2024/04/03 更新

写真b

ニッタ リョウ
新多 了
NITTA Ryo
*大学が定期的に情報更新している項目(その他は、researchmapの登録情報を転載)
所属*
外国語教育研究センター
職名*
教授
学位
PhD in English Language Teaching and Applied Linguistics ( University of Warwick ) / MA in English Language Studies & Methods ( University of Warwick ) / BA in Literature ( 上智大学 )
研究キーワード
  • 応用言語学

  • 第二言語習得

  • 複雑系理論

  • 言語学習者心理

  • 第二言語ライティング

  • タスクに基づく言語教育

  • CLIL

  • 学内職務経歴*
    • 2020年4月 - 現在 
      外国語教育研究センター   教授
    • 2019年4月 - 2020年3月 
      外国語教育研究センター設置準備室   教授
     

    研究分野

    • 人文・社会 / 外国語教育

    経歴

    • 2024年4月 - 現在 
      東京女子大学   現代教養学部 国際英語学科   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2024年4月 - 現在 
      立教大学   全学共通カリキュラム運営センター   兼任講師

      詳細を見る

    • 2024年4月 - 現在 
      明治学院大学   国際学部 国際学科   教授

      詳細を見る

    • 2023年4月 - 現在 
      青山学院大学   法学部   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2019年4月 - 2024年3月 
      立教大学   外国語教育研究センター   教授

      詳細を見る

    • 2019年4月 - 2024年3月 
      名古屋学院大学大学院   外国語学研究科   特任教授

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 2023年3月 
      東京女子大学   現代教養学部 国際英語学科   非常勤講師

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 2019年3月 
      名古屋学院大学大学院   外国語学研究科   教授

      詳細を見る

    • 2018年4月 - 2019年3月 
      名古屋学院大学   外国語学部英米語学科   教授

      詳細を見る

    • 2015年4月 - 2018年3月 
      名古屋学院大学大学院   外国語学研究科   准教授

      詳細を見る

    • 2012年4月 - 2018年3月 
      名古屋学院大学   外国語学部英米語学科   准教授

      詳細を見る

    • 2014年4月 - 2015年3月 
      金城学院大学大学院   文学研究科   非常勤

      詳細を見る

    • 2009年4月 - 2012年3月 
      名古屋学院大学   外国語学部英米語学科   講師

      詳細を見る

    • 2008年4月 - 2009年3月 
      名古屋学院大学   外国語学部英米語学科   助教

      詳細を見る

    • 2006年9月 - 2008年3月 
      名古屋商科大学   外国語学部英語コミュニケーション学科   専任講師

      詳細を見る

    • 2003年 - 2006年 
      Warwick University Research Fellow (2003-2006)

      詳細を見る

    ▼全件表示

    学歴

    • 2003年9月 - 2006年9月 
      University of Warwick   Centre for Applied Linguistics   PhD in Applied Linguistics

      詳細を見る

    • 2001年9月 - 2002年9月 
      University of Warwick   Centre for Applied Linguistics   MA in English Language Studies & Methods (With Distinction)

      詳細を見る

      国名: グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

      researchmap

    • 1995年4月 - 2000年3月 
      上智大学   文学部   英文学科

      詳細を見る

      国名: 日本国

      researchmap

    • 1998年4月 - 1999年3月 
      University of Warwick   Department of English

      詳細を見る

    委員歴

    • 2015年4月 - 現在 
      大学英語教育学会(JACET)   出版物選考委員会(Learner Development分野)委員

      詳細を見る

      団体区分:学協会

      researchmap

    論文

    • 法学部「グローバルコース」1年次生質問紙・英語試験を通じたEMI教育の課題と展望 招待有り

      新多 了

      立教法学109   391 - 402   2023年11月

      詳細を見る

    • A multilayered approach to researching learner agency as complex dynamic system: Cases of Japanese students learning English at university 招待有り 査読有り

      Ryo Nitta, Kyoko Baba

      International Journal of Complexity in Education4 ( 1 ) 37 - 60   2023年6月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.26262/ijce.v4i1.9478

      researchmap

    • Towards Reforming the University Entrance Exam System in Japan: A Case Study of Linguaskill General 査読有り 国際誌

      Fumiyo Nakatsuhara, Chihiro Inoue, Ryo Nitta, Tomoe Aoyama

      Cambridge English Assessment Research Notes84   1 - 78   2023年5月

      詳細を見る

      掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cambridge English Assessment  

      researchmap

    • グローバル社会を生き抜く力としての「複言語能力」—英語教育の視点から 招待有り

      新多 了

      外国語教育研究ジャーナル2   236 - 242   2021年12月

      詳細を見る

    • Action-oriented approach to curriculum development in CLIL courses: A theoretical and methodological framework

