修社  2019年10月 

      詳細を見る

    • 日本人が知りたいイギリス人の当たり前 英語リーディング

      唐澤一友, モート、セーラ( 担当: 共著)

      三修社  2017年8月31日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

      researchmap

    • 教室の英文学

      原田範行, 斎藤兆史( 担当: 共著)

      研究社  2017年5月20日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

      researchmap

    • 続 英雄詩とは何か

      渡邉浩司( 担当: 共著)

      中央大学出版部  2017年4月3日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 世界の英語ができるまで

      唐澤一友( 担当: 単著)

      亜紀書房  2016年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

      researchmap

    • The Old English Metrical Calendar (Menologium)

      Kazutomo Karasawa( 担当: 単著)

      D. S. Brewer  2015年4月 

      詳細を見る

      記述言語:英語 著書種別:学術書

      researchmap

    • チョーサーと英米文学

      東雄一郎, 川崎浩太郎( 担当: 共著)

      金星堂  2015年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • チョーサーと中世を眺めて

      狩野晃一( 担当: 共著)

      麻生出版  2014年9月  ( ISBN:9784905383055

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • イギリス文学入門

      石塚久郎( 担当: 共著)

      三修社  2014年5月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

      researchmap

    • Secular Learning in Anglo-Saxon England: Exploring the Vernacular

      László Sándor Chardonnens, Bryan Carella 他( 担当: 共著)

      Brill Rodopi  2012年7月31日  ( ISBN:9789042035

      詳細を見る

      記述言語:英語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 英雄詩とは何か

      福井千春, 渡邉浩司( 担当: 共著)

      中央大学出版部  2011年12月20日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 英語のルーツ

      唐澤一友( 担当: 単著)

      春風社  2011年9月1日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

      researchmap

    • From Beowulf to Caxton: Studies in Medieval Languages and Literature, Texts and Manuscripts

      A.V.C. Schmidt, David Wallace 他( 担当: 共著)

      Peter Lang  2011年7月 

      詳細を見る

      記述言語:英語 著書種別:学術書

      researchmap

    • アイスランドの言語、神話、歴史

      清水誠 他( 担当: 共著)

      麻生出版  2011年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • Multiple Perspectives on English Philology and History of Linguistics

      Tetsuji Oda, Hiroyuki Eto 他( 担当: 共著)

      Peter Lang  2010年11月 

      詳細を見る

      記述言語:英語 著書種別:学術書

      researchmap

    • Anglo-Saxon語の継承と変容 II ― 中世英文学

      松下知紀, 篠田勝英( 担当: 共著)

      専修大学出版局  2010年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 栴檀の光

      久保内端郎, 富士川義之( 担当: 共著)

      金星堂  2010年3月  ( ISBN:9784764709

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 『ベーオウルフ』とその周辺

      忍足欣四郎( 担当: 共著)

      春風社  2009年9月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • Anglo-Saxon語の継承と変容 I ― 中世英文学

      松下知紀, 池上忠弘( 担当: 共著)

      専修大学出版局  2009年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 中英語ロマンス イポミドン伝

      唐澤一友( 担当: 単訳)

      専修大学出版局  2009年3月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • アングロ・サクソン文学史:散文編

      唐澤一友( 担当: 単著)

      東信堂  2008年10月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 多民族の国イギリス 4つの切り口から英国史を知る

      唐澤一友( 担当: 単著)

      春風社  2008年4月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

      researchmap

    • 想像力と英文学 ファンタジーの源流を求めて

      小林章夫( 担当: 共著)

      金星堂  2007年9月  ( ISBN:9784764709

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • アングロ・サクソン文学史:韻文編

      唐澤一友( 担当: 単著)

      東信堂  2004年5月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    ▼全件表示

    所属学協会

    •  
      イギリス国学協会

      詳細を見る

    •  
      国際中世イングランド研究学会(旧国際アングロ・サクソン学会)

      詳細を見る

    •  
      日本アイスランド学会

      詳細を見る

    •  
      日本中世英語英文学会

      詳細を見る

    •  
      日本歴史言語学会

      詳細を見る

    •  
      日本英文学会

      詳細を見る

    •  
      英語史研究会

      詳細を見る

    ▼全件表示

    共同研究・競争的資金等の研究

    • 古英語格言詩 Maxims I, II に関する総合的研究

      科学研究費補助金 

      詳細を見る

      2016年4月 - 2021年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • アングロ・サクソン時代の文献に見られる「世界」観

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A)) 

      唐澤 一友

      詳細を見る

      2018年 - 2020年

      課題番号:18KK0334

      配分額:15600000円 ( 直接経費:12000000円 、 間接経費:3600000円 )

      平成30年度末にオクスフォード大学の共同研究者5名との共同研究を行うべく渡英し、平成31年度(令和元年度)の開始と同時に共同研究を開始した。4月には最初のミーティングを開き、研究の進め方等について話し合いを持った。その後も定期的にミーティングを持ち、各自担当する分野の研究の進捗状況等を報告し合いながら研究を進めた。アングロ・サクソン時代の世界観という大きなテーマを扱うため、共同研究者以外にも専門家の助力を得るべく、本テーマと関連する分野に精通した専門家複数とも連絡を取り、協力を得られることとなった。
      研究成果はシンポジウムおよび国際学会でのセッション、それに基づく論文集の出版という形で行うこととしていたため、当初よりこれらの準備も進めたが、上記の外部専門家もこれらに加わることになったことで、一層充実した成果が期待できる環境を整えることが出来た。
      成果発表のためのシンポジウムとして、令和2年3月に16名の専門家が発表をするシンポジウムを計画したが、コロナウイルス問題のため直前で延期となった。また、もう一つの成果発表の場として、令和2年7月に英国で行われることになっていた国際学会 International Medieval Congressで3つのセッションを行うべく、これに応募し、審査を通過したが、コロナウイルス問題のため学会自体がキャンセルとなってしまった。
      以上のような事情により、共同研究者との共同研究の成果それ自体はまだ公にされていないが、今後、シンポジウムや論文集という形で発表をしていきたい。また、個人的には、国際学会での研究発表や国際的な学術誌への論文投稿という形で成果の一部を発表することが出来た。この他、令和2年3月には、Winchester大学で本研究成果の一部を反映した講義を行う予定であったが、これは上記と同様の理由で実現しなかった。

      researchmap

    • 韻文および散文の『メノロギウム』:暦学教育との関連から

      科学研究費補助金 

      詳細を見る

      2010年4月 - 2014年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方