      Yuka Yamamoto, Ryo Nitta

      Journal of Foreign Language Education and Research2   122 - 135   2021年12月

      詳細を見る

    • Emergence of Multiple Groups of Learners with Different Writing-Development Trajectories in Classroom: Growth Mixture Modeling 査読有り

      Kyoko Baba, Ryo Nitta

      Journal of Second Language Writing   2021年12月

      詳細を見る

    • Reconceptualizing CLIL from transformative pedagogy perspective: Pilot debate study in English language curriculum

      Ryo Nitta, Yuka Yamamoto

      外国語教育研究ジャーナル1   47 - 62   2020年12月

      詳細を見る

      担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

      researchmap

    • Understanding motivation and classroom modes of regulation in collaborative learning: an exploratory study 査読有り

      Yoshiyuki Nakata, Ryo Nitta, Atsuko Tsuda

      Innovation in Language Learning and Teaching   1 - 15   2020年11月26日

      詳細を見る

      掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

      DOI: 10.1080/17501229.2020.1846040

      researchmap

    • Effects of web-based communication tasks on the development and transferability of audience awareness in L2 writers: Two exploratory studies 査読有り

      Miyuki Sasaki, Kyoko Baba, Ryo Nitta, Paul Kei Matsuda

      Australian Review of Applied Linguistics   2020年

      詳細を見る

      掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • 第二言語動機づけはどのように変化するのか:複雑系理論からのアプローチ (Invited Article) 招待有り

      新多 了

      JACET Kansai Journal18   21 - 35   2016年3月

      詳細を見る

      記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      researchmap

    • A multifaceted approach to investigating pre-task planning effects on paired oral test performance 査読有り

      Ryo Nitta, Fumiyo Nakatsuhara

      LANGUAGE TESTING31 ( 2 ) 147 - 175   2014年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

      Despite the growing popularity of paired format speaking assessments, the effects of pre-task planning time on performance in these formats are not yet well understood. For example, some studies have revealed the benefits of planning but others have not. Using a multifaceted approach including analysis of the process of speaking performance, the aim of this paper is to investigate the effect of pre-task planning in a paired format. Data were collected from 32 students who carried out two decision-making tasks in pairs, under planned and unplanned conditions. The study used analyses of rating scores, discourse analytic measures, and conversation analysis (CA) of test-taker discourse to gain insight into co-constructing processes. A post-test questionnaire was also administered to understand the participants' perceptions toward planned and unplanned interactions. The results from rating scores and discourse analytic measures revealed that planning had limited effect on performance, and analysis of the questionnaires did not indicate clear differences between the two conditions. CA, however, identified the possibility of a contrastive mode of discourse under the two planning conditions, raising concerns that planning might actually deprive test-takers of the chance to demonstrate their abilities to interact collaboratively.

      DOI: 10.1177/0265532213514401

      researchmap

    • Phase Transitions in Development of Writing Fluency From a Complex Dynamic Systems Perspective 査読有り

      Kyoko Baba, Ryo Nitta

      LANGUAGE LEARNING64 ( 1 ) 1 - 35   2014年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

      This study explored patterns in L2 writing development by focusing on one of the linguistic features of texts (fluency) from a complex dynamic systems perspective. It investigated whether two English-as-a-foreign-language university students would experience discontinuous change (phase transition) in their writing fluency through repetition of a timed writing task. The students performed the task along with reflective writing once a week throughout the school year (30 times). Phase transitions were assessed against four criteria: sudden jumps, anomalous variance, divergence, and qualitative change in the attractor. The results suggest that both students underwent at least one phase transition. The findings imply the existence of supra patterns that could be revealed by longitudinal, multiple-type observation.

      DOI: 10.1111/lang.12033

      researchmap

    • Dynamic effects of repeating a timed writing task in two EFL university courses: Multi-element text analysis with Coh-Metrix 査読有り

      Kyoko Baba, Ryo Nitta

      Applied Natural Language Processing: Identification, Investigation and Resolution   397 - 411   2011年

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:IGI Global  

      The longitudinal effects of repeating a timed writing activity on English as a Foreign Language (EFL) students' second language (L2) writing development were investigated. Data for 46 students in two university classes (23 in each class), each with a different course objective, were collected 30 times in the same way over one year. The students' compositions were analyzed for fluency, grammatical complexity, and lexical complexity. Text analysis using Coh-Metrix showed that task repetition had an overall effect on L2 writing development. The text analysis was supplemented with a visual analysis using moving min-max graphs. Grammatical complexity developed more prominently than the other aspects of writing in both classes. This counter-predictive result points to the significance of the writers' reflective consciousness towards their own writing. This study also emphasizes that it is important to study the dynamics in L2 writing development with multi-wave data. © 2012, IGI Global.

      DOI: 10.4018/978-1-60960-741-8.ch023

      Scopus

      researchmap

    • Understanding motivational changes in EFL classrooms 査読有り

      新多 了, 浅野涼子

      JALT2009 Conference Proceedings   186 - 196   2010年7月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • Dynamic effects of task type practice on the Japanese EFL university student's writing: Text analysis with Coh-Metrix 査読有り

      馬場今日子, 新多 了

      Proceedings of the 23 International Florida Artificial Intelligence Research Society Conference (FLAIRS 2010)   217 - 222   2010年5月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

      researchmap

    • Effects of task type practice on the Japanese EFL university students' writing from a dynamic systems perspective: A longitudinal study utilising muti-level

      馬場今日子, 新多 了

      金城学院大学論集6 ( 2 ) 61 - 72   2010年4月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:金城学院大学  

      CiNii Article

      researchmap

      その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1096/00000357/

    • Understanding motivation-in-action from a Dynamic Systems Approach

      新多 了, 浅野涼子

      名古屋学院大学論集 言語・文化篇21 ( 2 ) 37 - 49   2010年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:名古屋学院大学総合研究所  

      We report on part of an ongoing longitudinal study on students' motivational changes in EFL classrooms. Research on second language (L2) motivation has traditionally focused on a static state, or what type of motivation contributes to successful L2 learning, but such choice motivation is different from executive motivation needed for sustaining a long period of learning. Drawing on a process model of L2 motivation (Dornyei & Otto, 1998), this study examines how first year university students' executive motivation changes from the beginning to the end of EFL courses over one year (n=164). In addition to pre-course and post-course questionnaires, short weekly questionnaires are provided at the end of every class for self-assessing students' own motivation towards the class. Together with qualitative analysis of teacher reflection, the findings uncover underlying reasons for motivational fluctuation and evolution in EFL classrooms.

      DOI: 10.15012/00000526

      CiNii Article

      researchmap

      その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1083/00000526/

    • Form-focused tasks in ELT coursebooks: A framework for analysis 査読有り

      新多 了, Sheena Gardner

      名古屋学院大学論集 言語・文化篇21 ( 2 ) 19 - 41   2009年10月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:名古屋学院大学総合研究所  

      Current grammar pedagogies tend to reflect the influence of recent SLA research in favour of input-processing rather than skill-building models. The detailed impact of these pedagogies and research on contemporary teaching materials, however, is less clear. This paper proposes a framework of criterial features of consciousness-raising (C-R) and practice tasks which is then used to explore the relationships between the features, and to investigate the nature and sequencing of form-focused tasks in ELT coursebooks. This research reveals an incremental shift from less interactional, input-based tasks to more interactional, production-based tasks through the teaching stages. More importantly, most materials use several types of form-focused tasks in rather fixed sequential patterns of interpretation tasks to grammar consciousness raising tasks to grammar exercises to grammar practice activities which follow a meaning → meaning>form → form/meaning → meaning progression. Theoretical explanations are offered in support of this data-driven model.

      DOI: 10.15012/00000531

      CiNii Article

      researchmap

      その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1083/00000531/

    • Bridging the Gap between Traditional and Task-Based Language Teaching: The Post-Task Methodology

      新多 了

      名古屋学院大学論集 言語・文化篇20 ( 1 ) 33 - 46   2008年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:名古屋学院大学総合研究所  

      DOI: 10.15012/00000540

      CiNii Article

      researchmap

      その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1083/00000540/

    • Incidental focus-on-form in task-based language teaching:A rationale for strategic and on-line planning 査読有り

      新多 了

      Journal of Language, Culture and Communication9 ( 2 ) 31 - 42   2008年3月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:名古屋商科大学  

      There has been much research on strategic planning (i.e., a period of time given prior to a task) and on-line planning (i.e., active engagement in formulation and monitoring on task), under the premise that language acquisition would be enhanced in such planned conditions by reducing cognitive load. However, the underlying mechanisms of this rationale have not been fully understood. To develop this present understanding further, this theoretical paper aims to explore the psycholinguistic mechanisms of strategic and on-line planning effects on L2 performance. Drawing on pedagogic recommendations for focus-on-form, the paper argues that strategic planning and on-line planning may promote incidental focus-on-form but to different extents. In particular, it is suggested that on-line planning, beyond a simple improvement of accuracy, would increase consciousness of form and bring learners into deeper grammar processing. In language classrooms, it is of significance to consider how to implement strategic and on-line planning in authentic ways.

      CiNii Article

      researchmap

    • The Focus-on-Form Effects of Strategic and On-Line Planning: An analysis of Japanese oral performance and verbal reports

      Unpublished PhD thesis submitted to the University of Warwick   2007年

      詳細を見る

    • Consciousness-raising and practice in ELT coursebook 査読有り

      新多 了, Sheena Gardner

      ELT Journal59 ( 1 ) 3 - 13   2005年1月

      詳細を見る

      記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

      DOI: 10.1093/elt/cci001

      researchmap

    • Comparative review: Two recent Grammar practice series 査読有り

      Sheena Gardner, 新多 了

      Modern English Teacher11 ( 4 )   2002年11月

      詳細を見る

      記述言語:英語  

      researchmap

    • Grammar Consciousness-Raising: A comparison of form-focused tasks in published ELT materials

      Ryo Nitta

      Unpublished MA dissertation submitted to the University of Warwick   2002年

      詳細を見る

    ▼全件表示

    MISC

    ▼全件表示

    書籍等出版物

    • English for sustainable development : 英語でSDGsを実践する

      山本, 有香, 新多, 了

      研究社  2023年12月  ( ISBN:9784327422028

      詳細を見る

      総ページ数:vii, 77p  

      CiNii Books

      researchmap

    • 英語学習の科学

      中田 達也, 鈴木 祐一, 濱田 陽, 門田 修平, 濱田 彰, 神谷 信廣, 新谷 奈津子, 新多 了, 廣森 友人, 鈴木 渉, 佐々木 みゆき( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第9章 英語学習と個人差)

      研究社  2022年4月25日  ( ISBN:4327453072

      詳細を見る

      総ページ数:230   記述言語:日本語

      CiNii Books

      researchmap

    • 英語学習法に悩むのをやめる本 ~一生モノの独学力、手に入れませんか?(電子書籍版)

      新多 了( 担当: 単著)

      アルク  2020年6月 

      詳細を見る

    • Complex Dynamic Systems Theory and L2 Writing Development

      Ryo Nitta( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 6. Biographical retrodiction to investigating the evolution of learner agency and L2 writing development through study abroad experiences)

      2020年6月 

      詳細を見る

    • Studies and essays on learning, teaching, and assessing L2 writing in honour of Alister Cumming

      Gary Fogal, Ryo Nitta, Kyoko Baba( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 9. A complex dynamic systems account of corrective feedback and L2 writing development)

      Cambridge Scholars Publishing  2020年6月 

      詳細を見る

    • Complexity Perspectives on Researching Language Learning and Teacher Psychology

      ( 担当: 分担執筆)

      Multilingual Matters  2020年 

      詳細を見る

    • 「英語の学び方」入門

      新多 了( 担当: 単著)

      2019年8月  ( ISBN:9784327452940

      詳細を見る

      総ページ数:ix, 180p  

      researchmap

    • 「学ぶ・教える・考える」ための実践的英語科教育法

      酒井 英樹, 廣森 友人, 吉田 達弘, 酒井 英樹, 廣森 友人, 吉田 達弘( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第5章「英語学習の共通性:第二言語習得のプロセス」)

      大修館書店  2018年11月  ( ISBN:4469246220

      詳細を見る

    • Language Learning through Task Repetition

      Martin Bygate( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 11. Understanding benefits of repetition from a complex dynamic systems perspective)

      John Benjamins  2018年10月 

      詳細を見る

    • はじめての第二言語習得論講義ー英語学習への複眼的アプローチ

      馬場今日子, 新多 了( 担当: 共著)

      大修館書店  2016年8月26日  ( ISBN:9784469246087

      詳細を見る

      総ページ数:224   記述言語:日本語 著書種別:学術書

      researchmap

    • 最新英語学・言語学用語辞典

      中野 弘三, 服部 義弘, 小野 隆啓, 西原 哲雄( 担当: 分担執筆)

      開拓社  2015年11月  ( ISBN:4758922152

      詳細を見る

      総ページ数:536  

      researchmap

    • Motivational Dynamics in Language Learning

      Zoltan Dornyei, Peter McIntyre, Alastair Henry( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 21. Self-regulation in the evolution of the ideal L2 self: A complex dynamic systems approach to the L2 Motivational Self System)

      Multilingual Matters  2015年1月 

      詳細を見る

    • Task-Based Language Learning: Insights from and for L2 Writing

      Heidi Byrnes, Rosa Manchon( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 6. Task repetition and L2 writing development: A longitudinal study from a dynamic systems perspective)

      John Benjamins  2014年11月 

      詳細を見る

    • Language Learning Motivation in Japan

      Matthew Apple, Dexter Da Silva, Terry Fellner( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 15. Understanding motivational evolution in the EFL classroom: A longitudinal study from a dynamic systems perspective.)

      Multilingual Matters  2013年10月 

      詳細を見る

    • Applied Natural Language Processing: Identification, investigation, and resolution

      Philip M. McCarthy, Chutima Boonthum-Denecke, Philip M. McCarthy, Chutima Boonthum-Denecke( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 23. Dynamic Effects of Repeating a Timed Writing Task in Two EFL University Courses: Multi-Element Text Analysis with Coh-Metrix)

      Information Science Reference  2011年11月  ( ISBN:1609607430

      詳細を見る

      総ページ数:659  

      researchmap

    • English Language Teaching: Major Themes in Education Volume II

      Patricia Hedge( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 25. Consciousness-raising and practice in ELT coursebooks)

      Routledge  2009年7月 

      詳細を見る

    ▼全件表示

    講演・口頭発表等

    • Researching learner agency from a Complex Dynamic Systems Theory perspective: A multilayered approach 国際会議

      Ryo Nitta, Kyoko Baba

      Eurosla32  2023年8月31日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2023年8月30日 - 2023年9月2日

      開催地:University of Birmingham  

      researchmap

    • グローバル社会を生き抜く力としての「複言語能力」―立教大学の試み 招待有り

      新多 了

      中央大学人文科学研究所主催公開研究会  2023年7月26日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2023年7月26日

      researchmap

    • CEFRと英語検定試験 招待有り

      新多 了

      第2回TOPIKフォーラム:TOPIKの持続可能な発展に向けた他言語テストとの比較ー教育現場での活用を中心に  2023年7月15日 

      詳細を見る

      会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • 「AI時代に目指すべき英語教育 〜「ナラティブ・アイデンティティ」の視点から〜」 招待有り

      新多 了

      バイリンガルサイエンス研究所・メディア向けセミナー「AI時代の英語教育はどう変わる? 〜第二言語習得研究の最先端〜」  2023年5月22日  バイリンガルサイエンス研究所

      詳細を見る

      会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      開催地:帝国ホテル  

      researchmap

    • グローバルコース1年次生の英語外部試験結果・授業アンケートを通じた課題と展望:第二言語習得・英語教育の視点から 招待有り

      新多 了

      公開シンポジウム「グローバルな学部法学教育の可能性—立教大学法学部・グローバルコースの挑戦」  2023年3月11日 

      詳細を見る

      会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • 複雑系理論から英語教育現場を考える 招待有り

      新多了, 山本有香, 小泉香織, リチャード・サンプソン

      第51回KELESセミナー・JASELE英語教育セミナー  2021年9月26日 

      詳細を見る

      会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Understanding L2 writing development from the perspective of learner agency: Biographical retrodiction on study abroad experiences

      Ryo Nitta, Kyoko Baba

      AILA 2021  2021年8月19日 

      詳細を見る

      会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • グローバル社会を生き抜く力としての 複言語能力ー英語教育の視点から 招待有り

      新多了

      立教大学外国語教育研究センターシンポジウム「複言語主義に基づいた大学教育実践への取り組み~仏独西中朝英の教育現場から」  2021年7月24日 

      詳細を見る

      会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Understanding learner agency from a complex dynamic systems perspective 招待有り

      Ryo Nitta

      JSLARF・ESRC共催 第二言語習得国際シンポジウム  2020年10月4日 

      詳細を見る

      開催年月日: 2020年10月3日 - 2020年10月4日

      会議種別:口頭発表(招待・特別)  

      researchmap

    • 生徒の学習に影響を与える第二言語個人差要因とは? 招待有り

      新多 了

      新英語教育学会2019 第56回全国大会  2019年8月4日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Exploring dynamic developmental trajectories of writing fluency: Who benefits from the writing task? (Colloquium: "Exploring L2 Writing Development from a Complex Dynamic Systems Theory Perspective" organised by Gary Fogal) 国際会議

      馬場 今日子, 新多 了

      American Association for Applied Linguistics  2019年3月9日 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • なぜ英語を学ぶのか?どんな英語を学ぶのか?ー第二言語習得の視点から 招待有り

      新多 了

      名古屋学院大学大学院英語セミナー  2018年12月22日 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

      researchmap

    • Emergence of socially-shared regulation in English classrooms: A complex dynamic systems perspective 国際会議

      新多 了, 中田賀之, 津田敦子

      Psychology for Language Learning (Waseda University)  2018年6月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • モチベーションはどのように維持し、高めることができるのか? 招待有り

      新多 了

      名古屋学院大学大学院・英語教育セミナー(名古屋学院大学栄サテライト)  2017年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

      researchmap

    • 第二言語習得研究への複眼的アプローチ:共通性から多様性へ(招待講演) 招待有り

      新多 了

      大学英語教育学会(JACET)中部支部2017年度講演会(中京大学)  2017年12月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

      researchmap

    • シンポジウム「学習者の学びについて考える」 招待有り

      八島智子, スティーブン・ライアン, 吉田達弘, 新多 了

      LET関西支部秋期研究大会(同志社女子大学)  2016年10月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Impact of task repetition on L2 learning: Multiple perspectives (Colloquium) 国際会議

      新谷奈津子, 新多 了

      Pacific Second Language Research Forum (Chuo University)  2016年9月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • タスクのくり返しと英語ライティング発達:複雑系理論からの長期的研究

      新多 了

      全国英語教育学会第42回埼玉研究大会(獨協大学)  2016年8月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • 動機づけ研究最前線:実践との対話を目指して 招待有り

      中田賀之, 新多 了, 竹内 理

      JACET関西秋期研究大会(神戸学院大学)  2015年11月 

      詳細を見る

      記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

      researchmap

    • Vision, motivation, and narrative identity in the EFL classroom context 国際会議

      新多 了

      Faces of English: Theory, practice, and pedagogy (University of Hong Kong)  2015年6月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

      researchmap

    • The ideal L2 self, self-regulation and L2 writing development: A complex dynamic systems approach 国際会議

      新多 了

      British Association for Applied Linguistics Annual Conference (the University of Warwick, UK)  2014年9月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Co-adaptation of the Ideal L2 Self, self-regulation and L2 writing performance 国際会議

      新多 了

      International Conference on Motivational Dynamics and Second Language Acquisition (University of Notthingham, UK)  2014年8月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Self-regulation and L2 writing development: A complex dynamic systems perspective 国際会議

      新多 了

      Matters of the Mind: Psychology for Language Learning Conference (University of Graz, Austria)  2014年5月 

      詳細を見る

      記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

      researchmap

    • Incidental focus-on-form through strategic and on-line planning

      AILA 2008: The 15th World Congress of Applied Linguistics, Essen, Germany  2008年 

      詳細を見る

    • Exploring strategic and on-line planning processes: An analysis of verbal reports

      JALT Pan-Sig Annual Conference (Tohoku Gakuen University)  2007年 

      詳細を見る

    • The Focus-on-Form Effects of Strategic and On-line Planning: An analysis of Japanese oral performance and verbal protocols

      第3回言語テスティング・第二言語習得合同勉強会(神田外語大学)  2007年 

      詳細を見る

    • Focus-on-form effects of strategic and on-line planning: An analysis of L2 oral performance

      BAAL Second Language Learning (SLL) Conference (University of Southampton)  2006年 

      詳細を見る

    • Planning and focus-on-form in task-based learning

      Second Language Research Forum (SLRF) Annual Conference (Columbia University, NY)  2005年 

      詳細を見る

    • On-line planning and focus-on-form in task-based learning

      1st International Conference on Task-Based Language Teaching (University of Leuven)  2005年 

      詳細を見る

    • Planning and focus-on-form in task-based learning

      38th BAAL Annual Conference (University of Bristol)  2005年 

      詳細を見る

    • Consciousness-raising and practice in ELT coursebooks

      39th International Association of Teachers of English as a Foreign Language (IATEFL) Annual Conference (City Hall and National Museum & Galleries, Cardiff)  2005年 

      詳細を見る

    • On-line planning and its focus-on-form effects on L2 oral performance: A case of a single learner of English

      37th British Association for Applied Linguistics (BAAL) Annual Conference (King's College London)  2004年 

      詳細を見る

    ▼全件表示

    担当経験のある科目(授業)

    • 2023年4月 - 現在 
      English Expression ( 青山学院大学 )

      詳細を見る

    • 2021年9月 - 現在 
      Introduction to Global Studies: Social Science ( 立教大学 )

      詳細を見る

    • 2022年4月 - 2023年3月 
      演習:英語教育・第二言語習得 ( 東京女子大学 )

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 2023年3月 
      テーマ研究:英語教育と第二言語習得 ( 東京女子大学 )

      詳細を見る

    • 2020年4月 - 2023年3月 
      CLIL(大学院) ( 立教大学 )

      詳細を見る

    •  
      Approaches to Teaching Grammar ( Graduate School, University of Warwick )

      詳細を見る

    •  
      English in Context ( University of Warwick )

      詳細を見る

    •  
      English Communication ( 名古屋商科大学 )

      詳細を見る

    •  
      応用言語学特殊研究(博士) ( 名古屋学院大学通信制大学院 )

      詳細を見る

    •  
      応用言語学特殊研究(修士) ( 名古屋学院大学大学院 )

      詳細を見る

    •  
      英語教育演習 ( 金城学院大学大学院 )

      詳細を見る

    •  
      English Computer Applications ( 名古屋商科大学 )

      詳細を見る

    •  
      Language Teaching ( 名古屋商科大学 )

      詳細を見る

    •  
      English Writing ( 名古屋商科大学 )

      詳細を見る

    •  
      English Listening ( 名古屋学院大学 )

      詳細を見る

    •  
      論文演習(英語教育) ( 名古屋学院大学通信制大学院 )

      詳細を見る

    •  
      第二言語習得研究 ( 名古屋学院大学通信制大学院 )

      詳細を見る

    •  
      英語教育研究 ( 金城学院大学 )

      詳細を見る

    •  
      ツーリズム英語 ( 名古屋学院大学 )

      詳細を見る

    •  
      エアライン英語 ( 名古屋学院大学 )

      詳細を見る

    •  
      留学英語 ( 名古屋学院大学 )

      詳細を見る

    •  
      基礎セミナー ( 名古屋学院大学 )

      詳細を見る

    •  
      演習(第二言語習得) ( 名古屋学院大学 )

      詳細を見る

    •  
      English Project ( 名古屋学院大学 )

      詳細を見る

    •  
      言語と心理 ( 名古屋学院大学 )

      詳細を見る

    •  
      応用言語学概論 ( 名古屋学院大学 )

      詳細を見る

    ▼全件表示

    所属学協会

    • 2022年6月 - 現在 
      全国英語教育学会

      詳細を見る

    •  
      大学英語教育学会(JACET)

      詳細を見る

    •  
      英国応用言語学会

      詳細を見る

    共同研究・競争的資金等の研究

    • ライティング発達がスピーキング力に与える影響:複雑系理論に基づくアプローチ

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      新多 了 馬場今日子

      詳細を見る

      2023年4月 - 2026年3月

      課題番号:23K00779

      担当区分:研究代表者 

      配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

      researchmap

    • 第二言語ライティング力の個人内発達パタンとその要因の理解

      日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

      馬場 今日子, 新多 了

      詳細を見る

      2020年4月 - 2023年3月

      課題番号:20K00819

      配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

      第二言語習得研究分野では、複雑系理論の登場により、個々の学習者の長期的な発達の仕方(個人内発達)が研究されるようになった。申請者らも複雑系理論を用いたこれまでの研究で、日本人英語学習者が同一のライティングタスクを1年間繰り返した場合、個人のライティング発達に特定のパタンが生まれることを明らかにしてきた。しかし、これまでの研究では少数の個人の発達パタンの比較にとどまっているため、一般化が難しかった。
      そこで本研究では500名を超える学習者について、混合軌跡モデリングなどの新たな統計手法を用い、個人内発達パタンを分類・モデル化する。その上で、作文やインタビューを質的に分析することで、それぞれの個人内発達パタンにつながる要因を明らかにする。
      具体的には、本研究は以下の3点を明らかにすることを目的とする。(1) ライティング力の個人内発達はどのように分類できるのか。(2) 異なる個人内発達パタンはどの要因によって最も適切にモデル化できるのか。(3) (2)で明らかになった要因はどのような状況や背景から生まれたのか。
      2021年度には、概ね研究計画通りに、2つのことを行った。(1)発達パタンのモデル化、および(2)発達パタンの要因分析である。(1)と(2)については、general growth mixture modeling(一般成長混合モデリング)を用い、モデル化を行った。(2)については現時点で整備されたデータに基づく分析にとどまったので、今後日本語データの整備を進め、それを含めた分析を行う予定である。

      researchmap

    • ニュービッグファイブモデルを用いた第二言語学習者パーソナリティの多層的研究

      日本学術振興会  科学研究費補助金・基盤C 

      新多 了, 馬場今日子

      詳細を見る

      2019年4月 - 2023年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • タスクの繰り返しによるライティング発達パタンの理解:複雑系理論に基づく長期的研究

      日本学術振興会  科学研究費補助金・基盤C 

      馬場今日子, 新多 了

      詳細を見る

      2017年4月 - 2020年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • 海外留学における第二言語動機づけの変化:複雑系理論を用いたナラティブ・アプローチ」(研究代表者)

      日本学術振興会  科学研究費補助金・基盤研究C 

      新多 了, 馬場今日子

      詳細を見る

      2016年4月 - 2019年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • タスク前計画時間が留学前・後学習者の会話構築パタンに与える影響(研究代表者)

      日本学術振興会  科学研究費補助金・基盤C 

      新多 了, 馬場今日子

      詳細を見る

      2013年4月 - 2016年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • タスクの繰り返しによるライティングの変化:複雑系アプローチからの長期的研究(研究分担者)

      日本学術振興会  科学研究費補助金・基盤C 

      馬場今日子, 新多 了

      詳細を見る

      2012年4月 - 2016年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • タスク前計画時間が留学前・留学後学習者のスピーキング運用力に与える影響(研究代表者)

      日本学術振興会  科学研究費補助金・若手B 

      新多 了, 中津原文代

      詳細を見る

      2011年4月 - 2013年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • タスクの繰り返しによるライティング発達への影響(研究分担者)

      日本学術振興会  科学研究費補助金・基盤C 

      馬場今日子, 新多 了

      詳細を見る

      2009年4月 - 2012年3月

      資金種別:競争的資金

      researchmap

    • タスク前計画時間が初級・中級・上級英語学習者のスピーキング運用力に与える影響(研究代表者)

      日本学術振興会  科学研究費補助金・若手B 

      新多 了, 中津原文代

      詳細を見る

      2009年4月 - 2011年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • Effects of pre-task planning on L2 oral performance in testing conditions

      市原国際奨学財団  市原国際奨学財団研究助成金 

      新多 了

      詳細を見る

      2009年4月 - 2010年3月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • Planning and L2 oral performance

      Universities UK  Overseas Research Studentship 

      新多 了

      詳細を見る

      2003年9月 - 2006年9月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • Planning and L2 oral performance

      Graduate School, University of Warwick  Postgraduate Research Fellowship 

      新多 了

      詳細を見る

      2003年9月 - 2006年9月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    • Planning and L2 oral performance

      International Office, University of Warwick  Japan Postgraduate Scholarship 

      新多 了

      詳細を見る

      2003年9月 - 2004年9月

      担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

      researchmap

    ▼全件表示

    社会貢献活動

    • 英語スピーキングテストについて考えてみよう(公開シンポジウム)

      司会, 企画, 運営参加・支援

      立教大学;大修館書店  2023年4月15日

      詳細を見る

      種別:講演会

      researchmap

    • 「複言語主義」に基づく新しい英語教育(公開講演会)

      企画, 運営参加・支援

      立教大学外国語教育研究センター  2022年10月8日

      詳細を見る

      種別:セミナー・ワークショップ

      researchmap

    • 「なぜ英語を学ぶのか?」(公開授業)

      出演

      東洋大学大学院  2022年7月22日

      詳細を見る

      種別:講演会

      researchmap

    • グローバル社会で「生き抜く力」を育てる外国語教育——立教大学外国語教育研究センター開設記念シンポジウム

      出演, 企画, 運営参加・支援

      立教大学外国語教育研究センター  2020年8月30日

      詳細を見る

      種別:セミナー・ワークショップ

      researchmap

    • 中学校における英語指導力の育成:第二言語習得研究の視点から

      出演, 助言・指導

      福生市教育委員会  2020年8月25日

      詳細を見る

      種別:セミナー・ワークショップ

      researchmap

    • 熱田区紹介英語ガイドブック作成

      助言・指導, 運営参加・支援

      名古屋市熱田区役所  熱田区の魅力発信事業  2017年10月 - 2018年11月

      詳細を見る

      種別:その他

      researchmap

    • 自分のことを英語で表現してみよう―英語ライティングの基礎

      講師

      名古屋学院大学社会連携センター  日本語で学ぶテーマ別初級英語講座  2018年10月12日

      詳細を見る

      種別:講演会

      researchmap

    • なぜ「英語」を学ぶのか考えてみよう―英語スピーキングの基礎

      講師

      名古屋学院大学社会連携センター  日本語で学ぶテーマ別初級英語講座  2018年10月5日

      詳細を見る

      種別:講演会

      researchmap

    • 家庭ではじめる「子ども英語」講座

      講師

      名古屋学院大学社会連携センター  名古屋まちなかカフェ講座  2017年7月28日

      詳細を見る

      種別:講演会

      researchmap

    • 外国文化体験授業(名古屋市内小学校)

      講師, 実演

      名古屋市教育委員会  名古屋土曜学習プログラム  2015年4月

      詳細を見る

      種別:出前授業

      researchmap

    • イギリスの教育

      講師

      朝日カルチャー  ヨーロッパ12講  2014年9月11日

      詳細を見る

      種別:講演会

      researchmap

    • なぜ英語を勉強するヤル気は続かないのか?

      講師

      Frompage  夢ナビライブ  2013年7月20日

      詳細を見る

      種別:出前授業

      researchmap

    ▼全件表示

     

    お問い合わせ先
    外部の方
    学内の方